アメブロ無限集客術サロンブログの集客術

アメブロを使って集客する方法を無料公開しています。
アメブロ(アメーバブログ)からの集客は無料で使えて効率が良いのです!
サロン、整体、エステ、美容室などの店舗をされているブロガーさんは広告を使わなくてもアメブロから集客出来ますよ!

NEW !
テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


今日はあえて汚い言葉で書かせて頂きます事をご了承ください。



先日フェイスブックで面白い言葉を見つけた。

『噂とは、妬んでる人が言い、マヌケが広め、馬鹿が真に受ける』



いやいや、本当にその通り(笑)

僕らの世界にも似たような話しをよく聞く。



誰かのコンサルを受けて、結果が出ない人は自分の事は棚に上げて『あいつはクソだ』と言う。

そして売れている人を妬み、そのコンサルを誹謗する。

そんな言葉をマヌケが広め、馬鹿が受け止める。



はっきり言って、僕もよく誹謗中傷されるが本当にありがたい。

だって、そんなマヌケや馬鹿が勝手に遠ざかってくれるのだから。



誰かに誹謗中傷されるのは辛いかもしれない。

でも、こうして自分の近くから、マヌケや馬鹿がいなくなっていくと思えば気持ちが楽になる。

残ってくれた本物の人と仲良くなればいいだけの話しだ。



ブログなどのSNSを使い、こ数年で知り合った人の中には、本当に心友と呼べる仲間も作れた。

その反面、誹謗中傷を受ける事も事実。

でも、よく考えれば、そんな誹謗中傷するやからが、自分の前からいなくなっても、生活は1mmも変わらない。

むしろ、逆に売上が伸びる。



だから、悩む必要なんてまるでない。

去って行くものを追いかける必要もない。

誰かを誹謗中傷する人間と仲良くなりたいと思うほうがどうかしている。

人生の中で、本当に信頼し合える仲間を1人でも多く作る事だけを考えればよい。



僕は、全て足し算で考えたい。

1年して、親友が3人できた。

プラス3と言う足し算。

文句言うやつが3人いても、カウントにも入らない。

見るべき部分は増えていく仲間なのだ。



また、誹謗中傷するやからほど、ろくに稼いでいない。

つまり、そんな人間に『ありがとう』という感謝状(お金)は入ってこないからだ。



安心してほしい。

あなたのほうが何倍も稼いでいるし、何倍も魅力的。

クソはクソと肩を寄せ合い、傷のなめ合いをすればいい。



だからあなたが落ち込む事などない。

そんなクソ野郎の話しに耳を傾ける時間すら人生にとって無駄。



だからはやく元気を出してほしい。

誰が何を言おうと、あなたは今のままで十分素敵。



今日は誹謗中傷されて悩んでいる友人に向けて書かせて頂きました。

同じような悩みを抱えている人もがんばってほしい。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


忙しくてブログを書く時間がない。

パソコンが苦手でサクサク記事を書けない。

いざ書こうとすると言葉が出でこない。

こんな経験ってありませんか?



先日も、このようなご相談を頂きました。

彼女は、僕と話している時は、スラスラと言葉が出てきます。

でも、いざパソコンの前に座ると、かしこまって書けなくなってしまうようなのです。



まず、最初に考えてほしい事は、いい記事を書こうとしない事。

かっこよく書こうとすると、僕も中々文章が出てきません。

誤字脱字があってもいいじゃん。

しどろもどろでもいいじゃん。

まずは、あなたが等身大のままで、書きたい事を書いてみればいいのです。



はっきり言って、誰も期待などしていません。

僕もいつも誤字だらけです。

そんな僕の記事を読んで、誤字が多いからがっかりしたわー!もー読みにこねー!

なんて言われません。

まぁ、言われないだけで、そういう人は多いかもしれませんが(笑)



金メッキはすぐに剥がれます。

演じていても続きません。

自分らしくしているあなたを好きだと言ってくれるファンを作ればいいのです。



そして、どうしても書けない時は、こんな裏技を使って下さい。

トイレに行く時間で1記事書けますよ。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


進学や就職もそうですが、人生の岐路に立った時、どちらの道に進むか迷う事があると思う。

起業してからも、色々な選択に迫られる。



そんな時、やるべきか、避けるべきか。

行くべくか、やめるべきかと迷う事があるでしょう。



経営者となると、自分が下した判断が全て会社の業績に直結する。

どんなに社員がいても、一人で仕事をしていても、基本、経営者の最終判断となる。

この判断が正しいのか、間違っているのか、それはやるまで分からない。

AとBの2つの道があった時に、僕が判断している3つの基準を書きたいと思う。



【基準1】損するほうを選ぶ!

とにかく儲かる方法を考えていた時、はっきり言ってほとんど儲からなかった。

どっちが得か、どっちが利益が出るかと打算をはじめた時、お客様ではなく自分に矢印が向いてくる。

そうなると、知らず知らず、自己中心的な考えとなり、結果、利益がついてこないのだ。

自分が損をするほうを選ぶと言う事は、相手(お客様)が得をする事になる。

そうする事で、お客様に向けた考え方が中心となり、結果的にその企画は成功する。

進むべき道に迷った時は、損をする事を考えよう。



【基準2】楽しいほうを選ぶ!

これは、儲かるとか、儲からないと言う事ではなく、楽しいか楽しくないかで物事を考えると言う意味。

楽しい事なら、努力も苦痛ではないし、結果として長く続く場合が多い。

年間1000万円の利益が出ても、楽しくないから1年で終ってしまう人。

年間500万円の利益しかないが、楽しいから10年続き、10年後、年間2000万円の利益まで成長する事もある。

楽しい事は、長く続けられる。

長く継続できるものほど、結果に繋がりやすいものはない。

進むべき道に迷った時は、楽しい事を考えよう。



【基準3】他人の判断で選ぶ!

どうしても自分で判断できなかった時、僕には必ず相談できる仲間がいて、リスペクトしている先輩や、何でも話せる心友に相談するようにしている。

自分は自分の事がよくわからないもの。

コンサルをしていると他人の事はよくわかるが、いざ自分の事となると、判断に迷う事もある。

そんな時は、信頼する仲間の助言に素直に耳を傾ける。

自分の事をよく知っている仲間の言葉は、的を得ている事が多いからだ。

そして、相談するなら、相手の助言にNOとは言わない。

客観視してくれる言葉に素直に従うのだ。

進むべき道に迷った時は、仲間の助言を愚直に聞こう。



今日は、進むべき道に迷った時の僕の判断基準をお話ししました。

ご参考までに。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


よく、ピンチはチャンスだとか、苦しい事の後に楽しい事があるなんて聞くけど、本当?

実際、ピンチの時はピンチでしかないんだよね(笑)

めっちゃ苦しい時に、やったー次はチャンスだー!なんて考えられるかっつーの。



それに、ピンチの後にチャンスが来ない人のほうが圧倒的に多いからね。

ずっとピンチのままの人もいるし(笑)



でもね。

事実、ピンチの後にチャンスが来る人もいるんです!

チャンスが来る人と、来ない人の違いは、1つだけ。



僕はピンチになった時、頭を抱えて神様に祈った。

どうか空から一万円札が降って来ますように・・・と。

ある日突然、成功者の扉が開く夢ばかり見てた。

これ、典型的にダメな人のパターン。



その後、本当に本当に崖っぷちに立ち、あと1mmで落ちるくらいの所まで来て気づいた。

俺、なにもしてね~。

結果ばかり夢見て、なにも行動してね~って。



その後、死ぬほど行動した。

恐らく、人生の中で、これだけ本気に行動したのはあの時だけだと思う。

そしたら、チャンスが訪れたんです。

しかも、目の前に手が届くところに、チャンス君が来たんです。

それ、掴んだら結果が出た。



ピンチの後にチャンスが来る人は、ピンチの時に下を向かず歩いた人なんだと思う。

進まなければ、新しい景色は見えない。

次の事に挑戦しなければ結果は変えられない。



今までやっている事で結果が出ないなら、それを100倍やってみるか、別の事をすべき。

自分の価値観、自分の考えをぶっ壊してごらん。

成功している人が普通にやっている事を聞いてごらん。

そして、それをマネしてごらん。

きっと、チャンス君がやってくるから。



ピンチの後に、行動した人だけチャンスあり!

だからね。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


先日、ブログでモニターを募集しているサロンがありました。

モニターとは、無料、あるいは低価格でサービスを提供するかわりに、お客様の声などを集める事です。



これね。

やらないほうがいいですよ。

もしも、やるならブログではなくメルマガなどで集める事をお勧めします。



仮に、僕がセミナーをする場合。

僕のセミナーモニターを募集します、無料なので来て下さい!

とやると、無料だから行きますって人しか集まりません。



当然ですが、今は20000円のセミナーも普通に集まります。

なぜ、モニターをしなければいけないのか。

それは集められないからなのです。



私はサービスに自信がないし、人が集まらないから、タダでいいから来て下さい!

と、こんなサロンに行きたいとは思いません。

もし、それをするなら、個人的に友人に声をかけて来てもらったほうがいいのです。



オープンしたばかりのサロンでは、当然お客様の声がないので、それらが欲しいのはよくわかります。

ブログをはじめて間もない人が、モニター募集をしても、それすら中々集まらないのです。



極論ですが、あなたのサービスが最高に素晴らしいものならば。

1人のお客様を感動させた後、誰か紹介して頂けませんか?とお願いしたらいいのです。

そのサービスに満足されたなら、きっと口コミをしてくださいます。



自宅サロンを開業して3年。

ちょろちょろお客様が来るし、自宅だから潰れる事もないけど、新規集客が出来ません。

なんて言われる人は、まずリピートしないサービス、技術、接客を見直して下さい。

少し辛口ですが、3年もサロンをしてて、いまだに新規なんて言われるサロンは、よほどサービスが悪いのです。



新規オープンして半年で予約が取れないサロンも存在します。

その8割~9割がリピートしてくれるから、新規が取れないのです。

何年たっても、モニター募集なんて書いているサロンはぶっちゃけアウト。



モニター募集とブログで書くのは止めましょう。

つまらないサロンです、と言ってるのは変わりませんよ。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


フェイスブックで集客出来ると聞きました。

これって本当でしょうか?

また、ブログとフェイスブックの違いって何でしょうか?



とご質問を頂きました。

フェイスブックで集客って言葉はよく聞くようになりました。

実際に集客出来ている人もいますし、ちゃんとやれば集客できると思います。



では、ブログとフェイスブックの違いとは何でしょうか?

僕が考える大きな違いは一つあります。



今回はズバリ答えから書きます。

これを古畑任三郎法と言います(勝手にそう言ってます 笑)



ズバリ!

ブログにはテーマがある事です。



フェイスブックに投稿しても、それはどんどん流れて行きます。

仮に、サロンのサービスなどを書いても、その投稿が3年前なら探すのは大変です。



しかし、ブログならば、サービス一覧と言うテーマを作れば、どんな過去記事でも一発で探せるのです。

もしも、ブログと言うテーマ1つだけで1000記事くらい書き、その中にサービス、アクセス方法、お客様の声、などの記事を書いたとしたら、当然探すのは大変となります。

これなら、フェイスブックもそう変わりません。



こうなると、読者さん(お客様)は自分の知りたい記事を探せないので、多くの人が、こういったテーマを作り、見やすくしているわけです。

これが、ブログとフェイスブックの大きな違いの1つだと感じます。



だからと言って、ブログはよくてフェイスブックはダメだと言う事ではありません。

拡散力はブログよりもフェイスブックのほうが早いです。

シェアもしやすいですし、いいねをするだけで広がるのがフェイスブックの魅力なのです。



それぞれ、得意な部分と不得意な部分があるわけですから、オイシイ所を上手く活用する事で、自分がアピールしたい事を沢山の人に知ってもらえばいいのです。

どっちをしたらいいですか?と言う質問も沢山頂きますが、結論を言えば、どちらもやるべきです。

どちらも無料でやれるツールですから、悩む理由がありません。



どんなに素晴らしいサービスがあっても、誰にも知ってもらえなければ売上など作れません。

よいサービス(商品)を作ったなら、次に沢山の人に知ってもらう活動に力を入れないといけないのです。



ブログやフェイスブックは勿論ですが、メルマガ、チラシ、DMなど、やれる事はとことんすべきです。

これは、がんばってやるとか、努力するという事ではなく、経営者としてビジネスを軌道に乗せる為に、必要不可欠な事として行動すべきです。

また、こんな事を努力と言ってるうちはまだまだだと思って下さい。

業績のよい会社や優良店は、これらを当たり前の作業としてやっている事ですからね。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


今日はお休みなので、ゆるゆる日記。

5年生になった息子が色々なものに興味を持ちだしました。



テニスの王子様(漫画)を見て、テニスをやりたいと言い始めました。

ラジコン、空気銃、釣り、などやりたい事が沢山あるようです。

なんでも興味を持つっていい事ですね。



ちなみに、サッカーを始めた理由は、キャプテン翼を見たから。

キックボクシングは、ウルトラマンを見たから。

水泳だけは突然言われたのでいまだ不明(笑)

動機なんて何でもいいのです。

色々な事にチャレンジして、色々な経験が大切なのです。



タイムが伸びないからダメとか、上手くならないからダメというものはありません。

失敗など一つもなく、全ては経験なのですから。



大人になると、結果が全てと言われ、常に結果を求めるようになります。

勿論それも大切で、数字や結果を求める事も悪い事ではありません。

でも、結果ばかりを気にして行動しないくらいなら、結果を気にせず挑戦すればいいと思うのです。



ただ、何事も最初から上手くはいきません。

だから、我が家では、なんでもやらせてあげるけど、やるなら絶対に1年やると言うルールがあります。

ある程度、継続しなければ上手にならないし、コツも掴めません。

それでも、続けたいと思うか、もう止めると思うかは、その先にあるのです。

お蔭で、大っ嫌いだった水泳も大好きになったし、キックボクシングもいつも泣いてた息子が楽しいと言います。



ブログも同じかな。

書くのは大変かもしれないし、苦手かもしれないけど、とりあえず一年間毎日続けてみよう。

そしたら、書くのも得意になるかもしれないし、楽しくなるかもしれないよ。

最初から何でも出来る人なんてほとんどいないのですから。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


最近、起業のご相談が増えてきました。

ブログ、ホームページ、名刺、チラシ、等を全てプロデュースしてほしいと言うものです。



でもですね。

顔も出したくない、名前は偽名、住所は自宅だから公開したくない、電話も出したくない。

でも成功してお金は欲しいと言われる人がいます。



ビジネスは、当たり前の事を当たり前にやる、事が基本です。

顔も名前も電話も住所も全て非公開の会社をあなたは信用するでしょうか?

当然ですが、会社の電話番号が携帯なのも微妙です。

逆の立場になったらわかる事です。



僕達は、会社として、人として信用できる所とお付き合い(取引)をしたいと考えています。

だからこそ、これらを公開する事は、信用してもらう為には必要不可欠なのです。



勿論、会社として法人を立ち上げる場合と、自宅で仕事をする個人事業主では違うと思います。

結果として、信用してもらえなかったら仕事にはならないと言う事をよく考えてほしいのです。



顔を出さなくても、本名を名乗らなくても、仕事として大成している人は沢山います。

それらの人は、マイナス部分をカバーする為に、別の事を人一倍努力されています。



どうしても、公開したくないなら、その考えでやってみて下さい。

僕達は、当たり前の事を当たり前にして業績を上げていきます!



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


アメブロをやってみたいのですが、やり方がわからなくて、まだはじめていません。

先日、ある女性からこんな事を言われました。

サロンをオープンしたいらしく、アメブロをはじめようと思っているようです。



話しを聞くと、やらない理由を沢山言われました。

そもそも、パソコンが苦手。

文章を書くのが苦手。

書くネタがない。



これらは、よく聞く事ですし、昔の僕も同じように考えていました。

でも、スタートしなければ何もはじまりません。



本屋に行けば、アメブロ本も沢山出ていますし、ネットで検索すればノウハウや書き方など、山のように情報が出ています。

それらで勉強すれば、たいていの事は学べます。



しかし、引き込まれる記事、おもしろおかしく書く技術は、ノウハウだけでは学べません。

ここだけは、自分の経験から学ぶ事となります。

そして最初から100点を狙っていると動けなくなってしまいます。



まずは、どんな記事でもいいので、まず書いてみる、事が大切だと思います。

これから、経営者として独立を考えているのなら、色々な事を学ばなくてはいけません。

壁にぶつかる度に、どこかの誰かが手取り足取り教えてくれるわけではありません。



あなたが、本気でやろうと思ったら、自分で必死に勉強しなければいけないのです。

お蔭様で先日、読者さんが10000人を超えましたが、5年半前、僕もはじめは0人でした。

このスタートは、誰でも同じなのです。



スタートはいつでも遅くはありません。

もっと若かったら、時間があれば、なんて言ってる人は、もっと若くでもやらない人です。

あなたの人生において、今日が一番若いのです。



やらない理由を考える経営者と、とにかくやってみると言う経営者。

半年後、一年後、どちらが進んでいるか考えて下さいね。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、株式会社アイビア代表の杉浦です。


今年に入ってセミナー活動を控えています。

すると不思議な事に、セミナーってしないのですか?

とお問い合わせを頂きます。



昨年は主にメルマガセミナーで全国を回っていたのですが、来年からまた復活する予定です。

そんなメルマガについて、先日こんなお問い合わせが来ました。



ある人から、メルマガはタイトルが大切だと聞きました。

キャッチーなタイトルでないと開封してもらえないのが理由だそうです。

それは本当でしょうか?



はい、久しぶりのメルマガについて問合せありがとうございます。

知らない人もいるかもしれませんが、弊社はメルマガスタンドの運営もしている事で、メルマガについての問い合わせがあるのです。



この方の質問にあるように、メルマガのタイトルはとても大切です。

タイトルによって開封率が違うのも確かです。

僕もセミナーでは、メルマガタイトルの重要性についてお話しをしますが、読んでみたいと思わせるタイトルは大切なのです。



しかし、メルマガの本質は少しだけ違うとも感じます。

メルマガと捉えず、メールと考えた場合、メールは1人1人に個別に送る手紙になります。

そんな手紙なのですが、キャッチーなタイトルなど実は必要ないのです。



例えば、うちの両親は、いまだにパソコンを使いませんし、ラインもしません。

ガラ携帯からメールを送ってきます。

そんな、おかんのメールのタイトルは『おかんです』なのです(笑)



このタイトルがそそられないから、開かない!

とはなりませんよね。

送信者の名前を見て、母親だとわかっているのですから、タイトルなど関係なく開くのです。




つまり、タイトルも大切ですが、送信者の名前も大切と言う事です。

メルマガの送信者名に【株式会社アイビア】と社名を入れた場合。

僕の名前は知っていても、僕の会社名まで覚えている人は少ないです。



また、かっこつけたハンドルネームなんかも、あまりよくありません。

普段の名前は杉浦だけど、メルマガの時だけアンソニーって名前にしょう!

なんてしたらダメなのです。

多いのが【ウルトラ通信】みたいな名前にしている人です。

これもダメですよね。



まずは、あなたと読者さんの間にどれだけ距離があるかなのです。

そして、あなたが配信するメルマガを楽しみに待ってくれる読者さんを増やす事が一番最初の課題なのです。



それが出来れば、タイトルなどなくても開封してもらえます。

また、その逆に、せっかくよい関係の中で登録してもらっても、あなたがタイトルだけを意識していると、全て営業メールに感じます。



おかんのメールが【今日は●●を送りました!】なんてタイトルにはしないのです。

きっと【今日宅急便でスイカ送ったよ】くらいだと思います。

信頼関係を築いているなら、キャッチーなタイトルにする必要はないのです。



ステップメールなどを作る場合、最初の数日は、読者さんとあなたの距離が遠いです。

こんな時は、少しキャッチーなコピーで開封してもらうようにしなくてはいけません。

しかし、メルマガを1年も読んでくれている読者さんは、もうあなたのファンです。

この人達は、差出人の名前だけで開封してくれるでしょう。

この距離感を考えて、メルマガのタイトルを考えて下さい。



まとめます。

・差出人は自分のフルネームで書く事。

・メルマガタイトルは信用してもらえたら、普通のタイトルでもOK。

・どうしても読んで欲しい時は、読みたくなるようなタイトルをかんがえる事。



こんな感じですね。

ご参考までに。



最後までお付き合いありがとうございました。

株式会社アイビア 代表取締役 杉浦央晃

株式会社アイビア
■気軽にお問い合わせ下さい!
各種サービス、お問い合わせはこちら!
■代表Official site
代表Official siteはこちら
■株式会社アイビア
株式会社アイビアのホームページはこちら
■読者登録は相手に知らせる設定でね
読者登録もお待ちしています!

いいね!した人  |  リブログ(0)