古本いとぽんの『メモのすすめ』

新潟県新発田(しばたし)でお店のない古本屋をしている、いとぽんの徒然日記。本の屋台と古いトランクをもって、次はどの街にいこうかな。


メモ魔で本の遊び人の、いとうの「メモのすすめ」です。




新潟県・新発田市の商店街を拠点に、
古本屋をはじめました。
日々のことを気まぐれに発信しています。

*******************

古本いと本 店主
メモ魔で本の遊び人 いとぽん

【古本いと本(いとぽん)】 

Face bookページ⇒ http://www.facebook.com/itoponn 
twitter: itoponn
お問い合わせ⇒ itoponn●gmail.com ●の部分を@に直して送信してください。



※本の寄贈・買取は、メールでお問い合わせください。
在庫状況により、買取・寄贈引取りが可能な場合もあります。


NEW !
テーマ:

タレカツ丼とラーメンが好物な、いとぽんです。

流行のお店よりも、地元の大衆食堂みたいなところに行っちゃう今日この頃です。

さて!月1回開催している、本で遊ぼう企画『本の合コン』。

5月、6月に引き続き、7月も開催決定!

ちょっぴり本好きのみなさま、本を携えて遊びにきてください。



***7月10日(日) 本の合コン@新潟市 blue cafeさん***

☆本の合コンは・・・
自分のお気に入りの1冊を持ってきて、
読んだ本のここが面白かった!この本とこういう出会い方をした!
などなど、本の話を切り口に、本の好みをマッチングするイベントです。

一人で読むのはもちろん楽しいですが、読み終わった後にもう1つの楽しみ方があります。

それは、誰かと「共有すること」

本の合コンは、本を切り口に、普段出逢うことのない人と肩書き性別関係なく
お喋りする企画です。

詳しくは→ こちらの記事をチェック



◆どんな内容?


 ・POP作りミニ講座
 ・本と人のマッチング~本の合コン~
  本を間に挟んで、ペアトークします※同性同士になることもあり。
 ・みんなでどんな本を持ってきたか、紹介タイム!
 ・お茶を飲みつつゆる~く雑談

(持ってきていただいた本は、イベント終了後に返却します)


◆参加条件 

 本の好みをマッチングしたり、お喋りを楽しむ会なので、
 既婚、未婚問わず、年齢も問いません。

 ちょっぴり本好きであればOKです。本の紹介をするのが初めてでもOK!

 合コンと言えども、会によって男女比いろいろなのはあしからず。

(前回の参加者は20代~40代くらいの方々、はじめましての人が半分くらいでした)

◆日時 2016年 7月10日(日) 午前10時~12時

◆場所:蔵書は約2,000冊!中央区のbook cafe、blue cafeさん


◆地図: こちら

(※お車をご利用の方は、お近くの有料駐車場をご利用ください。)

◆募集人数: 5~8名(先着) 
 
◆参加費: 1000円 + お店のメニューから1つご注文ください。 
      
◆持ち物  お気に入りの本1冊と、筆記用具、少しの好奇心

漫画でも、雑誌でも、写真集でも、ジャンルはさまざま

※ただし公衆風俗に反しない範囲内でお願い致します。

(宗教、スピリチュアル、アダルト、政治等はご遠慮願います)

◆前回紹介された本はこちら!


◆おまけ: 古本いと本フリーペーパー「メモのすすめ」

**********


◆申し込みの方法は・・・

 メールで申し込む
 ⇒ お名前・お電話番号・性別を明記の上、
【7/10(日)本の合コン参加申し込み】
 を件名に、こちらのアドレスにお申し込み下さい。
( itoponn◎gmail.com ) ※◎の部分を@に変えてください。



※注意事項※
・本の合コンは、必ずしも男女同じバランスになるとは限りません。
 また、準備の都合上、当日のキャンセルはご遠慮願います(><)
 

ぜひお気に入りの1冊をもって、遊びにきて下さい。




古本いと本・店主 いとぽんより

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

雨上がりの苔ってきれいですね。

苔を見るのは好きだけれど、育てるのは修行中な、いとぽんです。


昨日、新発田(しばた)の清水園で、苔まつりが開催されました!


古本いと本は、お茶のみ読書会&出張本屋さんで登場。

1人1~2冊の本を持ってきてもらい、お茶のみつつお菓子食べつつ、
紹介してもらいました。


今回は、庭園の一角にある米蔵が会場。
畳敷きのお座敷にて、4名のこじんまりと読書会をしました。

お茶菓子は、新発田の和菓子屋さんから2品。

和泉屋さんの福猫もなかと、新柳本店の清水園饅頭。

甘いものを食べつつ、読書会はスタート。

紹介された本は全部で6冊でした。


野球の本、雑草の本、ビジネス本、絵本と短歌などなど。

今回、いとぽん的に気になったのは、「雑草手帳」。

この本を紹介してくれた方は、付箋をそれはそれはたくさん貼っていました。
自分の身近にある雑草が紹介されているところに印をつけたそうです。

普段、道を歩くときは早足で通り過ぎて、道の草をちゃんと見たことがなかったけれど、よく観察すると素敵な花言葉がある草だったりする。

苔を観察するように、身近な草むらを見てみるのも楽しそうです。

たまには心に余裕を持って、雑草手帳でももってお散歩したいなと思った1冊でした。

少人数の会だったけれど、だからこそ本の紹介をしたり、脱線ばなしも盛りだくさんだからまたイイ。

参加してくれたみなさま、ありがとうございました!



さて、読書会のあとは、お腹が減ったので出前のカツ丼で腹ごしらえ。
嬉しいことに新潟ではお馴染みのタレかつ丼!!最高です。




エネルギーを補充し、午後からは出張本屋さんとして本の販売。
苔にちなんだ緑の本を少々と、絵本や物語、新潟本など。

窓から吹く風がさわやかで、涼しい米蔵でお客さんと喋ったり、出店者さんと話していた、あれよあれよという間に終わりました。

片付けを終えてから、清水園の書院の縁側でひと息ついて、
清水園年間パスがあったら買いたいのになあと思ったのでした。

さて、6月ももう終わり、7月になれば夏です。

7月になると、古本いと本は、な、な、なんと4周年。

店舗が2年で、出張本屋が2年。

あまり実感もないまま、あっという間に4年たちます。

そんな感慨深い月が7月なのですが、楽しみな遠征やイベントいろいろ。

すべて書ききれないので、これからちょっとずつ小出しにしていきたいと思います。


それでは、また明日!


いとぽん

**********

【もうすぐ終了】
・池田記念美術館の一箱古本市(人見知りでも楽しめる!?無人の古本市)
~6/28まで

【これから出ます】
・7/3(日)10時~15時 一箱古本市@川西フレンドリープラザ(山形県置賜郡川西町)
・7/9(土)10時~13時 しばた軽トラ市(新潟県新発田市)
・7/10(日)10時~12時 本の合コン@blue cafe(新潟市中央区)
・7/14(木)19時~ 旅する本屋・放浪書房さんの小商いトークイベント@blue cafe
・7/17(日)ソーシャル風車市(山形県庄内市)

AD
いいね!した人

テーマ:
毎度、お知らせが急で同じみな、古本いとぽんです。

むしむし暑くなってきましたが、
今週末は苔が美しい涼やかな日本庭園で、読書会を開催します!
涼みがてら、日本庭園へちょっとお出かけして、

好きな本について話す時間を過ごすのはいかがでしょう。

会場は、新発田(シバタ)にある国指定名勝・清水園です。
ここで開催される「苔まつり」というイベントで、
その会場で、「お茶のみ読書会in清水園」を開催します! (決して苔は売られていません。苔を愛でる催しです。)

日本庭園をゆっくり散歩して苔を愛でたり、
お菓子を食べつつ、本を片手におしゃべりしませんか?



《お茶のみ読書会inしばたの日本庭園・清水園》

【日時】  2016年6月26日(日) 11時~12時すぎ

【場所】  新発田市 清水園の米蔵 

【清水園の入園料】+ 【参加費 500円】

【駐車場】 清水園専用駐車場があります

*定員5名(いとぽん含む)、お茶菓子&古本いと本フリーペーパー付き

*お気に入りの1冊を持ってきて、感想をシェアします☆
 こんなところが面白かったよ~という話をしましょう!

*お題:
 今まで読んだ本の中で、お気に入りの本をお持ちください。
絵本、漫画、小説、雑誌、なんでもOKです☆

ただし、公序良俗に反するもの、宗教、過激な政治モノはNGです(><)

*色々紹介したい本があって悩んじゃう!という方は、2冊までOK!

【申し込み】どちらかの方法でお申し込みください。
① itoponn@gmail.comまで「6/25お茶のみ読書会に参加します!」とメール

②facebookページイベントのコメント欄で「参加します!」と書く



《そのほか》
・古本屋台を持っていって小さな古本屋を出店します
・手書きクラフトシールを実演製作!一緒に作りたい方はご一緒にどうぞ☆

などなど いろいろご用意してお待ちしています。
日本庭園で涼やかな1日を楽しみにきてください。




**********

さて、今後のいとぽん出没情報はこちら。

【現在、出店中!】
・池田記念美術館の一箱古本市(人見知りでも楽しめる!?無人の古本市)
~6/28まで

【これから出ます】

・6/26(日)新発田の庭園で何かあるかも
・7/3(日)10時~15時 一箱古本市@川西フレンドリープラザ(山形県置賜郡川西町)
・7/9(土)10時~13時 しばた軽トラ市(新潟県新発田市)
・7/10(日)10時~12時 本の合コン@blue cafe(新潟市中央区)
・7/14(木)の夜 あの本屋さんが新潟にやってくる!?ただ今トークイベント計画中・・・


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


晴れ女のいとぽんです。

先週の日曜日、毎年恒例の一箱古本市in現代市(新潟市中央区)に出店してきました!

もちろん、晴れ!
しかし、6月中旬と思えないくらい日差しが強くて暑~い1日でした。

新潟市中央区での一箱古本市は、もう5年目なんですって!

第一回目から出店させてもらっているけれど、
そんなに前からだったとは・・・。

古本いと本は、おなじみの古いトランクを携えていきました。

5年前から同じトランクを使っているのですが、さすがにボロボロに。

もともと古道具屋さんで買ったので、新しくはなかったけど、
度重なる出店で酷使したせいか、よりいっそう味が出てきました。

いつも一緒だったので、相棒みたいなトランクなのです。

そのトランクを小商い屋台にのせて、パラソルも装着して、いざ出店。






小説やエッセイ、詩集は一番上の段、

新潟の渋めの本は真ん中の段、


そして、夜な夜な創作した、本の福袋「冒険文庫」は一番下の段に。

暑さでクラクラしたけれど、パラソルのおかげで生き延びました。

古本いと本で足を止めてくれた人は、
初めて会う方はもちろんのこと、
1週間ぶりに会う方、
半年振りに会う方、
数年ぶりに会う方など、さまざまでした。

毎回ドキドキしながらはじまりますが、あっという間に終了時間になってしまいます。


本の売れ行きはというと・・・

冒険文庫は完売!冒険心の旺盛な方が手に取ってくれて、
お昼過ぎ頃になくなってしまいました。

そして、小説やエッセイ・詩集なども手にとってもらい、
全部で32冊の本が旅立っていきました。

今頃、それぞれの方のお家で読まれている頃でしょう・・・。


また、いち本好きとしては、京都から出店していた本屋「ホホホ座」さんで本を買えて、ほくほく。

いつぞや、お盆あたりに京都の本屋めぐりをしたときの楽しい気持ちを思い出しました。


近くから、遠くから、足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました。


そして、主催してくれたニイガタブックライト関係者のみなさまも、ありがとうございました!




**********

さて、今後のいとぽん出没情報はこちら。

【現在、出店中!】
・池田記念美術館の一箱古本市(人見知りでも楽しめる!?無人の古本市)
~6/28(木)まで
☆6/18には友人の「やまぼうし文庫」さん企画の、本の交換会もあるそうです!
詳細はこちら







【これから出ます】

・6/26(日)新発田の庭園で何かあるかも
・7/3(日)10時~15時 一箱古本市@川西フレンドリープラザ(山形県置賜郡川西町)
・7/9(土)10時~13時 しばた軽トラ市(新潟県新発田市)
・7/10(日)10時~12時 本の合コン@blue cafe(新潟市中央区)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の土曜日は、お茶のみ読書会でした。

好きな本を1冊持ち寄ってお喋りする「読書会」。

今回は8名が参加してくれました!

新発田(シバタ)市内のご近所からの方や、お隣の胎内市、新潟市からの方も。

当初はあまり申し込みがなかったので、これはもしや孤独に読書会か・・・?!
と思いきや、予想外にいろんな人がきてくれて、一安心。

さてお茶のみ読書会では、おやつ食べつつ、お茶を飲みつつ本の紹介をします。

今回のおやつは、いとぽんセレクトの新発田っぽいおやつ。


・しばうま本舗さんの越後姫カステラor紅茶カステラ (聖籠町)
・江戸屋餅菓子舗さんの笹餅 (新発田市中央区)

さらに、読書会仲間からの差し入れで、
新潟市内の和菓子店で、売り切れ必死の美味しすぎる大福をいただきました。
(お店の名前を忘れてしまった・・・。あぁ、どこのお店のだったのだろう・・)


和洋のおやつをキッチンスタジオで食べつつ、本の紹介スタート!






紹介された本はこちら↓

・川上未映子 『愛の夢とか』 (講談社文庫)

・多摩六都科学館監修 『世界で一番素敵な夜空の教室』 (三才ブックス)

・カフカ 『だから、そばにいて』 (ワニブックス)

・ジョン・クラッセン/長谷川義史訳 『ちがうねん』 (クレヨンハウス)

・下濱和子 『恋物語-下濱和子五行歌集』 (市井社)

・内田百閒 『王様の背中』

・酒井順子 『この年齢だった!』 (集英社文庫)

・杉作J太郎 『杉作J太郎が考えたこと』 (青林工芸社)

・服部文祥 『100年前の山を旅する』 (東京新聞出版局)



読書会では、本の紹介を一人ひとりしていくのですが、
いとぽんが個人的にとりわけ気になったのは、『ちがうねん』という絵本!

大阪弁で訳されているのですが、絵の雰囲気と言葉のリズムが絶妙なのです。

子ども向けのお話なんだけど、最後はひやりとさせられるような場面でしめくくられ、思わず何度も開いてみたくなる本でした。


初めての会場で、初対面の方も何名かいたお茶のみ読書会でしたが、
ゆるい雰囲気で楽しく話せて良かったです!

ということで、お茶のみ読書会に参加してくれたみなさま、ありがとうございました。

それではまた、次回を乞うご期待!



いとぽん

***********

【古本いとぽん出没情報】

6/5(土)本の合コン@新潟市中央区blue cafe(あと2名募集中!)

・6/3(金)~6/28(火)本だけ出張!池田記念美術館の一箱古本市

・6/12(日)一箱古本市@現代市(新潟市中央区)

※6月は新発田の軽トラ市には出店しません



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。