J社長のハイエースなブログ

ハイエースはLEGANCEでいかが?


テーマ:

こんにちはJ社長です(*^▽^*)

 

本日は汎用リフレクターストリームタイプの

 

取り付け方法を解りやすく説明させていただきます。

 

 

まずバンパーを後ろから眺めて取付場所を決めます

 

今回はハイエースワイドの純正リアバンパーに取り付けです

 

基本的には汎用の商品になりますので

 

特に取り付け位置の指定はありません

 

リフレクター本体は少しアールがかった形になってますので

 

 

様々なバンパーにフィットし

 

バンパーの端のアールに合わせる事が出来ます。

 

 

 次に製品を左右対象に取り付けないといけないので

 

写真のようになにか基準にできるところを探します。

 

今回はリアハッチの端を基準にリフレクターのセンターの寸法をだし

 

マスキングテープを貼り印をつけます

 

今回はリアハッチの端から5センチぐらいのところで

 

製品センター部分の印をつけています

 

位置が決まりましたら、バンパーを養生します。

 

 

穴あけをする為に型紙が付属しているのですが

 

直接貼ると、ノリが残る場合がございますので

 

養生した上から型紙を貼ると剥がすのが便利ですし

 

張り直しも簡単です。

 

そして次の工程はバンパーに対してリフレクターの水平をとります

 

基準を決めてメジャーで印をしてください

 

 

今回は下から約7センチぐらいのところを基準に取付しています

 

ここまでの寸法取で縦、横の印をつけたところに

 

 

型紙を仮合わせ、型紙に十字線が入っていますので

 

センターの印に合わして貼り付けてください

 

 

張付けしてから遠くからみてバランスも確認してください。

 

このときに型紙のリフレクター枠を赤マジック等で囲むと見やすいです。

 

 

左右とも位置が決まりましたら車体からバンパーを取り外し

 

画像の様にドリルで穴を数ヶ所開けます。

 

 

カーブになってるところに穴をあけるとカットしやすいですよ。

 

 

穴を開けましたらジグソー、糸ノコギリ等でカットしていきます

 

少し硬いですが純正バンパーなら大型のカッターでもカットできます。

 

 

型紙枠より少し外側をカットしてください

 

リフレクター自体にも枠がついているので

 

多少大きく穴をあけてもはみ出さなければ問題ないです。

 

気になる方はリフレクター本体を仮合わせしながらカットをお願いします。

 

 

カットしバリも落としましたら

 

 

バンパー裏側にカバーをつけて付属のビスで固定します

 

 

車種によりますが、マフラー側は断熱テープ等を貼っておくといいかもしれません

 

ハイエースの2700ccガソリン車の排圧はかなり高温なので

 

耐熱処理はおすすめしております。

 

次は配線作業です

 

 

テールランプのスモール、ブレーキ、ウィンカーを検電器で確認して結線します

 

付属のエレクトロタップでも大丈夫ですが、接触不良の原因になる可能性がありますのでハンダで結線する事をお勧めします。

 

ポイントはテールにハンダ付けする配線とリフレクターの配線を

 

途中でギボシで繋ぐとバンパー脱着の際も便利です。

 

 

配線作業が完了しましたらバンパーを取り付けて完成です。

 

 

 

 

 

点灯シーンは下の動画をご覧頂けます

 

汎用LEDリフレクターストリームタイプ

 

 

 

EDリフレクターストリーム バンパー用

 

 

 

{B6816F00-F3F3-46AE-955B-CC414F9ECEA1}

 

もし取り付け方法で不明な点、や商品についてのお問い合わせは

 

 

株式会社ジェイクラブ TEL:072-295-5288まで

 

ご遠慮なくご連絡ください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

J社長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。