畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:

坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと推定される手紙が発見され、大きなニュースとなっています。

 

                                      (高知県提供)

 

大政奉還直後の混乱の中、前福井藩主・松平春嶽の側近・中根雪江に宛てたこの書状の中で、龍馬は初めて「新国家」という言葉を使い、新政府の財政担当者に福井藩士の三岡八郎(後の由利公正[ゆりきみまさ])を出仕させるよう懇願しています。

 

                         (高知県提供)

 

由利公正を敬愛する私にとって、流麗闊達な水茎も瑞々しい龍馬の書状が、大きく乱れ始めたこの時代に現出したことは何かの啓示のように思われ、胸が熱くなりました。

 

明治の傑物の一人である由利公正ですが、正直あまりメジャーな人物とは言い難いので、この機会にご紹介させて頂きます。

 

 

龍馬の手紙から遡ること38年、1829年(文政12年)に福井藩士の子として生まれた三岡石五郎、後の由利公正は、西洋流砲術を学び武器調達に従事したことからその基礎となる財政の重要性に目覚め、また熊本藩出身で福井藩の政治顧問に招かれた思想家・横井小楠に師事することにより、儒教倫理の“至誠”を踏まえた“経世済民”、「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」を学び、かつ実践して藩の財政再建に尽力します。

 

由利公正の卓抜した財政手腕と志の高さ、実直な人柄を評価した坂本龍馬は、新政府誕生後の政府中枢に公正(きみまさ)を迎えるべく奔走。岩倉具視などへの強い推薦が功を奏し、公正は明治政府に参与として招かれ経済財政を担当することを命じられます。

 

財政的に逼塞する新政府の国家予算を調達するため、公正は太政官札(政府が発行した、日本で最初の全国紙幣)300万両の発行を提言。その成功のためにも、民衆からの信用を確立すべく新政府の大義を明らかにし、方針を示すべきと思い至り『五箇条の御誓文』の草案となる「議事之体大意(ぎじのていたいい)」を起草します。

 

「民富めば国富むの理」を信じ、身分にかかわらずすべての人民に志を叶える機会を与えようとした公正の草案でしたが、残念ながら朝廷の権威などに配慮した木戸孝允らによってそのニュアンスは微妙に書き換えられてしまいます。

 

些か長くなりますが、公正の「議事之体大意」の5カ条と、明治政府の五箇条の御誓文を比較してご覧ください。

 

まずは、公正が起草した「議事之体大意」です。

 

一、 庶民志を遂げ 人心をして倦まざらしむるを欲す

(庶民の意志が遂げられるようにし、人々に希望を失わせないことを願う)

 

一、 士民心を一つにし 盛んに経綸を行うを要す

(武士と庶民が心を一つにして、積極的に国家の政策をおこなうことが必要である)

 

一、 知識を世界に求め 広く皇基を振起すべし

(知識を世界に求め、天皇が国を治める事業の基礎を発展させるべきである)

 

一、 貢士期限を以て 賢才に譲るべし

  (貢士[藩主の推薦で選ばれた新政府の役人]は任期を決め、優れた才能を持つ人に後を譲るべきである)

 

一、 万機公論に決し 私に論ずるなかれ

  (政治上の重要な事柄は公正な意見に従って決めるべきで、個人的な判断で決めてはいけない)

 

由利公正は、後に第4代の東京府知事も務め、府職員の冗員を整理し、警察制度の基盤を整備、さらには大火にあった銀座に不燃性の高いレンガ建築を採用するなど、時代に先駆けた行政制度や都市計画を立案・実行しました。確か舛添前都知事も記者会見で「万機公論に決し、私に論ずるなかれ」の一文をかつて引用し、当時は由利公正の言葉を知っているとはさすがと感心したものですが、今となっては「論語読みの論語知らず」の好例となってしまいました。

 

かわっては、『五箇条の御誓文』です。

 

一、 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ

  

一、 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フベシ

 

一、 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ゲ 人心ヲシテ倦マザラシメンコトヲ要ス

 

一、 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クベシ

 

一、 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スベシ

 

こうして読み比べると、「庶民志を遂げ 人心をして倦まざらしむるを欲す」とシンプルかつストレートな思いを冒頭に掲げた、公正の燃えたぎるような信念に圧倒されます。

 

文よりも武に秀で、とにかく型破り規格破りだった公正は、常識や慣習にとらわれることなく物事の本質を鋭くとらえ、世の理(ことわり)を深く理解し、それに基づいた新たな仕組み・仕掛けを考えつく発想力と、それを実現する行動力にも長けていました。

 

傾いた福井藩の財政を建て直すため、藩で紙幣を発行しそれを生糸生産者に貸し付けて養蚕事業を興隆させ、さらに増産した生糸を輸出して外貨を稼ぎ福井藩に莫大な富をもたらします。ただせっかくの富も、藩の上層部が全国に通用する切手の発行を提案した公正の進言を却下し、信用の薄い藩札を増刷したため、結局藩札の暴落とともに財政改革は頓挫してしまいます。

 

そうした財政状況の下、勝海舟からの推薦を受けた坂本龍馬が公正のもとを訪ね、幕府の神戸海軍操練所の資金提供を依頼します。幕臣に限らず、どの藩のどの身分でも、たとえ武士でなくとも希望者を受け入れるという新たな海軍の構想に共感した公正は福井藩を説得、5,000両を出資させます。

 

時機を同じくして公正も、かねてより考案していた通り、農民を兵士として取り立てる計画を実行。それは長州藩の高杉晋作が奇兵隊を組織する以前の出来事だったそうです。

 

やがて福井藩は、武装上洛して朝廷と幕府を結びつけんとする挙藩上洛計画を隠密に進めますが、タイミングを逸したことにより計画は中止となり、熊本藩や薩摩藩に協力を要請していた公正は蟄居を命じられてしまいます。

 

そんな蟄居生活が4年も続いた1867年(慶応3年)104日、大政奉還がなされ、江戸幕府は消滅。そしてその翌月、再び坂本龍馬が公正のもとを訪れます。龍馬は懐から、自身が新政府の方針を記した「船中八策」を公正に示し、新政府への協力を要請します。

 

その5日後、龍馬は今回見つかった中根雪江宛ての手紙をしたため、そのまた5日後には京都・寺田屋で暗殺されてしまうのです。

 

龍馬が亡くなった後、彼の進言を受けた新政府は福井藩に公正の出仕を迫りますが、己の信ずる道を猪突猛進する公正を危惧し、藩はなかなか承諾しません。再三の招請を受け福井藩はやっとこれを認め、公正は新政府の徴士となります。この時点での徴士は、長州藩の木戸孝允、横井小楠と公正の3名だけだったそうです。

 

坂本龍馬が命を賭した維新の志は、一通の手紙により由利公正へと受け継がれ、その後公正は枯渇しかけた新政府の戦費調達に奔走。公正という人物への厚い信頼を礎に20万両もの大金を商人たちから集め、新政府軍を率いていた西郷隆盛のもとへ届けます。

 

そして1868年(慶応4年)4月、西郷隆盛と旧幕府軍の勝海舟との話し合いにより江戸城は無血開城され、新たな時代が始まります。

 

死の直前に龍馬が送った一通の手紙は、人々の熱き思いが間一髪のタイミングで紡ぎ合わされながら、いつの時代も歴史は作られて行く不思議を、今に伝えてくれている気がします。

 

【参考文献】

・ 『幕末・維新人物伝 由利公正』(ポプラ社)

・ 『由利公正のすべて』三上一夫、舟澤茂樹編(新人物往来社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

関東では松の内も終わりましたが、新年最初のご挨拶ということで、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

お正月は例年通り、伊勢神宮をはじめ関西の縁ある神社仏閣を初詣で巡ってまいりました。今回は昨年11月に60回目の「式年造替(しきねんぞうたい)」を終えたばかりの春日大社にも伺うべく、大晦日から奈良に宿泊。式年造替とは、20年に一度、御殿の建て替えと御神宝の新調を行うことで、伊勢神宮の「遷宮」のようにお社の場所を移しての新築はしませんが、神様に一旦仮の住まいにお遷りいただき、きれいに修築した本殿に再びお戻りいただく行事です。

 

奈良時代、藤原氏によって平城京守護のため創建された春日大社ですが、その御祭神は不思議なことに遠方から招かれています。鹿島神宮(茨城県)から武甕槌命(たけみかづちのみこと)、香取神社から経津主命(ふつぬしのみこと)、さらに枚岡神社(大阪府)から天児屋根命(あまのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)という四柱。それ以外にも、御笠山周辺にたびたび光物が出現したり、一夜にして9メートルもの大穴が本殿前に空いたり、神殿に「金花銀花」が咲いたりと、春日大社を巡る史料には様々な不思議な出来事が数多(あまた)記されています。

 

大晦日、近鉄奈良駅に到着しホテルに荷物を置く間ももどかしく春日大社に足を運ぶと、2016年のNHK「ゆく年くる年」がこちらの本殿前から放送されるため中継車がスタンバイを始めていました。

 

時を経た石灯籠とのコントランスが鮮やかな真新しい二之鳥居をくぐると、今しがた鳥居下にある祓戸神社で行われた年越大祓式(おおはらえしき)で撒かれた、花吹雪のような和紙と檜の皮があたり一面に散り敷いています。新たな年をお迎えするため清められたばかりの長い石段を上り詰めると、左手に御本殿が現れます。

 

 

優美なカーブの檜皮葺屋根も軽やかな南門の朱色が目に胸に沁み入ります。御本殿に使用されるのは「本朱」100%。水銀朱を使った貴重な本朱だけで仕上げられるのは、春日大社だけのそうです。ちなみに、この南門前の小さな囲いの中には御神石が鎮座されています。この石は、太古の昔に神様が降臨される憑代として祀られた「磐座(いわくら)」、あるいは赤童子(春日若宮御祭神)がここから現れたと言われる「出現石」などとも伝えられ諸説あるようですが、清々とした生命力を放つ美しい石でありました。

 

 

南門から回廊が四方にめぐらされた本殿境内に足を踏み入れると、御本殿では一年の締めくくりのお祀り「除夜祭」が催行されているため、幣殿より先は通行止め。風に乗って時折、そこはかとなく聞こえて来る管絃の音に耳をそばだてていると、やがて式典を終えられた神官の方々と春日大社のシンボルである藤花を掲げた巫女さんが御神火を先頭に登場、境内を抜け南門から退場されて行きました。

 

 

 

 

 

年越し浄めの御神火を有り難く目に焼き付け御本殿を出た後は、水谷神社など春日の各社をお詣りしながら若草山へ。

 

 

夕陽に照らされて金色に輝く若草山は、夫が思わず「エアーズロックだ!」とつぶやいた通り、どこかこの世離れしていて、異次元に迷い込んだような不思議な錯覚に襲われました。そこで出会った神鹿くんとの写真も…

 

 

なぜか輪郭含めボケボケになってしまいました。

 

西の空を染め上げた夕焼けにたなびく豊旗雲の美しさも神がかっており、「リオで金、甲子園でも金」となった激動の2016年は、「若草山でも金」で幕を閉じました。

 

 

翌朝、元旦は朝一番で伊勢神宮へ。

昨晩の紅白歌合戦に審査員として作新学院卒の萩野公介選手が出演し、引き続いての「ゆく年、くる年」は春日大社からということで、深夜まで家族揃ってテレビの前に釘付けだったため、皆やや寝不足気味。ちなみにここ数年初詣で宿泊しているこのホテル、いつも驚くほど寝つきがよく(ベッドに横になったと同時に記憶がなくなります)、部屋の中での時間の流れがわずかながら遅い気がします。低い塀一つで興福寺に隣接しているため、客室のテラスから臨む景色は興福寺境内そのもの。そう言えば、興福寺の地下には龍宮があって、そこにつながる穴が開いたという記事が史料に散見されるなど、龍にまつわる伝説が多いそうです。

 

 

いずれにしても八十の齢を超えた両親と元気に新年を迎えられ、今年もまた一緒にお伊勢さんへ初詣に伺えるとは、ただただ感謝の一言しかありません。

 

 

翌2日は、春日大社へあらためて初詣の後、ここ数年新年に伺っている石上(いそのかみ)神宮へ。大和盆地の中央東寄り、龍王山の西の麓にある布留山に鎮座する石上神宮は、第10代崇神天皇の御世に創祀され日本最古の神社とも言われています。事実『日本書紀』に記された「神宮」は伊勢神宮と石上神宮だけです。

 

 

実はこの神社には、ブログ冒頭の画像のような御神鶏が放し飼いになっていることもあり、酉年を迎えた初詣客は例年とは比較にならないほど。手水には長蛇の列ができ、神宮周辺には厳しい交通規制が引かれていました。

 

 

石上神宮には、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)の三柱の御祭神がお祀りされています。

 

布都御魂大神とは、神武天皇が東征の際に熊野で賊の毒気にあてられ軍が壊滅しかかった時に、天照大神が武甕槌神と相談してもたらされた霊剣・布都御魂剣に宿る神とのこと。元々、布都御魂剣とは武甕槌神・経津主神二神による葦原中国(あしはらのなかつくに)平定の際に使われた剣であり、この武甕槌命と経津主命の二柱の神こそ、春日大社の御祭神であります。

 

何気なく新年同日に参詣した春日大社と石上神宮が、実は神代の因縁でしっかりと繋がっていたことに深く驚嘆しました。

 

石上神宮は物部氏の氏社とされ、その昔、物部氏の遠祖である神が高天原より降りられる際、天津神から十種の神宝を授けられ、その御神宝は「亡くなった人をも蘇らす」霊力を秘めていたと言われています。この御神宝に宿る神が布留御魂大神であるため、石上神宮は「起死回生」の神として信じられています。

 

石上神宮参詣の後は、聖徳太子誕生の地に立つ明日香・橘寺へ。寺院は聖徳太子建立七大寺の一つとされ、実はここを訪れた6年前の夏から甲子園での連勝が始まり、昨年夏、遂に全国優勝へ至りましたのでその御礼参りに伺いました。

 

石上神宮から明日香までの沿道、まるで道祖神の如き気安さで数多くの前方後円墳を目にしました。画像は、卑弥呼の墓とも言われる箸墓古墳(宮内庁からは第7代孝霊天皇皇女の墓所とされている)です。

 

 

神と人との境界などやすやすと凌駕してしまえる、いにしえの時空にタイムスリップしたかのような初詣の旅でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

年の瀬も押し詰まり、作新学院では建設中の「アカデミア・ラボ」の足場がはずされ、その全容がようやく見えるようになりました。滑らかなガラスの曲線とリズミカルなルーバーが描く軽やかな躯体が、天空と一体になって伸びやかに羽を広げている姿は壮観で、心に風が吹き渡る気がします。

 

4月18日の起工式から11ヶ月余り、様々なアクシデントや度重なる変更にもいつも柔軟に対応して下さり、暑い日も寒い日も風の日も雨の日も黙々と誠実に作業を続けて下さった工事関係者の皆さんのお蔭で、ここまで来ることができました。

本当にありがとうございました。

 

 

自分自身、工事現場にこれほど足を運んだのは初めてでしたが、一つのものを多くの人たちと力を合わせて作り上げる苦労や難しさ、それと表裏一体の楽しさや遣り甲斐を身をもって実感させていただく日々でした。日を追うごとに、このプロジェクトに関わっている一人ひとりの気持ちが少しずつ寄り添いつながりあって、少しでも良いものを作りたい、納得の行くものを完成させたいという思いはやがて熱い塊となり、皆の心の中にふつふつと燃えたぎっていくのを感じました。

 

年明けには完成に向け工事もラストスパートを迎え、3月1日に高校を皮切りにスタートする各設置校の卒業式では、新たな正門となるラボ1階中央の「アカデミア・ゲート(アカ門)」をすべての卒業生が通って、学院から巣立って行ってもらいたいと思っています。

 

アカデミア・ラボがどういう施設であるか、これまで何度かご紹介してきましたが、その使命は、“超える”、“つなぐ”、“変える”という3つのキーワードに集約されると思います。

 

日本でも有数の規模と多様性を持つ作新学院には、幼稚園から大学まで様々な年代の子どもたちが集い、多岐にわたる分野で能力や技術、専門性を有した人材が共存しています。けれど残念ながら、そうした子どもたちや教職員が各々の所属を越えて語り合ったり、共同で作業を行ったりする機会はそう多くはありません。

 

アカデミア・ラボでは社会に存在する様々な問題に対して、作新に関わるすべての人たちが、年代や所属、分野や専門を“越えて”自由な発想やアイディアをぶつけ合い、語り合い、知恵と力を出し合うことで“つながり”、問題解決に向けて行動し世の中を“変えて”行く場を作りたいと構想しています。

 

 

そのため、できるだけ室内に固定された壁を作らず、その時そのシーンに応じてパーテーションで空間を仕切ることができるように造作しています。パーテーションや奥の壁面はホワイトボードになっているので、そこにそのまま字や図を描いたり、パワーポイントを映写したりすることもできます。

 

 

設置される椅子や机もキャスター付きを多用し、席の位置替えが容易にできるようになっています。机の形も勾玉型や台形などディスカッションしやすくコミュニケーションがとりやすいよう工夫されています。

 

アカデミア・ラボにより、越えて、つながって行くのは、学院内だけではありません。

 

これまで隔絶されてしまいがちだった学校と社会、あるいは学校と地域の壁を越えて、学外から講師やアドバイザーを招き入れ特別講義をしていただいたり、地元企業と学院でコラボ商品を開発したりすることによってつながることで、ともに社会や地域コミュニティーを変化させ創造して行きたいと思っています。

 

さらにはIT技術を駆使することで、学校と世界までもが言語や宗教、環境の違い、あるいは地理的・精神的距離を越えて、互いにつながることが可能です。アカデミア・ラボではそのために、高速大容量のネット環境を全館で整備し、最新のAV機器による語学研修ラボも設置されます。

 

世界と作新学院がつながった結果として、様々なアイディアや発想が国境を越えて生まれ、協調して行動を起こすきっかけとなり、それがやがて分断が進み紛争が続く世界情勢を変えて行くことになれば本望です。

 

今月21日に中央教育審議会が、小中高校の学習指導要領の改定を文部科学大臣に答申しました。グローバル化や人工知能(AI)の台頭など社会が大きく変わる中、答申の柱には、「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」を重視し、自ら深く学ぶ力を育成することが掲げられました。問題解決や対話を通じて主体的に学ぶアクティブ・ラーニングやプログラミング教育、新科目「公共」での主権者教育なども導入されるとのことです。

 

本答申が示した「自ら深く学ぶ」という新たな教育像は、作新学院が130年前から「自学自習」を掲げ営々と実践してきた教育方針そのものであり、また導入される授業内容もアカデミア・ラボで実施予定のプログラムと重なるものが多く、それ自体はとても有り難いことであると思っています。

 

ただ、新指導要領の実施は小学校で20年度、中学校で21年度、高校は22年度から…日進月歩で社会が激変する中、お国のスピード感には正直、慨嘆を禁じえません。

 

世の中の変化に対応した新たな人材を育成し輩出すること、それこそが「作新」の校名にこめられた教育的使命である以上、新たな学習指導要領に掲げられている学びの多くを、私たち作新学院は来年度からアカデミア・ラボで先行実施して参ります。新たな試みで右往左往することばかりとは思いますが、皆様からご指導、ご支援をいただきながら少しずつ前進して行ければ幸いです。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。