主婦が説くDVでっち上げ解決マニュアルのブログ

すべてのDV冤罪被害者、連れ去り被害者に捧ぐ


テーマ:

みなさん、こんばんはヾ(@°▽°@)ノ


まず、お礼を言わせて下さい。


久しぶりに、昨日ブログを更新させていただきましたが、


みなさんから、たくさんのコメントをいただきました。


とても嬉しかったです!!(*^.^*)


それから、愚痴らせて下さい。


みなさんからのコメントに返信したのですが、


返信をするたびに、


プラウザがフリーズするのです!!Σ(=°ω°=;ノ)ノ


これは、アメブロ側の問題ですかね・・・・ヽ(;´ω`)ノ




さて、今日の本題に入ります。


前々から、現在のDV被害者に対する支援は、


被害者を逃がすことだけに特化していて、


本当の解決にはなっていないと


問題視する内容の記事を書いてきました。


加害者とされている人は野放しですから、


「暴力の根絶」を謡うDV防止法の美名のもとに


いくら被害者ばかりを逃がしても、


結局は、加害者をどうにかしないと


何にも解決にはならないのです。




今年の6月ですが、


紹介の紹介、というような形で


DV被害者の女性からの相談を受ける機会がありました。


最初の彼女からのメールには、写真が添付されていました。


生々しいアザだらけの腕の写真でした。


ケンカをすると、暴力を振るわれるようで、


殴る、蹴るは当たり前のようでした。


しかし、彼女はこんなことを言うのです。


「 主人は暴力さえ振るわなければ良い人なんです。 」


彼女はシェルターに保護されたこともあるようですが、


離婚を強く勧められるだけの支援だったようで、


結局、戻ってきてしまったと話してくれました。


私はこのときに思いました。


今の女性相談所は逃がすことしか考えてないけど、


本当は彼女のような人にこそ


手を差し延ばすべきなのではないかと。


正確に言うと、「 彼女たちのような夫婦 」に対して、


支援をするべきなのではないかと思いました。


被害者を一時保護する必要もあるけど、


それは、「 一時期の保護 」であって、


いずれは、夫のもとに戻って


夫婦仲良く生活できるように支援をする。


そのためには、どうしても、


加害者とされる方のケアも必要になると思います。


「 DV夫は治らない 」なんて言う人も居ますが、


欠点が治らない人間がこの世に居るのか???と思います。


もちろん、DV被害者の中には、


「 夫とは離婚したい 」と言う人も居るでしょう。


ですが、彼女のように、


「 離婚したくない 」という人にまで


離婚することを勧めるような支援は、


「 支援 」とは言えないように思います。


確かに、加害者の方もケアをするという方法は、


かなり大変な方法だと思います。


男女共同参画局には、


年間10兆円の予算が流れてると聞きます。


ですが、現在の支援ですと、


一部の被害者しか救えない上に、


「 暴力の根絶 」には程遠いわけです。


こんなことは、DV防止法が出来た当時に、


きっと、分かりきっていたと思います。


この辺りからも、


フェミニスト達は利権を貪ることしか考えず、


「 暴力の根絶 」などは詭弁にすぎないことが


うかがえてしまうと思いました。




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


「 DV防止法 」には、「 前文 」があります。


「 前文 」とは、法律を制定した趣旨や理念などを


強調して述べるものですが、


これが各条文の解釈の基準になるとされています。


DV防止法の前文には、


「 被害者の多くは女性であり・・・・ 」となっていて、


ここら辺が、DV防止法が女性しか


救済の対象にしていないと言われる所以でもあります。


妻から暴行を受けて大ケガをする夫も居るわけです。


このような性差別からも、


やはり、「 暴力の根絶 」なんか予算をもらうための


ただの詭弁にすぎないと思ってしまうのです。






AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。