可能性に賭けるとは何か。

覚悟を決めるとは何か。

それらがわかる内容だと思います。

 

ご覧ください。

大手出身(商社、コンサル)で事業開発を担当してくれている斎藤さんの記事。

 

元々大手企業出身者で

大きな権限ややれることの大きさ、

そして、制度や安定した不自由ない日々があったのだと思います。

 

ただ、決まった仕事の繰り返しをすることへの悶々とする自分の気持ちを

振り払うかのように未来の可能性に賭けることを選択した。

※決まった仕事がダメだということを言いたいわけではありませんので

あしからず。

 

客観的にみれば、多くの人が「なぜ、、、」「リスクでは、、、」など

今ある制度、仕組み、権限などから

何もないマイナスになることに対して不思議に思うのかもしれません。

 

ただ、

 

自分自身がどうなっていきたいのか?

何を実現したいのか?

 

それらを本気で考えた時に今の延長にはその答えが

なかったのでしょう。

 

上記はもちろん簡単な意思決定ではないと思います。

決めたことが正解かどうかは誰もわかりません。

それでも自分が決めたことを未来のどこかで正解するという内容が

書かれていると思います。

 

ぜひ、ご覧ください。

 

※上記をすべての人に意識してほしいということでは決してありませんが、

誰かの評価を気にして生きていくことよりも自分がどうしたいのか

を大事に意思決定できる社会を私は創造していきたいと思っています。

 

 

 

AD