リピート集客と継続売上の作り方

リピート集客コンサルタント城岡です。集客の基本とはリピート客を増やし、継続安定売上を作るための考え方やノウハウを発信しています。


テーマ:
コンセプトワークがビジネス停滞の理由だった

ビジネスはコンセプトで決まり!それくらいコンセプトは重要だと思うのですが、重要と知りながらあえてそこを避けてる人もいるそうです。

商品やサービスを売るためには、それを必要とする人にメッセージを届けなければいけない。それが誰なのか?その人にとってどのような良いことがあるのか?など、よく耳にするこの問いもコンセプトの一部となります。

マーケティングの専門家は、事業コンセプトや商品コンセプトの作り方や、なぜコンセプトが重要なのかを理解していますが、今まで全く考えたことのない人にとっては、かなりハードなワークなのかもしれません。

ネットでビジネスの情報を調べると、表現は違うものの、結局は苦手なコンセプトワークが必要なノウハウばかり。正直、うんざり...という人も少なくないのかなと.

数年前に、メルマガでビジネスコンセプトに関する重要な資料を配布したことがありました。それなりに受け取ってくれた方もいたので反響を楽しみにしていたのですが、その時の反応は正直あまりよくありませんでした。

後々知ったのですが、コンセプトワークによって思考が停止してしまうという人が数名いたのです。もちろん、喜んでくれた方もたくさんいたのですが、この時はコンセプト作りで思考が停止してしまう人のことが頭から離れませんでした。

じゃあ、結局そういう人ってどうやったらビジネスがよくなるの?やっぱりSNSの繋がりとか人脈系なのかな?でも、根っこの部分がしっかりしていないと、ビジネスといえるほどにはならないだろうし...

いろいろやり方を変えた結果、やらなければいけないという義務感や、将来に繋がるイメージができていないコンセプトワークよりも、自分の経験や未来を明確にするほうが、より行動しやすいということがわかりました。

そして、いろいろ試した結果、「見せ方」や「伝え方」に関心がある人が多く、そこから考えたほうがコンセプトが整理されやすいこともわかりました。

見せ方を深く追求すれば、ビジネスコンセプトはまとまります。興味のある方はこちらをお読みください。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ちょっと仕事のスタイルを変えてみる。

なんでも自分でやってしまう性格なので、いつも時間に追われてしまうのですが、これからはもっと楽をしようと思います。

楽といっても怠けるという意味ではなく..


これだけ忙しい毎日が続くと、なんのために仕事をしてるんだっけ?と考えてしまうこともあります。

夢や具体的な目標はもちろんあるわけですが、その中に「忙しい毎日」という設定はありません。

「ゆとりある人生」が理想です。


でも、どうして自分はこんなにも自分の仕事を増やしてしまうのか?

ちょっと自分のことを自問自答してみました。


とにかく、たくさん金が欲しい?

いやそれはない。


任せる人を信頼していない?

それもない。信頼できない人とは仕事はやらない。


じゃあ、どうして自分でやってしまう?

自分とお客さんにしかわからないことだから。


ここか..


自分のところで仕事が止まる仕組みになっているのですね。

ということは、自分が抱え込まない仕組みを作らなければいけないということ。

でも、その仕組み作りを自分でやるなると、また時間がなくなるという悪循環。笑


結局はだれのせいでもなく、自分に問題があるということか..


それと、指示の出し方ももっともっと深く考えて工夫しなければいけませんね。

自分でやるば、なんとなく出来てしまうけど、それを自分以外の人がやるとなると、なんとなくではできません。


仕事はある程度安定しているけど、それをこなす仕組みが出来ていない。

出来てるつもりだったけど、まだまだ工夫が足りないということですね。

売上に比例して、やり方も変えていかなければ..


久しぶりの一人反省会でした^^;


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今後のSNS予想!これからのSNSはどうなるのか?

今後のSNSの動向。ビジネスでSNSを使う人にとって気になるところだと思います。私もSNSビジネスユーザーの一人として、今後どのようなSNSが誕生し、どのようなSNSが流行るのか?すごく関心があります。

当たっているかどうかはわかりませんが、今後のSNSについて予想してみました。

SNSといえば何をイメージするでしょう?私は「情報発信」「繋がり」「ストレス」この3つを連想しました。

自分の思ったことを好きな時に世界中に発信できる。SNSにはたくさんの出会いがあり、リアルではありえない速度で繋がりを作ることができる。このようなメリットがあります。

もちろんデメリットもあります。最近よく聞く「SNS疲」れという言葉。考え方の違う人との関わり。誹謗中傷。義務的な行動報告。振り向いてもらうための努力。どんな人でも多少のストレスはあるのではないでしょうか?

嫌われてもいいから自分らしくあればいい。あなたのことを嫌う人よりも、あなたのことが好きと言ってくれる人を大切にすればいい。自分らしさを主張することこそがSNSのあり方。みたいな考え方。

「SNS疲れ」で検索する人が多いのもわかるような気がします。

今後もこのような状態が続くのか?

続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日より10月スタートの6ヶ月コンサルティングの募集を開始しています。

限定5名となっておりますので、お早めにお申し込みください。

http://shirooka.net/6kagetu/


顧客と長く繋がり、自然に売れる仕組みを作る方法!


売上を増やすためは3つの繋り作ること。

まずは3ステップの繋がりを理解しましょう。


■ステップ1(見込み客と繋がる)

商品を買う買わないに関係なく、あなたに関わることで得られるメリットを用意

■ステップ2(新規客と繋がる)

次に、必要な人に必要な情報(商品)を教えてあげる

■ステップ3(ファン客と繋がる)

あなたと繋がることで得られるメリットを用意



ステップ1は見込み客との繋がりです。

ビジネスが順調な人の多くはメルマガを活用しています。

簡単な無料DVDやテキストなどを無料で配布し、メルマガを使って顧客とつながる人もいるし、

同じくメルマガを使って、自分の考え方やライフスタイルを自由に発信してつながる人もいます。

他にも、Instagramの活用やFacebookページの活用も効果的です。


見込み客との繋がりのスタートはブログと考えてよいでしょう。

アメブロしかやってないサロン経営者がメルマガを始めたところ、約20名の人が登録してくれました。

難しいことは書きたくないので、ブログでは書けない本音を伝えていることにりました。

メルマガ開始から3ヶ月で登録者は約100人。

その中の8人が講座に申し込み、8人を含む14人がサロンに来店してくれたというデータがあります。

今まではただブログ内で告知しているだけだったのですが、

メルマガで絞ることでより伝わるようになったということです。



ステップ2は新規客とつながる

商品のメリットを伝えることも重要なのですが、

ここでも売ると考えず繋がると考えたほうがより良い効果を得られます。

お客様の多くはこう思っています。


「買うのはいいけど、失敗したくない。」

「本当にこの人を信用してもいいのかな?」


この不安を解消するだけで、かなり販売件数や契約件数は変わってくるでしょう。

一つの方法として、実際にお会いできる場や、お話を聞ける場を作るのも良いでしょう。

実際に、ブログで告知してなかった人が直接話をできる場を用意しただけで、

あっさり7,8名のお客様が来てくれたという例もあります。



どうやったら相談される場を作ることができるか?

どうやったら商品を体験してもらうことができるか?

しっかりと新規客との繋がりを考えていきましょう!



そして、一番重要なことは、一度お客さんになってくれた人との繋がりです。

結論からいうと、まずほとんどの人はここができていません。

伸びるお店や会社は、ステップ3をすごく大切にしています。

ゆっくりでいいから、長く顧客と関わる方法を考えてみてください。


顧客とつながる方法は、できれば目に見えるメリットを用意することが理想です。

大企業はここがすごく上手です。


実際にどんな方法があるのか?

ある美容室ではニュースレターに3枚集まると商品がもらえるチケットを入れてます。

あるエステサロンでは、新商品、新メニュー会員としての繋がりを作っています。

新たなメニューをいち早くお知らせした体験できるメリットがあります。

顧客と定期的にランチ会やディナー会などを行い、リアルに顧客と関わっていくのです。



このように、目に見えるメリットや繋がりを作ることで、間違いなくリピート率はアップし、売上もあがります。


あとは、商品の良さを教えてあげるだけ。

売り込むのではなく必要な人に必要な情報を届けることです。

そのために、ブログやWEBサイト、各種資料をしっかりつくり込み、商品やサービスの良さを伝える準備を行うわけです。



告知を最低10回はしよう!などというノウハウ?もあるようですが、そんなにしつこい売込みをしなくても、

お客様と繋がり続ける仕組みと、その準備ができていれば、基本的には売込みは必要ありません。


このメール講座でお伝えした3つの繋がりを形にすれば売上はあがります。

ぜひ実践してみてください。


>本日より10月スタートの6ヶ月コンサルティングの募集を開始しています。

このようなお悩みがある方にオススメのコンサルティングです。

・安売りしなくても集客できるようになりたい
・常連客が増えない
・チラシやブログを頑張ってるけど新規客が増えない
・ターゲット客や特徴をいくら考えても答えがでない
・集客や経営の基本的なことを理解できていない
・商品価値を正しく伝える方法を知りたい
・安定した売上を確保できるようにしたい

正式なお申し込み前に、お電話でわからないことを確認することも可能です。

興味のある方は是非一度お話を聞かせてください。

詳細はこちら
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


顧客と繋がり続ける仕組みを作り売上を上げる方法

商売は集めることや売ることばかり考えていても、なかなかうまくいきませんよね?その考え方だと、セールスっぽいアピールばかりすることになってしまいます。

この考え方が理解できると、ビジネスの成長が早くなるのは確かです。

売上が上がらないビジネスは、顧客と繋がり続ける形ができていません。業種によっては、そもそも繋がる方法がほとんど存在しない場合もあります。

どのように顧客と繋がり続けるか?ここを明確にし形にすることが、リピート集客での売上アップ法の第一歩となります。

繋がりの誤解

繋がりというと、たくさんの人と繋がればいい。喜ばれることで繋がればいいと思ってる方もいるようですが、重要なのは数や質よりも、「誰と繋がるか?」ということです。

ペルソナ設定をしっかり行えば、誰と繋がるべきかがより具体的になると思います。ペルソナとは、理想とする架空の顧客を明確にし、その人物に向けたアプローチをするマーケティング手法です。

もしペルソナ設定をしたことがない人がいたら、一度しっかり整理してみてください。

年齢、性別、居住地
仕事(仕事内容、役職)
生活パターン(起床時間、帰宅時間、就寝時間、外食派or自炊派)
最終学歴
今課題と感じていることやチャレンジしたいこと
配偶者の有無、家族構成
収入、貯蓄性向
趣味や興味の対象
インターネット利用状況(目的、時間)


なぜ、「誰?」を考えなければいけないのか?

あなは毎月100人に水を売らなければ生活できないとします。この場合、誰と繋がることで売れるか?

A:一緒に楽しめる人
B:通りすがりの人
C:喉がカラカラな人

あなたなら誰と繋がりますか?

僕ならCの人と繋がることを考えます。

でも、それだけでは商売にはなりません。水を買うだけのお金を持っているかどうか?その人たちとはどこに行ったら会えるのか?他にも考えることがたくさんあるということです。

自分が長く商売をやっていけるのは、自分に特別な能力があるのではなく、ただ単に顧客増が明確だからだと思っています。

あえて難しい記事を書くのも、こういった理由があるからなのです。


さて、「繋がり続ける」に話を戻します。

顧客と繋がり続けるためには、まず3つの段階に分ける必要があります。

■ステップ1(見込み客と繋がる)
商品を買う買わないに関係なく、あなたに関わることで得られるメリットで繋がる

■ステップ2(新規客と繋がる)
必要な人に必要な情報(商品)を届けて繋がる

■ステップ3(ファン客と繋がる)
購入後、あなたと関わることで得られるメリットで繋がる


3ステップを見てわかる通り、ゆっくりでもいいので、顧客と繋がり続けることが重要なのです。

大企業のほとんどはこれができています。それも、気持ちや心の繋がりなどぼんやりしたものではなく、モノや目に見えるサービスなどで繋がっています。だから、顧客が離れず大きな組織になっていくのですね。

ステップ1は誰なのか?
ステップ2は誰なのか?
ステップ3は誰なのか?


だれとどのように繋がるかが非常に重要になってくるわけです。

もう少し詳しく知りたい方は、こちらの記事を合わせてお読みください。すごく重要なことが書かれています。
いいね!した人  |  コメント(0)