リピート集客と継続売上の作り方

リピート集客コンサルタント城岡です。集客の基本とはリピート客を増やし、継続安定売上を作るための考え方やノウハウを発信しています。


テーマ:
これから起業する人、集客で悩んでいる人向けに「新規集客」について書いてみます。

新規のお客様に来店してもらうためには、まず「自分」「お店」「商品」を知ってもらう必要があります。

どんな方法で知ってもらうかと考える前に、相手は何処で知るのかお客様の立場で考えてみましょう。

見込み客があなたの存在を知る代表的パターンは3つ。

1.自分で調べる
2.たまたま知る
3.他人が教えてくれる

まず集客の基本的なことを理解していないと、学ぶだけ学んで結果がついてこないということになってしまいます。

しっかり検索されるブログを作り、チラシ、パンフレット、名刺を作り地域の人と交流する。

そして、よい口コミができるように、商品のクオリティを高める。

この3つができれば、集客に悩むことはありません。

しかし、起業して間もない人の多くはは、これらのことを実践しても集客できないことが多いようです。

なぜでしょう?

たぶん、「どうしても欲しい」と思われてないということが考えられます。

なぜ欲しいとおもわれないのか?

・プロに見えない
・商品の良さがわからない
・何処にでもある
・この人から買いたいと思わない

など、理由もだいたい見えています。

起業塾や起業セミナーに参加することが悪いとは思いませんが、見せ方を気をつけないとプロであるはずのあなたは「素人」に見えてしまう可能性もあります。

商品の良さはターゲット客の悩みを把握し、購入後のメリットがイメージできなければ買おうとは思いません。

また、何処にでもある商品であれば、できるだけ安く買いたいというのが自然な心理です。

この人から買いたいと思われないのは、こだわり、情熱、専門性、人柄など、「あなた」という人物を知らないからです。

これらのことを、すべて整理すれば、自然に新規集客からリピートの仕組みが完成するわけです。

あまり言いたくありませんが、集客できない人は自分の弱点がわかっているのに、そこを克服しようとしていないようにも見えます。

引き寄せ、気質、ご縁、成功マインドなど、都合のよい言葉で、自分の弱点を誤魔化さないこと。

弱点にも目を向けなければ、集客や販売によって継続的利益を増やすことは難しいでしょう。

Facebookを活用し、急成長した起業家はたくさんいますが、彼らはすごくよい商品を持ってるけど自己開示が足りないという弱点があった人かもしれません。

では逆ならどうか?

本当はあまりよい商品は持ってないけど、自己開示は得意。文章は得意だけど売り込みが強いなど。

誰もが自分のやってることはうたがいたくないものです。

でも、誰しもかならず弱点はあります。

集客は長所の発信だけではなく、弱点の克服も必要です。

是非、真剣に自分と向き合い、弱点を探してみてください。

もちろん自分も弱点だらけなので、日々弱点を克服しながら、強みを伸ばすようにしています。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ランドセルで感じる自分色を大切にする時代

早いもので来年春で息子は小学生になります。今からランドセルを用意したり、机を見に行ったりあれこれ準備をしているわけですが、今は昔と違っていろんな色のランドセルがあるんですね。

僕の時代はランドセルといえば、男子が黒で女子が赤と決まっていました。ある女の子が「茶色」のランドセルだったのを覚えています。

なぜ覚えているのかというと、その子はランドセルが茶色というだけで「気持ち悪い」といじめられていたからです。

僕からすると、紫やオレンジのランドセルの方がよほど違和感があるわけですが、今はそういう時代じゃないということですね。

親の考えやよく分からないルールではなく、自分で好きな色を選ぶのは素晴らしいことだと思います。

もし、ランドセルだけではなく、自分色を出せることが他にもあるのであれば、それは子供達にとってすごく良いことだと思います。

強いルールで育つと、「そうしなければいけない」という考え方になってしまうような気もしますし、自分らしさというものが、すごく表現しにくい。

今の40代の人は、自分たちから見た大人が決めた常識やルールを忠実に守り続けているようにも感じます。

もちろん、守るべきことは守るべきなのですが、「ランドセルは赤黒が常識」という感覚が、仕事の中にもあるなら、それは時代遅れな考え方かもしれません。

自分の色を出す時代、自分の色を大切にする時代です。他の人や自分以外ものに色を合わせるのではなく、自分が輝ける色で自由に表現していきましょう^^!


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
AB、2つの案に意見が分かれた時、皆さんはどのようにまとめますか?

議論を避けたり、お互い嫌われることを恐れて、変に歩み寄ってしまうと、A+Bの妥協案が生まれることが多くないですか?



今日は、経営者とその従業員も含め、ちょっとした会議に参加させていただきましたが、この会社のすごいところは、A案でもB案でもなく、今まで考えていなかったC案が出てくることです。

そして、僕自身も第3の案はいつも意識しています。

話がコロコロ変わると思われることもあるのですが、それは仕方ないことだと思います。ABどちらの案も成果がでないのであれば、当然C案は考えます。

全員の意見が一致することを望む人も多いと思いますが、妥協案になってないか確認してみてくださいね。

そして、これから益々アイディア必要な時代になってきます。

インプット ⇨ アイディア ⇨ アウトプット

今まで考えたこともない、第3の案「C案」を見つけて実行してみてください。

たった1つのアイディアでビジネスは急成長します。

大手の成功事例もいろいろ参考にすると良いと思います。

たとえば、ライザップはどうして認知度が上がり、ぐんぐん伸びたのでしょう?

興味のある方は調べてみてください^^
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今はやりの認定講座ビジネス。スクール経営は多くのひとがチャレンジしますが、安定的に人が集まり、トラブルなく利益を出し続けるスクールは少ないと思います。

認定講座ビジネスは先生を増やすことで自分にお金がが入ってくる仕組みになっていることが多く、多くの人はここに魅力を感じているはずです。

例えば、城岡ビジネス講座というのを作ったとして、この講座に受講すると、受講者も同じように城岡ビジネス講座を開催することができる。そして、受講料の一部を「城岡ビジネス講座本部」に支払うという図式です。(ちなみに、僕はこういう形での仕事はしていません。)

認定ビジネス講座を立ち上げたいと相談してくる人は、技術または知識を広げたい効率よく利益を増やしたいという人がほとんどなわけですが、失敗する代表的な原因は金銭的な部分にあります。

この仕組みなら儲かるよね!と、儲けばかりを意識した仲間を集めてしまえば、それはただの資金集めでしかないし、素人ばかりを狙ってたった1日で講師になれる系の講座で先生を増やしても、そのひと達が稼げるわけではありません。

協会やスクールの立ち上げに関する相談時に言うことは、お金の仕組みよりも、エンドユーザーのメリットを最優先に考えるということです。

1.スクール
2.講座
3.受講者(後の先生)
4.お客様


4のお客様の存在を忘れている協会やスクールが非常に多いのです。

技術や知識を学ぶまでは良いとして、そのお客様が存在しないのであれば、それはインチキビジネスでしかありません。

◯◯セラピーの認定講師になったけど、どうやったら集客できますか?このような相談も少なくありません。

認定講座ビジネスで成功したいのであれば、自分のことよりも、受講者とそのお客様に喜ばれることを考えなければいけません。

成功することよりも、失敗しない判断をすることが重要なのです。

そして、認定講座ビジネスはたくさんの人やお金が動きます。コンセプトやビジネスモデル作りに1年かけてもよいくらいです。

整理しておくべきことは最低11項目。ここがまとまって集客や拡散の流れを構築します。


1)代表者の実績(プロフィール)

2)理念・目的・ビジョン
・社会に良いことをしながら儲けるビジネスであること
・なぜこのスクールを設立したいのか?
・スクールが上手く稼働すればどのような素晴らしい社会が実現するのか?

3)理想のスクールの定義付け(ターゲットメリット)
・誰を対象とするのか?
・どんなメリットがあるのか?
・ベネフィット

4)講座カリキュラムの作り方(商品)
・講座の種類
・講座にかかる時間日数
・年間で対応できる人数
・売上シュミレーション
・講座テキストの作成

5)目標設定(長期目標と短期目標)
・初年度の収支計画
・2年目の収支計画
・長期的な収支計画

6)スクールブランドイメージ
・協会名(ネーミング)
・認定講座名(ネーミング)
・資格名(ネーミング)
・スクールイメージ(楽しい感じ・プロフェッショナル・簡単)
・トラブル回避(商標・退会後の会員の動き)

7)集客の仕組み作り
・認知度代名詞拡散力
・自分のタイプ
・知ってもらうための全ての方法
・一箇所に集める(見込み客集客)
・実際に会う場を作る(フロント)
・フロントセミナーを用意する(フロント)
・全ての回答を事前に考えておく(フォロー)
・次にどうすればよいかを的確につたえる(セールス)
・メールでのフォロー(フォロー)
・本講座に集客(セールス)
・ 本講座を受けるとどうなるか?(売り文句)

8)0期生を集めてからやるべきこと
・0期生にふさわしい人とは
・趣旨説明
・新たな課題と改善
・通常の2倍のフォローアップ体制

9)0期生を集めるための文章
「誰に振り向いてほしいの?」
「その人はどんな良い変化があるの?」
「なぜこの商品を選ばなければいけないの?」
「その証拠や根拠は?」 「商品の詳細や購入手順は?」
「この人は本当に分かってくれるのか?」
「不安の排除(リスク対策)はできているか?」
「想いが伝わり、安心してもらえているか?」
「どんな実績を伝えれば、安心してもらえるか?」

10)講師育成を行う場合の約束事
・認定までの流れ
・認定講師になると何ができるのか?
・認定講師の報酬
・契約内容
・禁止事項

11)集客媒体
・WEBサイト作成
・印刷物作成
・ホームページ
・ブログ
・フェイスブック
・名刺
・パンフレット
・告知用資料(チラシ)

11)理想のコミュニティー構築
・受講者をどのように応援するか?
・教えて終わらないためにやるべきこと
・専門外の相談を受けたときの対策
・類似講座を始める会員との関係
・不自然にならない理想の人間関係構築


認定講座ビジネス立ち上げのご相談はこちらかお願いいたします。


ps.
ちなみに、札幌ボディメイクスクールファミリアさんは、痩身の結果重視のスクールです。治療技術とエステの技術が融合した痩せる技術。

痩身のプロ集団にふさわしい人達が集まっています。


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


早すぎるのも問題、遅すぎるの問題、歯車は回るから意味がある

仕事は1人でやるものじゃない。Aの歯車だけが早すぎたり遅すぎたりすれば、Bの歯車には負担がかかり、歯車は正常に機能しなくなります。

一番まずいのは、どこか1つの歯車が止まってしまうこと。

A,B,C,Dと歯車がたくさんある中、1つでも動かないものがあるのであれば、その歯車は外すかあるいは全体がうまくまわるように調整する必要があります。

外す場合、それは人かもしれないし、メニューや作業かもしれない。必ず足を引っ張ってる原因があるので、冷静に判断する必要がありますね。

歯車を外すということは、新たに組み立てることを意味します。もともと、これで回るだろう!という設計で、つくられているわけですから、当然、設計図は作り直し。

ビジネスでいうと再構築や仕組みの見直しになります。

うまく回らないとき、どう考えるか?

自分が周りを止めている
自分以外が回ると止めてる

Aさんはこう言いました。仕事が回らないのはBさんが遅いからだよ。
Bさんはこう言います。仕事が回らないのはAさんが早すぎるからだ。

この場合、両者が他人のせいにしているので、歯車がうまくまわることはないでしょう。

そうではなく、人によって大きな差が出ないような仕組みを作ること。そのためには、自分のことも相手のこともよくらなければいけませんね。

人の問題だけではありません。まずはどこで止まっているか、冷静に分析するところから始めましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)