じゃこのおもしろいこと

じゃこ、こと、たにぐちれいこです。
煮物を与えると喜びます。芝居と出会いと旅が好きです。そんな毎日のおもしろいこと。

じゃこです。
シアター
キューブリックという劇団で、お芝居をやってます。

たくさんの人と、つながることができるのが、夢です。

【twitter @manekijako 】



毎日新聞「受験と私」でご紹介いただきました!
【女優の谷口礼子さん 細かいことを覚える前に全体像の把握を】
http://mainichi.jp/articles/20160216/mog/00m/040/011000c




シアターキューブリック オフィシャルHP
http://www.qublic.net/



■□■ NEWS! ■□■
出演予定

 


 

 雑誌・書籍掲載

鉄道ジャーナル
 『鉄道ジャーナル 6月号』(4月21日発売)


バスジャパンハンドブックシリーズ

 『S91 朝日バス』

紀行文掲載
定価1000円+税 全国書店にて発売中
http://www.bus-japan.com



双葉社
 『北海道新幹線パーフェクト・ブック』(2月23日発売)

鉄道ファン座談会 僕らの北海道新幹線
image



鉄道コンピレーションCD『恋する鉄道』

image image
 

・ブックレットにモデルとして参加しています

ユニバーサルミュージックより発売中

http://www.universal-music.co.jp/p/UICZ-4328



 すみだとすみだの商店街を応援するアラサーアイドルグループ
[帰ってきたキューピッドガールズ]

1


☆活動を実況中!☆
 ブログ http://qupidgirls.blog.so-net.ne.jp/
facebook http://www.facebook.com/Qupidgirls

twitter @Qupidgirls999

 


テーマ:
シアターキューブリックのキリン鉄道、じゃこです。
毎月9日はシアターキューブリックのメールマガジン・きゅ~め~るの配信日です!

メルマガの配信に合わせて、メンバーが同じお題のブログを更新します。

今月のお題は「夏までに、これをやる!」


『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン』が終わったので、最近は、やったことのないことをいろいろやろうと思っています。

行ったことのない場所
使ったことのないきっぷ
着たことのない服
読んだことのない本
観たことのない映画

たくさんありますよね。

映画を見たら、その場所に行きたくなったり。
古い映画が好きなので、今では見ることのできない景色が出てきて、無性にそこに行ってみたいと思ったりしています。

夏までに、ひとつ旅をしたいと思います。


旅は計画するのも楽しいものですね(^^)
楽しみです。


メンバーのみんなは夏までに何をするのかな?
こちらからチェック!
AD
いいね!(11)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
高校の同級生が、合唱コンクールの時の音源を見つけたといって、ネット上にアップしてくれた。
昨日、それをfacebookでみつけ、電車の中で再生したら、高校2年生の記憶がだだだと広がって、それから何度も何度も繰り返して聴いている。

女声三部合唱の3曲のメドレー。鎌倉の中高一貫女子校に通っていた私たちにとって、校内で毎年行われる合唱コンクールは、大船まで電車で移動し、鎌倉芸術館で歌うという、冬の大きな行事だった。
とっても音響のよいホールだと先生が言っていたけれど、当時の私にはよく分からなかった。けれども、音源を聞いてみたら本当にすごく声が広がっていて、これが「音響がいい」ってやつなんだな、と今更ながら感心するほどの出来栄えに聞こえる。

最初に聴いた時は懐かしさで涙が出て、何度も聴くうちに、指揮をしていたあの子、伴奏の子、そしてソロパートを歌った子とか、みんなの様子や顔が、どんどん思いだされてきた。超ドキドキした本番のことも。銀賞に終わって悔しかったことも。なんだろう、いままで忘れてたのに、本当は忘れてたわけじゃなかったんだ、と思うと余計に、こんな素敵な思い出をもらうことができたいろんな状況や環境や周りの人に、感謝の気持ちが溢れてくる。

ほとんどの子が電車で通学していた。私も電車を乗り継ぎ、1時間かけて通っていた。合唱コンクールは冬の行事なので、朝練だといって家を出るときにはまだ空に星が輝いていた。セーラー服にコートを着て、マフラーと手袋で白い息を吐きながら、合唱曲の「見上げてごらん夜の星を」を口ずさんで歩いていた。

そうやって朝練して、授業の後、放課後も集まって練習した。高校2年の冬は、私はそれまで打ち込んでいた演劇部を引退して、周りもみんな受験一色になろうという時期だった。みんな本当に十人十色の未来を考えていた。おんなじセーラー服に、おんなじ金ボタンのコートを着て、でも、みんなぜんぜん違う個性とパワーを持て余していた。そして、たぶんみんな別々に、不安だった。

今聴くと、合唱は思ったより良く揃っていた。私がこの学校に入学した13歳の春に、教室を見渡して「げげ。みんな女の子だ!」と思った(あたりまえ)のと同じように、今聴いてみてもまず「うわ、みんな女の子だ」と思う。

「みんなで一つの歌を歌う」というのは一体なんだろう。リズムを合わせて、ハーモニーを合わせて、みんなで一つになることをただ目的にして歌うってなんだろう。

わたしは思いだした。「みんなと同じにできない」かもしれないことを、すごく悩んでたなあって。
みんながするように受験して、みんながするように就職して、みんながするように結婚して子供を産むということができると思えなかった。
でも、そのときいっしょにいた「みんな」だって、誰一人おんなじじゃなかったんだ。
そんなみんなが、一つの歌を、一緒に歌ったんだ。

その後、それぞれ違う道に進み、全く別の場所で生きている私たち。だけど同じ空間に集まって机を並べ、一緒に声をそろえて一つの歌を歌った時間っていうのはかけがえがなく、消えることのないものなんだと、しみじみ思う。

それから、この合唱曲の編曲をしてくれた私たちの担任の先生が、先生は英語教師だったんだけど、「私はこれから先も学びたいと思うことがたくさんあって、音楽の勉強は特にしたいと思っているの。何かを始めるのに遅すぎるなんてことはない。私もこれからどんどん学んでいくわ」と言った言葉は、今でも私の心の奥にきちんとしまってあり、何かの時には私のことを勇気づけてくれる。

学生の時って、些細なことがすごくつらかったりしたなあ。でもそれは、大人のように、行く場所や付き合える人を自由に選ぶことができないという苦しさの中にいるからだったんだなあ。そんな中で学校に毎日通う子どもたちを、むしろ私は尊敬しちゃう。子どもたちが素敵な思い出を胸に人生を生きていけるようにするということは、本当に大事なことなんだなと、実感したのでありました。

音源をアップしてくれたかおるん、ありがとう。
……もう一回聴こうっと。
AD
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
遅くなってしまいました……
4/9に配信されたシアターキューブリックのメールマガジン、きゅ~め~るの企画・毎月メンバーが全員同じお題で更新するブログの時間です。

今月のお題は「春といえば」。


わたし、春は大好きな季節なのですが、なにぶん小学生から花粉症なので、どうしてもそれが先立ってしまいがち。
でも、最近やっと花粉の症状も減ってきました。どうやら、わたしの花粉症は、スギオンリーのようで、そろそろスギさんの子作りもひと段落みたいです。

春は花が咲いて、緑がとてもきれいで大好き。
わたし、以前から、性格診断とか職業診断をすると、よく「自然が好きで緑が好き」と出てくるのですが、高校生くらいまでは、どうしてそういう結果になるかわからなかったんです。
でも、いまは本当に自然も緑も大好きで、見ると本当に癒されるなぁと思うので、やっぱりあれは当たってたんじゃないかなと思うんです。

植物に声をかけると、綺麗な花を咲かせるとよく言われますが、
わたしはそれ、信じています。
植物も、言葉があって、話してるんだと思っていて、とくに、桜の花なんか、ざわざわざわざわと聞こえて気持ち悪いくらいだなぁと思う時があります。
風のない日、満開の桜の下に立ってみると、感じるアレなんですが……。
気のせいかもしれませんけど!

そんな植物たちが、冬を越えてまたざわざわし始める春。
緑色にもものすごい種類があって、目が回りそうに美しい季節です。
その生命力に、わたしも力をもらって、がんばろうっと!
{0AED10C2-DD4C-41C8-87D5-214500B50CE6}

{9DC45BDE-2EED-4D80-8057-73930F2B6044}

{2FAEAC85-212D-4F77-A810-9DDBAAF42761}

{40768EFE-F4CC-4EBB-9806-93BFBA1E7668}





AD
いいね!(20)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
お芝居を始めたばかりの頃、わたしが持っていた感情のものさしは、長さも短く、何より目盛りの数が少なくて、大雑把だった。

測り切れる限界値はすぐにやってくる。
細かい違いが測れない。
でも、わたしはそのものさしを、自信を持って使った。それしかないから。笑


最近お芝居をしながら、わたしのものさしと、相手の、そしてお客さんのものさしは、同じものを測っていながら、違う長さ、違う目盛りを持っているんだなと感じたことがあった。

ある部分だけとても細かい目盛りを持っている人もいるし、すごく大雑把な部分もある。どうにも長さが足りない人もいて、でも、そのことに気づき、感じていくうちに、ものさしは長くなり、目盛りも細かくなるような気がする。

お芝居を始めた頃より、長く細かくはなったけど、まだまだ中途半端な長さで、中途半端に目盛りが刻まれた、わたしだけのものさし。
そこで感じるでこぼこな感情を、測れたり、測れなかったりしながら、生きていくんだな。
昔よりも、他人のことが、素直に素敵と思えるようになったのは、みんなの持つそれぞれのものさしを、たくさん見せてもらったから。

やっぱり人は一人じゃ生きていけない。そう思うと、大好きな人がたくさんいすぎて、なんだかさみしくて泣きそうです。あれ? 幸せなのかな?


変な日。

{5988534E-119B-4145-9C65-F1435BF35712}

皇居の桜が咲き始めました。


いいね!(18)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとタイミングを逃してしまっていたのだけれど、まだ書いていなかったことを書きたいと思います。


シアターキューブリック同期の敷名めぐみが、おうちの事情でしばらく地元・広島に帰ることになり、ひとりぐらしの家を引き払って、むこうで働き始めました。

2010年の『誰ガタメノ剣』の再演の時に、敷名はシアターキューブリックのアンサンブルオーディションを受けたそうで、その時まだ劇団員じゃなかった私は、稽古場での顔合わせで初めて敷名に会いました。
その時の印象は、若々しくて元気な子! それからよく食べる子。
公演が終わって、公演中に劇団員になることを決めた私は劇団に参加し始めて、それで数回劇団のミーティングに通ったころ、突然敷名がその時ミーティングしていた緑川さんの家に押しかけてきたのです。

みんなの前でいきなり泣きながら、
「私、みんなともっと一緒にいたいと思って!」
と、入団を志願したのを忘れません。
唐突すぎて戸惑う面々の様子も。笑

厳密に言うと同期じゃないのかもしれませんが、そういうことでほぼ同期の私たちは、その時住んでいた場所が近かったこともあって、帰り道はよく一緒に帰りました。
いろいろ悩み事も聞いてもらったなあ。夜通し池袋で飲んだこともありました。

シアターキューブリック参加が、演劇の初舞台だったという敷名は、本番に至るまでに必ず稽古場で泣いてしまうというジンクスがあり、それが崩れたのは『サンタクロース・ドットコム!』だけでした。
優しくて、自分の感情をなかなかストレートに出すことをしない敷名。でもそれじゃあ嫌だ、って思って、自分で自分をどうにかしたいと思って、でもうまくいかず、結局それが爆発するところを何度も見ました。
不器用で愛おしくて、でも、すごくめんどくさい、シアターキューブリックに欠かせない要素を持っている人です。

商店街での活動。始発で一緒に朝市に行きました。
グッズを企画制作するグッズ部も、一緒に運営してきました。
イラストやPCの腕前はプロ並みで、というかふつうにプロで、彼女がいたからこそできたのが、商店街のサテライトショップ「たちばな館」です。
要領がいいくせに、かなり雑な性格の敷名。でもそのおおらかさに、私はかなり助けられていたと思います。

丸々6年、一緒にいろんなことやったなあと、改めて思いだします。
私が落ち込んで家で泣いてた時、ビーフン持ってきてくれてありがとう。
泣きながらむさぼり食べたセブンイレブンのビーフンのことは忘れません。

べつに、劇団辞めたわけでもないし、これからもできることは一緒にやっていくのだけれど、
ふと、何度も泊めてもらった西武線沿いのあの家に、敷名はもう住んでないんだなと思ったら、ちょっと切なくなりました。


同期ってちょっと特別なものなんだと思います。
いつだって、帰ってきていいよ。
私だってこれから先どうなっていくのか、わからないけど、
いつだって、また一緒にできるよ。
これからもよろしく、と、思っています。
どうせ、また一緒になったら、怒ったり小言言ったりしちゃうと思うのだけど・・・。



そんなわけで、敷名の今後に幸あれ!
これからも敷名めぐみをよろしくお願いします。


{52CD71B4-F87F-45D2-A48A-0CFA5D863E57}


いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。