「笑い」の研究で知られ昨年8月に61歳で亡くなった関西大教授、木村洋二さんをしのぶ会が7日、大阪府吹田市の関西大学100周年記念会館で開かれ、約200人が故人のユニークな業績をたたえた。

 呼びかけ人代表の竹内洋教授は、健康や笑いを研究する人間健康学部が4月に誕生することに触れ、「一緒に仕事ができると思っていたのに…。独創的で関西大を代表する学者だった」。日本笑い学会会長を務める井上宏名誉教授は「笑い学会の中心として『木村理論』を大成してほしかった」と悔やんだ。

 木村さんは人が感じる面白さの度合いを数値化する「笑い測定機」を開発するなどし、産経新聞では紙面批評を執筆していた。

【関連記事】
吉本、松竹、米朝事務所が垣根を越えて落語祭
笑い、緻密…ジブリの短編 「ちゅうずもう」三鷹の森で上映中
ファン知らない過去…たけし自伝が仏で緊急発売のワケ
エハラマサヒロ、R-1優勝で身重の妻と式挙げる!
“映画の”ナベアツ、芝居もオモロー!
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<囲碁>早碁の阿含・桐山杯、プロの18勝8敗に(毎日新聞)
<鉄塔倒壊事故>関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
北教組 日高支部では“闘争マニュアル” 「国旗・国歌を排除」(産経新聞)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
AD