古本いとぽんの『メモのすすめ』

新潟県新発田(しばた)からこんにちは。
出張本屋をしている店主いとぽんの徒然日記。本の屋台と古いトランクをもって、次はどの街にいこうかな。


メモ魔で本の遊び人の、いとうの「メモのすすめ」です。




新潟県・新発田市からこんにちは。
出張本屋さんをしています。

日々のことを気まぐれに発信中。

*******************

古本いと本 店主 いとぽん

【古本いと本(いとぽん)】 

Face bookページ⇒ http://www.facebook.com/itoponn 
twitter: itoponn
お問い合わせ⇒ itoponn●gmail.com ●の部分を@に直して送信してください。



※本の寄贈・買取は、メールでお問い合わせください。
在庫状況により、買取・寄贈引取りが可能な場合もあります。



テーマ:

 

気づけば秋になっていました。

 

週末本屋をこつこつと続けている、いとぽんです。

 

10月は、あちらこちらの街に本を携えて遠征します。

 

この前の日曜日は、お隣の山形県川西町へ。

 

「読書といも煮の日曜日」での一箱古本市に出店してきました。

美味しい「いも煮」でエネルギーチャージ!

 

 

 

1年ぶりに会う山形在住の方や、新潟から来ていた方にお会いしたり、

はじめましての方にも本をてにとってもらいました。

 

ありがとうございました!!

 

 

 

今週も、山形へ車でひとっとびしてきます。

10月中は毎週末どこかの街にあらわれます。

お近くの方は、読書の秋のブックハンティングへぜひ遊びにきてください。

 

*************************

 

◎10月15日(日)Mt.New+(マウントニュー)@山形県河北町
 → 山形・新潟・秋田・宮城のおいしいもの、かわいいもの、たのしいものが集まるイベントへ初出店。

 暮らしにまつわる本、絵本、のんびりした気持ちになる物語のほか、

 いとぽん特製のどこかに貼りたくなるシールも並べます。


 11時~16時まで 河北町どんがホール
http://potamas.blog.fc2.com/

 

 

◎10月21日(土)本の極楽市@新潟県小千谷市
 →お寺の中で開催される本のフリーマーケット。
 10時~16時まで 極楽寺

 気持ちがゆるまる物語、詩集、絵本のほか、お寺の本も持っていくかも?!
https://www.facebook.com/honnogokurakuichi/

 

 

◎10月29日(日)ますます秋市~手しごと市&一箱古本市~@新潟県新発田市

 →新発田(しばた)市内にある歴史ある酒蔵でのマーケット。構内にある庭園も見学できます。

 10時~16時まで 金升酒造(かねますしゅぞう)

 

 

 

 

10月の最後の日曜日は、ホームタウンの新発田で、

久しぶりに本屋として登場します。

 

あなたの街で、お会いしましょう!

 

 

いとぽん

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

粟島へ、2泊3日の島旅行~おひるね編~のつづき

 

※本屋の仕事ぬきのぶらり旅です※

 

 

日本海に浮かぶ小さな島『粟島(あわしま)』に上陸して2日目。

 

天気がいいうちに、かりたママチャリで島を探索することに。

 

ゲストハウスで同じ部屋だった、仙台からのひとり旅女子と一緒にいくことに!

 

内浦から海沿いを進み牧場方面へ向かう。

海岸線の道は眺めがよくって、すぐに民家は見当たらなくなって、青い海と砂浜。

 

自転車をこぎつつも、果たしてどのへんに牧場があるのだろうか・・・と疑問が生まれ始めたそのとき。

 

発見!牧場!

 

チャリをとめて馬を遠目で見ていたら、スタッフさんが、「見ていっていいですよ~~」と親切に声をかけてくれたので、見学させてもらいました。

 

馬小屋が海に面していて、馬さんたちは水平線を眺めているよう。

みんな大人しい。

 

 

絵になるなあ~。

海の向こうに見えるのは、村上方面の山と思われます。

 

そしてフレンドリーな犬とひとしきり戯れる。

よーし、よしよし。

 

 

 

牧場からゲストハウスに戻って、今度は反対側の海の集落、「釜谷」へ。

 

バスで移動して到着すると、天気が荒れ模様に。気づけば外は土砂降り!

 

かもめ食堂で磯ラーメンを食べて、近くのお土産物屋さんで雨宿りさせてもらいながら、

おばあちゃんと語らいました。

 

 

その後、ゲストハウスのある内浦に戻り、ぶらぶらと歩いて散策。

小さな島なのに、たくさんの神様が祭られているようでした。

路地を山のほうへ向かって歩いていくと、何かしらの神社や、祭られているものがあって、

神々しかったです。。。

 

 

2日目も、のんびり島巡りを楽しんで、昼寝と読書をし、夜も楽しく宴をしておわりました。

 

*********

 

さあ、最終日の3日目。

勇気が出ずに最終日に持ち越しになっていた、粟島ぐるっとサイクリングにチャレンジしてみることに。

 

ちまたの情報によれば、1周3~4時間で回れるとのこと。ふむふむ。

 

仙台ひとり旅女子とはここで別れ、レンタサイクルをかりにひとりで港へ。

 

電動アシストかママチャリという選択で、500円でかりれるママチャリを選択。

(しかしすぐに後悔することになる・・・)

 

朝9時前にいざ出発。本日は晴天なり。ただし風は強めです。

 

 

通行人も車もめったに通らず、民家もない。

熊は生息していないとのことで、一安心。

 

それにしても、進めど進めどあまりにも人気がないので心配になってくる。

 

そしたら、奇跡的に後ろから車の気配が!

軽トラに乗った人たちが、「この先大変だぞ~!がんばれ~!」と声をかけてくれました。笑

 

 

人々の声に励まされながら前進すると、とてつもない傾斜の山道が・・・。

 

約800メートルほど自転車を引っ張って登り、これはサイクリングではなく、登山だと気づく。

なぜケチって、電動アシストでなくママチャリを選んでしまったんだろう・・・

 

この後の道もアップダウンが激しくて、自転車をこいでは降りての繰り返し。

 

カロリーメイトとウィダーインゼリーがなかったら、行き倒れていたことでしょう。

 

 

疲れすぎて写真もあまり撮れなかったけど、

海岸線を見下ろせる道路に出ると、素晴らしい展望!

 

断崖絶壁と青い海。

日本海の荒波に削られてできた海岸線は、想像以上にきれいでした。

 

ガードレールもないので、自転車で加速しすぎるとそのまま海へダイブしそう。

 

約1時間ちょっとかけて、内浦から仏崎というところまで行って、帰ってきました。

結局1周はできなかったけど、大満足。

 

私の友人は、歩いて島を1周したそうで、7時間くらいかかったとのこと。

す、すごすぎる・・・。

 

今度きたときは1周チャレンジしよう。ただし電動アシストで1周しよう。そうしよう。

 

 

内浦に戻った後は、温泉にはいってお昼を食べ、ひと休み。

 

ゲストハウスをしている友人が港まで見送ってくれて、午後のフェリーに乗りこみ、あっという間の島旅3日間は幕をおろしました。

 

 

 

 

 

本を読んだり、おひるねをしたり、はたまたちょっとした冒険もできた3日間。

 

またきっと来るだろうなと静かに思った、粟島旅でした。

 

 

 

いとぽん

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

9月終わりから10月はじめにかけて、2泊3日で島へ旅に行ってきました。

 

粟島(あわしま)という日本海に浮かぶ小さな島です。

 

人口は約370人、1周は約23キロ。

島内にはコンビニなし、信号機は1つ。

 

子どものころからわりかし近くに住んでいるので、

海越しに見たり、聞いたりはしていたけれど、なぜか一度も上陸したことがない場所でした。

 

釣りや海水浴で賑わうそうなのですが、どちらも全然しないから、今まで縁がなかったという・・・。

 

しかし去年、粟島が大好きで移住した友人がゲストハウスをはじめて、

これは行く理由ができた!と思い、フェリーのチケットを買って行くことに。

 

今のシーズンは、名物の「わっぱ煮」とフェリーチケットのセットがあるそうで、

予約して行きました。

 

 

さて、いよいよ金曜日に出発。

船旅が久しぶりすぎて、果たして元気な状態で上陸できるか?という一抹の不安が・・・。

 

心配なので、酔い止めペロペロキャンディーをなめながら行きました。

 

さらににフェリーですぐさま寝たおかげか、荒れた海を元気に乗り切れて一安心。

 

 

見えてきたよ、粟島!

 

港には、友人が待っててくれて久しぶりの再会。

そして、ゲストハウス「おむすびの家」へ。

 

 

 

はじめて来るのに懐かしい場所。

 

到着したのがお昼ごろで、わっぱ煮を食べた後にまた宿に戻り、本を読んだり、海を見たり。

 

同じ日には、東京からきたファミリーや、ひとり旅女子もいて、みんなそれぞれ探索しに行ったり、

読書をしたりしていました。

 

午後から雨が降ったり止んだりしてたから、部屋のベッドに横になりつつ空の様子見。

風が通ってきもちいいなぁと思ってたら、うとうとしてお昼寝ていました。

 

 

船でも寝る。

宿でも寝る。

とにかく寝る。

 

なんだか夏休みにおばあちゃんちに来たみたいで、居心地良くて、寝てばかり。

宿に泊まったときに、こんなにゆったりした気持ちになることなんてないよなあ。

 

せっかくだから、山登ったり、海辺をあるいたり、自転車で島めぐり、、、と思っていたけど、

そんなに欲張らなくていいかと、1日のんびりしていました。

 

そして夕方。

島にある温泉に行って、ついでに日本酒を自販機で買ってもどる。

 

 

ひとり旅女子と、友人と、一緒に夕飯を食べることに。

 

魚がおいしい!お酒も美味しい!たこ飯も美味しい!すべてが美味しい!

しあわせです。

 

島に上陸1日目にしたことと言えば、昼寝と読書と温泉につかることくらい。

 

特別なことはしてないけど、何だかよい1日だったなあと思いつつ、

夜は更けていったのでした。

 

~島探検編につづく~

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1年の半分が終わる6月30日。

 

梅雨まっただなかの新発田(しばた)です。

しとしと雨が降っていても、あやめがきれいな季節だから憎めないのです。

 

 

さて!

 

毎度、いきなりのお知らせですが、

7月の1日・2日と『しばた寺びらき』というイベントで、お寺の中で本屋をオープンします。

 

新発田の寺町どおり界隈にある、由緒ある約10のお寺めぐりが楽しめるほか、

境内や本堂に、古道具屋さんや雑貨屋さん、本屋さん、カフェなどなどが立ち並びます。

 

座禅や写経、ザリガニ釣り(!)を体験できるお寺もあるそうな!

 

ちなみに、古本いと本は託明寺の本堂にお店を出します。

 

6畳のスペースなのですが、きっとちゃぶ台を置いてもありあまるような予感がしています。

 

こころがホッとする小説や絵本、詩、エッセイのほか、

新発田や新潟にまつわる渋めの本も並べるので、お楽しみにー!

 

そして、各地で思いのほか好評な、古本いと本特製・イラストシールも。

 

7月のはじめの週末、お寺めぐり&ブックハンティングへ、遊びにきてください。

 

いとぽん

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

気づけば新緑の季節ですね。

 

いったいぜんたい、いつぶりにブログを書くのだろう?

 

と遠い目をしながら過去の記事を見返したら、

2月のワンテーブルマーケットぶりでございます。(驚)

 

「いとぽん、最近音沙汰ないなあ~。何してるのかなあ~。」

 

なんて心配してくれていた方々、すみません。

 

私は、元気にマイペースにすごしています。

 

 

さて、大型連休があっという間に終わってしまいましたが、

5月はじめは、長野県の黒姫高原一箱古本市に、2日連続で出店してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟県新発田(シバタ)から安全運転すること3時間ちょっと。

 

とにかく長~い新潟県。

 

新発田→新潟→長岡→上越→妙高を抜けて、長野にはいって間もなく、黒姫高原の童話館に到着。

 

景色も最高だし空気もきれい。山には残雪が残っていて、それがまた絵のようでした。

 

さて、県外で出店するときは、知り合いはほとんどいないし、お客さんもいつもの方はいない状態。

 

なので、「アウェイだけれど、はたして本を手にとってもらえるのだろうか・・・?

いやいや、ここはアウェイだからこそできることがある・・・・。がんばれ自分・・・。」

 

と、正直かなりドキドキしながら立っています。今回はどうなることやら?

 

 

緊張のおももちで、一箱古本市の1日目がスタート!

 

連休のせいか長野観光のお客さんたちが続々と童話館へ向かっていきます。

 

もちろん、古本市目当ての本好きなお客さんも早速いらっしゃっていました。

 

いとぽんは、立ち寄るお客さんに話かけつつ、本を手にとってもらいました。

 

20代の本屋好き長野女子や、

新潟からぶらりと日帰り旅しにきた2人組の女子。

 

はたまた、関西出身・カナダ在住のマダムや、

山に登りなれていそうな2人組のダンディなおじさまなどなど。

 

お客さんの中には、本と一緒に渡したフリーペーパーを読んで、また戻ってきて

 

「面白かったよ!これ!!」

と褒めてくれる方もいて、長野はなんていいところなんだ、としみじみ思いました。笑

 

 

そして、あっという間に古本市終了の15時30分になり、初日が終了。

 

お片づけしたあとは、予約してあった妙高の山のロッジに宿泊しました。

 

温泉にはいってから宿に戻り、夜はちょっと読書でもしようかと思っていたんだけれど・・・、

夜8時前にベッドに横になったらあっという間に寝ちゃったみたいで、気づけば朝6時に!

 

思ったより疲れたのね、私。。。

 

 

そして2日目も朝から元気に出店。この日も快晴◎

 

高原ならではの風の強さで、本が飛ばされたり、パラソルがひるがえったり、

屋台がひっくり返りそうになるハプニングが発生。

 

しかし、お隣のお店の方の優しさに助けられて、無事に1日商いができました。

 

2日間の出店、はたして本の売れ行きはどうだったかというと・・・・

 

往復高速代+ガソリン代+宿代+食事代+αなどなどが出るくらい、

古本いと本から本が旅立っていきました。ありがとうございました!!

 

長野では1年ぶりの出店だったけれど、

今回も面白い店主さんと会えたり、色んな街の本好きに出会えて、

新潟のときとは違った新鮮な気持ちで本屋ができました。

 

次の遠征はいつになるかわからないけれど、それまでにまずは体力をもっとつけなければ。

 

そんなところで、お久しぶりのいとぽん本屋レポートでした。

 

 

それでは!

 

いとぽん

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。