帝国データバンクさんの記事で、人材不足倒産が増えているという記事が上がりました。倒産件数全体に占める割合はまだわずかですが、今回17円の上半期は集計開始以降初めて40件超えた事や、2年連続で前年同期を上回るという状況。緩やかに増加している点と、これが多くの業界で出始めているという点、また、小規模企業の倒産が多いという点がかなり気にかかるところです。もちろん、10億円以上の負債も5件発生しているので、規模問わずどこの企業でも起こりうることだという認識はしておいたほうがいいと考えています。また、多数の従業員を要する事業を行う業種に関して言えば、きわめて深刻な話だと受けておいたほうがいいかと思います。


その為には、採用活動頑張りましょうという話になりますが、

・賃上げ
・休日休暇の増加
・その他福利厚生の改善

これらの見直しを行った上で広告展開をしていく・・・となってみると、
正直、最終的には資本力勝負。もしくは、超魅力的な人間関係が結べるかの勝負になってくると思います。

前者だと、やっぱり大資本が本気になったら中小中堅は太刀打ち難しいかもですし、後者の場合は、かなりしっかりしたPRをしていく必要があるかと思います。
労務集約型の仕事になってくると、特に顕著かもしれません。仕事量が変わるわけでもありませんし、売上を上げていかないと原資がやっぱり足りないわけで、構造的な問題かなぁと思います。


だとすると、当然求人に関しては手を打つべきなのですが、止血策と申しましょうか。既存スタッフの離職を最大限防ぐという施策を打つ事が先決なのかもしれません。
「お前の代わりなんで、いくらでもいるんだぞ」的な発想から、「この会社で、店で、ずっと働きたい。ここがいい!」って思わせるような施策が今こそ本気で必要かと思います。
もっとも、経営者層にこのマインドが無ければ、なんの意味もありませんけどね。


本当の意味でのチームビルディングが今、必要なのだとぼくは思います。



プロデュースのご依頼は、新美まで。



AD