手術。

テーマ:
ものすごく久々のUPで、
もう誰も見てないかもだけど。



なんとなくUPしてみます。




ひまりが、生まれてすぐの頃に書いたことがある気がするのですが。




ひまりの左耳は小耳症といって、
生まれつき小さいです。


ひまりの場合は耳甲介型と言って耳のかたちはあります。
つぶれた餃子みたいな形。


$ひまわりの咲くころ-060622_1140~001.jpg



生まれて間もなく、まだわたしは分娩台の上にいて、
ひまりは体重測ったりなんやかんやしてるときに、
セイディが耳が普通の形とはちょっと違うことに気づきました。



2日後くらいに、形成の先生が見てくれて、
『小耳症だね』と病名を言われたときは正直頭真っ白になりました。


それまで聞いたことなかったし、
五体満足で生まれるのが当たり前だと
多分どこかで思ってた。


でも、ちょっとちがくて泣きました。


セイディもいっぱい泣いた。
セイディは持病で強い薬も飲んだりするから、
自分のせいだって思ったりしてた。



でも、それは違う。薬のせいじゃない。
セイディのせいじゃない。

と、本当に思うよ。






泣いて、祈って、
ふとあるお話を思い出しました。


それは、以前聞いたケントデリカットさんのお話。

彼は小さな頃、遠視のメガネで散々からかわれて、
すごく傷ついたけれど、ある日、お母さんが
『いつか、そのメガネがあなたのチャームポイントになりますよ』
と、言ってくれたというお話。

もっと、すてきなお話だったけど、
かいつまんでしか覚えていなくて申し訳ない。。。


実際、彼は日本に来て有名になり、
あのメガネがチャームポイントになった。




それを思い出した時に、
人と違うことは障碍ではなく個性なんだ、と勇気となり
『母親はこんなことでめそめそしちゃいけないんだ。』
って立ち直り、悲しみは封印しました。




1–2年前に彼がたまたま私たちの通う教会に来た時に、
そのときのことを思い出して、涙が止まらなくなりましたが。笑。
でも、彼に直接お礼を言う機会ができたのが嬉しかった。
って余談ですが。




それから、2ヶ月の時と2才の時に、
形成の先生が紹介してくれた都内の病院に行きましたが
まだ小さすぎるから特にやることはないと、
そのままでした。




ひまりの左耳の穴は、針が通るくらいの小さな穴が空いています。
が貫通しているのかどうかも分からないような穴で
どこの耳鼻科に行っても、
『小さすぎて中はどうなってるかわからないね』
と言われていました。


普通の人でも利き耳があるらしく、
だいたいその耳で聞いているみたいで
片方がちゃんと聞こえてれば問題ない、との先生のお話通り、
言葉も普通に発し、何も問題なく育ちました。
ダンスだってピアノだって習ってます。


耳も、特に隠す事もせず、
ふつうにアップにしたりしています。


今は、自分で、お友達に
『ひまりん、こっちの耳小さいんだよ』なんて
言う事もあり、言われて見た子たちが
『ほんとだ~!どうして~??』
なんて聞いてくることもあるけど、
だから、からかわれたりということも幸いありません。



3歳半健診の時にも聴覚がちょっと心配・・・
と言って、2次検診をしてもらいましたが、
そこでも特に問題ないと言われていました。

むしろ、全く問題ないと思っていた眼科検診で、
眼科行ってと言われ、はじめて遠視がわかってメガネになりました。




でも、あるときから、左耳に内緒話しても『ん?』って
反対の耳を向けられるようになりました。


あれ?と思い始めてからも、なかなか病院に行かず、
やっと行ってみたのが去年の今頃。



いつも、超空いてるからと、
適当な先生の耳鼻科に行ってたんだけど、
ちゃんとした耳鼻科に行き、聴力検査をしました。



やっぱり中度の難聴と結果が出ました。





そして、そこの先生が、
『小耳症の子もそろそろ色々検査する時期だから、
今は忙しいだろうし年明けたら、紹介状出しますからね。』

と、生まれたときに紹介してもらった病院が引っ越して遠くなってしまったので、
そこよりは近い都内の大学病院を紹介してくれました。





そして、予約を取って4月。
初めての診察。


5月にあかりの出産予定もあったので、
7月に再診。そこで初めてCTスキャンを取り
耳の中がどうなってるかを診ました。




鼓膜も、音を伝える骨もしっかりあり、
中は大丈夫ですよ、とのこと。



だけど、耳あかが詰まっていて、
周りの骨を破壊しているので、
早めの処置が必要です、と言われました。




普通、小耳症は、小学校高学年くらいで
耳の形成手術をします。
その際に穴も開けるみたいなんだけど、
それまでは待てない、とのこと。



そして、今日に至り、
現在全身麻酔で耳の穴をあける手術中です。



耳の後ろ側から4cmほど切って、
そこから穴を開いていくそう。




ひまりは手術に対する緊張のせいか、
先週ずっとおなかが痛いと言ってました。


わたしも不安です。。。
不安すぎて、入院の前の日、出張中のセイディに
メールしたら、内容を誤解させてしまって、
結局ケンカになってしまいました。。。笑

昨日も、無駄に一人ドキドキしてしまった。



さっき、手術室のあるフロアに
『コードブルー、コードブルー』なんて
放送が流れたから、まさか・・・なんて
思っちゃったり。



と上まで書いて途中で終わってたのですが、
無事手術が終わり帰ってきました。

2時間以上経ちますが、
まだまだ寝ています。




手術終わったばかりの頃は顔もむくんでたけど、
だいぶ腫れもひいた。



早く起きて笑顔が見たいなぁ・・・

というわけで、まだ帰れず。。。





でも、とりあえず無事終わって良かった・・・。
皆さんの祈りと励ましに感謝です!
AD