静岡県大会

テーマ:
12月18日(日)
第23回県知事杯静岡県極真空手道選手権大会

今年、最後の大会。
ウチからは緑帯以下14名が出場。

{15776A2D-52DD-4F4D-8955-E5A4450B1079}



(小学1年生)
   準優勝     八木    祥平
{DB530256-D2C4-4026-9607-D6970FC54B86}
小さい身体で粘れるようになり、県大会初のファイナル進出!


(小学3年生男子)
  優    勝      赤津    琉斗
{98FD3EDD-FDB1-4A33-9300-430BFE54B2F1}
昨年に続き2連覇!今年はたくさんの試合に出て
大活躍しました。

(小学5年生男子)
 準優勝    久保田   陸翔
{1A8D9057-EE96-4DA2-9BCB-1BE27B6F284A}
一時期のスランプを脱し、勝ったり負けたりの中、根気強く挑戦を継続。


(小学5年生女子)
  優    勝     鈴木  彩音
{8D3020CD-AAA3-4398-A134-C8D93F2A1D7C}
ついに掴んだ初優勝!努力がやっと報われた結果に家族も大喜び。おめでとう!


今年の大会も終わりました。
引率、セコンドに関わる人が今回少なかったので一部の人には負担をかけましたが、良くやってくれました。

選手、保護者の皆様、遠征お疲れ様でした!

私は結果よりも内容や成長過程を重視しますが、勝てなくてもがき、悩み、それでも頑張っている子が結果を出した時はこの道の指導者であることの喜び、幸せを感じます。

本人にとっても、壁を乗り越えて掴んだ経験はその後に計り知れない自信と成長をもたらしてくれます。

たくさんの子供達にそのことを経験させてあげたい…


今、負け続けている人は挑戦することの意味を感じず、自分を信じられなくなりつつあるかもしれないけど、そんな苦しい状況でも努力を継続するからこそ、未来の強い自分に繋がることを信じて頑張って欲しいと思います。


来年はウチが主催する関東大会が2月にありますが、1人でも多く飛躍、成長するきっかけになる大会になってくれたらいいな、と思って準備、運営にあたりたいと思います。

最後に、世界大会を挟み、たくさんの行事をこなして来られた大石道場の皆様には心より労いと感謝を申し上げます。
ありがとうございました。



AD

コメント(3)