坂東忠信 太陽にほえたい!

元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪対策講師の、坂東忠信公式ブログ。

あなたの隣の「国際化」と「あの国」の状況を、面白く、深刻にお伝えします。

どうぞお楽しみ(もしくはお怒り)ください!

NEW !
テーマ:

みなさん、こんにちは。


今日もまずはひとポチを!
   ↓
人気ブログランキングへ   ありがとうございます!

今日は土曜日、薄曇り。

夏場の甲冑作りには、ちょうどいいお天気です(笑)



たまにお伝えしております「沖縄 鋼鉄の護国武人具足計画」進行状況ですが、本日は作る前に、雑学を少々。


甲冑作りには外側から見えるわかりやすい部分と、内側に隠された、でも無くてはならない部分があるのです。



そしてこの無くてはならない部分こそが、博物館ではなかなか見ることができない部分だったりしますので、そんなところもお楽しみいただけると幸い。



そんなわけで、今日は兜の内側「浮張」(うけばり)づくりをお伝えしますが、これ、武士の世界に大きく影響している部分なんですよ(^o^)


「浮張」「受張」とも書いて、どちらも「うけばり」と読むのですが、これは頭と兜鉢が直接あたって痛くならないように工夫された部品です。


平安後期ころの兜は、こういう形でした。



頭に固定しつつ、クッション性を持たせるため、武士は髪の毛を伸ばして、烏帽子をかぶり、長い髪の毛を烏帽子ごと、兜頭頂部の「天辺の穴」から引っ張りだして、兜のぐらつきを固定していたのです。


(平治物語絵巻より。兜の上にちょこんと出ているのが烏帽子です)

この段階で武士は長髪であることがそのシンボルになったようで、普段はじゃまなのでちょんまげにしていたようです。




ところがこれ、実戦を重ねていくうちに、「天辺の穴」から矢が飛び込んでしまったりするので、この穴が小さくなっていきます。




で、天辺の穴が小さくなった上に兜の中に烏帽子を被ると、頭が蒸れます。


そこで、最初は笑などで作ったドーナツ型のクッションを入れたり、兜の内側ににベルトを張って浮かせてみたりもしたのですが、最終的には内側全体に布を張って、頭と兜鉢の間に空間を作り、打撃を緩和するようにしました。



でも天辺の穴が小さくなり、浮張で塞がってしまったことから、武士は頭頂部の毛を抜いて、つるつるの頭に烏帽子の代わりに手ぬぐいを巻いただけにして、頭に浮張があたるようにしたのです。


これでかなり涼しくなりました。



しかし、いくさも多くて兜もよく使いますし、いくさがなくても領内の警戒警備で普段から使いますので、剣道の面と同じくヤバイにおいがして、雑菌も繁殖していたはず(^_^;)



当然ながら毛を抜いた毛穴から雑菌が入って膿んでしまい、かぶれたり、腫れ上がって痛くて兜がかぶれなくなる武士もいました。



そこで、武士を半農半士でなく戦争専門の軍隊組織とした、潔癖症の織田信長公が、

「毛え抜かんでも剃りゃええがね。
 めんどくさがらず毎日剃るだぎゃ!」


ということで、毛を抜かずに、武士はマメに月代(さかやき)を剃るように通達下命。


こうして、桃山江戸初期には、普段から月代を剃りちょんまげにしていることは、「私はいつでも兜を被り戦に出る覚悟がある」という、戦う男のステイタスになったのです。


逆に、主を持たない浪人などは戦争に出るも出ないも自由ですので、頭頂部は剃りません。




つまり、世界でも独特で、西洋の騎士とも違う武士のヘアスタイルは、当時のいくさ事情や兜との密接な関係から生まれたものなのです。



・・・というわけで長くなりましたので、次回、この浮張制作の情況をお伝えします(^o^)



「護国武人具足計画」にご賛同いただける方、ご芳名を記名して沖縄を守りたい方は、どうぞ下記リンクをご覧ください。



みなさんのご参加ご協力をお待ちしております(^o^)/


【みんなで、沖縄と国体を守る甲冑を奉納
  鋼鉄の護国武人計画

http://bandou.an-an.org/index.php?沖縄護国武人計画


おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。