NPO法人を応援する税理士 浦田 泉のブログ

いずみ会計事務所では、NPO法人の皆様の税務及び会計について、全面的にサポートいたしております。
いずみ会計のNPO法人向け顧問業務、税務相談はもとより
認定NPO法人取得のためのコンサルティングサービスもご用意しております。
ぜひご活用ください。


テーマ:
【質問】
被災地域の救援活動や被災者への救護活動を行っているNPO法人に対して義援金を支払った場合、税務上の取扱いはどのようになりますか。

【回答】
認定NPO法人に対する寄附金に該当する場合は、寄附金控除または税額控除の対象となります。



お尋ねのNPO法人が国税庁から認定を受けた「認定NPO法人」であり、支払った義援金がその認定NPO法人の行う特定非営利活動に係る事業に関連するものであるときには、その義援金は「認定NPO法人に対する寄附金」に該当します。

「認定NPO法人に対する寄附金」として支払った義援金は、「特定寄附金」に該当し、所得控除(寄附金控除)または税額控除(一定のものに限ります)の対象となります。

なお、NPO法人(認定NPO法人でないもの)に対する義援金は、寄附金控除の対象とはなりません。

認定NPOとそれ以外のNPOでは、義援金の取り扱いがずいぶん違う、と思われるかもしれませんが、認定NPOになるためには、運営組織や経理、事業報告などが適正に行われていることやパブリック・サポート・テスト(PST)をクリアしていることなど、さまざまな認定基準をクリアしなくてはいけません。
さらに、認定NPOになった後も、寄付金の管理等についてルールに則った事務を行う必要があります。

余談ですが、いずみ会計事務所も、たくさんの認定NPOとご縁をいただいております。
中には、NPOから認定NPOに認定申請を行い、晴れて認定NPOになった法人もあります。
認定申請作業を行っていた時期は、法人内で役員含めて職員一丸となって、正に社運を掛けた一大プロジェクト!として、取り組みをしていました。

認定NPOはもちろん、認定NPO以外のNPOにとっても、寄附金は法人の活動や運営にとって貴重な財源の一つです。
皆様も、寄付という方法で、NPO活動を支援してみてはいかがでしょうか?

アップいずみ会計事務所へのご相談はコチラから>>http://izumi-kaikei.com/form.html
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)