連続増配銘柄に投資

テーマ:
株式投資では値上がり益を狙う株式投資が主流ですが、配当金を収益のメインとして捉える株式投資法もあります。

値上がり益を狙う投資は比較的短期的に収益を得たいと思う方も多いようですが、配当金を収益のメインとして捉える株式投資は中長期的な投資が基本となります。

配当メインの投資では、高配当銘柄に投資することは知られていますが、高配当だけではなく配当成長の視点を持つことが大切です。

配当成長というのは長期的に1株あたりの配当金が上がり続ける、つまり増配を続ける企業の配当のことです。

何年も連続増配を続ける企業を選び、ポートフォリオを作り運用していくのが、配当成長株投資法です。

この投資法で一番難しいのは銘柄選定になります。

配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫



AD

投資信託の種類

テーマ:
投資信託は、それぞれ投資対象がさまざまありますので、投資家に投資信託の投資対象などをわかってもらうためいろいろと種類を決めていたりします。
それぞれの投資信託がどういった資産に投資し、収益の源泉とするのかで分けられていたりします。
投資信託のパンフレットなどに書いてありますので、投資信託を選ぶ際にみてみるとよくわかります。

単位型
投資信託の当初募集期間にのみ購入できるもの

追加型
原則的に、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できるもの

国内
投資収益が、実質的に国内の資産を源泉とするもの

海外
投資収益が、実質的に海外の資産を源泉とするもの

国内外
投資収益が、実質的に国内及び海外の資産を源泉とするもの

株式
投資収益が、実質的に株式を源泉とするもの

債券
投資収益が、実質的に債券を源泉とするもの

不動産投信(REIT)
投資収益が、実質的に不動産投資信託及び不動産投資法人を源泉とするもの

その他資産
投資収益が、実質的に上記以外の資産を源泉とするもの

資産複合
投資収益が、実質的に上記の複数の資産を源泉とするもの

MMF
マネー・マネージメント・ファンド
マネー・マーケット・ファンド

MRF
マネー・リザーブ・ファンド

ETF
ある指標に連動し、証券取引所に上場しているもの

連続増配株
株式投資で儲からない理由
米国株の高配当銘柄
おすすめの株式投資手法
AD

債券投資

テーマ:
債券投資を始めたい―こう思っていても、どこで何が販売されているのか分からない人も多いでしょう。債券の品揃えが豊富なのが証券会社。自分の目的に合った債券を見つけるには、証券会社を通して情報を集めることが一番の近道です。

債券の情報収集をするときに知っておきたいのが、債券には新発債と既発債があること。情報はホームページや店頭窓口などで得られます。新発債と既発債とで、どちらが有利ということはありません。投資目的を決めてから、それに合った条件の債券を探しましょう。


新発債とは文字どおり新規に発行される債券。発行前に一定の募集期間が設定され、その間に申し込めば買えます。購入価格がいくらになるかなどの条件は、あらかじめ決まっているのが一般的なので、自分の投資目的に合った商品を選べるわけです。
ただし、新発債は募集期間中でも、人気が高いと売切れてしまうこともあります。新発債の発行情報は、証券会社の店頭ポスターやホームページなどで集められます。


既発債は既に発行された債券で、主に証券会社で取扱っています。新発債に比べて品揃えが多様で選択の幅が広いのがメリットの1つです。たくさんの既発債が流通しており、その中から自分の希望する発行体や期間などを探して購入できます。


株式投資で儲からない
米国株 高配当銘柄
学費負担の軽減方法
リストラからの再就職
おすすめの株式投資
ワンルームマンション投資


AD