第8回北海道空手道選手権大会

テーマ:
9月27日(日)帯広の森体育館メインアリーナ

北海道とあって知らない他流派の道場、選手がたくさんいました。

ウチからは1人出場


(小学5・6年生女子)
優   勝      吉見    藍綺

{A7DCC5CA-B827-4D15-A86C-0A69E4B79CF4:01}

決勝の主審は私。
本戦アキに二本旗が上がるが引き分けにして延長。またもや二本上がるが、支持せず「再延長(はっきり差をつけて来い!という無言の檄)」に…
再延長で決着。
よく頑張った!

{66E381B9-6CD5-40E7-AFAF-F8934A0180BC:01}
北海道新聞社からも賞状を頂きました。

{0CCF2DD8-7972-4A23-AA93-0C15795FA0FF:01}
大石範士と一緒に記念撮影

{B284AB96-038A-454E-870E-262F3129352E:01}
主催者の高橋師範と一緒に記念撮影


他流派だが、優至会はいい選手が多かった。
(子供から大人まで強かった。)
子供達の試合で自分の状況を認識して回り込んだり、詰めて技をまとめたり…間合いの操作や角度をずらして打ち合うなど、感心しました。

北海道高橋道場の選手も北海道に来て初めて見た選手の中に下段が強くてタフな選手がいました。
高校生にも光る逸材がいて、将来楽しみです。

北海道高橋道場の高橋師範始め、石川先生、原先生、ほか黒帯の皆さん、審判、スタッフの皆さん
には親切にして頂き、大変お世話になりました。
ありがとうございました!

それから、ウチのアキをウォーミングアップに混ぜて頂き、面倒を見て頂きました高橋道場の堀田さんにも感謝しております。

また来年、道場生を連れて来たいと思います。
AD