NPO法人を応援する税理士 浦田 泉のブログ

いずみ会計事務所では、NPO法人の皆様の税務及び会計について、全面的にサポートいたしております。
いずみ会計のNPO法人向け顧問業務、税務相談はもとより
認定NPO法人取得のためのコンサルティングサービスもご用意しております。
ぜひご活用ください。


テーマ:
【質問】
NPO法人が、政治的な活動を行うことは許されるのでしょうか?

【回答】
NPO法上、NPO法人が政治上の主義を支持または反対することを主たる目的とすることは禁じられています。
また、特定の候補者や公職にある者、政党等を推薦、支持または反対することは、従たる目的であっても認められていません。



NPO法上、NPO法人が行う活動

(1)宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することが主たる目的とするものでないこと。
(2)政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを主たる目的とするものでないこと。
(3)特定の公職の候補者若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とするものでないこと。


とされています。

つまり、(1)及び(2)については、「主たる目的」とするものでなければ、それらの活動を行うことも可能とされています。
ただし(3)については、たとえ従たる目的であっても行うことはできません。
NPO法人による政治家に対する個人批判については、その内容、時期、方法等によっては、この規定に違反することになるので注意が必要です。

なお、認定NPO法人等については、

(1)宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成すること。
(2)政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対すること。
(3)特定の公職の候補者若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対すること。


といった活動を行っていないこととされています。
認定NPO法人等は一般のNPO法人に比べて、より厳格な宗教的及び政治的中立性が求められています。

参議院選も間近に迫っている今、政治的な発言や活動については、NPO法のみならず、公職選挙法等他の法律との兼ね合いもありますので、NPO法上認められているから自由にしていい、という問題ではないかもしれません。
ご自身の法人の理念等に照らして、本当にその活動が必要なのかどうかを今一度、お考えください!


アップいずみ会計事務所へのご相談はコチラから>>http://izumi-kaikei.com/form.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)