日本タイカービング協会のブログへのご訪問、ありがとうございます。

ムシムシと蒸し暑い日が続きますが、これからの季節、
カービングをされる方には嬉しい季節ですね。

果物屋さんや八百屋さんの店先には黄色や網目のいろんな種類のメロンも並んでいます。
同じ黄色いメロンでも、キンショウメロンやイエローキング、その他いろいろな種類がありますね。

先日生徒さんから、『先生は美味しい果物の目利きがお出来になりますよね?♪』と聞かれたのですが。
うーん、どうでしょうか?
カービングに使用する果物、特にメロンなどはあまり熟れ熟れの美味しそうなものは柔らかくなり過ぎていて彫り辛いので。
なるべくいい香りのしない、柔らかくなっていないものを選ぶので。

さて、そんな果物や野菜ですが、こんな風に器にしたものが大のお気に入りです。








簡単に出来るものなら、日々の食卓にも利用できますので、どんどん活用したいですね(^^)

日本タイカービング協会

AD
日本タイカービング協会のブログへご訪問いただき、ありがとうございます(^^)

今日の大阪はうっすらと雲のかかった一日でした。
とはいえ、この時期やはり爽やかとは言い難く。

せめて涼しげな石鹸を飾りたくなります。






そういえば作品の飾り棚、年中あまり入れ替えてなかったけれど、季節ごとに総入れ替えして楽しむといいですね♪

AD

こんばんは

東京のYukamaruです。

町のあちこちで、

色とりどりの

紫陽花を見かける季節ですね。



シーズンカリキュラムとして、

アジサイを彫ります。

アジサイ2016

過去に5レッスン以上の経験のある方なら、

作ることできます。



さらに、

過去に10レッスン以上の経験者のかたには、

ジュエリーケースも、

作ることできます。
アジサイのジュエリーケース



1レッスン=3000円です。


6月20日(月)、6月28日(火)、空席あります。

興味がある方は、

ご参加ください。




*・*・*

西荻窪のカービング教室で、
生徒さんを募っています。

ソープカービングに興味があるかた、
はじめてみたいかた、
他のお教室に通われているかたも、
一日体験だけでも、大歓迎です。

季節に合わせた「シーズン・カリキュラム」
基礎からしっかり学ぶための「ベーシック・カリキュラム」
技術を磨くための「ブラッシュアップ・カリキュラム」を用意しています。

カービング経験ありのかたは、
経験数やレベルに合わせてレッスンを進めさせていただきます。

初心者のかたには、
ナイフの持ち方や基本の彫り方をご指導させていただきます。

JR中央線・総武線、メトロ東西線
「西荻窪駅」から、徒歩3分の場所です。

1レッスン=3000~3300円(材料費含む)
入会金・年会費は不要です。

Basicカリキュラムの「STEP-1」を受講されるかたは、
2500円とさせていただきます。


興味がある方は、
まずは、「体験講習」として参加してみてくださいね。


6月・7月のレッスンスケジュールは下記のとおりです。

*↓*↓*

6月20日(月)
午前10時半~12時半
午後2時~4時
夕方6時半~8時半

6月28日(火)

午前10時半~12時半
午後2時~4時
夕方6時半~8時半


7月4日(月)
午前10時半~12時半
午後2時~4時
夕方6時半~8時半

7月11日(月)
午前10時半~12時半
午後2時~4時
夕方6時半~8時半



*空席状況は、
http://carving-club-rose.jimdo.com/lesson/

をご覧くださいませ。*


材料の準備などありますので、
かならず事前にご予約くださいませ。
メールタイトル(件名)に
「(希望日付)講習予約」と入れ、
(例)「0628講習予約」、「0711講習予約」、・・・
本文中に、
氏名、
連絡先、
ご希望の時間帯、
ご希望のレッスン内容を入れて、
下記アドレスへ、送信してください。
折り返し、「詳細メール」を返信いたします。

rose-smile-yukamaru@biglobe.jp
もしくは、

rosepocket-yukamaru@softbank.ne.jp

へお願いいたします。


お問合せ等のあるかたは、
メールタイトル(件名)に
「カービング問合せ」と入れて、送信してください。

メール送信後2日以内に返信が届かない場合は、
恐れ入りますが、
再度「予約メール」「問合せメール」を
送っていただけますようお願いいたします。

たくさんの方の参加をお待ちしています。
よろしくお願いいたします。


↓*↓ クリックしてみてね 他のカービング情報もご覧いただけます ↓*↓


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カービングへ
にほんブログ村




by Yukamaru from Tokyo

AD