歯科医も仁術

たかが歯医者と言わないで!
広く深く熱い仕事のウラには色々あるんです。
巷に広まるおかしな日本語に敏感に反応しつつ
喜怒哀楽とりまぜて、じっくり考えて書いてます( ..)φ


当ブログは、自分の歯科医院の宣伝やアクセスアップ

を目的とするものではありません。

コメントは「承認」してからの公開とさせて頂きます。


クローバー歯科に関する一般的な知識や情報を得たい方は、

”王道”が掲載されていると思いますので下記へ

 ↓  ↓   ↓

「日本歯科医師会 ホームページ」




テーマ:

普段家に閉じこもっている80代の義母を

たまには外に出ましょうよ、、、音譜ってことで

娘(おばあちゃんにとっては、孫)がやってきて

近所にあるイタリアンのお店でランチ。ピザナイフとフォークパスタ

 

雨の中、杖ついて傘さした義母と一緒に

ゆっくり10分ほど歩いて

、、、行きました。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

行く途中、郵便局(かんぽ生命)のバイクに乗りヘルメットかぶった

オニイサンが通りかかり

うちの義母に気づいて挨拶をしてくれたんで、

立ち止まって「こんにちは。」おじぎ

~しかし、当人は、見たことがある郵便局の男の人

くらいにしか覚えていない~

ふと、バイクの後ろの荷物箱?に書いてあった氏名

(それは、乗ってる局員の名前)見たら、

 

「あ~、この人だわ!」

←悪質な手口から守ろ

消費生活センターのパンフレット

 

時々(平日私の留守中)義母を訪ねてきて、

親し気に上がり込んでお茶を飲みながら話し込み

何回か来て顔を覚えてもらった頃に

保険の話をし、もうじき満期になるから別のものにしましょうなどと

持ち掛けてきたようでした。

(細かい話は省略します)

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

後日

当人もよく理解できてないのに、新たに別の金融機関から

現金を引き出して入金するような話にいつの間にか成っていたそうで

杖歩行の高齢者本人がタクシーに乗って

某金融機関まで出向いて

手続きをしなければならなくなって、ものすごく大変だった

という事件?が数か月前にあったもので

その担当者の名刺をじっと睨んで、氏名を私は記憶していたのです。

 

もう、その話はクーリング・オフの期間も過ぎてしまって

元には戻せないし

当人も、どうしてどんな契約になったのかはっきり理解してなくて

覚えてない。

金銭的に損をしたわけではないから”悪質”とは言えないけど、

こういうだますような勧誘の仕方、やめてほしいな~(=`(∞)´=)

と思っていたところだったのです。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

ここで会ったが百年目! 

 

「私はあなたに言いたいこと、確認したいことが沢山あるけれど

偶然会ってこんな道端で話すことでもないから

今日は黙っときます。」 と言っておきました。

 

、、、ノルマはあるだろうけど、あんなやり方は許せない。

 

世の中が

敬老の日にだけ特別サービスするんじゃなくて

もっと実態を把握して

敬老(老人を敬う)が

軽労(老人だから軽く見る)にならないように

してもらいたいものです。

 

とくに、お金を扱う仕事の人、

老人の財布がま口財布とハンコシャチハタ豆印しか目に入らないようではいけませんよ!

 

お財布持つ手がどんなふうに動くか、

書類に記載するときの様子

書いた文字、

ハンコ押す手の動き、力、位置が正確か

持ってくるときに足取りはしっかりしてるか

会話がちゃんとかみ合っているか

同じ話ばかり繰り返してないか

 

、、、おっ~と!

介護認定の調査員じゃなかったですね (・・。)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月曜日に電車の中吊り広告で見かけた

週刊現代 

どうしようかなあ、、「見出しに踊らされて買うのはやめよう」って

決めたばかりだけど、

「60すぎたら歯をみがいてはいけない!」 なんて書かれたら

ちょっと、、、

誰がどんな意図でどの程度真剣に書いているのか

誰か専門の大学教授がコメントしているのかどうか

少しでも知っとかないと

患者さんに聞かれたときに答えに窮するかも、、と思ったのと、

ほかに読みたい記事も(曽野綾子先生の独占手記)あったので

買って読みました本

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

結論からいうと

「見出しと内容が違う!」

、、、レセプトの返戻でいえば「病内不一致」

 

記事に出てくる歯科医の先生が

単行本(新書版)『歯はみがいてはいけない』だったかしら

それを出版したので、それの宣伝を兼ねていると見た!

あとで書店に寄ったらその本置いてあり

ごめんなさい!買わないでパラパラめくってみただけですが

オビにも表紙ウラにも宣伝文句が書いてあり

週刊誌にもそれを抜粋して書いてあり

歯をみがいてはいけない とは書いてなくて

「磨き過ぎに注意」 ってこと。

 

ほかにもTCHのことなどわかりやすく書いてあったようで

ちゃんと買ってじっくり読めば

患者さんのためになる内容なのかな、と思いました。

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 

しか~し!

 

こういう、目を引くけど紛らわしいタイトルを付けること、

それをとりあげて見出しにして宣伝する週刊誌、

~両方とも 講談社だから、出版物の宣伝~

出版社の良心として、どうなんでしょうね。

いちおう「気をつけろ!」と注意書きも添えてありましたけど、

売らんかな!の意図が見え見えで、なんだかなあ、、、。

 

目ビックリマーク もしも、このタイトルだけ見て

60過ぎた(同年代だけど)人たちが

今晩寝る前に「ああ、歯磨きめんどくさいなあ、、。」

あ!でも、今日電車で見たつり革広告に

「60すぎたら歯をみがいてはいけない」って書いてあったし。

やめとこ!

 

って、毎晩毎晩、口腔清掃を怠ったまま寝てしまって砂時計腕時計時計

 数ヶ月汗、数年、あせるしたら?歯

 

却って進行を早めるかもしれませんよあせる

 

虫歯、歯周病ドクロ

誤嚥性肺炎、認知症叫び

、、、、、そうなったら、誰が責任とるのかしら。

 

健康食品や栄養補助食品のCMのように、横に小さ~い文字で

「この記事によって健康被害が生じた場合にも、

当社(出版社および編集部)は、一切責任を持ちません。

あくまでもご自身の判断で口腔清掃を行ってください。」ナゾの人 

、、、、

って記載しといたほうがいいんじゃない?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

15年前から介護認定審査会に出席していますが

ここ数年、「口腔ケア」と「義歯の洗浄」の文字が

確実に増えてきた感じがしています。

また、「むせ」の文字も見かけます。

 

口腔ケアの方は、もう説明の必要がないくらい

介護分野では当たり前になってきたようだし、

食事時にむせがあるかないかも同様に登場します。

、、、使い方が適切かどうかは少々疑問が残ることもありますけど

まずは進歩、進歩!チョキ歯科の出番も増えるはず。

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

 

以前(介護保険制度が始まってすぐのころ)

口・歯についての記載は殆どありませんでした。

つまり、介護において口腔は

あんまり、、、いや「全然、関係ねえ!」と考えられていたようで。

 

それが、段々増えてきたということは

介護認定調査員が義歯(取り外しのできる入れ歯)に

目を向けている、、、ってこと。

 

今回気になった「義歯」についての記載は

「口腔清潔」に関することだけで

例:

「義歯を外して洗浄液に漬ける」←口腔清潔は「自立」

「部分入れ歯を妻が外してブラシで洗う」←「一部介助」

「義歯は施設職員が外し、まとめて洗う」←全員が「全介助」

「総入れ歯なので、磨かず口をゆすぐ」←「自立」

っていう感じのがいくつかあり、

今回審査案件33件に記載された数字をまとめてみると

「五分の一程度の人が義歯を使っており

誰かが食事のあとに外して清潔にしている」

ことになる。

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

 

だけど!

何か忘れちゃ~いませんか?

入れ歯を外して洗う=(イコール)口腔清潔 ?

義歯を取り外して洗えばいいってものじゃないでしょ。

 

外した義歯の内側はきれいなのか?

使っていた「口」はどうなってる?

朝ごはんに食べたお浸しの菜っぱの緑色

「入れ歯」か「歯の間」か「ブリッジの下」

「口蓋粘膜」「舌」かどこかに残ってないか?

 

歯が残ってるのかいないのか、残りの歯に虫歯はないのか

歯周病でグラグラしてないか、残存歯の有無、口臭

舌は動くのか、表面の舌苔は多いか少ないか?

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

 

そんなことまで認定調査時

目で見て判断しろっていうのは

専門家ではない調査員には酷かもしれないけど

 

日常生活動作として

上肢、下肢の麻痺や拘縮が必須項目であるならば

①「口腔清潔」だけでなく「口腔機能」まで

  突っ込んだ調査項目を入れる、とか

②「主治医意見書」に「歯科的および摂食嚥下機能に関連する所見」

  も追加する、とか

例えば;顔の表情・口唇閉鎖・咳払い・呼吸状態・首の柔軟性

    ・水飲みテスト・反復唾液嚥下テスト・その他云々、

認定調査を実施するケアマネジャーや

医科の先生にも判定が可能で簡単にできる検査項目

入れてもらえないでしょうかね?

 

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

 

そういうことが健康寿命を延ばし

医療費および介護に係る費用を

結果的に大幅に減らすことに繋がる、、、はずなんですが(´0ノ`*)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。