千葉県大会

テーマ:
3月26日(土)千葉県極真空手道選手権大会が流山市民体育館にて開催された。

{64962CDD-0BD1-411C-9BD6-5BCD6A70D0D6}

(一般上級男子)
   優   勝     遠藤   晃一
{DE196AFF-42D0-4AEC-8186-29C1B79E79B1}
1回戦から正念場(12月に負けた選手と対戦)世界大会に出たいという強い意志で挑み、全試合本戦決着。おめでとう!

(中学男子上級軽量級)
   優    勝    八木   隼斗
{9DC6CF76-10B6-4955-8C7E-017407B129C6}
怪我からの復帰、不安要素がある中でよく粘り、
終始攻める気迫が良かった。


(小学5・6年女子)
   優    勝     吉見    藍綺
{4893A570-522B-4418-891A-0FE14C35B66B}
6回負けている相手と2回戦で対戦。危ない場面もあったが延長を制し、決勝は後輩との同門対決
。小学生最後の試合を良い形で終えることができた。

(小学5・6年女子)
   準優勝      青木   杏樹
{54F0E566-E8F2-4D47-84B7-A2C6461AF201}
課題の接戦での精神面も変わって来て、いつも一緒に稽古している先輩と決勝で初対戦。よく頑張った。

(小学2年生男女混合)
    優    勝     赤津    琉斗
{480D103C-C736-4422-97B3-632B68AE7961}
過去一度も勝てなかった相手についに勝利し、優
勝を決めた。戦い方に安定感が出て来ました。
おめでとう!


(小学6年男子)
   第3位      海老澤   秀
(小学5年男子)
   第3位     大栗    匠瑛
(小学1年生男女混合)
    第3位     深澤    理希
{DBE07524-40B4-4F9A-A0D7-BB4CEAAA9DB3}
久しぶりの3位入賞、初入賞、審判があったので試合が見れない子もいたが、これを機に更にステ
ップアップして行きましょう!

負けてしまった選手の中には結果こそ出なかった
けど、進歩が表れて来た選手もいました。
万事、諦めたらそこで終わり。心をリフレッシュ
させてまた新たな気持ちで頑張ろう!


振り返ると、勝てなかった選手にようやく勝利
し、課題克服、同門決勝対決、遠ざかっていた優
勝…などなど、印象深い大会になりました。
主催された世界総極真 武颯会の奥田師範を始め、
スタッフの皆様、ありがとうございました。





AD