歯科医も仁術

たかが歯医者と言わないで!
広く深く熱い仕事のウラには色々あるんです。
巷に広まるおかしな日本語に敏感に反応しつつ
喜怒哀楽とりまぜて、じっくり考えて書いてます( ..)φ


当ブログは、自分の歯科医院の宣伝やアクセスアップ

を目的とするものではありません。

コメントは「承認」してからの公開とさせて頂きます。


クローバー歯科に関する一般的な知識や情報を得たい方は、

”王道”が掲載されていると思いますので下記へ

 ↓  ↓   ↓

「日本歯科医師会 ホームページ」




テーマ:

あれから3日経ち、

通販カタログの会社から例の「保証書」が届きました。

通販の会社が作ったもので、一枚の紙にゴム印の社判。

印刷した使用説明書の冊子ではなく、

朱肉を使った印鑑もなし。

製品名(シリアル)・保証期間・

販売店名(所在地。電話番号、FAX番号)

が記載された紙でありました。

 

製品に何か”ご不都合”がありましたら弊社カスタマーセンターへ

ということです。

※ご丁寧に不都合に”ご”をつける感覚も、ちょっと理解できないけど

販売店は日本国内であるけれども製造者ではない

製造元の作る保証書は存在せず、

通販の会社が責任を持つ

そんな感じで、それ以上追究できない感じです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

カスタマーセンターの人はきっと

「これ以上何を求めるの?」っていいたいだろうけど

なんだかなあ、、、むっ

1万円とちょっと出して購入する製品に

ちゃんとした説明書と保証書がないっての、、。

日本のメーカーだったら考えられないでしょ?

この通販会社も日本の会社じゃないのかしら、、、。

 

昨日話題になった「流行語大賞」の会社、

流行語とは言えない、品のない言葉を選んじゃって

とても日本人の感覚とは思えず

「大賞」の意味を取り違えてるとしか思えません。

偏向報道して自国民を貶めるマスコミと同じで

近隣の某国人たちの仕業なのかも。

 

今回、つまらない結末となりました。

どうか、あの器械がずっと故障せずに

毎日作動してくれますように願い

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前の記事に書いた

日本製と書いてあったから注文したのに[MADE IN CHINA}

だった小器械の話の続き。

その歯科材料通販のカスタマーセンターへ

電話何度かしたけど通じなかったので、

FAXで、事の経過を書いたもの、送りました。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

ほどなく先方から電話があり、

ナゾの人その製品は中国の部品等使って製造してあるが

”日本仕様”である

⇒だから日本製ですビックリマーク

って言うんですよ。(・・;)

 

でも、、、歯

医者「今は不具合なく作動しているけれども、、もし故障したらどうなるの?」

ナゾの人「その時は当社で責任持って修理等に回します」

医者「そんなこと言われても、ちゃんとした保証書がなければ

 信用できない。

 ほかにも購入した人がいるだろうけど、あの説明書(A4一枚)

 だけでは 皆さん不安に感じると思いますよ。」

、、、、

そのあとも、あの紙が保証書になっています、、などというので

医者「あのような紙一枚、誰でもどうにでも作れる。

 社判も、印鑑も押してないただのプリントアウトした紙

 普通、あの値段だったら、きちんと印刷した説明書と保証書が

 付いているはず。」

 

そのあとも、カスタマーセンターではどうすることもできないというので

医者「それなら、上の方に言ってきちんとしたものを用意してください。」

 

結局、

上司に伝えて然るべきものを用意致します。

ということになり、しばらく待つことになりました。

いつ、どんなのが届くのか楽しみ。ベーッ

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

つまり、日本製の方が売れる(品質に定評がある)

=某国製のはあまり売れない(信用できない)

という”勘”=暗黙の常識 があるから、その通販カタログにわざわざ「日本製」

と明記したのでしょう。だから選んで注文したのに、、、。

 

はじめから「日本仕様」と書くべきだったんじゃないのかな。

 

今回そこの通販カタログ(会社)に不信感が芽生えつつあり、

対応次第では、もう利用しなくなるかも。

 

続きは、またメモ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう何年も診療室で使っていた或る器具が作動しなくなり

急ぎ注文しないといけなくなったので

歯科材料の通販カタログをめくってみました。

 

一つ見つけたのは

同じくらいの性能を持つ製品で価格はまあまあ

そして「日本製」を条件に探し

ちょうどよいと思って

FAXの注文用紙に記載し、

2日後に届きました(着払いがま口財布

 

箱にはその器具と、「取り扱い説明書」とハンコの押された封筒

中には、確かに説明書が、、しかしA4サイズのごく普通の白い紙

おかしいなあ、、、保証書がないわあせる

そしてカタログに書いてあった「お客様相談センター」の

フリーダイヤルに電話をかけてみましたが、

電話誰も電話に出んわショック!

よくよく見てみると、受付時間が 9:00~12:00

電話かけたのは12:04 だったのですしょぼん

 

しかたない、翌日でもいいか、、、と思いながら箱を片付けようとして

段ボールの裏側を見ると、

なんと!MADE IN CHINA と書かれているではありませんか!

そして箱に貼られていたシールのバーコードの

下に書かれた数字を見ると、あら!目

4 5*******

これ、意味わかります?

日本製の製品の番号は 4 9***** のはず。

 

知っといて損はない情報ですよ!

ビックリマーク後日、或る読者の方からご指摘があり、1995年以降は

日本の製造業者でも49、、、と45、、、と両方使われているそうで

原産国ではなく製造業者に与えられた表示とのこ

お詫びして訂正致します。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

このことは、ずいぶん昔、子供たちが小学生の頃に読んでいた

漫画(少年向けコミック誌)の中に書かれていたことで知りました。

 

話が飛びますけど、そのことを

開業する前に都内某所で検診の非常勤やっていた先の

同業女性歯科医の先生に

~同じ年頃の子供を持つ母親~

雑談のなかで話したことがあり、

 

私は、漫画も役立つ知識が得られる(作者がよく取材している)

と言いたかったのですけれど

彼女は、「漫画なんて、とんでもない!(子供の教育によくない)」

、、、と、反論されてしまいましてショック!

その人とは「ウマが合わない」と感じていましたが

やはり、その後ちょっとした諍いがあって

 ↓

「私はソレで会社を辞めました」 ←その昔、コマーシャルで使われていたセリフ

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

話大幅に逸れました(・・。)ゞ 

 

とにかく、その通販で購入した製品は

日本製じゃなかったことが判明し

封筒の中の「説明書」の下の方に「保証書」とさりげなく記載があった汗

「通常の使用で故障した場合には1年間保証します」

、、、とだけ、書かれており

取り扱っている日本の会社の名前が書いてあったけど、

これ、どう考えても無責任でしょう!?

 

差別するわけじゃないけど

国内外で、「やっぱりMADE IN JAPAN 」じゃないと!

という評価が確定してるわけで

以前東南アジアの国に旅行したとき

現地のガイドさんがオートバイの話をしてました。

日本製は高いけど10年はしっかり使える

でも***のは、2~3年でダメになる

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

そこに至るまでどれだけ日本人が真面目に、誤魔化すことなく

品質の良いモノづくりをしてきたか

これを誇りに思うのは当たり前のことだと改めて思います。

 

わが身を振り返って、

「やっぱりあの歯科医院で受けた治療は良かった!」

と言われるように

慢心することなく精進しないといけませんね医者歯

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。