1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-07 16:18:51

9/15OPEN!有機米を使用した身体にやさしい『おむすび専門店 七むすび自由が丘店』

テーマ:自由が丘ランチ ┬ 和食系

こんにちは!

いよいよ明日にせまってまいりました【女神祭り】を控え、新店OPENが続く自由が丘。

本日ご紹介するのは、9月15日にOPENした『おむすび専門店 七むすび 自由が丘店』

場所は、「SUBWAY」のお向かい、5月に閉店した「ナナズグリーンティー」の跡地。

 



自由が丘発祥として全国に着々と展開していき、自由が丘に2店舗あった「ナナズ」がまさかの閉店。
同じグループ会社が手がけるおむすび専門店のようですが、
現在は、ハワイに店舗を持ち、日本の店舗は自由が丘店のみ。
これからどんどん展開を広げていくのかもしれませんね。

そして折りしもその数件お隣りには、昭和3年から続く老舗のお米とおむすびのお店「玉川屋」が!
まさかのおにぎり戦争勃発かしら??

 


 

農薬・化学肥料を一切使用しない有機米を素材としているおむすび 『七むすび』

1階は、販売スペースのみとなっていて、贅沢な作りのスペースに
黒いショーケースには、高級感のあるおむすびがこれまた並びます。
 


お米本来のおいしさを味わえるシンプルな塩むすびは、

白むすび、赤むすび、玄米むすび、黒豆むすびなど(¥160~\180)。

味むすびは、梅、鮪しぐれ煮、鮭、しそ昆布、焼きたらこ、明太子、釜揚げしらすをはじめ、

季節のおむすびも展開されるそう(¥210~\250)。

 

 

テイクアウトのほか、店内でも食べられるおかずは、
有機ぬか漬け、豚の角煮 半熟卵添え、手づくり出汁巻き卵、まぐろのしぐれ煮、豚汁 七むすび風
(¥200~\480)。
甘味に、あんみつと白玉ぜんざいが用意されています。(\400)。

 

 

ケース上に瓶詰めで置かれた梅干は、有機梅、紅高梅の2種類で1粒からいただけます(¥120)。

 



イートインスペースとなっている2階は、ちょっと変わった作り。
木で囲まれたカウンタースペースが独特。
思わず座りたくなる木箱のようなイスがちょこっと食べるのにちょうどいいスペース。

 

 

奥にはゆっくり寛げる見晴らしのいいソファ席も。
 

 

ソファのお向かいが、同じく木箱スタイルのイスなので、複数で来店した場合は、

寛ぎ度に格差が生じそう(笑)。

 



オーダーしたのは、鮪しぐれ煮むすび(¥250)、豚汁 七むすび風(¥480)、
デザートにあんみつ(\400)。

 



中央にたっぷり鮪のしぐれ煮が入ったおむすび。
有明産の大きめの海苔が別添えでついていて、食べる直前に巻くスタイルなので、
パリパリの状態でいただけます。
*しっとり派の人は、早めに巻いておきましょう。

 



ふっくらのお米に固すぎない柔らかなにぎりのおむすび。
お米を引き立たせる塩加減はかなり薄めの絶妙さ。
しぐれ煮の甘辛さもさらに引き立ちます。
おむすびは良いのですが、巻いた後、お皿もペーパーもないので、トレーに直置きしなければいけません。

ワタシのようにポロポロこぼしてしまう、食べるの下手派な人間は要注意です。(笑)

 

 

豚汁は、甘辛い鰹出汁の白味噌に大きめのお豆腐。これは好みの豚汁です!

 



デザートのあんみつは、あんずにあんこと白玉のみという見た目でとってもシンプル。
元甘味カフェのイメージとは違う、身体にやさしそうなあんみつです。
手作りの寒天と甘すぎない十勝産の淡雪あん、黒蜜と寒天の素材の味を感じます♪




平均的にみても1000円は軽く超えてしまうお値段は、正直安くはありませんが、
身体に安心安全なおむすび。
イートインには、おひとり様の女性客がとっても多かったです。
ささっと一人でも入りやすく、食べやすいのが良いのかな。

明日からはじまる【女神まつり】。食べ歩きのお供にもいいかもしれませんね!

 

くわしい店舗情報はこちら

『おむすび専門店 七むすび 自由が丘店 / しちむすび 』

 

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ

 

本日の 「自由が丘.net 特典」 は、
現代フレンチと自然派ワインを中心としたフランス料理レストラン
『Sans Maquillage / サンマキアージュ』
 

サンマキアージュ

 


「自由が丘ネットを見た!」 もしくは以下のリンク先掲示で、

ウェルカムドリンクサービス♪ 

※ディナータイム限定、1グループ6名様までご利用いただけます。

※ご予約時に自由が丘ネット特典のご利用をお知らせください。


店舗情報はこちら→ 『Sans Maquillage / サンマキアージュ』

#自由が丘#自由が丘ネット#ニューオープン#天然鰻#鰻重#うなぎ#土用の丑の日

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-21 12:07:00

土用の丑の日は国産の地焼き鰻で精をつけよう!『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』ランチ

テーマ:自由が丘ランチ ┬ 和食系

 

こんにちは!
梅雨もあけましたね~。
たいして外にも出ていないのに、早くも夏バテ気味の今日この頃…。
7月25日の「土用の丑の日」を目前に、早くも精を付けに行ってまいりました!

 



本日ご紹介するのは、先月OPEN情報をお知らせした関東では珍しいという地焼き鰻の

『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』

 

 

場所は、学園通り(ピーコック通り)の踏み切りより環八寄り。
鍋料理の 『不二㐂屋 自由が丘』だったところというよりは、
「葱や平吉 自由が丘店」だったところと言った方がわかりやすいでしょうか?

 



業態変換ということで、毎度ながら安定のお座敷店内。
ゆっくりできるので、お子様連れにも喜ばれているようです。




メニューはというと、
天然鰻 鰻重 / ひつまぶし ¥8800

地然鰻 鰻重 / ひつまぶし 特上 天下無双 ¥5800

                    特                ¥4800

                    上                ¥3800

                          並                ¥2800

 うな丼               上                ¥2500

                          並                ¥1800
鰻かば焼膳            上       ¥2500

                    並                \1800

鰻飯とおばん菜定食               ¥1500

鰻穴子天重                      \2500

 

うなぎ系のメニューは上記のとおりですが、

ほかにもデイリーに食べやすい鳥唐揚定食や鯖塩焼定食など
以前と変わらぬ定番メニューは¥1000以内でいただけます。

 

天然鰻が気になるところですが、さすがに昼から¥8800は庶民にはキツイ!
でもウナギ食べたい~!
ということで、


「鰻重 / ひつまぶし 特上 天下無双」 ¥5800

 

 

とにかく丼がデカイっ!
鰻の量が多いっ!!

肝心の鰻重写真がブレちゃいましたが、ガツンとかなりのボリュームでした。

 

 

で、こちらが 「鰻かば焼膳 上」 ¥2500

 


 

お味噌汁とご飯に肝煮に小鉢もついています。

 

 

蒸さずに遠火の炭でじっくり焼く「地焼き」スタイル

 

 

 

『瓢六亭』 は、蒸さずに遠火の炭でじっくり焼く「地焼き」スタイルで、

ふんわり柔らかな食感の関東式とは違い、パリッとした皮目の食感と脂ののった鰻の旨味を

ダイレクトに味わえるのが特徴だそうですが、

そんなことも知らなかった無知なワタクシは十分ほっくりして旨い~~と堪能してしまいました!
ちなみに、「上」、「並」の違いは量の違いだそうです。
やっぱりこれくらいはないと、あんまり食べた気しないかも。
せっかくなので、こんなときこそ奮発してみて良かった!(笑)
 

 

店内で泳ぎ回る国産太鰻ちゃん。
キモもいつか「地焼き」にされてしまうんだよぉ…。

 

 

夜は気軽に鰻を楽しめるよう、「鰻串」(300円~)や「うな味噌」などの一品料理も揃えているそうです。

 

 

うな重はお弁当もあるみたい。

もちろん「土用の丑の日」は、ウナギでなくとも「う」のつくものを食べる風習だったとか、
じつは冬が旬のウナギを夏に食べる風習を根付かせるものとか、
まぁ色々ありますが、
平賀源内の販促に乗っかって、「地焼き」スタイルの鰻で猛暑を乗り切ってみてはいかがでしょうか?
 

ランチタイム 11:30~15:00(L.O.14:00)
全席禁煙

 

くわしい店舗情報はこちら→ 『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』

 

 

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ

 

本日の 「自由が丘.net 特典」 は、
現代フレンチと自然派ワインを中心としたフランス料理レストラン
『Sans Maquillage / サンマキアージュ』
 

サンマキアージュ

 


「自由が丘ネットを見た!」 もしくは以下のリンク先掲示で、

ウェルカムドリンクサービス♪ 

※ディナータイム限定、1グループ6名様までご利用いただけます。

※ご予約時に自由が丘ネット特典のご利用をお知らせください。


店舗情報はこちら→ 『Sans Maquillage / サンマキアージュ』

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-23 23:04:56

6月16日OPEN!関東では珍しい地焼き鰻の『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』

テーマ:自由が丘ランチ ┬ 和食系

こんばんは!

今日も暑かったですね~。

そんな夏日でもへこたれないためにも、精がつくお店が登場!
関東では珍しい地焼き鰻の 『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』 が6月16日にOPEN。

 


鰻といえば、自由が丘では、「八沢川」と「ほさかや」くらい。
なので、ワタシの周りでは何気に話題になっています。




場所は、学園通り(ピーコック通り)の踏み切りより環八より。

昨年11月にOPENした鍋料理の 『不二㐂屋 自由が丘 / ふじきや』
早くも業態変換されたようで、大元は同じく際コーポレーション。
(不二㐂屋の紹介記事はこちら→

 

 

ただいま、オープンお披露目価格のキャンペーンをやっていますが、
それでもなかなかのお値段なんですよね。
なんでも国産養殖鰻と、各地より良質な天然鰻を使用しているそうなので、
当たり前といっちゃあ当たり前なんですが。

庶民にはなかなか手が出ない…。

 

 

鰻は蒸さずに遠火の炭でじっくり焼く「地焼き」スタイル。

ふんわりと柔らかな食感の関東式とは違い、「地焼き」の良さは、
パリッとした皮目の食感と脂ののった力強い鰻の旨味をダイレクトに味わえるそう。
 

 

気軽に味わう串焼も用意されています。

 

(画像はプレスリリースよりお借りしました。)

 

ランチの鰻かば焼き繕(上:2500円、並:1800円)くらいだったら、食べられるかなぁ。
ただ、パっと見ほかのランチメニューは、以前とさほど変わっていない1000円以内で食べられる
定食メニューがほとんど。
デイリーに使う分にはありがたいけど、鰻メニューはあまりないようなんですよね。

 



土用の丑の日くらいは、奮発して食べに行ってみようかと思います。
鰻好きの方は、チェックしてみてください!

くわしいお店情報はこちら→ 『瓢六亭 自由が丘 / ひょうろくてい』

 

 

ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ  ダイヤ 

 

本日の 「自由が丘.net 特典」 は、
自由が丘初の牛かつ専門店!揚げ時間たった20秒、極レアをいただける
石焼き 牛かつ 二階堂 / にかいどう

 



「自由が丘ネットを見た!」 もしくは以下のリンク先掲示で、
ワンドリンクサービス♪(ランチビールorグラスワイン)  *ランチタイム限定

店舗情報はこちら→ 『石焼き 牛かつ 二階堂 / にかいどう』

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。