山梨県大会

テーマ:
9月13日(日)
第15回山梨県極真空手道選手権大会

富士北麓公園体育館にて開催。
{AE0FEE2A-8A5C-41E1-8B7A-4F547414E516:01}


小学1年男子
準優勝   谷村   佑樹

小学2年男子
優   勝    赤津   琉斗

小学2年女子
優    勝    佐藤   まきの

小学4年男子
優    勝     井口   結登

小学4年女子
準優勝     鈴木    彩音

小学5年女子
優   勝      伊東    結衣
準優勝      青木    杏樹

小学6年男子
準優勝      岩井     諒
第3位      八木   康平

小学6年女子
優    勝     吉見    藍綺

中学生男子重量
準優勝     近藤     勇樹

一般男子上級
準優勝      石神    勇智


              石神  勇智は敢闘賞も受賞
{FA39EEE9-AA4D-4D35-88E4-C0EBCE82B537:01}

新人君の活躍があったり、なかなか結果に結びつかなかった子が入賞したり、稽古の成果を出せずに悔しい敗戦を経験した選手がいたりと、悲喜こもごもだった。

負け続けても腐らず、諦めずに挑戦を続けて行けば、今日の敗戦が未来の結果に繋がる…

地道に己の課題を克服するべく、取り組むことは大変なことだが、今の自分と向き合って努力をしよう。


主催された大石道場の皆様、ありがとうございました。


(山梨県大会を振り返って)

審判をやっているとさまざまなセコンドの声が聞こえて来る。
残念な事だが、応援マナーの悪い保護者が結構いた(たまたまかもしれないが)

「押せ、押せ!」「効いた、倒せ」
「相手ビビっているぞ」
「気にするな(反則してるのに)」

これらは応援マナー違反です。

コートの進行が予定よりも長引いていたこともあり、進行上、試合を中断させたくなかったので我慢したけど、次はガツンと言います。

マナーで言えば感心したことが一つ。

ある子供(選手)が無人になったトイレのスリッパを全部1人で揃えていた。
誰に言われるまでもなく、誰かが見ているからでもなく、である。


その姿勢が素晴らしい。


名前を聞くと「都留道場の落合です」と
言っていた。


ウチの道場生にも靴、スリッパは揃えろ、といつも言っているが、他人の分まではやらない。

今日の応援マナーが悪かったどこかの大人達もやらないだろうな…


彼の姿勢を見習って欲しいと思った。







AD

コメント(2)