※※※※ご訪問ありがとうございます。※※※※


 アフリカ、フランス、台湾などの海外生活を紹介


抽象画の活動、水彩画の街角スケッチ。


    ~~☆~~☆~~☆~~☆~~☆~


       ~~記事のリンク~~


★海外子育て コママンガ(絵が下手ですみません。)

    長男は、こんな子です・・・・こちら

    次男の生態観察報告は・・・・こちら


☆不定期発信中国語、話してみ台湾♪」

  

★読者さんになってくれへん?

  てんてん。台湾くらしの雑記屋さん

●こんなイラストを描いています得意げクリエイターズバンク


artabus


★ご連絡メールはアメブロメッセージ、もしくは


jicojicochevalet★yahoo.co.jp
まで  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018年01月22日(月) 22時18分06秒

長男のセネガル生活、苦労の日々

テーマ:★セネガルであーだこーだ

ご訪問ありがとうございます。

今日はセネガルでの長男の苦労話です。

 

結婚して21年、主人の仕事の関係で、引っ越しばかりしてきました。

いわゆる転勤族です。

 

長男は、生まれて4か月でイタリアのシエナに連れていき、数か月を過ごしました。

私自身、言葉はわからないわ、慣れない子育てに必死、友達はいないわ・・・・で、とてもつらい経験でした。 

 

そのあとは、しばらく台湾にいましたが、一年ほどして、次男を妊娠、妊娠六か月からしばらく長男を連れて日本で暮らしました。次男が生まれると、すぐ台湾に戻りましたが、しばらくして主人の海外転勤が決まり、一才未満で黄熱病の予防接種が打てない次男を、日本の母にとりあえず預けて、私は長男を連れてセネガルに行きました。

 

日本→イタリア→ 台湾 →日本 → 台湾 → セネガル 

 

長男、日本でうまれてから、セネガルに駐在するまで、わずか三年半の間、

すでに飛行機結構乗らされてますね。

この後続けてフランスに二年滞在するのですが、それは又の機会に・・・・

 

セネガルで過ごした3年半は、長男と私にとって、かなり試練の日々でした。

まず、ダカールに住み始めて二か月くらいの頃、長男がマラリアにかかってしまいました。 (過去記事 マラリアで苦しむ長男

 

そして、四歳5歳になっても、なかなか幼稚園に行きたがりませんでした。

(過去記事 セネガルの幼稚園の様子 )

 

日本人のお友達数人は、みんな楽しく通っているのに、どうして家だけ??

社会性がそだたないのではないか?

この子は、ちょっと自閉症気味なのだろうか?

初めての子育てで、どうしていいかわからず、すごく悩んでいたとき、ある日本人奥さんが言ってくれました。

「あらー大丈夫よ!社会性なんて、20歳までに育てばいいんだから!」

 
とにかく色々大変でしたが、当時一番悩んでいたことがありました。
それは、言葉の問題。
 
ダカールに住んでしばらくすると、日本人のお子さんの友達や台湾人のお子さんの友達もできて、うちに遊びに来るようになりました。(セネガルは一年を通して暑い上に、出かけるところがないので、外国人はみんな友達のお家に集まって遊んでいました。) ある日、ふと気が付いたんです。 長男(当時4歳)、お友達が来ると一言もしゃべらないんです。お友達が帰ると、いつものように、私には日本語で、主人には中国語で話していました。 
 
そんな状態が一年ほど、続いたある日、「ママ、僕明日から○○ちゃんと日本語でお話しするよ。」と言ったのです!!様子を見ていたら、本当に喋っていました。
(興味のあるかたは、ぜひこちらで↓)
 
そんな苦労の多かった長男、二か月前20歳になりましたが、一家で一番のおしゃべり男に成長しました。(笑) 気が付いたら、十分社会性が育っていましたね。www
 
今思い出しても、あの時は本当につらかったです。相談できる日本人のママ友達が
いなければ、きっと私は台湾か日本に、子供を連れて帰っていたでしょう。
 
思えば、ややこしい言語環境にわずか4歳で放り出されて、かなり困惑していたのでしょう。ああなったのはあたりまえ! でも当時は、本当につらくて、どうしてこうなってしまったのか?毎日くらーい顔をして過ごしていました。子供とはいえ、間違ったことを言ったら笑われる、と思い、友達の前では口を閉ざしていたのかもしれません。子供でもプライドってあるんですよね。 そろそろ孫ができてもおかしくない年になり、やっと気づいたわたし!おそいわ!(笑)
 
長男は、その後、小学二年生から中学一年生まで、台湾のローカル学校で、
中国語の授業を受け、その後、パリでは日本人学校にしばらく在籍したのち、フランスのローカル学校で4年間学び、フランスの高校を卒業、今は台湾の大学に通っています。
 
台湾に戻った当初は、フランス語や日本語ができる変わり種、ということで、自分も結構いい気になっていたようですが、台湾は、数学などのレベルが世界的にも高く、フランスでやったこともない授業で、分からないことだらけ。もともと、超が付く楽観的な人ですが、かなり自信を無くしたかもしれません。
 
そういえば、先日、長男の大学で期末テストがあり、頑張った割には、
よくできなかった課目があったらしく、私に愚痴っていました。
「もうこりごりなんだよ。ずっと人に頭下げて、教えてください、教えてくださいって。ずっとそういう人生。色んな言葉ができるようになって、海外で暮らしたことはありがたかったと思うけど、ずっと、人並みじゃない感じ、(劣等感?)がするんだ。もうこりごり。」
 
あーなんかわかるなー。私も留学、主人の赴任で、海外生活が長いけど、言葉の問題、文化的背景の違い、どうしても部外者という感情が無くならなかった。でも子供たちも、ギャップを感じていたんだなーと思うと、なんだか可哀想なことしたかな、と。
でも、きっと将来の糧になっているはず…と思わないとやってられませんね。
 
おまけの過去記事 セネガルでお手伝いさん
 
#################

台北で透明水彩画を教えています。

絵筆を握るのは中学生以来、という初心者の方向けのクラスです。

小さな静物画から始まり、少しずつ風景画にも挑戦していただきます。

ご興味のあるかたは、メールでご連絡ください。

jicojico4096#gmail.com (#を@に置き換えてください。)

 

★今までの絵とのかかわり・・・・てんてん 自己紹介 

★レッスンはこんな感じです・・・初めての水彩画レッスン これまでの授業風景

★とりあえず描いてみたい方向き・・・・体験レッスンのご案内 

★海外での旅行や生活の思い出を、日記スケッチにしました。

  イタリア旅行絵日記   パリ生活絵日記

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月22日(月) 21時54分50秒

やっぱり好きになれない火鍋

テーマ:L 台湾 食べ物
今日はこちらの寄せ鍋事情をお話しします。
 
こちらは寄せ鍋を総称して火鍋と言います。台湾を旅行されたことがある方なら、看板をよく見かけたかと思います。
基本日本と同じで、皆でお鍋を囲んでつつくのですが、やはり入れる食材がかなーり違います!
 随分前にこちらにも書きましたが、トマトやら、キャベツも入れてしまいます。
一人鍋のスタイルも健在のようです。
 
それから、決定的な違いは、タレに沙茶醤を使うことです。
{5168CB54-8E5D-40C1-9731-5B02A0A566CA}


これと醤油、酢、ニンニクのおろしたもの、など入れたタレにつけていただきます。これ優れもので、空芯菜炒めはこれだけで充分。台湾料理に大活躍です。ここではお鍋といっても、ポン酢や大根おろしの出番はありません。主人に何どか出したけれど、沙茶醤のない鍋なんて!鍋じゃない!といわれて却下、すっかり台湾スタイルにもどりました。
 
主人も姑も、火鍋が大好き!でも台所担当のワタシが首を縦に振らないため、長い間お預けに。。。。
 
え?お鍋、いいじゃない?献立考えなくていいし、放り込めばいいから楽ちんって?
 
そうですよねー。でも、結局私が鍋奉行だから落ち着いて食べられない。。。

それにもう一つ鍋が嫌な大きな理由、それは、(これをいうと、実家の母が不機嫌になるので、大きな声では言えませんが、)昔学生の頃、実家では冬になると、
毎日のように夕食が鍋だったんです。滝汗
トラウマかもしれませんね。^_^ 
 
さて、主人のリクエストを無視できなくなってきたので、先週土曜日はついに久々のお鍋にしました。ただ、夕方の映画に行きたかったので、昼ごはん後に支度をしておき、帰ったらすぐに食べられるようにしました。こういう時は、お鍋って、手間がかからず便利なんですよね。
まずは、豚骨でスープをとって、そこに具を放り込みます。
ほんとに何でもOK。
こちらの鍋に欠かせないのが紫芋。
冷凍のすでに茹でたものを利用します。これ、大ヒットです!
それからさまざまな加工食品。
写真の真ん中に浮かんでいるのは、貢丸という肉のすり身団子。
 
他にもさまざまな加工食品が火鍋用に売られていますが、私は苦手。
元々、かまぼことかウインナーとかあんまり好きじゃないのです。
どうして男性って、あんなに加工食品がすきなんでしょうねぇ?
 
さて、鍋を囲んだ後の、もう一つのやっかいな問題、それは、鍋を食べ終わった後の残り。だいたい少し残ったら麺を入れて食べたりしますが、妙にたくさん残ります。
あれを次の日に持ち越して食べるのが嫌!
 
今から考えたら、実家の母は全部捨ててました。もったいない!
でも、あれを次の日食べるのは苦痛ですよね。特に、台湾の鍋は、あらゆるものが入っているので、(紫芋が溶けてどろどろだったり・・・)とにかくすごいことになっておりますしねぇ。
 
同じ鍋でも、私はすきやき派です。もしくは焼肉♬ でも同居のお義母さんが、牛肉が食べられないので、たまーに子供や主人と外食の時、よく牛肉をたべます。
 
但し、台湾のレストランにも、すきやきというメニューがありますが、大体全く別物だったりします。 それでも台湾に戻ってから、フランスにいた時よりもずっと、日本料理が身近になってありがたい限りです。
 
#################

台北で透明水彩画を教えています。

絵筆を握るのは中学生以来、という初心者の方向けのクラスです。

小さな静物画から始まり、少しずつ風景画にも挑戦していただきます。

ご興味のあるかたは、メールでご連絡ください。

jicojico4096#gmail.com (#を@に置き換えてください。)

 

★今までの絵とのかかわり・・・・てんてん 自己紹介 

★レッスンはこんな感じです・・・初めての水彩画レッスン これまでの授業風景

★とりあえず描いてみたい方向き・・・・体験レッスンのご案内 

★海外での旅行や生活の思い出を、日記スケッチにしました。

  イタリア旅行絵日記   パリ生活絵日記

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018年01月19日(金) 22時53分11秒

生徒さん達の作品に感激!!

テーマ:台北 絵画教室 
昨日は久々のレッスンでした。とても嬉しい事があったので書いておきますね。爆笑

木曜クラスは、月一、二度のペースで進めていて、昨日は、第4回目、コーヒーカップのレッスンでした。実はこのレッスン、カップの形が取りづらく、私が思っていたよりも、皆さん難しく感じるようです。(コーヒーカップのレッスンの内容はこちら)

でもカップって陶器で白いので、影をどうやってつけるか、の練習にはうってつけです。その影も、透明水彩では基本黒は使わないので、青みの強い茶色を少しずつ色味を変えて、グラデーションをつけていきます。

今回急いでレッスンを進めたせいで、皆さんあっという間に仕上がってしまいました。でも、もう一度カップを描く集中力がないということで、ニコニコ急でしたが、マカロンを描いてみることになりました!で、仕上がりはこちら

{3B0D9DEE-B90E-463E-8FCE-87029D686F50}

Kyさん作品。↑マカロンの中央に白い部分を残すことで、反対に丸みが出ていますね!カップの影も何重にも上手くつけられました!

こちらはKさん。↓ いつもお家で何枚も何枚も復習して下さるそうで、すごく上達が早い!今回も帰って練習された作品↓

{D9DB760E-49B5-4BB5-9FFE-3005EBEC5F2D}
難しい泡まで綺麗に描けていますね!
前回の課題のパイナップルも、沢山お家で練習されたそうで、旧正月に額に入れて飾られるそうです♫

そしてこちらはYさん。いつもお家に帰ったら描かない!とのことですが、今回帰ってすぐ練習されたという作品がこちら。↓
{CB9108F2-D08A-40F4-A8D0-9AC8193A2AA4}

おおー!湯気まできちんと出てます!マカロンの色もすごく綺麗。大胆に色を置くのが透明水彩には大事だといういい例ですね。
実はYさん、最初、丸が書けない!というくらい絵に自信がなかったそうです。でも私の教室にいらして4回目でこんなに描けるように、、、、!
いえいえ、デッサンが超絶上手くなくても、素敵な絵がいくらでもかける、という事ですね、

いつも言っているのですが、

写真のように上手に描くのではなく、
手軽にささっと、ちょっとおしゃれに、

を目指しています。

なので、生徒さんたちは、まさに私の理想通りに楽しみながら、どんどん上手になっている、というのが確認できて、今のやり方で大丈夫だって思えた事が嬉しかったです。(自画自賛 笑)

さて、次の課題はどうやって教えようかな?

考えるとワクワクします♫

皆さんも、一緒に描きませんか?絵に自信のない方もきっと楽しんでいただけると思います。

#################

透明水彩画教室in台北

絵筆を握るのは中学生以来、という初心者の方向けのクラスです。小さな静物画から始まり、少しずつ風景画にも挑戦していただきます。


ご興味のあるかたは、メールでご連絡ください。

jicojico4096#gmail.com (#を@に置き換えてください。)

 

★今までの絵とのかかわり・・・・てんてん 自己紹介 

★レッスンはこんな感じです・・・初めての水彩画レッスン これまでの授業風景

★とりあえず描いてみたい方向き・・・・体験レッスンのご案内 

★海外での旅行や生活の思い出を、日記スケッチにしました。

  イタリア旅行絵日記   パリ生活絵日記

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Powered by NINJA TOOLS
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。