出雲大社新十津川分院のブログ

当分院の日常を徒然なるままに書き綴ります。



テーマ:

みなさまこんにちはニコニコ

 

ここ最近、毎日とっても寒いですね雪

つい数日前はとてもシバれて、境内の木々が樹氷となっていました。

注連縄も凍り付いていました。

ビリビリするほど寒い朝でしたが、年に数回しか見られない光景で、本当に綺麗でしたキラキラ

 

さて、2月3日(土)、厄年祓祭が行われました。

今年は節分が土曜日(休日)のため、暦日通り執り行いました。

当日は天気に恵まれたこともあり、厄年祓祈願・星祭(家族の無病息災、家内安全を願うお祓い)でお参りの大勢の方が町内外からお越しくださいました。

式の中では、分院長により節分祭祝詞、厄年祓・星祭祝詞を奏上され、ご参列の皆さまの今年一年の無病息災を祈念しました。

鳴動神事では、厳かな低い釜の音が殿内に鳴り響きました。

厄年祓の様子

 

その後、弓弦を鳴らし邪気を祓う、鳴弦の儀が行われました。
今年は、陣羽織に桃の鉢巻、桃弓・桃矢を持った、松本瑛大(まつもとえいた)くん(6歳)と二階堂蒼明(にかいどうそうあ)くん(4歳)が務めてくれました。

 

 

「鬼は外!福は内!何の目を射る、鬼の目を射る、えい!えい!えい!」と大きな可愛らしい声で鬼退治をしてくれました。

かわいい勇者たちの登場に歓声があがり、頑張って鬼退治をしてくれたあとは、みなさまから拍手喝さいを受けましたキラキラ

 

今年で2回目の瑛大くんは、去年よりも大きな声でセリフを言うことができ、お兄ちゃんらしく頼もしくなりましたキラキラ

初めての蒼明くんは、恥ずかしそうにしながらも、一生懸命声を出して頑張ってくれましたグッド!

 

鳴弦の儀のあとは、皆さまお待ちかねの追儺の儀(豆まき)が行われ、殿内が揺れるほどの熱気に満ち溢れて盛り上がりました。
 
祭事の後は、当番区の菊水区・青葉区の皆さま、お手伝い頂いた皆様と直会(なおらい:神事の後に、お供え物を下して皆様でいただく)が行われました。

 

厄年祓は、当番区の皆さまを始め、有志の皆さまのご協力により、斎場設営や受付、お札の名前記入、餅つきなど、全てにおいてお力添えを頂いて成り立っています。
お忙しい中ご協力頂きました皆様には深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
また、厄年祓祭にお越しになれなかった方にも、ご予約頂いた上、引き続き個別に厄年祓の祈願を承っております。
ご希望の方は、0125-76-2547へお気軽にお問合せください。

詳しくはこちらをご参照ください→厄年祓(個人)のご案内

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。