サプリ講座2

テーマ:

サプリ講座2

 

こんにちは。Kinoshitaです。

前回はサプリは食品なんだというお話しでした。

 

一般食品については書いていなかったので説明しておきます。

今回の内容を読むと、

一般食品で出されているサプリの方は

自分のサプリは本当に食べ物なんだと自覚されると思います。

 

一般食品(いわゆる健康食品)とは

この様に分類されると前回にも説明しました。

 

スーパーで買い物をする食品全般(お肉、お魚、野菜、果物、海藻類、お菓子など)も、ドラッグストアなどで購入するサプリメントも全部含めて、保健機能食品ではない食べ物全般を一般食品としています!!

 

野菜やお魚などの食材とサプリメントではイメージがだいぶ違うと思いますが、分類としては一般食品になります。

 

サプリメントは食品に含まれているある特定の成分を抽出、あるいは生成したものを主成分とした製品なので、食品に比べて多く、少量のサプリメントでも大量の食材(栄養成分)を摂取したのと同じ量の栄養が手軽に摂ることができます。

効率よく手軽に栄養が取れることがサプリメントのメリットであり、それ以上でも以下でもありません。

 

どうですか?サプリメントが食べ物に思えてきましたか?

 

では表示について復習をかねてみていきましょう。

図がバージョンアップしてます!どん!

 

やはり買う側にとっては、一般食品の部分が一番気をつけなければいけない部分になると思います。一般食品サプリを購入する場合、買う側の目が問われるわけです。

 

一般食品に分類されるサプリメントの場合、

サプリとはいえただの食べ物なので、どこかに審査を受けて商品化されている訳ではありせん。

なので機能表示ができないからこそ、いろんな部分を隠して悪質な商品がどうしても出てきてしまうんです。

 

自分の体に入るものです。

しっかりと理解をして、購入し取り入れたいですよね。

 

サプリ講座1と2で基本の分類についてはお話しできたかと思います。

次回はビタミン、葉酸についてなど少し細かくみていければと思います。

 

新しい選択肢を皆様に

当院HP ivf-kinoshita.com