1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-19 11:14:01

【悲報】澤村、開幕アウト‥

テーマ:ニュースな話題

18日に投げないのでおかしいな?

と思っていました。


これでクローザー離脱も決定的でしょう。


どんなに自主トレで調子がよくても

肩は生もの‥


せっかく開幕を迎えますが、当ブログおよびさわ中は

しばらく冬眠ではなく春眠に入ります。



澤村の肩が万全になるまで、しばらくおやすみなさい。



以下、スポーツ報知より

巨人・沢村拓一投手(28)が開幕1軍メンバーから外れる可能性が高くなった。18日のオープン戦・ロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前練習では短い距離でのキャッチボールを途中で切り上げ、試合前に球場を離れた。右肩のコンディション不良とみられる。キャンプ終盤から抱えていた不安のため、時間を空けて調整していたが万全ではないもようだ。

 昨季のセーブ王の開幕離脱が濃厚となった。沢村は登板予定だったこの日のロッテ戦の試合前練習で、10メートルほどの距離でのキャッチボールを途中で終えると試合前にチームを離れた。キャンプ終盤から抱えていた右肩のコンディション不良とみられる。由伸監督は「コンディションが良くないというので、投げても仕方がないので帰しました」と説明した。

 今季のオープン戦登板は1球で危険球退場した4日の日本ハム戦(札幌D)の1試合だけ。その後は患部の状態を見極めながらG球場で調整を続けてきた。「遠投もブルペンでの投球練習もガンガンやっていますし、コンディションはもう大丈夫。全く問題ないです。次の登板からしっかり試合に入って抑えられるようにしていきたい」と話していたが、無念の登板回避となった。

 指揮官は開幕までの猶予について「投げてないから(時間は)あまりないんじゃないの」と危機感を募らせた。尾花投手コーチは「下でコンディションを整えてもらうしかない」とファームでの調整を指示し「急に良くなることもないとはいえない」と祈るように話した。

 沢村は昨年、63登板で6勝4敗37セーブ、防御率2・66で初のセーブ王のタイトルを獲得した。15年の60登板36セーブに続き、2年連続60試合登板、30セーブ以上をクリア。巨人史上初の3年連続30セーブも視野に入り、今年も守護神最有力だったが、新加入した助っ人右腕のカミネロがここまで実戦5試合連続無失点と好投中で守護神筆頭候補に。WBCカナダ代表からこの日1軍に合流したマシソンもここまでオープン戦2試合で無失点と結果を残している。

 村田ヘッドコーチは「1試合しか放ってないのに、『開幕ストッパーに』というのはどうかと思う。見切り発車はできない。頭が痛い話。7、8、9回の人やからね」と厳しい表情で話した。

 開幕から沢村が不在となれば、戦力ダウンは必然。3年ぶりのV奪回を狙うチームにとって大きな痛手となることは間違いない。その上で由伸監督は「中継ぎ陣が頑張る? そうやってそれ以外の人に(登板の)機会が増えるし、チャンスが出てくるからね」と救援陣の奮起を促した。危機的状況をチーム一丸となって乗り越えるしかない。


AD
2017-03-14 20:54:35

焦っています。ジャムもさわむーも‥

テーマ:ニュースな話題

あの危険球以来、まだ一度もオープン戦で投げていない澤村。


登板の機会をなぜもらわない?


と思っていたら、

どうも肩の状態が思わしくなかったようだ。


今の状態はどうなのか。


 「遠投もブルペンでの投球練習もガンガンやっていますし、コンディションはもう大丈夫。

  全く問題ないです。次の登板からしっかり試合に入って抑えられるようにしていきたい


そう、澤村は語っていたが、やはり焦りはあるようだ。


あの外国人カミネロが5試合を投げて失点0。

抜群の安定感を誇っている。

しかも最速はすでに155キロ。


ある記事には、神ネロ守護神有望株、とまで出ていた。


澤村の言葉は、

焦りは普通にありますよ。カミネロだけでなく、みんながいい投球をしていて、

 僕だけ投げていないわけですから。だから次の試合はビシッといけるように

 準備しないといけない。そのためにこうして時間をもらったわけですから、

 その責任があると思っています


焦っているのは澤村だけでない。


澤村を応援するファンは、正直めっちゃ焦っている。


いまのまま、実績を出さないとなるとよくてリリーフでしょう。


単なるつなぎの澤村なんて見たくもかゆくもありません。


ジャム次郎は、めっちゃ焦っています。


次回の登板は18日のロッテ戦の予定だそうである。


びしっとした投球を見せないとほんと使ってもらえないぞ。


焦るばかりである。

AD
2017-02-22 20:41:58

澤村、東スポの電撃インタビュー受ける!

テーマ:ニュースな話題

キャンプ情報第2弾であります。


澤村より、抑え候補の新外国人カリメロではなくカミネロの記事のほうが多く

球速もすでに155キロを記録した記事を見て、多少の焦りを感じている

邪無次郎であります・・。


澤村とて、入団以来、最も体も肩も調子のよいキャンプを送っているという

ことで、今後、それなりのアピールをしていくものと思っております。


今日は、


なんとヤフートップニュースに澤村の記事が出ました。

ドキッとします。gt;

トップページに出たときは、いいことの場合は少なく、

ケガとか、不倫とか、離婚とか、暴力など悪いことばかり書かれることが多かったので・・。



でも、読んでみると、マスコミからのインタビュー一問一答の内容でした。



                            ◇


ヤフーニュース(東スポ)からの記事です。


キャンプ話題の人を直撃!】

巨人・澤村拓一投手(28)が大補強の陰で黙々と調整を進めている。昨季は守護神として63試合、6勝4敗、37セーブの成績を残し、セーブ王のタイトルを獲得。だが、ここ一番で崩れたケースも目立ち、高橋由伸監督(41)は現状「抑え白紙」を明言している。

右腕は今、どんな心境でキャンプを送っているのか。クライマックスシリーズ(CS)で浴びた屈辱の拍手、人知れず抱えていたケガ、周囲の厳しい評価に対しては“炎上上等”の素直な思いを告白した。



  ――率直に質問しますが、よろしいですか

 澤村:ええ。何か言われるのは自分の職業ですから、別にいいですよ。

 ――では昨季の話から。初のセーブ王に輝いた一方、批判も多くあった。自己評価は

 澤村:周りから称賛されようが、叩かれようが、それが全部自分の実力。叩かれたとしても、それを自分の糧にすればいい。称賛されても慢心することはないし、自分の評価も満足はないですね。

 ――昨季の前半、後輩である菅野の勝ち星を連続で消してしまった際は精神的にきつかったと。それでも抑えの役割にはやりがいを感じるか

 澤村:やりがいはすごく感じますよ。誰でもできるポジションじゃないと思っていますし、精神的に相当タフでないとできない仕事だと思っていますから。

 ――DeNAとのCSファーストステージでは、澤村投手が登場すると、青く染まった東京ドームの三塁側から拍手が湧き起こった。ショッキングな光景だったが

 澤村:そうだったんですか。正直、僕には聞こえなかったです。集中していたんでしょうね。(聞こえたのは)テーマ曲ぐらいで、無我夢中でしたから。ただ、自分の調子自体で、そう反応されているということであれば、それはやり返さなくちゃいけないでしょ。

 ――巨人の守護神は特別重圧がかかる

 澤村:プレッシャーはそりゃあるでしょう。例えば僕がメジャーでやっているのだったら、ヤジを飛ばされても言葉がわからないから気にならない。だけど、日本語は嫌でも伝わってくる。だから良い意味で「毒さえも栄養にする」という気持ちでいますね。周りが「これは体に良くないよ、絶対に腹を壊すよ」という食べ物でも、あえて口にしてみる。栄養にしてやる、ぐらいの気持ちでないとやっていけない。

 ――昨季はタイトルも獲得したが、由伸監督は抑え白紙を強調している

 澤村:僕はメディアを通してしか知りませんけれど、監督も「レギュラーは坂本だけ」と言っていますからね。投手も野手もみんな競争だと思っています。ジャイアンツじゃなくても、普通のことだと。そんなに意識することじゃないですよ。

 ――球団はオフに抑え候補のカミネロを獲得した。「自分がいるじゃないか」とは思わないのか

 澤村:まあ、それは自分がてんびんにかけられた結果でしょうね。でも、誰が入ってきても勝負じゃないですか。カミネロがいなかったとしても、マシソンと勝負。それは自分が45セーブしていたとしても、変わらないですよ。慢心はできません。

 ――競争心は常にある

 澤村:もっといえば、誰かと競争というより、自分がもう1、2段階レベルを上げられるようやっていくことが大事。競争という部分しかメディアは捉えていないかもしれないですが、そこだけじゃないんですよ。

 ――では技術的に自分の課題は

 澤村:技術の向上は当然ですけど、1年間一軍にいないと評価されないんで、そこですね。コンディションの維持って難しいんですよ。記者さんたちは打った打たないとか、勝った負けたしか基本的に記事にしないじゃないですか。そういうことだけじゃなく、もっと体のことをね、深く掘り下げてほしいというのはありますよ。どこのジムへ通っているとか…。

 ――どこへ通っているんですか

 澤村:それはいきなりは教えられませんね、フフフ。

 ――澤村投手は評論家を始め、何かとやり玉に挙がる機会が多い。周囲の声は気にするか

 澤村:基本的に耳を傾けることはします。その上で、いいなと思ったことは取り入れるし、僕には必要ない、難しいなと思うことはやめる。宮本武蔵の「我以外皆我師」(※小説「宮本武蔵」を著した吉川英治の造語とも)という言葉があるんですが、自分以外は誰でも先生なんです。カメラマンにフォームチェックをお願いすることもありますしね。

 ――なるほど。本紙もグラウンド内外、様々な話題を報じてきたが

 澤村:どんな話でも、内容が本当のことだったらいいんですよ。1あることが、2や3になるぐらいは構わない。0からじゃなければね。

 ――では、今季はどんなシーズンにしたいか

 澤村:去年は自主トレ中から肩がちょっと良くないとか、今だから言いますけれど「足底筋膜の断裂」とか、いろいろあったんですよ。それでシーズン中もランニングができないとか、日常生活を制限されることがすごく多かったんです。ただ今年に関しては、ケガをしてないので痛いところがない。そういった意味では、前向きになれているのかな。一球も無駄にせず、優勝に貢献できれば。

 ――胴上げの瞬間、マウンドに立っていられれば最高だ

 澤村:まだ抑えをやらしてもらってから、優勝を経験したことがないですからね。自分が立っていられればいいですね。


                               ◇


久々にたっぷりの澤村の生の声が書き表されている。

東スポなので信ぴょう性はどこまであるか分かりませんが、かなり澤村の本音が

出ている気がしますね。


とにかく、ケガなく、

順調なシーズンインを迎えてほしいものです。


絶対的なクルーザーとして・・。































2月28日に実戦登板デビューの予定です。今の好調な体の状態と、チェンジアップをアピールできるといいですね。
ではまた(*^^)//

AD
2017-02-06 22:06:46

澤村のキャンプ情報!

テーマ:ニュースな話題

  【2/2】 初ブルペンで33球


 この日、澤村は初めてブルペンに入り、まっすぐのみ33球を投げました。


写真の顔を見る限り、やせたとは言えませんが、精悍な顔つきには、肩の不安を感じさせない力強さを感じます。


この日、視察に訪れた由伸監督の前での投球だったので、意識は高いものがあったでしょうね。

捕手を立たせたままの投球だったようですが、かなり力強い球がいっていた、らしいです。


彼曰く、「競争の世界。人を意識しながらやっていきたい。」と熱く語っていました。

また、

ガンガンやろうと思えばやれますが、下半身主導で投げられるように段階を踏んでいきたいです」と冷静に、テーマを持って投球練習を行ったいたようです。

 由伸監督は「オープン戦のこのへんで投げて、とか自分であるだろうし、そこに向けてきっちりやってくれれば」と話していたとネットニュースで紹介されていました。


 

【2/4】 高橋監督、抑え候補について語る


  この気になる記事を見ましたか?


守護神は競わせるとは前から記事として出ていましたが、澤村の昨年の印象からすると

相当な努力をしないと認めてもらえない気がします。


 それでも、高橋監督は、この日、澤村のことを


澤村は2年きっちりやっている。それ以上のものを

 カミネロができるのかできないのかというところ


 なんて言っていたらしいのだが、一番のライバルはマシソンじゃないのか??


 球速160キロ出たって制球難だったら絶対使わないと思うが

 マシソンは実績もあり、大きなライバルであろう。


 また、西村も候補にあがっているという。

 クローザー争いはし烈になりそうです。


 高橋監督は、クローザーに漏れた2人を7.8回に回し、

 変則的な方程式を取るという。


"あなたは、澤村が7回や8回に登場してうれしいですか "


  ジャムはNOです


おもしろくもなーもありません。

それなら先発にしてください、と、高橋監督にメールします。(アドレス知らんけど)


とにかく、このブログの題と違う役割になったときは‥


そうならないようしっかり首脳陣にアピールするしかありません。



【2/5】 澤村、新球チェンジアップ解禁、魔球となるのか!


 自主トレのころから澤村は、どうも新球の開発に余念がなかったようだ。

ただ、昨年も同じようなことを騒がれていて、結局、まっすぐとスプリットだけで、スライダーやカーブでさえ、ほとんど投げずシーズンを送ってきました。だから、本当にためして使ってほしいと願っています。


取り組む新球はチェンジアップ。

この日、捕手が立った状態ながら、力強い直球との緩急で進化した姿を披露したもよう。新球挑戦は新外 国人・カミネロらとの厳しい競争を勝ち抜く決意の表れあり、「頭一つ、二つ抜けていかないといけない」と“新化”を誓っていました。


(ニュース記事から)


直球と同じような軌道からストンと落ちた。ブレーキがかかった新球で球速差をつけ、新たな世界観を表現した。「(マウンドと本塁間の)奥ゆきを使って打者のタイミングを外すことができればいいと思っています」

捕手を務めた宇佐見を「低めにスッと沈んでくる感じでした」とうならせた。


昨年は63登板で37セーブを挙げ、セーブ王のタイトルを獲得した。だが、夏場以降は苦戦。

右足の足底腱(けん)膜断裂の激痛もあったが、レベルアップの必要性を痛感した。自問自答を繰り返し、打者の目線を変えられるチェンジアップに注目。

「使えたら大きい。今は握りをいろいろ変えながら試しているところです」。

150キロ台の速球、140キロ台のスプリットに、緩急という新たな武器が加わった。

 



体調は万全であり、肩も仕上がっているといわれています。


しかし、澤村は決してあせってはいません。


「下半身主導で腕を振って投げられるようにしていきたい」

と慎重にフォームを確認し、結果が求められる実戦に向け、

目的意識を持って練習する姿がそこにありました。


チェンジアップが本当に使えるならば、投球の幅が広がるだけでなく

三振が必ず取れるようになります。


ぜひチェンジアップを投げる澤村を見てみたいですね!


ではまた(*^^)//











2017-02-02 00:17:33

キャンプがスタートしました。

テーマ:ニュースな話題

ご無沙汰しております。


久しぶりすぎて、ブログをしていたことを忘れてしまいそうでした。笑



さわむーファンの皆さま、澤村の何か情報は何かつかみましたか。


キャンプの初日は、全く記事になっていなかったような‥




先月20日、元気な姿でハワイから帰国した記事は、ちゃーんとチェックしていましたよ。


 いっしょにトレーニングしていました日ハムの鍵谷投手としっかり日焼けした精悍な顔で帰ってきました。


澤村の自主トレの感想を聞くと、


今年はどこも痛いところがなく、1か月間まるまるやりたいことをやりきれた

と充実感に満ちあふれていました^^


 当地でのトレーニングは3回目のようですが、一昨年は右肩痛で思い通りの調整ができず、昨年は、トレーニングに制限が3かかるほどの右足裏痛だったのはご存知かと思います。

そのため。ここ2年は、キャンプではスロー調整を余儀なくされていました。

 

昨年は、開幕前には右足底けんまく断裂と診断されましたが、そのままマスコミには公表せず、痛みに耐えて登板していたようです。

 

とにかく、痛いところがなく、キャンプに入れるのは本当にうれしく思います。

 

 

中大の後輩でもある日ハムの鍵谷と共に、全てのトレーニングメニューをこなし、連日行った遠投は100メートルを超えたそうです。これはほぼシーズン中に近い状態にまでもっていったということでしょうか。

 

 

キャッチボールでは新球のチェンジアップを試すなど新たな球種にもチャレンジしていたもよう。

 

 

 

 

ただ、巨人ファンはすんなり彼をクローザーとして受け入れてはくれないでしょう。

それは良ーくわかっています。

 

彼が、本当にいい状態で、首脳陣にしっかりもてる力をみせつけないとなかなか

これまでのポジションをキープすることはできないのではないかと思います。

 

 

一番のライバルはマシソンになるだろうし、噂の最速164キロ右腕、カリメロ?

いやいやカミネロという得体のしれない投手もいます。

 

 

そんななか、澤村は、

競争はプロの全て。競争から勝ち抜いて上を目指して頑張りたい。」

と力強く言っていました。

 

 

我々さわ中は応援しかできませんが、今年は本当に勝負の年だと思っています。

 

 

やるしかありません。

 

とにかく、キャンプは怪我なくがんばってほしいと願っています。

 

 

ではまた(*^^)//

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。