丸市オヤジの春夏秋冬

伊豆大島の「丸市釣魚具店」を営むオヤジが綴る伊豆大島と磯釣りの日記



NEW !
テーマ:
めじなダービー3月暫定1位45cm
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/3/26(日)

2017.3.25 春夏秋冬

 

 

<めじなダービー決着の行方は?!>

 

 先週末の連休にめじなダービーに決着をつけるような魚が釣れるのではないか!?と、願望を含めた予想を書きましたが見事に外れてしまいました。連休期間には多くの釣り人が訪れ、メジナも数は多く出たのですがいつものように?!型が伸び悩んでいました。それでも、三月の月間賞を塗り替える44.5㎝の記録が出たことから考えても、状況はそんなに悪くはなかったと思います。

 

 実際、40㎝オーバーの魚は、どのグループでもそこそこ釣っていました。問題は越えられない壁として、45㎝が屹立しているということでしょう。今朝、検量された魚もきっちり45㎝でした。実際、ここまで45㎝を1㎜でも上回った魚は、わずかに1尾のみです。それだけ、今年は厳しいのかもしれません。もちろん、魚が生きているうちに検量に持ち込まれていれば、結果は違っているかもしれませんが致し方ありません。どなたも条件は同じということをご理解いただければと思います。

 

 ここまでの記録を整理しておきます。三月の月間賞は、今朝検量した45㎝が暫定1位。以下、44.5㎝が2位。44㎝が3位です。総合は46㎝が暫定ですが優勝記録です。45㎝を記録した方は何人かの方がいますが、1月に釣った方が今のところ準優勝となります。おわかりでしょうが、早い者勝ちです(笑)。悪しからず、、、。

 

 ともあれ、こうした厳しい状況のためか、「どうしたら、大きいのが釣れる?」「どこが釣れてる?」といった、こちらも答えに困ってしまう質問がこのところ飛び交っています。自然は生き物です。一日たりとも同じ顔を見せることはありません。その日その日、釣りができる磯で休日を楽しみながら過ごしていただければと思います。お願いです。答えに窮する質問はお控えください(笑)。

 

 めじなダービーもいよいよ残すところ一週間。自己ベスト更新を目指して大いにメジナ釣りを満喫して下さい。

 


45cmのメジナ(3月暫定1位)

44.5cmのメジナ(3月暫定2位)

 

 

<夜の桟橋が賑わっています>

 

 このところ、夜の桟橋が賑わっています。理由はいたって簡単。そうです。イカが釣れているんです(笑)。エサ巻きのエギを使ったウキ釣りです。電気ウキの赤や緑の灯りが桟橋の海面にともる様子は、この時期の大島の夜の名物です。

 

 しばらく前まではイカ釣りも厳しかったようで、人影がまったくない日も多かったのですが、うって変わって賑わっています。特に、元町桟橋の変化が著しいようです。あまり釣果が芳しくなかった頃には、イカ釣りの餌のキビナゴを買って行く人が限定されていたのですが、最近は多くの釣り人が買って行きます。しかも、ワンパックではなく、2パック、人によっては3パックも買って行くのです。わかりやすいですよね(笑)。これでは釣果を、隠したくても隠しようがありません。

 

 複数の方に確認すると、10~20パイは釣れるそうです。型はまちまちだそうですが、大きいのもそれなりに混じるとのこと。ヤリイカ中心で、アカイカが交じる日もあれば、交じらない日もあるようです。

 

 めじなダービーの優勝を目指している方は、イカ釣りへ浮気することはなかなかありません。しかし、釣れている今なら浮気することをお勧めします(笑)。たまには夜の桟橋で、のんびりとイカ釣りをするのも中々乙なものですよ。気が向いたら楽しんでみて下さい。気分転換できること間違いなしです。お土産もできていうことなしですよ。

 

 

<切られたトカゲのしっぽが暴れてる!?>

 

 私がはなたれ小僧の頃に捕まえようとして逃げられたトカゲのことを思い出しました。切れた尻尾がしばらくの間、生きているかの如く暴れまわるんですよね。その様子は、ねずみ花火のようだと表現するのが一番しっくりすると思います。ともあれ、初めてそれを見たときの衝撃が、籠池さんの国会での証人喚問の中継を観ていたらよみがえってきました。

 

 ここひと月あまりも騒がれている森友学園問題は、安倍政権の本質的な姿が表面化したといえるものでしょう。政権全体が驕りたかぶり、国民を見下したことによって、政権の卑劣で醜悪な地金がむき出しになったということではないでしょうか。

 

 時代錯誤もはなはだしい、教育というより洗脳をしていたといった方が良い、塚本幼稚園。その幼稚園の教育を素晴らしいと持ち上げていた安倍夫妻をはじめとする反動政治家たち。そうした連中が寄って集って、小学校を建設したいとする森友学園の意向を実現するために、官僚を恣意的に動かしたというのがこの問題の本質ではないでしょうか。

 

 そもそも、実績も経済的裏付けも十分な大阪音楽大学には、買取の提示金額が低いといって売ることをせずにしておきながら、実績もなく経済的な裏付けもない森友学園には、日ごろの上から目線はどこへやら、手取り足取り、至れり尽くせりで小学校建設の認可をし、借地契約からタダ同然で売却する。

 

役所の対応としては、大阪音楽大学への対応こそがごくごく見慣れた対応でしょう。それに対して、森友学園への役所の対応こそが、異例中の異例でしょう。政治家の関与がなければありえないことだというのは、それこそ国民の常識ではないでしょうか。

 

 そのことは、下地さんがハッキリ言っちゃってますよね。松井知事がはしごをかけたんだって。松井知事がせっかくかけたはしごから、籠池さんが勝手に落ちたんだって。この発言は、下地さんの大ヒットですね。せっかくですから、具体的に松井知事がどんなはしごをかけたのかも明らかにしてほしいものですね。

 

 教育勅語は素晴らしいなどといっている政治家に限って、問題が発覚してからの変わり身の早いことはやいこと。蜘蛛の子を散らすとはこのことでしょう。もっともそのおかげで、稲田さんの底の浅さとウソつきかげんが誰の目にもはっきりしましたが、、、。相変わらずウソがばれまくっていても、開き直って辞任せずにいる稲田さんの、なんと鉄面皮なこと。ここまでくるともはや、政治家以前に人としてどうかって感じです。


 そもそも、教育勅語を肯定した時点で政治家としてはアウトでしょう。仲間内でしか通用しない話を、思いあがっているからこそ場もわきまえずにしてしまうという、失言というにはあまりにも稚拙です。即刻、辞任するべきでしょう。

 

 また、安倍さんが外遊して留守の間に、“共謀罪法案”を閣議決定するなど、許しがたい暴挙を平気で行う政権です。こうした、数の力で国民を愚弄した政治を推し進める政権を反映して、捜査機関もこれまでに、労働組合の事務所前に隠しカメラを設置したり、捜査対象者の車やバイクにGPS端末を取り付けたりと、違法な捜査手法をやっているわけですから、共謀罪など成立させたら盗聴などやりたい放題でしょう。

 

 共謀罪を成立させようとする政権の狙いはテロ対策などではなく、政権に批判的な人々を弾圧することにあるのは、米軍の基地建設に反対する沖縄の人々に対する安倍政権の振舞をみれば明らかなことでしょう。共謀罪は戦前の治安維持法の現代版でしかありません。こんな悪法を成立させてしまっては、将来世代に顔向けができなくなってしまいます。

 

 核のゴミをはじめ、これ以上将来世代にツケを回すことは許されないのではないでしょうか。

 

 

 

<昭恵さんの関与は明らか>

 

 豊中の国有地払い下げ問題が、安倍さんたちが言うように何の問題もないのなら、森友学園の教育が素晴らしいのなら、なぜ昭恵さんは名誉校長を退かなければならなかったのでしょうか?適正な手続きによって認可された、素晴らしい教育方針の学校ならば、先頭で応援するのが人の道ではないでしょうか。ましてや、助けを求めている相手なのですからなおさらでしょう。

 

自分の方から関係を絶たないのが昭恵さんのポリシ-ならば、名誉校長を辞める必要などどこにもないはずです。後ろめたいことがあるからに他ならないでしょう。100万円寄付した記憶は飛んでいなかったのでしょうか。あるいは、財務省に口利きをしたことが、記憶に残っていたのでしょうか。それとも、どちらも思い浮かんでしまったのでしょうか。

 

 安倍さんは、この問題に自分か昭恵さんが関わっていたら、総理も議員も辞めるって言明してましたよね。ならば、ゼロ回答だとか、谷さんが勝手にやったなどという卑劣な言い訳は止めて、潔く辞任すべきではないでしょうか。谷さんのファックスは、官邸も本物と認めているんですから、昭恵さんの関与は明らかです。

 

「引き続き、当方としても見守ってまいりたいと思いますので、何かございましたらご教示ください」「なお、本件は昭恵夫人にもすでにご報告させていただいております」
 
 「・・・平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」

 

 ゼロ回答では全くありませんよね。昭恵さんの関与は明らかですよね。どこまで国民を愚弄すればいいのでしょうか。安倍さんは一方的に籠池さんをウソつきだと決めつけていますが、その言葉はまさに天に唾するものです。安倍さんに残されている道は、自らが言明したとおりに潔く辞任することの他に、ないのではないかと思います。

 

※今回の春夏秋冬は3/25に原稿を受け取っていたのですが、担当者の都合で26日のアップになってしまいました。ここに深くお詫び申し上げます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
見えてきた命を軽く扱う政治の姿
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/3/14(火)

2017.3.14 春夏秋冬

 

<めじなダービー残すところあと3週!!>

 

 先週末の釣果は、釣り人によって正反対のものとなったようです。40㎝オーバーのクチブトを釣り上げた方がいるかと思えば、「まったくダメだったので来月また来ます」と言って帰られた方もいます。良かったという方と、ダメだったという方が、それこそ入れ替わってお店にエサの補充に来られた感じでした。

 

 中には、一人でクチブトとオナガの両方の40㎝オーバーを釣り上げたという方もいました。残念ながら、めじなダービーにエントリーしていない方でしたので、記録にはなりませんでしたが、、、。

 

 また、週明けの月曜日に自らの計測で45㎝UPのメジナを2尾釣った方が検量に来たようですが、店が休みだったため諦めて友人にお土産として持たせたとのこと。申し訳ありませんが、残念でしたとしか言えません。

 

 総じて、型は相変わらず伸び悩んでいるようですが、数はそこそこ出ていることがうかがい知れました。めじなダービーも残すところあと3週となりました。来週末の連休には、多くの釣り人が大島へ来島するようです。磯釣り専用車の予約も満杯です。なんとなくですが、来週末にめじなダービーの優勝記録が出そうな気がします。あくまでも、丸市オヤジの願望を含めた予感でしかありませんが、そうなったら良いなって思っています。

 

 先週末、検量したメジナで記録として登録されたのは、43.2㎝のクチブトです。この記録が3月の月間賞暫定2位となりました。まだまだ、どなたにもチャンスはあります。残り期間が3週となりましたが、諦めることなく大島のメジナに挑んでいただきたいと思います。

 


①43.2㎝のクチブト

 

 なお、やはり魚が生きているうちに検量した方が記録は明らかに伸びます。場合によっては、2、3㎝記録が違ってしまうこともあります。できれば検量には早めにお越しください。

 

 

<李下に冠を正さず!!>

 

 新聞社やテレビ局の幹部が、安倍さんと会食しているということを知って、本当に驚きました。“赤坂飯店事件”といわれているそうです。巷間、取り沙汰されているのは、安倍さんが豊中の国有地払い下げ問題の報道に対して控えるように、圧力をかけたのではないかということです。

 

 もしも、これが真実だとしたなら、とんでもないことです。たとえ、安倍さんが圧力をかけていなかったとしても、こんなナァナァな関係となるような食事会は止めるべきでしょう。かたや、権力を行使する安倍さんと、かたやその権力を監視・批判する新聞とテレビ。その両者が、なぜ会食する必要があるのでしょうか。新聞・テレビが権力者にすり寄り、飼いならされてどうするんでしょうか。

 

 新聞もテレビも、安倍さんの広報機関ではありません。何があっても「全く問題ない」と、うそぶくのは菅さんだけでたくさんです。こんなズブズブの関係を、これ以上続けるべきではないでしょう。「自らの社では記事にすることができないから」と、一人の記者が今回の事態を知人にリークして拡散したようですが、それも情けない話です。しかし、もし、そうしたリークさえなかったらと思うと、ゾッとします。

 

 報道機関には、自らに課せられた使命を今一度肝に銘じて、それを果たしてもらうことを願うばかりです。

 

 

<あれから6年が過ぎました>

 

 東日本大震災と福島第一原発事故から6年が過ぎました。その6年の間に見えてきたのは、命を軽く扱う政治の姿です。安倍さんは復興が進んでいるかのように言いますが、政治が取り組むべき課題には蓋をしています。未だに仮設住宅での生活を強いられている人々や、故郷から離れて避難生活を強いられている人々にこそ、政治は目を向けるべきではないでしょうか。仮設住宅にこそ訪問して、声を聞くべきではないでしょうか。

 

 放射能の規制基準を引き上げて、避難指示を解除する。そこに透けて見えるのは、補助金を早く打ち切りたい、原発事故を忘れさせたいということでしかありません。6年も人が住まなくなった家はただでさえ傷んでしまいます。そのうえ、猪に荒らされてしまったら、どんな気持ちになるでしょう。誰が責任を取るのでしょうか。

 

 こうした人々に手を差し伸べること、希望を持てるようにすることこそ、政治の役割ではないでしょうか。しかし、現実の政治は正反対です。繰り返しますが、命を軽く扱う政治の姿です。地震と津波だけでも大災害なのに、そこへ原発事故が加わったわけですからその被害は想像を超える悲惨なものとなってしまったわけです。

 

 吉田所長が語った「東日本壊滅を覚悟した」という言葉こそ、忘れてはならないのではないでしょうか。福島原発事故でそこまで被害が大きくならなかったのはまさに奇跡です。奇跡は何度も起こるものではありません。命を大切にするなら、原発を止めるはずです。しかし、現実は再稼働を進め、あろうことか外国にセールスをするなどという、品位を疑わざるを得ないことまでしています。命より金なんでしょうか。おぞましいという以外ありません。

 

 働く人の命も軽く扱う。残業時間の上限が100時間でもめること自体が、とんでもない話です。繁忙期の会社のために、過労死するまで文句も言わずに働く人間を育てる。教育勅語をもてはやす稲田さんや下村さんの狙いはそこにもあるのではないでしょうか。

 

 実際に稲田さんは、自衛隊員の命も軽く扱っています。戦闘が引き起こされている南スーダンは、停戦合意がなされていて平穏だと言い張り、丸腰に近い自衛隊員を平気で派遣するわけですから。

 

 政治家とは、ウソつきのことだと思わされる腐りきった政治が蔓延しています。恥を知っているなら、安倍さんも稲田さんも潔く政治家を辞めるべきではないでしょうか。

 

 ただし、その前に安倍さんには、どうやったら官僚から至れり尽くせりに優遇してもらうだけでなく、安価に、あるいは無償で土地を手に入れることができるのか、教えていただきたいとは思います。稲田さんには、「大変失礼なことをされて関係を断っていた」はずの人物を、表彰した理由は何かを説明してもらいたいですね。

 


②磯道で見付けた山菜?!


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
めじなダービー残り4週!
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/3/6(月)

2017.3.6 春夏秋冬

 

①椿まつりでのあんこさんの踊り

 

 

<めじなダービー残すところあと4週!!>

 

 気が付けば3月に入っていて、めじなダービーも残すところあと4週となりました。月が替わってリスタートとなることを失念して、せっかく検量に来られたお客さんの記録を認定することをうっかり忘れてしまったぐらいです。その後、お客さんと連絡を取って3月の最初の記録として無事認定することができました。

 

 3月の記録は今のところ、44㎝と42.3㎝の2尾が記録として認定されています。

 また、2月の月間賞は、1位が46㎝。2位が44.5㎝でしたが、二人の方が同記録でしたので早く持ち込まれた方が2位で、あとから持ち込まれた方が3位となりました。早い者勝ちということです。(笑)

 

 ここまでの総合を整理すると、暫定ですが今のところ2月の月間賞と1月の月間賞のそれぞれ1位の方が、総合のそれぞれ1位と2位ということになります。まだ、残り4週ありますので、順位が入れ替わる可能性は十分あります。大島のめじな君たちが、みなさんとの勝負を楽しみに腕を撫してお待ちしております。(あくまでも、私の想像です。)

 

 М夫君の話によれば、めじなのおなかも膨らんできているようで、そろそろ産卵が始まるのではないか、ということです。先週末のお客さんの話からも、そうした傾向は裏付けられています。

 

 ただ、相変わらずみなさん数は釣れるようですが、型が伸びないようで悩んでいるようです。そのため、「どこに入ったらいい?」「どこが釣れてる?」と、異口同音に聞かれます。しかし、季節風の影響で安定して釣りができる場所は限られてしまいますので、その日そのひに釣りができる場所でベストを尽くしていただくしかないのが現状です。ご理解いただければと思います。

 

 記録更新する魚が、検量に持ち込まれることを心待ちにしております。

 

 

<豊洲も豊中も根っこは同じ!?>

 

 石原元都知事の記者会見について、小池都知事が「石原さんらしくない」との感想を述べていました。しかし、記者会見での石原さんこそ、彼の本質なのではないでしょうか。「座して死を待つつもりはない」と、思わず本音がポロリと出ていましたが、よほど追い詰められている自覚があるんでしょう。自分が正しくて、何の問題もないと考えていれば、あのような発言は出ないはずです。

 

 毎日登庁しない石原さんですから、都知事の印鑑も部下が勝手に押してしまうのかもしれませんが、常識ではありえない話です。しかし、もののふを自負しているならば、潔く責任を取るべきではないでしょうか。部下に一任していたならば、結果も含めて責任を取るべきでしょう。

 

 そもそも、豊洲移転は既定路線だったなどということ自体が、責任逃れです。東京ガス自体が土地売却に消極的だったわけですから、いくらでも路線変更はできたはずです。既定路線を変更して、独自路線を打ち出すのが好きな石原さんなんですから、そうしなかった裏にはそれなりの理由があるはずです。触れられたくない理由が。

 

 豊中の国有地払い下げと、豊洲の土地購入。一方はディスカウントし、一方は高額というように、一見真逆のように見えますが、その根っこは同じです。どちらも、自分の財布を使うということではないということです。つまり、税金の無駄遣いということでしょう。

 

 官僚は、前例に従うことを仕事の旨としています。前例を覆す時には、それなりの政治力が働かなければありえないことです。豊洲も豊中も、前例を覆さなければありえない出来事なわけですから、どういった政治力が働いていたのか知りたいと思うのは、税金を納めている側からすれば当たり前の話ではないでしょうか。たとえ、納めているのがささやかな税金だったとしても。

 

 安倍さんも石原さんも大言壮語をすることと、結果責任を取らないことは共通しています。都合の悪いことを誤魔化すところも共通しています。石原さんは、政治から身を引いていますからこれ以上害を及ぼすことはないでしょうが、安倍さんは違います。

 

 「私の考え方に非常に共鳴している方」と、籠池さんを持ち上げておきながら、問題が大きくなってきた途端に「しつこい人間」と、こきおろします。安倍さんの名前を使って寄付金を集めた籠池さん。しかも、安倍さん自身は承認していないということです。それが本当なら、詐欺以外の何ものでもありません。

 

 安倍さんは、何回もなんかいもお断りをしたそうですが、よっぽど親しい人なんでしょうね。具体的な回数はわかりませんが、会ったこともない数多くいる支持者の中でも籠池さんは、安倍さんと何回もなんかいもコンタクトをとれる人なんですから。しかも、断られ続けているというのに。

 

 無垢な幼稚園児に、教育勅語を暗唱させ、軍歌をうたわせ、安倍総理頑張れと言わせ、安保法案国会通過良かったですと言わせる。“私人”の昭恵さんに言わせると、公立の小学校に通わせると、そこでこうした“素晴らしい教育”が途絶えることになるそうです。

 

 安倍さんが取り戻すと言っているこれが教育の姿、ひいてはこうして育てられた若者が活躍する国の正体なのではないでしょうか。これ以上、安倍さんの好き勝手にさせてはならないと、心の底から私は思います。

 


②めずらしい黄色の椿


④撮影しているとき初めてかわいい鳴き声を聞く


③大島桜と椿


⑤この後なぜか私を追ってきたふたこぶラクダ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。