言葉をつむぐ☆りゅういち

空から降ってくる破片
心にかくれている破片
破片たちを拾いあつめて
言葉をつむぐ

言葉をつむぐ☆りゅういちです

宙に浮かんで目に見えないものを
つかまえて言葉にしたい

日常の一瞬の煌めきを
写真に封印したい



テーマ:
$言葉をつむぐ☆りゅういち








昔はね

美術館に

展示されている絵の前で

立ち止まって 

涙をしている人の姿を

よく見かけたものです



最近はね

そういう人は

少なくなりました

いや

ほとんどいなくなってしまいました



美術館の館長さんは

そう言って目を細めて 

空(くう)を見ていた



あと1年で

定年を迎えるという白髪まじりの館長さん

大きな窓から入る夕陽をあびていた




私が大学生で 

美術館研修を受けた時の話だった






いいね!(43)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






感じてるかい

あなたを思ってくれてる人を



感じてるかい

あなたへの思いを



大切にしなきゃいけないのは

あなたを思ってくれてる人

永遠にあなたのことを思ってくれてる人

永遠にあなたのことを愛してくれてる人



See More 

もっとよく見るんだよ

あなたのそばに 

そんな人がきっといるから



いいね!(13)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:






僕が
君のこと考えている
瞬間

君が
僕のこと考えている 

僕はうれしい



僕が
幸せを感じる
瞬間

君も
幸せを感じてる

僕はうれしい



遠く離れてるけど

僕が
空を見あげる

君も
空を見あげる


遠く離れてるけど

僕が
星を見てる

君も
星を見てる



僕と君 

君と僕

遠く離れてるけど 
つながってる

深く
深く
つながってるから


君のこと考えてる

僕のこと考えてる



いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





縁を生かす


言葉をつむぐ★りゅういちです。

縁を生かす、
それはあなたの心のあり方しだいで変わるもの。
書斎で本や書類等を整理していたら
このお話と出会いました。
わたしの心のあり方を変えなさいという
遠くて近いところからの深いメッセージを感じます。
長い文ですが、そのまま掲載いたします。


**************************


 その先生が五年生の担任になった時
一人、服装が不潔でだらしなく、
どうしても好きになれない少年がいた。
中間記録には少年の悪いところばかりを
記入するようになっていた。


 ある時、少年の一年生からの記録が
目に止まった。「朗らかで友達が好きで、
人にも親切。勉強もよくでき将来が楽しみ」とある。
間違いだ。他の子の記録に違いない。
先生はそう思った。


 二年生になると、
「母親が病気で世話をしなければならず、
時々遅刻する」と書かれていた。
三年生では、「母親の病気が悪くなり
疲れていて、教室で居眠りをする。」
三年生の後半の記録には、「母親が死亡。
希望を失い悲しんでいる」とあり、
四年生になると「父は生きる意欲を失い、
アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう。」



 先生の胸に激しい痛みが走った。
だめだと決めつけていた子が突然、
深い悲しみを生き抜いている生身の人間として
自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとって目を開かれた瞬間であった。



 放課後、先生は、少年に声をかけた。
「先生は夕方までは教室で仕事をするから、
あなたも勉強していかない?
分からないところは教えてあげるから。」
少年は初めて笑顔を見せた。
 それから、毎日、少年は教室の自分の机で
予習復習を熱心に続けた。
授業で少年が初めて手をあげた時、先生に
大きな喜びがわき起こった。
少年は自信を持ち始めた。



 クリスマスの午後だった。
少年が小さなつつみを先生の胸に押しつけてきた。
あとで開けてみると、香水の瓶だった。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。
先生は、その一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、
気がつくと飛んできて先生の顔に埋めて叫んだ。
「ああ、お母さんの匂い。
きょうはすてきなクリスマスだ。」



 六年生では、先生は少年の担任ではなくなった。
卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は、ぼくのお母さんのようです。そして、
いままで出会った中で一番すばらしい先生でした。」



 それから六年、またカードが届いた。
「明日は、高校の卒業式です。
僕は五年生で先生に担任をしてもらって、
とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって
医学部に進学することができます。」



 十年を経て、また、カードがきた。
そこには先生に出会えたことへの感謝と
父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが
分かる医者になると記され、こう締めくくられていた。



「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
あのままだめになってしまう僕を
救ってくださった先生を、神さまのように感じます。
大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は
五年生の時に担任してくださった先生です。」





 そして一年。
届いたカードは、結婚式の招待状だった。






「母の席に座ってください」
と一行書き添えられていた。






※姫路市立水上小学校PTA
心にしみるちょっと良い話(Vol.20)より







ペタしてね
いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:







かくれんぼ

ぼくが鬼で

彼女が隠れる番



もういいかい

まあだだよ...


もういいかい

まあだだよ...


少しづつ彼女の声が遠くなる


もういいかい



まあだだよ... 

うふふ...



大きな樹に
カラダをもたれる僕

彼女の声が
小さく小さくなってく



もういいかい

もういいかい



もういいかい もういいかい



彼女の声が
聞こえなくなった

僕は彼女を探し始める



何処からか
彼女は僕を見てるのだろう

遠くへは
行ってないはずなんだけど



何処を探しても

彼女は見つからない 

見つからないんだ



夕暮れ時に始めたかくれんぼ

夜になり小雨が降り始めてきた



彼女は何処に隠れてるんだろう



僕はまた

大きな樹の場所に戻ってきた



僕は目を閉じて

何度も何度もつぶやきはじめる



もういいかい 

もういいかい


もう

いい












いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)