東京『昭和~平成』散歩人

あまりに激変する昭和60年代の東京・・
瞬間の風景は1年後にはがらっと・・
80年代文化と東京の街並みを繋げてみませんか?


テーマ:

先日訪れた金町含む常磐線沿線が密かに盛り上がっているようで、常磐線沿線から見えてくる地域社会の書籍も今月出版されるようです。

常磐線は上野が終点でしたが、遂に今月14日から品川まで繋がるようになり、経済効果も大きいのでしょうね。

シンプルに常磐線だけの延長なら喜ばしいのですが、宇都宮線と高崎線も上野より先まで延長になり、一体どんなダイヤになるのか、湘南新宿ライナーがあるのにそれだけでは満足できず、「線路は続くよどこまでも~」なのでしょうか?

またポイントや信号故障が増え、どこか1線が止まるとドミノ倒しのように遅延するのかと思うと、もう勘弁してくれ!と言いたくなるのは私だけでしょうか?


さて、昭和63年8月の神田駅南口でも線路の工事をしております。

東北上越新幹線を東京駅まで乗り入れる工事です。まだ上野止まりでした。もっと言うと、東北上越新幹線って最初大宮始発だったのを覚えておりますか?

神田昔2


神田昔1

東京駅からの発車するのは平成3年なのでまだ4年ほど必要とします。新幹線が秋葉原から地上に出てきて、神田駅を通過して東京駅に到着して神田駅は落ち着いたと思ったら、新幹線の上に高架を更に作って、先ほどの常磐線達が押し寄せることになったわけです。神田駅のところだけ高架が2段になっているのは、きっと新幹線の線路を移動させることは出来ないからなのでしょうね。

上野と東京駅の始発終点電車がこれで一気に減ってしまうのが淋しいものです。特に上野は一体どうなるのでしょう?


神田駅周辺は消費者金融の看板をなぜかよく見かけます。そして「神田」という地名の付いた地域は神保町方面まで続きます。神田駅はどちらかと言うと、そのエリアのやや東側に位置します。


神田駅のガードをくぐり、神田須田町方面に歩くと万世橋に行けます。

万世橋については随分前、散歩しているので添付します。
http://ameblo.jp/john-cockney/entry-11367480139.html


最近の万世橋界隈については報道で一時期紹介されてましたが、昔の万世橋駅を商業施設に変え、また交通博物館の当時の面影を残しながら運営されています。

憶えていますか?交通博物館1階奥右手階段を少し登ったところに自動販売機とベンチがちょこっとあったところとか。その階段は昔の万世橋駅ホームの階段だったので、現在また生かされています。


ちなみに交通博物館があった場所には大きなビジネスビルが建っております。子供の頃、よく祖父に連れられてきていた場所が全く姿を変えてしまっていて、淋しいものを感じます。そんな祖父の命日がもうすぐやってきます。






無断転載厳禁
転載される際は事前にご一報ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。