アメーバブログをお使いの方はご存知で
しょうが、リニューアルのためのメンテナンス
が30日午後9時ごろより4月1日の午前9時ごろまで
実施
されるそうです。

投稿・閲覧が出来なくなるとのことですので、
「女医風呂」も30日午後より
4月1日までお休みさせていただきます。

リニュ後にお会いいたしましょう~♪
ぺこり。
AD
医学部内のマイノリティとしての存在、女子学生。

一部の教授から戦力外として冷たい目で見られる

ことがあっても、女子同士は伝統的に交流が盛んで、

落葉樹の名前を冠した会を年に一度催していた。



その●○▲会では、時間の都合のつく

全学年女子がレストランに集い、新入生歓迎会を

するのである。新入生って自己紹介を部活でもし、

クラスでもするものだけど、

女子はさらに女子の集いで自己紹介するのであった。

もう4月中には、ちょっとした自己紹介のエキスパートに

なっているものだ。





さてこの●○▲会、飲み会費用として¥4000

払わねばならなかった。

おうちが東京にあったり、医院を経営しているお嬢様学生

にははした金であるが、家がサラリーマンだとか、

地方なのに借金して東京にアパート借りてる私のような

学生にはイタイ金額。



4000円もあれば、何日分の夕飯だろう

などと貧乏思考が頭をよぎってしまうのも事実。



1年では自分たちが主役だから出席、2年目も出席したが…

クイズはつまらんし、メインの質疑応答である

好きな異性のタイプ、彼氏の有無なんて興味ないし。



コチコチに緊張する一年生を見て飲み食いするので

とくに面白いことがあるわけじゃあない。

そこでお金を浮かせるために欠席しよう!

と決めたケチんぼな私であった。



私だけじゃなく、あと数人休むという人がいて、

その人々はお金がどうというより自分の時間を

他のことに使いたかったようである、たぶん。

休むためには半額の¥2000を欠席費

(実際はカンパ)として払う必要があったのだが、

4000円払って長時間拘束されるよりは、

半額で自由を買おうと思ったのだね。





今思えば、つまんなくともクイズを作って

盛り上げようとしてくれていた先輩たちのお心が

私にはわかってなかったということだろう。

●○▲会、今でもあるのかな?ごめんね先輩。





↓記事がお気に召しましたらポチッとお願いします☆↓

人気blogランキングへ
前回までのあらすじ



~私は女子ひとり・男子4人の食事会に出た。

そこで某教授が女子が増えると困ると発言。

うなずく男子、凍りつく私…さてさて??~






んで、どびっくりなのが、



「入試で成績がたとえ上でも、

女子は一定の割合を

越えないようにしてるんだよ。

女子増えすぎたら困るからね。



どこ(の医学部)でもやってる

でしょ。



でもC大さんは、やってないかな。

あそこは何十人も女子が

いるしねぇ」




他の男子3人はふんふん、と振り子人形のごとく

首肯するのみ。



まあ彼らは男子だし~おえらい教授さまのご機嫌を

そこねてまで、異論反論オブジェクションする義理は

ないわけなんですねっ。





そこでただ一人女子であった私に、視線、あつまる。



イヤっ。

見ないでっ。

私をそんな目で見ないで。






「Jさんは、どんな医者になるんだろうかねー」

とラスト教授が私に話をふったけれど、

私はもう、えんえん続く女子不要論に驚きあきれ、

アホ的微笑を浮かべるのが、せいぜいであった。





ビールぶっかけて席を立ったらカッコよいだろうが、

単位が取れなくなるのがイヤだったので…。

いくじなしな私…。



そんなことがありながらも、結局自らの適性・体力や

健康面から退職しちゃった私なのだった…とほほほ…。









↓記事がお気に召しましたらポチッとお願いします☆↓

人気blogランキングへ