囲碁の第13期女流棋聖戦三番勝負の第2局が28日、東京都内で行われ、230手で挑戦者の謝依旻(シェイ・イミン)女流本因坊・女流名人(20)が梅沢由香里女流棋聖(36)に白番中押し勝ちし、2連勝で奪取した。女流3冠制覇は小林泉美六段(32)が03年に達成して以来、7年ぶり2人目。謝は現行の女流3タイトルを独占する形になった。

 謝は台湾出身。02年に来日し、04年に14歳でプロ入りした(初段)。現在は四段で、日本棋院東京本院に所属。力強い棋風で激しい戦いを好む。

 06年、17歳1カ月で女流プロ最強戦を制し、囲碁界の女流棋戦最年少優勝記録を作った。女流本因坊戦は07年から3連覇、女流名人戦は08年から2連覇。今回の女流棋聖戦では梅沢の4連覇を阻止し、初の獲得を果たした。

 謝は「三つ取れてうれしい。ただ、責任というか、重みを感じます。今後は女流3冠にふさわしい碁を打たなければ」と語った。

 女流タイトルが三つ以上ある時期(1989年以降)にそれを独占したのは、謝が初めて。小林が3冠を制したときはタイトルが五つあった。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち
囲碁:関西棋院2人目の外国人女性棋士
小沢幹事長:新成人、井山名人と対局 逃げ切れず引き分け
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」
小沢・民主幹事長:逃げ切れず 新成人の囲碁・井山名人とドロー

石川氏の辞職勧告検討=自民(時事通信)
「寒ブリ」不漁、水揚げ10分の1…富山湾(読売新聞)
長井先生、昭和基地から「南極授業」(読売新聞)
高速道路無料化、30でも35でもない週明け発表(レスポンス)
<相撲協会>朝青龍関の暴行問題、独自に調査 委員会設置(毎日新聞)
AD