お店のデッドスペースを日曜大工でお片づけ。

テーマ:

風邪をひいてしまいました、悪寒と関節痛が特にひどいようです。

先に引いてた人に聞くと、今年の風邪は治りが遅いらしいです。

 

 

借家契約を結んで11年目の年に、母の居酒屋の入る土地建物が、

先日の13日付で、権利がこちらへ移ったことは前にも述べましたが、

それを機に、これまでは気になってはいても手をつけていなかった、

デッドスペースの活用を考え、その片付けをしようと思っていました。

 

ある日の23時に、お客様がすべてお帰りになられて暖簾を入れた後、

2時間ほど片づけを進めようと始めてみましたが、私は途中で物事を

区切りよく済ませるのがどうやら苦手な性分のようで、作業を終えた

時間が翌朝の11時。実に12時間もの間、続けて片付けしていました。

 

50歳になってから、12時間の徹夜仕事とかありえないと思いましたが、

自分の気質をよく知らないと、こうなることが今回でよく分かったので、

以後は二の轍を踏まぬようにと気をつけたいと思います。勘違いを

なさったかもしれませんが、風邪を引いたのはこの件と無関係です。

 

11年前からある、壊れていて使えない瓶ケース用の棚や、重いだけで

利用価値の無い戸棚がデッドスペースにありましたので、これを壊して

廃材にしたのですが、廃材を利用して、瓶ケース用の棚をつくりました。

大工の仕事は私が済ませて、不用品の整理整頓は母に任せました。

 

デッドスペースについては、これで一区切りにすることにいたしまして、

次なる問題としてすぐに解決しなければならないことは、換気扇でした。

母の居酒屋は、海が近いせいか数日置きに強風がよく吹く場所にあり、

換気扇から煙が出て行かずに、店内に充満することがよくありました。

 

店内に煙探知機をとりつけていたこともありましたが、これが誤作動を

よく起していたので取り外したほどです。折りよく廃材を手に入れました

ので、換気扇の外に囲いを設けて、煙突風にすることを実行しました。

今のところは効果が現れているようで、煙の逆流はなくなったようです。

 

風邪を引いてしまったのは一昨日のことで、瓶ケース用の棚に仕上げと

思ってペンキを塗っていたら、従業員服についてしまうようになったので、

それを脱ぎ、中の一枚をまた脱ぎ、としているうちに、風邪を引きました。

作業服を用意していなかった私に非があるので、言い訳できませんね。

 

昨日はバスで旅行する日だったのですが、こうした体調不良のせいで

バスを降りても観光もできずに、休憩施設の中で動かずに寝ていたり、

自己嫌悪になりそうな1日を過ごしていました。夜は食が進まないので

スープを飲みました。皆さんも風邪を引かぬように気をつけてください。

AD