畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:



眼前の景色がすべて“虹色の帯”に包まれる―弥生のはじめ、京都・石清水八幡宮へ参詣の道すがら、そんな光景に遭遇しました。

ところは、名神高速を降りた大山崎町。このあたりは木津川、宇治川、桂川という3つの一級河川が出合い、一気に淀川へと流れ込んでいくきわめつけのパワースポットで、天下分け目の合戦として知られる、明智光秀と豊臣秀吉による「天王山の戦い」が繰り広げられた地でもあります。

この日の空模様も朝から不思議なものでした。

京都を出立する際は雲一つない快晴。そして名神高速を走り出すと、ところどころ白い雲が飛んでいるものの上空は蒼天、にもかかわらずフロントガラスには細かな雨粒がかかってきます。

いわゆる「狐の嫁入り」と呼ばれるこの天気。神聖な場所、特に水や龍神にかかわる神を祀る場ではそれが理想的だと、私は信じています。誰に教えられた訳でもなく、ただ自分の経験則に基づくだけの話ですが、昇殿や祭祀開始の前にサーッと細かな清めの雨が降り、昇殿や祭祀開始あるいは祝詞奏上の直後にパッと晴れ上がる、そんな天気にこれまで幾度も出会って来ました。

ですからこの日も同乗者には、「きっと石清水八幡宮に着いたら晴れるからね。」と、宣言していました。

ところが高速を進むにつけ雲は厚さを増して行き、大山崎ジャンクションが近づく頃には北の山々に黒雲がかかり、麓では時雨れているようでした。

高速を降りても陽が差す様子はなく、元々この辺りは湿地のせいか周囲の大気はくぐもったままです。しばらく西に走り石清水八幡宮が鎮座する男山へと車が左へハンドルを切ろうとしたその時、急に向こうに見える山並みが七色に染まって見えました。

虹でしたら空にアーチを描くわけですが、そうではなく7色の太い帯が地平線と並行にたなびいて山並みを包んでいるといった様子です。

天文学的には「環水平アーク」という現象のようで、地面近くに滞留した水蒸気がスクリーンの役目を果たし、一時的にプリズム現象が起きたのだと推測されます。

とは言え、遠くの空に真っ直ぐな虹が浮かんで見えるというのではなく、目の前の景色全体がオーロラのような7色の帯に染め上げられているのですから、思わず息を飲み目を丸くしました。

自分一人だけなら、幻覚でも見ているのかと思うほど鮮やかな虹色でした。ただ、同乗者も皆この光景を目撃し興奮しているので、夢ではないことがわかりました。急いでスマホを取り出しシャッターを切ったものの、走行している車から窓も開けずに撮影した画像では、実際に味わった感動の100分の一ほども捉えることができず残念です。

なぜ一瞬でも車を停めて、いえせめて窓だけでも開けて撮影をしなかったのかと、悔やまれてなりません。でもその時は、同乗している誰しもが何か見えてはいけないものを見てしまったようで、そそくさとその場を通り過ぎてしまいました。

男山の急な坂道をうねうねと上り切り、石清水八幡宮に到着すると、やはり天気は快晴。天空には突き抜けんばかりの青空が広がり、春先とは思えない強い日差しが照りつけました。





出迎えて下さった田中朋清権宮司に、いま見たばかりのたなびく虹色の帯の話をすると、権宮司ご自身はご覧になったことはないけれど、この地には古来より散見される吉祥とのことで、その証拠に石清水八幡宮では7色の組みひもやブレスレッドといった縁起物を頒布されています。

実は、石清水八幡宮とのご縁にも不思議なものがあります。

今回の石清水八幡宮詣は、昨年夏の甲子園大会で私たちが経営する「作新学院」が全国優勝させていただいた、その御礼として伺いました。

ただ、私自身はこの神社に祈願に伺ったことは一度もないのです。

では、なぜ御礼詣りに伺うことになったかと言えば、それは私が甲子園大会中、毎試合前後に必ず参拝する大阪の住吉大社に同行して下さるある方が、この石清水八幡宮から湧き出る御神水を毎朝汲みに行っては、住吉さんのとある御神木に捧げて下さったからなのですが…

この話はちょっと長くなるので、またの機会にさせていただきます。

ともかく、“虹の帯”を目撃したのが3月7日。そして、その数日後の10日に行われたセンバツ甲子園組合せ抽選会で、作新学院の添田真聖主将は選手宣誓を引き当てました。

2000年から学院に奉職している私ですが、同年春の甲子園大会に本学は21年ぶりに出場を果たし、その折も選手宣誓をさせていただきました。また2014年夏にも宣誓していますので、今日の開会で、3度目の選手宣誓を経験させていただくことができました。

ここまで支えて下さった天に人に心から感謝をいたし、この春も選手たちが最後まで怪我や故障なく自分たちの納得のいくプレーを続けられることを祈る日々が、また始まります。

























AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東日本大震災の惨禍から、丸6年の時が流れました。
 
今なお、避難者は約12万3千人に上り、仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者は3万5千人を数えます。
 
大震災後も平穏無事に暮らしている自分は、3月11日というこの日にいかなる使命を与えられ今なおこの世に生かされているのか。
 
そう考えた末に私は、教育という仕事に現在携わる者として、また国政に国会議員として携わった者として、森友学園をめぐる一連の問題について、できるだけ率直に言及することを決めました。
 
≪「森友学園」問題の本質≫
 
強烈なキャラクターを持つ籠池泰典理事長という人物にマスコミの注目がとかく集まりがちな「森友学園」問題ですが、その本質は違うと思います。
 
この問題の核心、それは虚偽と不備と偏向のオンパレードである森友学園に対し小学校設置の許認可を与え、国有地を破格の安さで払い下げた大阪府や政府、そしてそれを陰で主導あるいは加担した政治家たちという政官民の癒着構造。
 
しかもその志向する先には、子どもたちが自分の心で感じ、自分の頭で考え、自分の価値観に基づいて自ら判断し、自分の意志で行動する主体性や自律性を否定する「思想統制教育」を日本で実行しようという目的が存在しています。
 
森友学園についての報道を見るにつけ、そもそもどうしてこのように大きくバランスを欠いた思想を持つ団体が「学校法人」として認可されたのか、一私学経営者としては理解に苦しみます。
 
虚偽に虚偽を重ねた申請内容、不安定な財務状況、持論を一方的に主張するだけで質問には応じず、過ちはすべて他者のせいにし嘘八百を並べ立てる籠池泰典理事長の言動、幼稚園児に安保法制を礼賛し隣国を攻撃し貶めるような言葉を暗誦させ、教育勅語を素読させる著しく偏向した教育内容etc.
 
遂には、補助金の不正受給も疑われています。
 
学園は、新設中の小学校校舎の建築費として国交省に事業費23億8400万という契約書を提出。その結果これまでに5650万円の補助金(つまり私たちの血税)が国庫から学園に支払われています。
 
その一方、設置認可申請を提出していた大阪府の私学審議会には、学園の財政負担を少なく見せ認可が下りやすくするため7億5600万円という契約書を提出。更には、騒音対策の助成金申請のため関西エアポートには15億5千万円の契約書を提出、と同じ日付で3種類の契約書を使い分けていました。
 
籠池理事長は小学校の設置認可申請を取り下げ、理事長を辞任する意向を示しているようですが、補助金の不正受給に関する疑惑は理事長退任で済む問題ではありません。
 
また理事長を退任しようとも、一連の森友学園をめぐる疑惑の中心人物であることに何ら変わりはないのですから、国会は参考人として籠池氏を速やかに招致すべきです。
 
≪「森友学園」 3つの疑惑≫
 
この問題には、大きく3つの疑惑が存在します。
 
1. 国有地の格安払い下げ問題
2. 小学校の設置基準緩和
3. 総理夫人と大物政治家の関与
 
<1.国有地の格安払い下げ問題>
 
国から森友学園に払い下げられた大阪府豊中市にある土地8770㎡の不動産鑑定評価額は9億5600万円。ちなみに隣接する国有地9492㎡は、国から豊中市に14億2300万円で売却されています。
 
しかも、森友学園に払い下げられた国有地にはゴミが埋められているということで、その撤去費用として8億1974万円が控除され、結局この土地は1億3400万円で同学園に払い下げられました。
 
ここで最大の問題となるのが、ゴミの撤去費用として8億2000万円という膨大な費用を計上した政府の算定根拠です。政府にはこの撤去費用を算定する上で根拠とした調査結果資料と、その資料の数値に基づいて撤去費用を算定したデータが必ず存在するはずです。
 
国会は国政調査権を行使し、政府に対し8億2000万円の算定根拠となった全資料の公開を求めるべきです。
 
また同時に、同額を投じて森友学園側がゴミ撤去を本当に行ったのかどうかを籠池理事長を参考人招致し確認すべきです。
 
<2.小学校の設置基準緩和>
 
小学校の設置基準が森友学園の要望で大きく緩和されたと聞いても、一般の方々はあまり関心を持たれないかもしれません。
 
しかし私学関係者からすれば、この基準緩和は天地をひっくり返すくらいの大事です。
 
大阪府はもともと、幼稚園しか設置していない学校法人が小学校の開設に借入金を充てることを認めていませんでしたが、森友学園から要望をうけるとこれを容認しました。
 
府の私立学校審議会の議事録によると、委員から「借り入れが今もっているものよりオーバーしている」と疑問が呈され、また入学希望者も定員の半数程度にとどまっていることが報告され、学園の財務状況を懸念する声も出ていたそうです。
 
それでも大阪府は森友学園の小学校設置を妥当と判断し、設置を認可しました。
 
許認可や補助金などの申請の際は、当たり前のことですが一点の瑕疵もないように書類を整えるため、学校法人の担当者は細心の注意を払います。膨大な資料を用意し長時間をかけて用意し、何度もチェックを重ね提出しますが、それでもお役所からは繰り返し不備を指摘され、そのたびにまた多くの労力を投じて修正を行い、高い山の頂きに一歩一歩登り詰めて行くように慎重に粘り強く申請手続きを行っていきます。
 
ましてや学校の新設などと言ったら、その天文学的な労苦とエネルギーはダムを作ることにたとえられる程で、歴代の責任担当者で最後まで体を壊さずに新設を迎えられた者は滅多にいないというのが私学の常識です。
 
私学経営に携わる者たちが皆、自らの命を削るようにして実現してきた学校新設といった事業が、今回のようにあまりにも杜撰な体制のもとで認められ一気呵成に進行して行ったことには呆然唖然の一言です。
 
<3.総理夫人と大物政治家の関与>
 
1と2で指摘したような常軌を遥かに逸脱した厚遇が、なぜ大阪府および政府から森友学園に行われたのか。
 
そこで指摘されるのが、安倍昭恵夫人の名誉校長就任をはじめとする政治的な力です。
 
総理夫人は私人か公人かという議論があるようですが、そんなものはケース・バイ・ケースで、今回のように学園の名誉校長として「安倍昭恵総理夫人」と顔写真とともに明記されていれば、それはどこからどう見ても完全なる公人でしょう。
 
もし私人ですと主張なさるなら、せめて総理夫人というタイトルははずすべきです。
 
安倍総理は予算委員会の質疑で、夫人は名誉校長就任を固辞していたと答弁していますが、もしご自分の意志に反して自らの名前と写真が勝手に掲載されていたなら、なぜ昭恵夫人は森友学園を訴えないのでしょうか。
 
私が同様の事態に遭遇したら、間違いなく学園側を告訴します。
 
しかも昭恵夫人は、森友学園での講演の際に血税で給与が支払われている政府職員を同行させています。
 
政府職員に同行を依頼しておきながら、その活動は私人で行ったと主張することは理に反しています。
 
いずれにしても、時の総理夫人が名誉校長に就任しているという事実が、国有地の破格の払い下げをはじめとした一連の森友学園への、あまりにも優しすぎるお役人たちの判断や行動の背景にあるのではないかという疑念は、このままではおいそれとは払拭されないでしょう。
 
昭恵夫人におかれては、政治不信をこれ以上助長することのない様に是非とも、多額の血税が不正にそして無駄に使われた疑惑をもたれている森友学園との関係について、公式の記者会見を開き、一国のファーストレディーとして事実を国民に対しつまびらかにすべきだと思います。
 
折しも、愛媛県今治市では安倍総理夫妻と懇意にしている加計孝太郎理事長が運営する岡山理科大学の用地として、約36億7500万円相当の土地が無償で提供され、さらに2023年までの学校の総事業費192億円の内、半分の96億円を市の補助金で負担するという話が、「第2の森友疑惑」として急浮上してきました。
 
今治市の財政規模に鑑みて、岡山理科大学に対する支出額に妥当性があるとは到底考えられませんし、現に財務省も以前はこの案件に反対していたそうです。
 
財務省の反対をひっくり返せるだけのパワーをもつ機関を、私は一つしか知りません。
 
いずれにしても政治や行政に対し、国民から大きな疑念を持たれた現在の状況を放置しておいて良いわけがありません。
 
関係者の国会での参考人招致を実現し、真実が国民に明らかにされる日が一日も早いことを願っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 

今年の誕生日に贈られた一束のブーケ。

 

フラワーアーティスト イワイ ジュン氏が季節の花々とともに織りなす世界は、“花”という存在がこんなにも人の心を癒し、時として魂を救済するほど偉大な力を持つことをいつも確信させてくれます。

 

今回のブーケの主役は、ホワイトとピンクのラナンキュラス。花冠の中央が淡いグリーンの花はスカビオサです。あしらいに薄紫のハーデンベルギア、雪柳、そして真っ白なスイトピー。

 

 

妖精たちが飛び交うように愛くるしい雪柳は、ほころびかけの梅花がそこはかとない芳香を漂わせるが如く、さりげなく上品に薫ることを初めて知りました。

 

とびきりの初々しさや透明感に溢れながら、気品と愛らしさを併せ持ち、

 

 

にもかかわらず何処か艶めかしさも秘め、それでいて凛とした品性と清潔感は微塵も揺らぐことはない―

 

 

そんな理想の女性像を、岩井先生はこのブーケに託して下さったのかもしれません。

 

老いさらばえて行くばかりの我が身に、かこち顔になりがちな55歳節目の誕生日でしたが、女性として、人として、生きて行く限りはこう生きねばならないという指針を、先生の花々は見事に示して下さっているようでした。

 

愛犬タンタンが昨年亡くなった際にも、溢れかえらんばかりの花々で天国への門出を祝福して下さいましたが、人が最も傷つき悩み打ちひしがれ、絶望の淵を彷徨っているその時、先生が花々と紡ぎだす作品はどんな言葉やどんな音楽よりも、優しく力強く人の心を癒し励まし、生きる力を与えて下さいました。

 

 

実は、岩井先生とは時空を超えてのご縁があります。

 

今からもう4半世紀も前、私がパリに暮らしていた頃の事、アパルトマンからほど近いカレフー・ド・ロデオン(オデオン交差点)に一軒の花屋さんがありました。

 

ウィンドー越しに見るディスプレイにいつも心奪われていた私は、ある日、思い切ってお店の中に足を踏み入れました。当時、学生だった私にとってその店の花々は文字通り「高嶺の花」。とても購入できるものではないことはわかっていました。

 

色とりどりの花々一本一本の瑞々しさ、存在感、生命力。間近に見るその美しさは圧倒的で、カメラを手にしていた私は思わず、「写真を撮っていいですか…」とお店の方に声をかけてしまいました。

 

往々にして、人に優しいとは言えないパリジャン、パリジェンヌが多い中、この店の人たちは誰しも穏やかで物静か、そしてサンパティック(感じがいい)で、どう見ても花を買えるとは思えぬ風情の私の願いを快く受け入れてくれました。

 

初めは数枚シャッターを押させてもらえればと思っていたのですが、レンズを向けた途端、どの花も撮り逃したくないという気持ちが優ってしまい、結局、何十枚と撮影させてもらったと思います。

 

その後、日本に帰国して国会議員となった私は、ある国際会議でパリを訪れた際にこの店を訪ね、やっとプレゼント用のブーケを作ってもらうことができました。そしてその時はじめて、ここが「クリスチャン・トルテュ」という世界屈指のフラワーアーティストの店であることを知りました。

 

そしてこのトルテュ氏に師事し、同氏から絶大なる信頼を得て、彼と共にパリ・ニューヨーク・東京でスーパーブランドのショーやパーティーのデコレーションを行っていたのが、日本屈指のフラワーアーティスト 岩井淳先生でした。

 

ただ、私はそのことをまったく知らずに、イワイジュン・デザインスタジオにお花を注文していました。たまたまある演劇プロデューサーの方から戴いたフラワーアートがあまりにもスタイリッシュで美しく、その花を贈って下さった方にお祝花を贈る際、とても他の店からは贈れなかったことが始まりでした。

 

演劇プロデューサーのKさんは、ご自身も女優をしていらっしゃった知的なクールビューティー。卓越した感性と卓抜した経営手腕、さらにきめ細やかな心遣いにも溢れる彼女のためにできあがったアレンジメントは、まさしくKさんそのものと思わず頷いてしまう見事な出来栄えでした。

 

 

女優で劇作家の渡辺えりさんの還暦祝いでお願いしたお花は、リサイタルのえりさんの衣装に合わせショッキング・ピンクを基調にお願いしますと伝えると、この通り。ご本人からも絶賛されました。

 

 

昨年、東京都美術館で開催され空前の観客動員数を記録した「伊藤若冲展」を企画されたイベント・プロデューサーの方にお願いしたお花は、あらかじめ彼女のイメージを「丹頂鶴の如きスレンダーな色白の日本美人」と伝えただけで、この出来栄え。

 

 

数言のキーワードを伝えただけで本人に会ってもいないのに、どうしてこんなに適確に、贈る人・贈られる人の美の世界を描くことができるのか。このお花を見た時には感動を通し越して、もう絶句したことを憶えています。

 

青山学院に程近いイワイジュン デザインスタジオを初めて訪ねた日、地下にあるスタジオへと階段を下りて行くと、哲学者のように物静かな背の高い若い男性と風の如く軽やかなジャックラッセル・テリアが出迎えてくれました。

 

自宅用にとささやかなブーケをお願いすると、奥から飾り気のないグレーのセーター姿の男性が出てきて、手際よく季節の花たちを洒落たブーケに仕立ててくれました。とても穏やかで物静かで、たまに視線が合うと少年のような微笑みを眼差しにたたえた温かい人でした。

 

支払いを済ませ受け取った領収書に目を落とすと、会社名に「ODEON」と記載されていました。

 

不思議に思いながら、オデオン交差点にあったパリの花屋さんの思い出話を一くさりして、

「そう言えば、こちらのお花の世界観って、その大好きだった花屋さんととても近くてどこか懐かしいんですよね。」

と話すと、その男性はただ

「そうですか…」

と目を伏せたまま頷くだけでした。

 

それからまた何回かお店を訪ね、あの飾り気のないセーター姿でいつも気さくにお花を作って下さる方が、岩井先生ご本人であることを知りました。そして、先生がクリスチャン・トルテュの右腕として世界的に活躍しているフラワーアーティストであることも…

 

実は我が家のタンタンも、イワイジュン スタジオの看板犬であるシズオ君と同じジャックラッセル・テリアでした。残念ながら一度も本人(本犬?)同士は会ったことがなかったのですが、シズオ君のママは以前に私とタンタンが骨董通りで散歩している姿を見かけたことがあるのだそうです。

 

旅立つタンタンは、自分がいなくなった後でママが寂しくなったら会いに来られるよう、シズオ君と出会わせてくれたのかもしれません。

 

猟犬ゆえ吠え立てるのが生来の習い性であるジャックラッセルですが、なぜかシズオ君はその名の通り一声も吠えることなくいつも静かです。

 

お花ができあがるのを待つ私の足に、ちょっとだけ身体を持たせかけてくれるシズオ君の息遣いと体温を感じながら、パリと同じようなサンパティックな時が青山にもゆったりと流れて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。