畑恵オフィシャルブログ

畑恵のオフィシャルブログです。すべては子どもたちの未来のために。


テーマ:
外相サミット開催に、絶好調の広島カープと、今一番「神ってる」パワースポット・広島県。その宮島に鎮座する厳島神社で毎年旧暦6月17日に行われる最大の神事「管絃祭」に伺いました。


およそ800年の歴史を持つ管絃祭は、京の貴族が邸内の池に浮かべた船上で雅楽を楽しむ舟遊びを、平清盛公が厳島神社と瀬戸内海を池に見立て壮大なスケールで催したのがその起こりで、遊びではなく厳島大神を慰め奉る御神事として今も行われています。

今年の開催日は7月20日。御鳳輦(ごほうれん)と呼ばれる御神輿を乗せた御座船(ござぶね)が海上を渡るため、大潮の満月でしかも台風の影響をなるたけ避けられる旧暦の6月17日に管絃祭は行うものと、古来より定められています。

御座船は、神社の御用大工が棟梁となり町内の大工さん全員のご奉仕によって、3艘の和船を舫って仕立てられますが、これを「御船組(おふなぐみ)」と言います。御座船には、御神体を移した御鳳輦とともに、宮司様をはじめ管絃を奏でる神官の方々、そして船を操る地域の方々が乗船されています。


また、海に立つ大鳥居より内側(御池とよばれる)の管絃船が通る道筋は、船体が底を擦ることなく航行できるよう地域の方々がご奉仕に出て、事前に浚渫を行います。これを「御州堀(おすぼり)」と言います。早朝から鋤や鍬を携えて奉仕されるそうですが、そうしたご奉仕に対し神社から授与される榊の小枝は、田の畔に立てると害虫除けになるという信仰があるそうです。


午後5時、管絃の雅なる音を奏でながら管絃船が、厳島神社の大鳥居をくぐりいよいよ船出します。およそ6km先の対岸にある地御前神社へと渡り、午後11時頃に厳島神社へと戻る御座船を曳航するのは、今も人の手によって漕がれる「櫂」と「櫓」の漕ぎ船です。

元禄14年、御座船が台風に襲われ転覆寸前となった際に、江波(えば)村の伝馬船と阿賀(あが)村の鯛網船が危険を賭して救助にあたった由縁が今に続き、広島市の江波と呉市の阿賀の皆さんが、今も6時間に及ぶ漕ぎ手を務めておられます。御座船を曳く三艘の中央で曳航する一隻が江波の櫂船、


そして左右で曳航する二隻が阿賀の櫓船です。


江波の漕船に曳かれた御座船は、大鳥居前で左周りに三度大きく廻ります。その後、阿賀の漕船が江波の船の左右に寄り沿い三隻の漕船で御座船を曳航し、瀬戸内海洋上へと漕ぎ出でます。


管絃船が地御前に到着する頃には、陽は既に西に大きく傾き、美しい夕日が船団と厳島神社を照らします。


夕日に輝く宮島の弥山(みせん)。古代から信仰の対象となり、数多くの修験者が行を積んだ神山の稜線は、観音様の寝姿にたとえられます。かつて厳島(宮島)は島全体が神とされ、人が住むことも許されぬ聖域でしたが、今も清浄なる格別な“氣”が島内には満ち満ちています。


地御前神社で祭典を行った後、管絃船は宮島に向かって漕ぎ出します。中天に上る満月の光に照らされながら進む船は、「ソラ、ヤートコセー、ヨーイヤナー、ホイ、ソレワイセ、コレワイセー、サァナンデモセ」の舟歌も勇壮に、かがり火を焚きながら瀬戸内の波間を進んでいきます。


管絃船は厳島神社へ戻る前に、同じ宮島の長浜神社と大元神社に寄り、それぞれ神事を行います。阿賀の船は長浜神社前で船団から離れ、そこから先は江波の船だけで御座船を曳航します。大鳥居をくぐり管絃船が無事に御本社に到着すると、江波の漕船は御座船を離れ神殿の枡形へと先行します。


厳島神社は大鳥居から見て、御本社本殿を中心に鳳凰の翼を広げたような作りとなっていますが、その左翼側、回廊で囲われている空間を「枡形(ますがた)」と呼びます。


限られたスペースしかないこの枡形で、江波船と御座船が見事にその船体を三度回す時、管絃祭はクライマックスを迎えます。

まずは、江波の船が枡形に入ってきます。炎天下の猛暑での6時間にも亘る曳航の労を讃え、回廊でその到着を待ちわびていた漕ぎ手の家族や観客から次々と声がかかり、拍手が湧き起こります。その声援を力に、漕ぎ手は最後の力を振り絞って船体を勇壮かつ軽やかに三度、枡形の中で回転させると、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれます。



江波の船が回廊脇に横付けされ、会場に静けさが戻った頃を見計らい、管絃の音とともに御座船が静々と水面を進んできます。



客(まろうど)神社前に正対して船を着け、厳かにまずは御神事が執り行われます。


御神事が終わると、いよいよ枡形へと御座船が進み入ります。何しろ和船三艘分の大きさですので、その存在感は圧倒的で、本当にこの枡形の中で船を廻せるのかしらと心配になるほどです。


多くの竿で巨大な船体を見事に操りながら御座船が廻り始めると、会場の喝采と熱気はピークに達します。


係留されている江波の船から指一本分も離れていないギリギリのラインを見極めながら、華麗に三度船体が枡形を廻り終える頃、時刻は既に日付変更線を越えていました。


観光客の多くは船廻しが終ると帰ってしまいますが、御神事はさらに続きます。御鳳輦のご神体を本殿にお戻しする還御の儀が執り行われるのです。実は御鳳輦の上に取り付けられている金の鳳凰に触れると幸いに恵まれるという言い伝えがあり、深夜にもかかわらず本殿前には多くの人が、幾重にも人垣を作っていました。

鳳凰は、神殿の中を御鳳輦が阿賀の人々に担がれて進む際、天井にぶつからないようあらかじめ取り外されます。御鳳輦が神殿内を進み還御の神事が無事に執り行われる間、一旦取り外された鳳凰をその年に選ばれた若衆が抱えて、タッチを待っている人々のところを回ってくれるというわけです。御神体をお戻しした御鳳輦が返ってくると、鳳凰を再び取り付け管絃祭はすべてお開きとなります。


今年の管絃祭はいつにも増して風もなく穏やかで、海上でも鏡のような水面をすべるように船団が進んで行きました。また出船直前に、晴天にもかかわらず降り注いだ清めの雨に洗われ、天空も大気もきわめて清浄となり、黄金の盆を掲げたような名月を、海上からも神殿からもずっと愛でることができました。

厳島神社をはじめ各神社の神官の皆様方と、多くの地元の方々の代々にわたるご奉仕によって、800年の時を超え営々と受け継がれてきた管絃祭。まさに天・地(海)・人が三位一体となって初めて催行できる、実に勇壮かつ荘厳でかつ華麗な、奇跡の如き御神事でありました。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
遂に世界が、“メルトダウン”を起こし始めた―そう認識せざるを得ない事件が、今週も相次ぎました。

7月14日の革命記念日(パリ祭)に沸く、フランス・ニースで引き起こされたテロ事件。

花火大会で世界中から訪れていた観光客が埋め尽くす遊歩道に、大型トラックが突っ込み約2㎞走行後、銃を乱射。多くの子どもたちを含む少なくとも84名が死亡、202名が負傷、うち52名が重体と報じられました。

容疑者は、ニース在住のチュニジア国籍の男で、暴行や窃盗などによる犯罪歴があったものの、フランス当局はテロ組織との関連を把握していませんでした。犯行後、IS(イスラム国)から犯行声明が出されましたが、今回の犯行で最初に犠牲となった方はイスラム教徒だったそうです。

テロ組織と直接に接触せず、ネットによって洗脳された現地在住の犯人が、銃器や火薬ではなく“車”を凶器として、これだけ甚大な被害を及ぼすことができるのであれば、テロの未然防止はきわめて困難であることを世界に印象づけた事件でした。今後、東京オリンピック開催に向け日本政府の取り組みが焦点となりますが、こうしたことをきっかけに、パソコンや携帯電話の通信内容までもが検閲の対象とするような、人権規制に向けた動きが進行する可能性もあります。早急に国民的議論を深める必要があるでしょう。

ニースのテロの翌日、7月15日にはトルコで軍の一部勢力によるクーデターが発生。翌日には鎮圧されクーデターは未遂に終わったものの、死者は290名以上、負傷者は1400名に上りました。

エルドアン大統領は反乱勢力への制圧を拡大し、軍関係者とともに、検察当局者や判事など司法関係者も含め8300名以上を拘束。この背景には、自身と対立する勢力をこの機に一掃してしまおうという大統領の意図があると言われていますが、欧州各国ではトルコに対し法の支配や民主的権利を尊重するよう求める声が相次いでいます。

またエルドアン大統領は、かつて自身の不正を糾弾したアメリカ在住のイスラム教指導者ギュレン師を、その支持者がクーデターを企てたとして、送還するよう米国に求めています。一方、ギュレン師は声明でクーデターを非難し、自身の関与を否定しています。

トルコでのクーデターのニュースとクロスして飛び込んできたのが、アメリカ・ルイジアナ州バトンルージュでの警察官射殺事件です。

7月17日、警察官が銃撃され3名が死亡、3名が負傷。現場で射殺された容疑者は黒人で、犠牲となった警察官は白人でした。バトンルージュでは7月5日に黒人男性が白人警官二人に取り押さえられて射殺され、こうした警察の対応に対し市民が大規模な抗議行動を続けています。

5日に続き翌6日にはミネソタ州セントポールでも、警官が黒人を射殺する事件が起き、さらに7日には一連の黒人射殺事件に対する抗議行動の最中に、白人警察官5名が黒人の容疑者に狙撃され死亡しました。

わずか二週間の間に、人種問題をめぐり警官と市民が相次いで銃により犠牲になるという負の連鎖が、アメリカでは連続しています。

そのアメリカで、警察官射殺事件の翌日7月18日から始まっているのが、ドナルド・トランプ氏を正式に大統領候補として指名するための共和党大会です。

通常この党大会には、共和党の大物政治家が多数出席し指名候補を讃える演説を行いますが、今回はブッシュ元大統領をはじめ歴代の大統領や大統領候補が相次いで欠席の意向を表明しました。

大会冒頭では、トランプ氏の指名を阻止しようとする代議員たちが投票ルールの変更を求めるなど一時議事が中断、会場が騒然とする場面がありました。結局、反トランプ派の要請は受け入れられず、最終的にはトランプ氏が主張する「メキシコ国境での壁の建設」をはじめとした政策が採択され、党の綱領に盛り込まれることとなりました。

しかし、会場の外では反トランプ氏のデモが日増しに激しくなるなど、共和党内の亀裂の深さが改めて浮き彫りとなっています。


こうした一連の事件や出来事の底流には、先日の英国によるEU離脱や世界各国でのポピュリズムの台頭・席巻といった社会状況と同様、論理性を欠いた、感情的で不寛容で暴力的なうねりが横たわっているように思われます。

こうした現象は一種の「アノミー」ではないか、最近、私はそう考え初めています。

アノミーとは、それまでの社会規範が失われ、社会が乱れて無統制になった状態、またそこから転じて、高度に技術化・都市化した社会で、親密さが欠けることによって起こる疎外感を意味します。

元々は、「神法の無視」を意味するギリシア語のanomiaが語源ですが、フランスの社会学者デュルケームが、近代に移行する過程で、それまでの人間の行為を規制してきた伝統的価値や、社会的基準の喪失にしたがって社会の秩序が崩壊したことを論じるために用い、現代語として復活しました。(by:ブリタニカ国際大百科・小項目辞典)

法律や組織など制度変更すら追い付かぬまま加速を続け、風土や歴史と密接に連関し営まれてきた人々の暮らしや価値観を、ともするとなぎ倒しながら進展し続けるグローバル化。

革命と言うよりは、“爆発”とでも表現すべき衝撃を全世界にもたらし、とどまることを知らないICTによる高度情報化。

そして、数々の利便性や物質的豊かさと引き換えに進む地球環境の様々な変化。

今後は人工知能(AI)やバイオ技術も、世の中のあり方や人間存在そのものまでをも根本から変えていくことでしょう。

大自然の摂理とも言えるまさしく「神法」を無視したかのような、こうした激烈な変化が、個々人や社会の精神状態やバランスに異常をもたらさぬ訳がない、そう思えてならないのです。

あまりにも急速過ぎる変化に、“生き物”としての人類は追いついていない―その事実を、そろそろ私たち現代人は、謙虚に認めなければならないのではないでしょうか。

ハンドリングが明らかに危うくなっているのに、そのことには思いを致さぬまま、とにかく成長率を上げなければと闇雲にアクセルを踏み込むのは明らかな自殺行為です。

進歩をやめろというのではありません。

グローバル化や情報化の進展に、反対しているのでもありません。

ただ、一旦少し進歩のスピードを緩めて(なんなら一度、車を路肩に寄せて)、もっと安全にもっと皆が幸せになれるようなドライビングの方法を、人類の英知を結集して本気で“議論”してみる時が来ているのではと思うだけです。

クラッシュ必至の進歩を取るか、人類の進歩をストップさせるのか―そんな単純すぎる二者択一論からいい加減に脱しない限り、人間社会という暴走車は早晩、死の淵に突っ込んでしまう気がしてならないのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
バングラデシュの首都ダッカでのテロ襲撃事件が、日本からの国際協力や支援活動の今後に深い影を落としている中、勇気づけられるニュースがアフリカから届きました。

作新学院の「アフリカ一万足プロジェクト」により回収され、カメルーンに送られた運動靴11,500足の贈呈式が首都ヤウンデで行われ、いよいよ現地の子どもたちへと届けられる新たな一歩が始まりました。


ダンボール箱約500箱にもなる運動靴は、昨年11月に本学を出発し、3月下旬にカメルーンのドゥアラ港に到着。4月中旬に首都ヤウンデに搬送され、同国政府に寄贈する贈呈式の日を待っていました。


運動靴はこれからカメルーンの極北部に運ばれ、テロ組織ボコ・ハラムによって居住地を追われ難民となっている子どもたちの避難先である小学校へ運ばれることになっています。

学院の子どもたちをはじめ全国の有志の方々と一緒に、足かけ3年かけて回収・洗浄・乾燥させ、15~28㎝までサイズ別に分別しダンボール箱に詰めた運動靴。その一足々々が、貧困のみならず紛争にまで巻き込まれ逃げ惑う子どもたちの足を保護し、身を守り、ひょっとすると命を救うことができるかもしれないと想像すると、胸が熱くなります。


ただ、靴が届けられる予定の極北部は、外務省の安全情報でレベル4(退避勧告)に指定されている大変な危険地域で、日本人が立ち入ることはできません。そのため、11,500足の靴はまず日本政府からカメルーンの初等教育省へと寄贈され、現地へはカメルーン政府によって搬送してもらうことになっています。


6月28日の贈呈式には、カメルーン側から初等教育大臣・次官、憲兵隊担当国防副大臣はじめ各省の要人が、また国際機関からは高等弁務官事務所代表、ユネスコ、ユニセフ代表等、国際援助機関代表など約200名が出席し盛大に行われたようです。

贈呈式の様子は現地のテレビニュースで報道され、トリビューン紙にも記事が掲載されました。黄色い民族衣装姿のハディジャ・アリム初等教育大臣は、来年度初めには極北部の子どもたちに靴が届けられるだろうと述べています。


大臣の言葉通り、新学期には日本からの運動靴をカメルーンの子どもたちに履いてもらいたいと願ってやみませんが、テロ組織ボコ・ハラムによる蹂躙は激しさを増しています。

2015年11月に発表された「グローバル・テロリズム・インデックス」によれば、ボコ・ハラムは2014年、世界のテロリストグループの中で最も多い6644人をテロ攻撃で殺害し、あの「イスラム国」(IS)をも上回る“史上最悪のテロ組織”とされています。

さらに、戦闘などの暴力行為による死者数はテロによるそれよりも多いとされ、「ナイジェリア・セキュリティー・トラッカー」によると、2014年には6000人を超える人々がボコ・ハラムとナイジェリア軍との衝突で亡くなったとされています。


ボコ・ハラムと言うと被害国はナイジェリアと思いがちですが、彼らが幾度となく攻撃・占領し、数百名の人質をさらっている北東部は、カメルーンと国境を接しており、特に極北部はその影響を直に受け、難民となることを余儀なくされています。


ボコ・ハラムの名が世界を駆け巡ったニュースと言えば、2014年4月ナイジェリアで起きた約300名の女子生徒拉致事件です。犯行声明で彼らは、誘拐した少女たちを奴隷にして売り飛ばすと発表し、世界中から強い非難を受けました。

しかも一度拉致された女性たちは、たとえ救出され自分の村に戻れたとしても、テロリストに洗脳されている、もしくは性的に穢れているとみなされ迫害される例も少なくないと言います。実は、ボコ・ハラムにより相次いで引き起こされている自爆テロの多くが、女性や幼い少女によるものなのです

ボコ・ハラムのBokoは現地語で「西洋式の非イスラム教育」を意味し、Haramとはアラビア語で「罪」を意味し、彼らは西洋式の教育を何より敵視しています。ボコ・ハラムは、教育だけでなく西洋文明や現代科学も攻撃し、さらには異教徒だけでなく過激思想を受け入れないムスリムをもその対象として、そのテロ行為はモスクに対しても及んでいます。

そうした想像を絶するような過酷な環境に晒されている子どもたちが、今この同じ地球上に確かに存在していることを、「アフリカ一万足プロジェクト」での活動を通じ、私は初めて身近に感じることができました。

また危険なことも少なくない現地で、発展途上国の人たちを支援するため、日々尽力されている方々のご苦労の一端を垣間見ることもでき、本当に頭の下がる気持ちで一杯になりました。

そして、ほんの少しの意志と行動力があれば、たとえ日本からでも何かしらの支援ができる、さらにそうした支援が重なれば政府すらも動かすことができることを実感しました。

世界中が、不安と恐怖により委縮し分断されつつある今こそ、平和や安定をもたらすための国際支援、特に暴力や差別の連鎖を生まないための教育支援は、何より重要であると思います。

テロには決して屈しない―その思いを胸に、これからも子どもたちとともに静かな闘いを続けて行きたいと思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。