畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:

「忖度」、そして「政治主導」。

どちらも昨今、巷を賑わしている言葉です。

忖度の意は、他者の気持ちを推し量ること。

「以和為貴(和を以て貴しと為す)」を旨とする日本社会においては、尊重されるべき美風のはずですが、森友&加計学園報道で多用されるや、すっかり後ろ暗いイメージが定着してしまいました。

政治主導も然りで、本来は「省益あって国益なし」と揶揄されるほど国家戦略性に乏しく、透明性に欠けていた日本の政治を、国民の代表である政治家がリードすることで抜本的に改革しようという、高邁かつ純粋な志のもとで実行されたはず。

それが、いつの間にやら政治主導は官邸主導にすり替わり、モリだのカケだの蕎麦屋の出前じゃあるまいし、総理および総理側近とお友達の手前勝手が通るシステムになり下がったかのような、負の印象を世間に持たれるようになってしまいました。

報道がヒートアップしてくると、「総理夫人は籠池氏に100万円渡したのか」とか「『総理のご意向』と書かれた内部文書が文科省にあったのか」といったスキャンダラスなディテールに問題の論点がすぐにズレてしまうのが日本人の悪いクセだと思うのですが、森友・加計学園問題で明らかにすべきことはただ一つ。

疑義を持たれているような政策決定の結果、税金の無駄遣いがあったのかなかったのか、税金を支払っている国民に対し損害が与えられたのか否かの、その一点であると私は思います。

たとえ超右翼教育を施す小学校に、積算根拠を示す公的データも保存しないまま8億円値引きして土地が払い下げられ、異例の超特急で認可が与えられたとしても、たとえ長年新設が見送られていた獣医学部が、たった2ヶ月の急展開で突如設置が認められ、そこに36億円もの土地が市から無償譲渡されたとしても、たとえその主たる受益者が総理やその夫人に近しい人物だとしても、その結果が税金の負担者である国民の利益になるのであれば、それはそれで良い政策決定であったと思います。

しかし、沢山の税金を投入してやってみたらダメでした…では困るので、民主主義の世の中では、政策決定に至るプロセスで様々な審査や手続きを経て、数多くの人々から客観的な評価を受け、公明正大に物事を決めるのが良しとされている訳です。

そうした手続きやプロセスを、今回のモリ・カケ問題のように吹っ飛ばすと、なぜ私たちの支払った巨額の税金が使われるというのに、通常の手続きが何段階も割愛されたのか?とか、なぜ政策決定の根拠となったデータなどの情報を政府は示せないのか?などと、一般国民はとても不思議に思います。

そこにもって、「事務次官」という社会的信頼性が高いとされる役職についこの間まで就いていた人物までもが、政策決定に対し官邸からの圧力があったと公言してしまったら、なけなしの給与から血税を国や地方自治体に託している一般市民としては、とても不安になってきます。


私はかつて国会議員として6年間、永田町で仕事をしました。

日本の科学技術政策の果実である研究成果を実用化につなげ、その恩恵を納税者に還元するシステム整備のための「研究成果実用化促進法案」という議員立法を、数多くの研究開発の関係者や衆議院事務局あるいは官僚の方々のサポートをいただいて策定しましたが、遂に上程に至らなかったことは、今も痛恨の極みです。

ただ私はたまたま偶然が重なった結果、特定の利権組織や派閥、あるいは地域に属することなく国会議員となることができたので、国民益に背くと思うような政策に対しては同調せず、自分の意思を貫くことができました。

しかし、特定の利権組織や団体の票や資金の提供を受けずに選挙を勝ち抜くこと(それ以前に、立候補することすら)は、きわめて困難なことです。

特定の組織・団体の利権代表となることを受け入れられぬまま私は、未だ国会に戻ることなく五十路半ばを迎えてしまいました。

6年間という参議院議員としての任期終盤に、小泉政権が誕生し、その高い支持率を背景に「政治主導」なるものを実現しました。

「利権構造をぶっ壊す、利権にまみれた自民党をぶっ壊す」と、分かりやすくキャッチーな一言ワードで、国民に直接訴えかけた小泉首相。

しかしその任期中に利権構造は壊されることなく、大雑把に言えば旧経世会から清和会へと移譲され、官僚が握っていた権力は見事に官邸へと移行されました。

官僚から官邸へと権力の中枢が移行したことにより、政策決定のプロセスは格段に“不透明感”を増したことを、昨日のことのように記憶しています。

小泉首相がぶっ壊したのは利権構造ではなく、自民党内にあった政務調査の機能でした。

確かに自民党政務調査会は、ほぼイコール霞が関でありましたが、そこでは議員と官僚がまさにガチで議論し切磋琢磨しながら、一つの法案、一つの政策を命を懸け身体を張って策定して行くという、熱気あるプロセスが存在しました。

多くの皆さんが驚かれると思いますが、小泉政権前の自民党内では、文字通り自由で民主的に各法案や予算、税制について議員たちが侃侃諤々、議論を行うことができました。

たとえ新人議員でも大臣経験者に臆することなく物申すことができましたし、しかもその意見が正論であれば新人議員の意見が採用されるという民主的な気風が醸成されていました。

自民党という一つの政党の会議室で、内閣が上程する政策が事実上決定されるということは正しい姿とは思えませんが、少なくとも多くの議員がその会議で自由に発言し論議でき、またその過程をジャーナリズムもある程度取材することができました。

現在のように、官邸という密室で限られたメンバーのみにしか情報が開示されぬまま政策決定が為され、それが数の力で国会を通過して行くことはありませんでした。

小泉政権による政治主導という名の官邸主導が始まり、自民党政務調査会は風船が萎むように生気を失い、単なる族議員たちの“ガス抜き”の場へと変貌してしまいました。

政治主導と官邸主導は、まったく異なります。

官邸主導には、正当な評価も透明性も存在しません。総理という個人の意向で集められた限られたメンバーが情報公開を行わないまま、事実上政策を決定し、官僚を含めた政府内の主要人事まで決定してしまえば、お手盛りや忖度による不正を阻止する機能はないも同然です。

聖徳太子が十七条の憲法の第一条に記した「和を以て貴しと為す」とは、それに続く一文を読み進むと以下のようなことが説かれています。

それは決して、「その場を丸くおさめ波風立てないためには、強者に忖度しましょうね」ということではなく、「世の中何かと利害による派閥があるし、物の道理をわきまえた人間なんてそんなにいないから、上下関係などにとらわれずまずは“議論”を尽すことが肝心。そうすれば自ずと理にかなって、事を成すことができるもの」と記されています。

政策決定プロセスの透明性を高め、各段階で議論の場を確保し、その経過と結果を公開すること。

あまりに単純なことかもしれませんが、聖徳太子の言葉通り、今そのことが何より大切な時代になっているのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、柴犬の(とき)(はる)です。


生後3ヵ月も後半、すっかりお兄さんになりました。


とっても良いお天気に恵まれたゴールデンウィーク、ボクも伊豆高原で初めてのお泊りに挑戦しました。

色んな“初めて”を体験したので、今日はバッチリ紹介するね。

まずはパパの運転する車で、伊豆高原まで初ドライブ。

 

 

長い時間、車に乗るのは初めてだったけど、おじいちゃん、おばあちゃんに甘えたり、景色を眺めたり、車酔いなんて全然無し。

ドライブ、大好き!

 

 

伊豆高原の宿に着くと、家族と初めてのダイニングを体験!

実はボク、お散歩中のカフェでもテーブル席についたことがないんだ。

でもこの宿の人たちは、ボクたちを犬扱いせず、一人一人の人格(犬格?)をちゃんと尊重してくれるんだ。

その証拠に、ボクたちにも立派な牛革張りの椅子が用意されているんだよ。

ここに座るとその瞬間、やんちゃ盛りのボクだって魔法にかかったようにリトル・ジェントルマンになれるから不思議さ。

 

 

ママは、この頃ぼくが反抗期だって嘆いているけど、ボクだってやる時はちゃんとやれるのさ。

 

 

家族での記念写真だって、この通り。バッチリでしょ!

 

 

でも、そうは言ってもやっぱりまだまだボクは赤ちゃん。

最初のうちは、次にどんなお料理が出てくるだろうとか、どこから給仕の人が登場するだろうとか、色んなことで興味津々だったけど、正直、段々飽きて来ちゃうんだよね。

大体、ボクは食事のはじめにドッグフードを食べちゃってるし、人間のお料理なんて食べられないしね。

 

 

自分では、ジェントルマンでいようと一生懸命がんばってるんだけど、ウーン、さすがに瞼が重い…

 

  

 

夕食も後半は、ほぼ夢の中でした…                                                                                                       


                                                                                                                                                       

翌日は宿の近くにある、大室山へ。
初めて、「リフト」に乗ったよ。

 

 

ブランコみたいでなんにも囲いがないので、最初はちょっと緊張したけど、若草色の山肌を吹きわたる風が気持ち良くて、すっごく楽しかった。

リフト、大好き!

 

 

大室山を下りてからは、麓に広がる伊豆シャボテン公園へ。

初テーマパークということで、まずは入り口で家族揃って記念撮影。

 

 

スタッフの人が撮ってくれるんだけど、シャボテン公園と言えば、アイドルキャラクターはカピバラ。

それでみんな手にカピバラのぬいぐるみを持たされてるんだけど、えっ、ボクが見つからないって?

ここ、ここ、パパに抱っこされてるのがボク。まるでぬいぐるみみたいって、失礼しちゃうよね。

ホンモノのカピバラさんにも、挨拶したよ。金網のそばまで来てくれたんで、鼻をちょっと近づけてみた。

 

 

カピバラって物静かだけど大きいし、けっこう威圧感があるんだよね。

緊張したな😅

夕方、ホテルの部屋に戻って、おトイレを無事に済ませ、くつろぎタイム。

 

 

なにせボクはまだ赤ちゃんなんで、外でおトイレする習慣がないんだ。だから、お出かけは大変。

色んな初めてを体験をして緊張とガマンの連続でもありました。

でも、そんな経験がボクを立派な柴ワンコにしてくれるんだよね。

 


と、話してる間にもホッとしてきて、瞼がすっかり重くなってしまいました…

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

北朝鮮をめぐる緊張に、欧州で猛威を振るうポピュリズムの嵐、人格を疑う大臣や政務官の相次ぐ暴言・暴挙…etc.

 

 ストレスフルなニュースばかりが伝えられる昨今、ちょっとホッコリして頂ければと思い、今月初め家族となった愛犬 時晴(ときはる)のその後をご紹介させて頂きます。

 

 

3ヶ月足らずで我が家にやって来た時晴(ときはる)。お蔭様で順調に成長し、20日目を迎えた今ではすっかりお兄さんになりました。

 

周囲の音が気になってか、初めのうちはなかなか歩かず、すぐお地蔵さんのように固まっていたお散歩も、今では軽快な足取りで颯爽と歩きます。

 

中でも、先代のジャックラッセル、タンタンもよく立ち寄った表参道の「Cafe KITSUNE(キツネ・カフェ)」は大のお気に入り。

 

 

お散歩で歩かず困っていた時分から、この店の周辺だけは快調に歩いて、お店まで迷うことなく辿りついていました。

 

コーヒーの香りに導かれているのでしょうか?

 

そう言えば、我が家に来た当初から、父が珈琲を飲むとクンクンと鼻をひくつかせたていたので、きっとコーヒー好きなんでしょうね。

 

 

このカフェは、パリに本店があるファッション・ブランドによる経営で、外国人観光客も数多く訪れる青山界隈でも人気のスポット。

 

洒落た植え込みや石畳のアプローチの先に、割竹を回した塀と縁台が現れ、室内も端正な日本建築の粋がさりげなく施されています。

 

 

 

そうしたお店を好むお客様たちなので、和風を代表する柴犬は大人気。洋の東西、老若男女を問わず、満面の笑顔で声をかけてくださいます。

 

本犬もそれに気を良くしてか、焙煎豆の芳ばしい薫りとカフェのまったりした雰囲気を堪能しているようで、帰ろうと言っても簡単には動こうとせず、困ってしまうほどです。

 

 

さて、柴犬はもともと自我が強い犬種なのだそうですが、時晴の強さも人一倍(犬一倍?)です。

 

我が家で暮らし始めた頃は、惚れぼれするほどお行儀良く大人しく、イタズラも粗相も何一つしない超お利口さんだったのですが、

 

 

今はすっかりヤンチャ坊主に変身。

 

 

わざと違うところにトイレをして、思いっきりママに小言を食らっても、表情一つ変えず涼しい顔。

 

ここで甘く見られてはいけないと、更にメガトン級の雷を落とすと、ちょっとだけ目をしばたたかせたと思ったら、ファ~ッと大あくび。

 

「ガミガミうるさいなあ~、まったくぅ。」という顔で、首筋を後脚で勢いよく掻き始めます。

 

時晴の成長の早さと言ったら筍並みで、徳島からやってきた当時は幼稚園年長さんという感じだった子が、一週間も経たないうちに小学生低学年のような最も子どもらしく愛らしい時期を迎え…、と思っていたらたった20日足らずで早くも反抗期に突入!

 

垂れていた耳もだいぶ立ってきたと同時に、すっかり自立心が目覚めたようで、以前だったら尻込みするような段差にお散歩中に遭遇してもなんのその、パッとかっこ良く飛び降りたりするようになりました。

 

昨日までできなかったことができるようになる、明らかな成長の証を目の当たりにすることは、親として嬉しい限りですが、もうこの写真のような幼く愛くるしい時晴は二度と戻って来ないかと思うと、一抹の寂しさも感じます。

 

 

日に日に、心身ともに逞しく成長していく時晴に負けないためにも、こちらも気力・体力・知力ともにしっかり鍛え直さねばと心に誓う55歳、新緑の候です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。