東京都の石原慎太郎知事は13日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野(ぎの)湾市)移設問題をめぐる鳩山由紀夫首相の言動に「一国の総理がみっともない。小学生、高校生じゃない」と述べた。

 石原知事は都庁で開かれた9都県市首脳会議後、報道陣の取材に応じ、鳩山首相が同日、全国知事会の麻生渡会長(福岡県知事)に対し、普天間飛行場の訓練を全国の自衛隊基地に分散する方針に理解を求めたことに言及。「日本は縦に長い国土。地政的な条件というのは当然ある。どこでも置けばいいというものではない」とした。

 また、鳩山首相が4日の沖縄訪問時、「学べば学ぶほど米海兵隊の抑止力が分かった」と述べたことに、「『勉強したら初めて知りました』みたいなことを一国の総理がいうのはみっともない。小学生、高校生じゃないんだ。世界中があきれる。このごろはジャパン・ディッシング(無視)だってさ。残念だね」と述べた。

【関連記事】
首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
普天間問題、出口見えず… 意思決定能力の劣化
首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」
「民意厳しいと官房長官に伝えた」 徳之島の町議
5月決着は努力目標? 首相「できる限りのことはする」
少子化を止めろ!

交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来-新潟・佐渡島(時事通信)
<皇后さま>赤十字大会に出席(毎日新聞)
野沢菜起源は「天王寺カブラ」=伝統野菜で魅力再発見(時事通信)
宮古島で震度3(時事通信)
AD