1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-26 13:53:46

「ほんとうに必要な改革を!」

テーマ:ブログ


これまで、このブログで何度も「少子化」について記してきました。やはり、一人の父親として、これからの日本が気が気でなりません。今の子育て世代も大変だが、これからの世代はどんどん大変になります。

増えていく社会保障、増えていく税負担、減らされる給付、少子高齢化と…。どう考えても、今のままでは息詰まると分かっておりながら、少子高齢化対策を打たないばかりか、少子高齢化社会に合わせた仕組みに変更しようともしていない。

ここに解決策を導きださない限りは、日本社会が抱える問題は何も進まない。そして、何度もいいますが、ここに焦点をあてている政党は我々「維新の会」しかいないのではないでしょうか。

これまで、教育費の面だけでどれだけ子どもにお金がかかるのかを語ってきました。幼稚園から大学まで教育費(授業料)だけでどんなに安くても742万円、一番オーソドックスなパターンで920万円、一番高い場合で2000万円かかります。

これらに食費や塾代など別のものを付け加えていくと内閣府の調査によれば、中学卒業までに1900万円かかります。高校、大学に進学すれば最低でも教育費だけで580万円加算されるわけですから、前回述べた記した時に私がある方から言われた「一人3000万かかったと思うよ」になるわけです。

子ども一人あたり3000万円かかる。

子どもを持つことをあきらめたり、二人目を諦める方の一番多い理由が何度も記すように「生活費の負担が大きい」もしくは、「教育費の負担が大きい」とお金に関する理由なんです。

こうなると、「所得倍増」するか、子育てにお金がかからない世の中にするしか解決方法はありません。しかし、所得に関してはそれぞれの企業の問題等もあるのでそこに格差が生じる可能性があるので、子育て支援の方が現実的な対応になるわけです。

何度も記してますが、日本は他の諸国と比べてあまりにも子育て支援が少なすぎます。この子育て支援を手厚くすれば今の問題が解決するわけではないのかもしれませんが、しないよりかは、やった方が改善していきます。

維新の会はそのような意味で、幼稚園・保育園から大学までの教育費無償化を政策として打ち出してます。また、大阪市は市内全域で月1万円の塾代補助クーポンを導入し、中学生の7割の家庭に支給しております。

私は、ほんとこのような取り組みはこれからの先の日本を考えたら必要だと思います。今の政治の喫緊の課題は少子化を止め、次世代に重くのしかかる負担をいかに軽減させていくかをしっかりと考えないといけません。

そして、この20年間で日本は全く経済成長してません。アメリカはGDPが3倍になり、中国は20倍になり、世界は成長しているのに日本は全く成長していない。自民党は2020年までにGDPを現在の500兆から600兆にしようとしてますが、これは現在の状況ではほぼ不可能でしょう。それは、なぜなのか?日本のこの少子高齢化を止めない限り、経済成長は夢のまた夢なのに、政治が真剣に向き合わないからではないでしょうか。

投票率でみて、若い世代よりも年配の世代の方が票になると従来の政党は若者対策や子育て対策におよび腰ですが、これこそポピュリズム政治であり日本を危うくするのではないでしょうか。

多くの方に、今の日本の現状を理解していただき、政治を動かしていただきたいと思います。




いいね!した人  |  リブログ(0)
外山イツキ(外山斎)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み