静岡市清水区が、他県から同区に転入してきた男性(37)ら複数の住民の印鑑登録証明書を紛失していたことが分かった。男性と家族は「区役所から『7~8人分を盗まれた』と言われたが、状況を説明してくれない。悪用されないか不安」と話している。清水区の担当者は毎日新聞の取材に紛失を認めたうえ「静岡県警に盗難届を出した」と説明しているが、紛失場所や枚数、経緯などは明らかにしていない。

 この男性は2月下旬、清水区で転入手続きをした際、区役所で印鑑登録した。しかし今月上旬、区役所の担当者から電話で「7~8人分の印鑑登録証明書が盗まれた。あなたのもそのうちの1枚だが、捜査中のため詳しく説明できない」と伝えられた。区戸籍住民課によると、コンピューターで管理している印鑑のデータを印刷した紙が複数枚なくなったという。

 印鑑登録証明書は、主に不動産の取引など公正証書の作成に使われる。清水区は登録用の印鑑を押印した原票を鍵のかかる保管庫で管理している。【平林由梨】

【関連ニュース】
紛失:退職予定4人分の警察手帳 兵庫県警
個人情報:東京の会社、土地所有情報を紛失 伊達市、いわき市の40万件分 /福島
紛失:都療育施設の職員、利用者データを--30人分の写真 /東京
紛失:土地情報入り機器を 多賀城市委託の業者が持ち出し /宮城
世界の雑記帳:五輪ホッケーの「金メダル」スティック、10日ぶり発見

郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」-野田財務副大臣(時事通信)
野焼きの男性3人死亡=強風下作業、炎に巻かれる-陸自東富士演習場・静岡(時事通信)
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ(産経新聞)
河村市長「議員全員が辞職して信を問うべき」(読売新聞)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
AD