丸市オヤジの春夏秋冬

伊豆大島の「丸市釣魚具店」を営むオヤジが綴る伊豆大島と磯釣りの日記




テーマ:
逃げましょう。隠れましょう。命のスペアはないのですから
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/5/11(木)

2017.5.11 春夏秋冬

 

<好釣果が続いた、ゴールデンウィーク終了!!>

 

 まずまずの釣り日和が続いたゴールデンウィークが終了しました。釣果の方も前半に続いて、好調が続いていました。メジナは予想通りの産卵状態が継続し、良型が場所を問うことなく釣れていました。ゴールデンウィーク後半に入ってからは、オナガの良型も混じるようになってきていたようです。

 

また、イサキも夜釣りではなく、日中の釣りで数釣りができたようです。島の南西部の釣り場では、イサキの型も40cm前後と良かったとのことでした。

 

夜には、ヤリイカ・アカイカ狙いのウキ釣りで桟橋がにぎわっていたようですが、釣れる時間帯がまちまちになってきていたようで、こちらの方は満足度に大きな差が出ていたみたいです。言うまでもなく、粘り勝ち!といった釣果だったようです。

さらに、ゴールデンウィーク明けに来島した釣り人も、コッパが交じることなく40㎝オーバーのメジナを6尾釣り上げたと、喜びの報告をしていただきました。

 

青物の釣果報告もありました。ここのところ忙しくて思うように釣行ができていなかったK君から、大物一発の釣果報告です。釣り上げたのは、5㎏のワラサです。もちろん、ルアーフィッシングでの釣果です。流石ですネ。

K君が釣り上げた5㎏のワラサ

 

唯一、ファミリーフィッシングで楽しめるアジやサバの小魚が、サビキでなかなか釣れなかったという心残りもありましたが、総じて今年のゴールデンウィークはまずまずの釣果だったのではないかと思います。赤潮が発生したという悪条件をかんがえても、そういえるのではないかと思います。

 

 

<“きょん”が、図々しくなっていました?!>

 

 5日の夜、夕食後の時間をまったりと過ごしていたところに、磯釣り専用車を貸し出していたお客さんから電話が入りました。

 

「パンクしてしまったのですが、どうすれば良いでしょうか、、、、?」

 

こうした事態になると、島は弱いです。何しろ夜が早いのが取り柄なわけですから。

幸い、晩酌の前でしたので自ら救援に向かったのですが、これが大変でした。レンチのサイズが合わず、タイヤを外すことができなくて、、、。

 

初めて知りました。同じ軽のワンボックスでも、メーカーの違いによってタイヤのボルトの径が二種類あるっていうことを、、、。勉強になりました。

 

すったもんだの挙句、どうにかこうにかスペアタイヤに交換し、事なきを得ました。実は、パンクしたのはタイヤ一つではなく二つだったんで、終了した時には午後11時を回っていました、、、。

 

しかし、お伝えしたかったのはそのことではなく、“きょん”のことです。サイズの合うレンチを持って来るために、何度か店と現場を往復したのですが、そのときに一周道路に何頭かの“きょん”が出てきていたのです。

 

私が驚いたのは、車のヘッドライトが当たろうが、車が近づこうが、逃げることなく堂々として草を食んでいた姿です。一体いつからこんなに図々しい態度をとるようになったのでしょうか?私が知っていた“きょん”は、人間の姿が見えただけですぐさま逃げる“きょん”です。まして、車のヘッドライトが当たっても逃げないなんて、私の知る“きょん”ではありません。

 

このままでは、“きょんの島”になってしまうのではないか?そんな心配が、あながち冗談ではなくなってしまうような気がするのは私の思い過ごしでしょうか?

 

 伊豆大島で増え続けている「きょん」
 ウィキペディア

 

 

<ブログ、楽しみにしています>

 

 ゴールデンウィーク中に来店された何人かのお客さんから、「いつもブログ、楽しみにしています」と、異口同音に声をかけられました。ありがたいことですが、慣れないためかドギマギしてしまい、うまい具合に返答をすることができなかっただけでなく、ひょっとしたら仏頂面になっていたのではないかと、今になって冷や汗ものです。すみません。

 

 ここで改めて、お礼をさせて頂きます。ありがとうございます。皆さんの声援を励みに、力むことなく、ぶれることなく、継続していこうと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

<憲法施行から70年?!>

 

 今年の5月3日は、日本国憲法施行から70年ということで、何かと報道されていました。中でも安倍さんが独裁者になったかのように、「2020年に新しい憲法を施行したい」などと、とんでもないことを言いだしたことは、大きく報道されました。

こうした発言は、自民党総裁としてでも、総理大臣としてでも、許されるものではありません。議会政治も立憲主義も踏みにじる暴挙としか言いようがないのではないでしょうか。オリンピックの政治利用も醜悪です。

 

 ほんとに、こんな人にこのまま総理大臣としての地位を与えたままでいいのでしょうか?

 

 憲法施行70年の中に、沖縄は含まれていません。安倍さんにとって、沖縄は日本ではないようです。沖縄にとっては屈辱の日である4月28日を、「主権回復の日」などといって祝う安倍さん。沖縄無視の姿勢は一貫しています。寄り添う気などさらさらありません。

 

 沖縄は、日本から切り捨てられてからはもちろん、復帰して以降も「憲法より上に存在しているような日米地位協定」によって、憲法の恩恵を受けることはなかったといえるでしょう。沖縄をこんな立場に放置しておいて、何が主権国家でしょう。押し付けられたのは、憲法ではなく、米軍基地であり、日米地位協定です。これこそ、戦後レジュームの象徴でしょう。

 

 自民党の憲法改正草案には、

 

 「 日本国民は、国と郷土を誇りと気概をもって自ら守り、基本的人権を尊重するとともに、和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する。
我々は、自由と規律を重んじ、美しい国土と自然環境を守りつつ、教育や科学技術を振興し、活力ある経済活動を通じて国を成長させる。云々。」

 

 などと、現実の政治とはかけ離れたことをのたまわっています。原発事故で国土を、郷土を汚したことに対する何の痛みも、反省もなく原発を再稼働する。それどころか、輸出までする。こういう姿を下品というのではないかと思います。国家の品格などあったものではありません。

 

 多くの沖縄県民の反対の声を踏みにじって、美しい沖縄の海をうめたてて二度と元通りにできなくして、米軍基地を新たに建設する。環境破壊以外の何ものでもないのは明らかでしょう。言っていることとやっていることがこれ程かけ離れているのにも関わらず、何の問題もないとぬけぬけと言い放つ。

 

 安倍さんの沖縄に対する姿勢、原発事故後の被災者に対する姿勢、ここにこそ安倍さんをはじめとする自民党や日本会議が目指す憲法改正後の社会の姿が示されているのではないでしょうか。つまり、安倍政権の国民無視、人権無視という本質がむき出しになって示されているということではないでしょうか。

 

 北朝鮮=朝鮮民主主義人民共和国が今にも攻撃をしてくるような危機をあおっておきながら、花見をしたりする。そうかと思えば、外遊中に北朝鮮にミサイル発射実験をされるという間抜けな姿をさらす。

 

 安倍さんにとって、共謀罪成立のため、憲法改正のため、北朝鮮による戦争危機を煽っているだけでしかありません。拉致被害者救出など頭の片隅にすらなくなっているようです。

 

 口を開けば、「国民の生命・財産を守るのが総理大臣としての使命」だなどとのたまっていますが、口先だけなのは明らかです。本当に戦争の危機だというなら、休暇をとって別荘でゴルフなどできるはずがないでしょう。しかも、森友学園問題解明のカギを握っている昭恵さんと一緒になど、鉄面皮にもほどがあるでしょう。

 

 公私をわきまえる気などさらさらなく、自分を応援してくれるお仲間に便宜を図りまくり、夫婦そろってやりたい放題。自分のことをしっかり広報してくれる新聞社のためには、自ら進んでセールスまでする。国民に説明する姿勢などさらさらないわけです。政治家として失格です。

 

 安倍さんには、忘れてはならない前科があります。広島土砂災害の報告を受けておきながら、ゴルフを始めた人間です。しぶしぶ官邸に戻って、指示を出した後、また別荘に戻って夏休みを継続した人間です。国民の生命・財産より、自らの夏休みを、ゴルフを、優先した人間が、安倍晋三さんだということを、私は絶対に忘れません。これこそ、彼の正体でしょう。

 

 非常事態を口実にした、憲法改正などとんでもないでしょう。あるいは、双眼鏡を持っているだけでテロの下見だとして、監視されるような社会などまっぴらごめんです。

 

大島ならさしずめ、双眼鏡をもって釣りをしていたら監視の対象になってしまうということです。あるいは、山芋を掘っているとテロの資金にしようとしているといいがかりをつけられてしまうということでしょう。小説1984年の世界が、共謀罪が作られてしまったら現実のものとなってしまいます。ビッグブラザーが安倍さんだなんて、ブラックジョークにもならないでしょう。

 

 ここにきて、現在の北朝鮮が置かれている状況が、太平洋戦争突入前夜の日本が置かれていた状況に酷似していると、巷間ささやかれています。安倍さんたちは、あの戦争は「日本がABCD包囲網をしかれて追い詰められ、やむに已まれずたち上がった自衛戦争だった」と、いっています。

 

 それが本心ならば、もしも北朝鮮が戦争を始めたら、なんというつもりでしょう。「自衛戦争だよね。気持ちはわかるよ。」とでもいうのでしょうか。

 

 菅原文太さんがいっていた戦争を防ぐという政治家の使命を、安倍さんが果たすつもりがないのなら一日も早くやめさせなければならないのではないでしょうか。

 

 また、私たち国民も安倍さんたちに煽られて、「戦争しかない」などと尻馬に乗ってはならないでしょう。私たちがとるべき道は、先頃若くして亡くなった加川良さんの“教訓Ⅰ”の姿勢ではないかと思います。空気なんて読まなくていいんです。水を差しまくりましょう。青くなってしり込みしましょう。逃げましょう。隠れましょう。命のスペアはないのですから。

 

 

様々な色に咲くツツジ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2017.5.2 春夏秋冬


 

<連休前半の釣果報告>

 

 連休前半の釣果報告です。

メジナは産卵の真っ最中です。相変わらず釣り上げたとたんにシラコを噴いているようです。
 

繁殖能力を持っている大人の魚ですので、良型が多いのも釣り人にはうれしい釣果です。

さらに、型は30㎝前後と小ぶりなものが中心ですが、イサキが数釣れ始めています。
 

日曜日に帰られた釣り人達は、一人で多い方は20尾以上持ち帰られていました。

平均すれば、一人10尾ぐらいのイサキの釣果です。夜ではなく、昼間での釣果だということもお忘れなく。
 

連休後半にも、好調が続くことを期待したいところです。
 


①メジナと脇と下に隠れているイサキ


②良型のメジナ


③歩道に咲く花(1)


④歩道に咲く花(2)


⑤この時期の夕陽

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
凄い!見事!素晴らしい!
丸市おやじの「春夏秋冬」
投稿日: 2017/4/26(水)

2017.4.26 春夏秋冬

 

 

<連続の快挙!!>

 

 先週の釣果は安定していなかったようです。そう判断したのは、釣り人によって釣果に大きな開きがあったからです。いつも思うのですが、こうした釣果の違いが出てくるのは何故でしょうか。理由は様々でしょうが、釣り人が認めたくないのは“腕の差”ではないかと思います。私も身に覚えがあります。そのため、様々な理由を繰り出すことになるんですね。

 

潮の動きから始まって、水温はもちろんのこと、魚の気配がないとか喰い気がなかったなどと、魚の所為にしてみたり、しまいには場所が悪かったまで、あらん限りの理屈をひねくりだしていきます。

 

 私も同様ですが、ベクトルが自分に向くことは殆どありませんでした。そのくせ、釣れた時には自分の腕が良いからだとご満悦。「オレって天才!」って、恥ずかしながら釣りを始めたころの私の口癖でした。でも、これって“嫌いな上司”そのものですよね。反省しきりです。

 

 被災以降、竿を出していないためか、最近は客観的に話を聞くことができ、また、素直に釣果について感じることができているようです。凄いなァ~、見事だなァ~って、なんのてらいもなく言葉が口をついて出てきます。だから、今回の宮本君の釣果についても素直に“凄いなァ~”って思います。

 

前回、“するするスルルー”で、マダイとヒラスズキを釣り上げた宮本君が、タックルが乾く暇もないうちに、またまた快挙です。19日(水)に80cm・8kgのマダイを、22日(土)には93cm・7kgのヒラスズキを釣り上げました。しかも、今回はマダイを本来のオキアミのするする釣りで、ヒラスズキをメタルジグのルアー釣りで、それぞれ釣り上げたようです。それを聞いた私は、思わず唸ってしまいました。素晴らしいですね。

 

ちなみに、今回釣ったマダイは目方を見てもわかるように、“のっこみマダイ”と呼ぶにふさわしい魚だったようです。


①80㎝・8㎏のマダイ


②93㎝・7㎏のヒラスズキ

 

 

 

<春グレどころか初夏グレ?!>

 

 
③大島で今が見頃のツツジ

歩道脇に植えられているツツジが、きれいに今が盛りと咲き誇っています。以前のこの時期は、メジナ釣りのピークが終わりさりとて次のターゲットがなかなか見えてこないといった、“端境期”ともいえる時期でした。ゴールデンウィークを前後して、ヒラマサなどの一発大物やサビキでの小魚、さらにはジャミシマなどが釣れ始めるというのが、端境期の終了を告げる合図だったと思います。しかし、こうした状況が最近では大きく変わってきているようです。

 

メジナの釣果はマダイが釣れている時はあまり良くないといわれます。事実、先週の平日のうちはあまり芳しい話は聞こえてきませんでした。しかし、先週末の22日の土曜日から24日の月曜日にかけては爆釣だったようです。なかでも22日に前回のリベンジに燃えて赤岩に入った方と、24日に竜王に入った方は40cmオーバーを含めて持ち帰ってきた魚だけで軽く二ケタを超えていたそうです。

 

 とりわけ、押さえておかなければならないのは、

「釣り上げたとたんにシラコを噴いた魚がいたり、これからまだ大きくなりそうなタマゴをもっている魚がいたりしていたことから、産卵がピークを迎えるのはまだ先になるのでは?魚の状態から見ても、あと少なくても一週間や十日ぐらいは続くのではないかな?」

という、釣り人の話です。他の多くの釣り人の話からも、また釣り宿のご主人の話からも、ここのところメジナ(クチブト)が文字通り“のっこみ状態”になっていることは間違いないようです。しかも、この先ゴールデンウィークぐらいまでそれが続きそうな気配です。これでは、“春グレどころか初夏グレ”とでも呼ばなければならなくなりそうです。

 

 一方では、全然ダメだったと嘆く釣り人もいました。しかし、よくよく聞けば、「メジナは40cm前後のものが数釣れたけど、イサキが釣れなくてがっかりだ」ということでした。釣り人の本命が何か?それを把握したうえで話を聞いていかないと、的外れな釣果報告になってしまうので注意が必要だということを学習した次第です。

 

 ともあれ、めじなの産卵時期のズレをはじめとした、大島での釣りの状況の変化については今後も十分注意していく必要があるようです。己の学習不足を嫌というほど思い知らされる今日この頃です。

 

 

<安倍内閣の終わりの始まり?!>

 

 今村復興大臣が辞任しました。当たり前です。しかし、彼が辞任しても、問題は何ら解決しません。何故なら、今村さんの発言は失言ではなく安倍内閣の被災者に対する姿勢そのものだからです。3.11を経ても、原発を止めるどころか原発を柱とするエネルギー政策を進めていることをみればそれは明らかです。防災の気持ちなど、口先だけだということです。原発を廃炉にするだけで、防災においては大きな成果でしょう。

 

 原発をエネルギー政策の柱にして今後も推進していくためには、原発事故をなかったことにしたい。放射能汚染は大したことじゃない。甲状腺がんの子どもが多いのは原発が原因とは限らない。規制基準を20倍に増やして年間20ミリシーベルトにする。まったく心配ないとしてうたわれるこの数値は、ドイツでは原発で働く人の規制値なので、ドイツの人々は信じられないと呆れているにもかかわらず。

 

情報を隠し、それでは飽き足らずにウソを重ねていく。それでもまだ文句を言う者は、共謀罪を先取りして弾圧する。これが安倍内閣のやり方です。

 

チェルノブイリ原発事故から奇しくも31年。廃炉の行方はいまだに見えていません。福島第一原発も同じです。福島第一原発だけが計画通りに廃炉ができるというのは、原発を推進するための方便にすぎないでしょう。そうした思い上がりこそが、事故につながったといえるのではないでしょうか?明らかに人災です。

 

沖縄では、現実にこうした暴挙が強行されています。すでに、共謀罪を先取りしたかのようなやり方で、基地反対の運動を弾圧しています。

 

自然豊かな大村湾の海が埋め立てられ始めました。沖縄の人々を踏みにじっておきながら、平気で「沖縄の声に耳を傾けるだとか、寄り添っていく」だとかの嘘を並べ立てています。

 

普天間から辺野古に基地が移るだけのことが、なぜ沖縄の負担軽減になるのか。このままでは、新たな基地が辺野古に半永久的に固定化されるだけになってしまいます。

 

今回は、戦争の危機が回避されましたが、もし北朝鮮が核実験を強行していたら戦争が始まっていたのではないでしょうか。そうした状況下で、原子力空母カールビンソンを主力とした米軍艦隊に、自衛隊の護衛艦が訓練と称して行動を共にしていました。こんなことが許されていいのでしょうか。戦争をするつもりでなければ、ありえない行動です。専守防衛を明らかに逸脱しています。積極的平和主義など聞いてあきれます。

 

自衛隊を“わが軍”という最高指揮官の安倍さん。“靖国神社は不戦を誓う場所ではなく、自分もあとに続くと誓う場所”などとうそぶく稲田防衛大臣。こんなのは安倍内閣の氷山の一角です。こんな人たちにこれ以上国の舵取りを任せていたら、それこそ亡国への道ではないでしょうか。

 

安倍内閣の腐敗した政治を象徴的に示す今村復興大臣の辞任。この事態は、安倍内閣の終わりの始まりを示しているのだと、私は思います。



④恋の季節か素敵な声で鳴く磯鵯(ひよどり)

お詫び
「春夏秋冬2017.4.26 凄い!見事!素晴らしい!」の原稿は4月26日に受け取っていたのですが、担当者の都合で28日のアップになってしまいました。謹んでお詫び申し上げます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。