畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:

来春オープンを迎える「作新 アカデミア・ラボ」。そのファサードの曲線がまだ鉄骨ながら、国道からも臨めるようになってきました。


「アカデミア・ラボって何をする施設ですか?」、そんなご質問をよく受けます。


「真に豊かな地球の未来を創造する“知と生命(いのち)の実験場”」それがアカデミア・ラボのコンセプトなのですが、そう答えると大抵の方は「???」という表情を浮かべ話が終ってしまいます。

確かにアカデミア・ラボは、何万冊の蔵書がある図書館とか、何百名収容できるコンサートホールといった定量的に表現できる分かり易い施設ではありません。元々、これまでの「学校」という常識を打ち破り概念を覆す教育施設を作りたいと思って取り組んでいるので、「既存の○○のような」といった表現をすることができないのです。

敢えて言えば、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の「メディア・ラボ」のように、年齢や個性、才能やスキル、ジャンルや民族などあらゆる違いを超えて多種多様な人々が集い、より良くより豊かでより楽しい社会を作っていくための“秘密基地”のような存在を、アカデミア・ラボは目指しています。

では、どうしてそんな“実験場”や“秘密基地”を自分たちの学校の中に作ろうと思ったのか。

理由は、3つあります。


第一は、子どもたちの自由で豊かな発想や創造力を最大限に引き出し、伸ばし、開花させたい、そのためには既存の学校にありがちな施設の中では難しいと思ったからです。

四角四面な空間の中に、決められた形の机といすが直線的にいつも変わらない配置で整然と並んでいる。そんな空間の中で、柔らかで自由で伸びやかな頭脳や発想が果たして生まれたり育ったりするのだろうか、というのが私の率直な疑問です。

四角四面な空間の中ばかりにいては、四角四面な発想やアイディアしか生まれないと私は思います。

では、直線はダメで曲線ならいいとか、整然と固定されているのはダメで、雑然と変化していればいいかというと、そうとも言えません。

一番よろしくないのは、大人による“お仕着せ”です。大人がディテールまで抜かりなく段取りし、痒くなるだろうところにまで気をきかして事前に用意してしまうのは、最悪だと思います。

ですからアカデミア・ラボという施設は、それ自体はあくまでも“未完”でなければならない。完成させるのは、そこで学び、考え、行動し、生きる子どもたち。彼らの発想や要求と一緒に、アカデミア・ラボは常に変化し続ける存在でなければなりません。


二つ目の理由は、世の中と子どもたちとの関係をもっと近づけたい、子どもたちに世の中をもっと身近に体験・体感させたいと思ったからです。

アカデミア・ラボやその周辺のガーデンには、学院外からも多くの方々が訪れることになるでしょう。ある人は子どもたちの特別授業の講師として、ある人は食育菜園の指導者として、ある人はガーデンに立つマルシェ(市場)で有機野菜や手作りスイーツを販売あるいは購入する人たちとして…

ラボに続くガーデンでは、食育菜園で収穫した野菜や地元の食材を持ちよってのバーベキューや、天体観測をしながらキャンプも行ってみたいと思います。

セキュリティや衛生管理に万全を期すことは、学校にとって何より優先されるべきことですが、その条件をクリヤした上で、学校はもっと世の中に対して“開かれた存在”になるべきだと私は思います。

学校がもっと社会に開かれた存在になれば、子どもたちはもっと社会のことを身近に感じ、世の中で起きている事柄を我が事として認識し、考察するようになります。

学校の外部から講師や指導者を迎えること、特に地域の様々な職種の方々に子どもたちを教育・指導していただくことは、とても重要な学びの機会になると思います。

学校で日々学んでいる様々な知識は、実際に自分たちが世の中に出た時にどのように役立つのか。あるいは、人生の行く手を阻む課題を解決し生き抜いていくためには、学校の中でどのようなことをどのように学ぶべきか。そうしたことを、社会と直接に関わり体験・体感することによって、子どもたちは学んで行きます。

学校でなぜ学ぶのか、何を学ぶのかを自分自身でつかみとることほど、学びに大きなモチベーションを与えることはないと思います。


第三の理由は、学校という存在ほど、社会をより良い方向に変革し未来を創造する上で大きなポテンシャルを秘めた組織体はないと、私自身が信じているからです。

作新学院のスローガン、「作新民、その“人間力”で世界を変える、未来をつくる」は、単なる掛け声ではありません。

一人ひとりの力はささやかでも、それを根気強く地道に積み重ねて行けば、世の中は必ず変えて行くことができる―それは決して綺麗事でもお題目でもなく“真実”であることを、私は子どもたちと作新学院で過ごした16年間の中、何度も身をもって体験してきました。

東日本大震災をはじめとした災害復興支援や、10年を越える足尾銅山跡地への植林、800万個にせまるペットボトルキャップの回収、約1万5千足の運動靴を回収しアフリカの子どもたちに届けた「アフリカ一万足プロジェクト」
等々、思いをカタチや行動にし、それを重ね繋げていけば、ちょっとずつかもしれませんが世の中は変えられることを実感させてもらいました。

アカデミア・ラボは、地球環境保護や国内外の社会貢献活動に携わる「地球環境クラブ」や生徒会、ボランティア部やJRC部などのミーティングルームとしても使用されます。

将来的には、このラボからNPOやNGOが生まれたり、ベンチャー企業が誕生したりと、社会を変革・刷新する旗手が幾人も生まれることを心から願っています。

そしていつの日か、子どもたちの可能性や潜在能力の揺籃(インキュベーター)であるアカデミア・ラボからノーベル賞受賞者が生まれることを、私たちは秘かに夢見ているのです。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「甲子園球場には、神が舞い降りる。」

史上最高とも称される投手 江川卓さんが残した言葉です。ちなみにご本人に確認したところ、神が舞い降りるのは高校野球全国大会の期間中だけで、プロ野球の際には降臨しないそうです。

6夏連続で甲子園に(作新学院が)出場させて頂いていると、その言葉を信じざるをえないと思える奇跡に、自分自身も数多く遭遇してきました。中でもこの夏、作新の校旗に見られた奇跡は、甲子園に“勝利の女神”が確かに存在することを示してくれたようでした。

7928

まず、この写真。「北海高校」と迎えた決勝戦のスコアボードです。上部に掲げられた国旗や大会旗、そして相手校の旗などどれもはためいていない中、一番右に位置する作新の旗だけが風を一杯に孕んではためいています。 

7696

次は、準決勝 対「明徳義塾」戦。この際も同様に、作新の旗だけがはためいています。

7526

準々決勝 対「木更津総合」戦。この際は、スコアボードの上空で風が回っているようで他の旗も各々違った方向にはためいているようですが、ボード正面から見てしっかりはためいているのは作新の旗だけです。

7289

ひょっとすると一番右のポールは、もともと風をうけやすいのでは?と思い第3戦 対「花咲徳栄」戦のスコアボードを見てみると、作新の旗は左ポールにもかかわらず、相手校の旗がはためかない中しっかりはためいています。
 
6904

甲子園初戦となった対尽誠学園戦では、ちなみにどの旗もしっかりはためいていました。

どの写真も、数時間にわたる試合中に作新の校旗だけがたまたまはためいた瞬間を撮影したんじゃないのと疑われそうですが、スコアボードに点数が入っていないことでわかるように、すべての写真はプレイボール前に撮影されたものです。しかも、スターティングメンバーを含め対戦カードの詳細が電光掲示板に映し出されるのは、いつも試合直前。ですから、この状態のスコアボードを撮影できる時間は15分程度に限られています。

初戦から5試合すべてに吹いた“作新の風”。実は、試合前からその風は甲子園に吹いていました。

開会式の当日、甲子園球場には出場選手が入場する前に、歴代優勝校の校旗が入場します。その際にも、作新の旗だけがはためく瞬間がありました。

6376

入場してくる選手を球場で迎える際にも、両隣の校旗はさしてはためかぬ中、作新の校旗はしっかりはためいている瞬間がありました。
 
6497

各優勝校の校旗は大会期間中、甲子園球場正面に飾られるのですが、今大会は偶然にも前列に飾られ、しかもなぜか球場を訪れるたび遠くから旗の存在がなぜか目に飛び込んできました。実は5年前、ベスト4になった時にも校旗がよく目に入ったので一緒に撮影したのですが、今夏もそれ以来となる記念写真を、初戦を迎えた8月12日球場入りする前に行いました。  

畑恵

作新の校旗に常に風を吹かせ、優勝まで押し上げて下さったのは、応援して下さった地元や全国の皆様はもとより、131年の学院の歴史を支えて下さった数限りない先輩諸氏に他なりません。

そうした御恩に報い期待に背かぬためにも、作新学院はどの学校よりも積極的に社会貢献する学院であらねばならないと、常々肝に銘じています。

実は、ベスト4に勝ち進ませていただき6夏連続出場が始まった2011年春には東日本大震災が起き、学院も「オール作新」での復興支援体制を震災から数日後には構築、できる限りの支援に取り組みました。

募金活動、被災地訪問、一万枚を超える除染用ぞうきんの作成、避難所へのお見舞いetc.ささやかながらこうした支援の多くがその後も各設置校で毎年継承され続け、今に至っています。

こうした支援活動の国際版として昨年度、学院創立130周年を記念して「アフリカ一万足プロジェクト」を実施し、約1万5000足の使用済み運動靴を回収し、すべてを洗浄・乾燥した上で、アフリカ各国の子どもたちに届けることができました。

今夏、54年ぶりにもたらされた甲子園優勝も、「オール作新」での社会貢献活動という日々の地道な積み重ねに対する天からのご褒美であると、私は理解しています。

今年も9月28日 学院の創立記念日には、毎年恒例となりました街頭募金活動を実施させて頂きます。甲子園で活躍した硬式野球部をはじめ生徒会、JRC部などの生徒たちが街角から、東日本大震災、熊本地震、台風10号などの被災地への支援を呼びかけさせていただきます。

お忙しいこととは存じますが、ご協力のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。(詳細は学院HP〈http://www.sakushin.ac.jp/〉をご覧いただければ幸いです。)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「信念、執念、信頼の絆」―人生を生き抜く上で欠かせない3つの“S”として、常日頃子どもたちに話して聞かせる言葉です。

今夏のリオ五輪と甲子園で、作新学院にダブル金メダルをもたらしてくれた卒業生の萩野公介選手と硬式野球部の選手たちを見ていると、この“3S”の重要性をあらためて痛感します。

【第一のS 「信念」】

まずは、「信念」。この言葉は、志(こころざし)、あるいは使命(ミッション)という言葉にも置き換えられると思います。

他者からの評価や金銭の多寡などとはまったく無縁に、ただひたすら自分自身が正しいと信じ、心の底から成し遂げたいと希う(こいねがう)その気持ち、それが「信念」です。

信念は人という存在の核をなすものであって、それ無くして人生におけるいかなる幸福も栄光もたらされるものではないと思います。

信念は時として、近視眼的な勝負事では勝利を遠ざけることもあります。

たとえば、甲子園。効率的に試合に勝つことだけを考えれば、技術や体格に優れた選手を全国から集めるということも、一つの選択肢かもしれません。

しかし、作新学院の選手はすべて地元出身。栃木県以外の隣県から通ってくる生徒はいますが、通学できない選手のために入学当初から寮を用意して、遠方の他府県に選手を求めることをしていません。

なぜ地元にこだわるのか。小針崇宏監督を筆頭に、作新には実現したい理想の高校野球があります。

同時に、作新には実現したい理想の“教育”があります。

目先の勝敗を優先して、その理想を二の次にすることはできない。それが、作新の「信念」です。

ただ、地元出身の選手たちだけであろうとなかろうと、勝ちは勝ち負けは負けです。全員地元っ子だから勝てなくても仕方ないという考え方は、作新では一切通用しません。

信念を持つことは、効率性を妨げるかもしれませんが、持つ者に自信と誇り、勇気と覇気を与えてくれます。54年という長い長い時を経て、再び大優勝旗をもたらしてくれた第一の原動力が、学院の「信念」であったことを私たちは何より誇りに思っています。

【第二のS 執念】

二つ目のSは、執念です。執念と聞くと、おどろおどろしいイメージを持たれてしまうかもしれませんが、要するに「必ず勝つ」、「決して負けない」、「絶対に諦めない」という強い気持ちです。

ただし勝負は時の運、誰だって負けることはあります。

大切なのは、「自分に負けない」こと、勝負を「諦めない」ということです。

萩野選手が高校3年で迎えたロンドン五輪で、日本競泳界56年ぶりの高校生メダリストとなった際、学院広報誌のインタビューでこんな言葉を残してくれました。

「一番の敵は、自分の弱さ。」

萩野選手は試合での勝ち負けだけでなく、毎日の練習ですら一本一本、「今の泳ぎは自分に勝てた、これは負けた」と、自分に勝つことにこだわって泳ぐそうです。

オリンピックに引き続き現在開催されているパラリンピックでも、決して諦めることなく自分の限界に挑戦し、運命を乗り越えて行く力の偉大さに、毎回感動させられます。

絶対に負けない、諦めないという「執念」の強さこそが、最後の最後に勝利を引き寄せ、人生の勝敗を決するのだと思います。


【第三のS 信頼】

三つ目のSは、信頼です。

いくら個人の能力が高く信念と執念が強くても、チームの仲間、支えてくれる家族や指導者との信頼の絆が揺らいでいては、何事も成し得ません。

全国優勝を果たした今夏の硬式野球部ほど、信頼の絆の強さを実感させてくれたチームはありませんでした。

実は県大会の決勝戦で、作新学院は負傷者を出していました。サードを守っていた藤沼竜矢選手が、ファウルボールを追ってフェンスに激突、肩の脱臼と手首の骨折というアクシデントに見舞われたのです。

作新の野球部でレギュラーに選ばれるような選手は、物心ついた頃から甲子園出場だけを夢見て、ずっと野球漬けの毎日を送ってきたような子がほとんどです。しかも藤沼は3年生、これが高校球児として最後の夏です。

病院へと搬送される救急車の中で、付き添ったお母さんと一緒に本人も泣き続けていたそうです。

誰しもが藤沼の甲子園出場を絶望視した中、小針監督はベンチ入りメンバー18名に、負傷のためプレーのできない藤沼を加えることを発表します。監督はもとより、チームの仲間たちから厚い信頼を得ていた一人の選手が起こした、奇跡とも言える出来事でした。

熱血プレーに倒れた藤沼は、伝令という新たな役割を担いその足で甲子園のグランドを踏みました。そしてその存在はベンチから格別のエネルギーを仲間たちに送ることで、全国優勝に大きく貢献しました。

信頼の絆の強さは、ベンチ入りした選手たちだけではありません。

甲子園での準々決勝、作新の攻撃が始まったその時、アルプススタンドの応援席からいきなり野太い声での大合唱が聞こえてきました。

「ハッピー・バースデー・トゥーユー、ハッピー・バースデー・トゥーユー、ハッピー・バースデー・ディア・りゅうがさん~♡」

なんとその日誕生日を迎えた山ノ井隆雅選手へ、ベンチ入りしていない選手たちからの応援歌でした。

すると、この歌をBGMにバッターボックスに立った山ノ井が、お返しと言わんばかりにホームランアーチを描いて見せたのです!

神聖な甲子園の試合中にハッピーバースデーとは、正直、前回の優勝年生まれの私としては違和感があったのですが、もはや時代は変わったことを実感しました。


「信念、執念、信頼の絆」―どんなに時代が変わろうとも、この「3S」を大切に“人間力ファースト”の教育を為し続けること。それが私たち作新学院の使命だと子どもたちから教えられた、忘れじの2016夏でありました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。