14日早朝、病院搬送後に死亡が確認された堺市堺区の岩本隆雅(りゅうが)ちゃん(1歳6か月)の腹部を押さえ付けるなどしてけがを負わせたとして、大阪府警捜査1課は15日、母親(21)の内縁の夫の無職・古田島昂志容疑者(23)を傷害容疑で逮捕した。

 「泣きやまないことに腹が立った」と容疑を認め、「これまでにも何度も暴力をふるった」と日常的に虐待していたことも認めているという。

 発表によると、古田島容疑者は、13日午後6時から14日午前5時の間、隆雅ちゃんらと同居していたマンションの一室で、隆雅ちゃんの腹部を両手で力を込めて押さえ付けるなどして内臓を傷つけ、腹部内に出血させるなどさせた疑い。

 当時、母親は仕事で外出中で、古田島容疑者は「食べ物や風邪薬を与えると吐き出し、あやしたが泣きやまなず、腹が立った。両手で3、4回、体重をかけて腹部を押さえた。死んでしまうと思ったが止められなかった」と供述している。

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕-警視庁(時事通信)
埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは‥(産経新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
体にあざの女児が意識不明、通報の母ら虐待か(読売新聞)
AD