インフォメーション


●庭のホテル(東京都千代田区)にて


シネマとランチの会」 9月5日(月)

ウニー・ルコント監督『めぐり会う日』に関するトークを致します。詳細は→こちら


●目黒条の映画評


4月20日発売「フィガロ・ジャポン」6月号に『緑はよみがえる』について書かせていただきました。


●戯曲掲載誌


4月7日発売「悲劇喜劇」5月号に、トレーシー・レッツ作、目黒条翻訳、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん上演台本の『8月の家族たち』が掲載されています。


●目黒条の翻訳戯曲




マーティン・マクドナー『イニシュマン島のビリー





トレーシー・レッツ『8月の家族たち August: Osage County


●週刊誌掲載インタビュー(映画評論)


週刊朝日1月19日発売(1月29日号)

「ツウの一見」ページで『愛しき人生のつくりかた』

について話しています。


●目黒条のエッセー


○映画パンフレット掲載


岩波ホールほかにて10/10~11/20二作品一挙公開

『光のノスタルジア』『真珠のボタン』

パンフレットに寄稿しました。



フェローアカデミー40周年記念サイト「言葉のチカラ」

寄稿しています。



●故・父が翻訳した「一五0000000」が土曜社より発刊されました。
一五〇〇〇〇〇〇〇 (マヤコフスキー叢書)
一五〇〇〇〇〇〇〇 (マヤコフスキー叢書) マヤコフスキー 小笠原 豊樹

土曜社 2016-01-31
売り上げランキング : 311436


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


●目黒条が翻訳協力した本
DaiGoさん監修『メンタリストになる!』

心を操る超プロ メンタリストになる!
心を操る超プロ メンタリストになる! サイモン・ウィンスロップ メンタリスト DaiGo

ヒカルランド 2013-05-02
売り上げランキング : 63935


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


●目黒条の訳書


『幸せなお金を引き寄せる―億万長者の「超」法則』 (ヒカルランド刊)


幸せなお金を引き寄せる 億万長者の「超」法則 資産ゼロから超リッチになるための8ステップ(超☆きらきら)
幸せなお金を引き寄せる 億万長者の「超」法則 資産ゼロから超リッチになるための8ステップ(超☆きらきら) チェリー・キャンベル 目黒 条

ヒカルランド 2012-06-06
売り上げランキング : 13033


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内田春菊さん
にもご推薦いただきました!


●『億万長者(ジリオネア)の超法則』について、

目黒条の翻訳者としての仕事について:


FMラジオ番組でインタビューいただきましたこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-07

アスファルト

テーマ:映画

サミュエル・ベンシェトリ監督『アスファルト』をマスコミ試写会で拝見。寂寞感とファンタジックな感じが交錯、『バグダッド・カフェ』のような味わいのある(もっとユーモラスかな。)、素敵にセンスのいい作品です。どこか荒廃した感じの団地を淡々と映し出すだけの、見た感じインディーっぽい映画なのだけど、いえいえとんでもない、イザベル・ユペール出ています、大女優です!(予算のかかるセットもCGもなんにもないけれど演技力だけで勝負できる、という、真の意味で豪華な映画なのです!)その相手役として出ている若者は、監督の息子さんでかつ、ジャン・ルイ・トランティニャンのお孫さん(お母さん系祖父がトランティニャン)だそう。…荒唐無稽な設定ですが、「突然フランスの貧民地帯(失礼)に落ちてきたNASAの宇宙飛行士(!)」役に、ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチに出ていたマイケル・ピット。

マイケル・ピット、いつもいいポジションにいるな!


いわゆる「オフビート系」(空気感が不思議な、個性派映画)とかいうジャンルになるのでしょうが、そういうのでくくると面白くないというか。もっと大きな「愛しさ」を包含しているのがこの作品。そして、どこかノスタルジックな感じがあり、いつの話ともしれぬ「寓話性」を醸しだしているのも印象的。孤独な人々がエモーションを求めている姿が、見る者をやさしい気持ちにさせてくれる。こういう映画は、まだ感性がナイーブな若者が見ても、「そんなに甘くない現実」に疲れた大人が見ても、誰が見ても心動かされることでしょう! わたしもこの監督の世界が一発で大好きに!


個人的な話。――大昔に、演劇の仕事において、フランス在住が長年にわたるため日本人でありながら日本のマスコミにおける仏人固有名詞カナ表記がすっかりわからなくなってしまったM原さんという人が、ビジネス・レターで「イザベル・ユッペー」とカナ表記してきてからというもの、わたしの脳内ではユペールはすっかり「ユッペー」として貼りついてしまっています。――そのイザベル・ユッペーが、この映画で本当に良い!


ちょっと寂しくなったり、フランス人的な感覚が人生に足りないなあと思ったり、とびきりのセンスのユーモアを味わいたくなったら、本作を是非見てください。愛すべき絶品。カーラ・ブルーニのお姉さんも出ています。


『アスファルト』は9月3日よりロードショーだそうです。













 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>