古本いとぽんの『メモのすすめ』

新潟県新発田(しばたし)でお店のない古本屋をしている、いとぽんの徒然日記。本の屋台と古いトランクをもって、次はどの街にいこうかな。


メモ魔で本の遊び人の、いとうの「メモのすすめ」です。




新潟県・新発田市の商店街を拠点に、
古本屋をはじめました。
日々のことを気まぐれに発信しています。

*******************

古本いと本 店主
メモ魔で本の遊び人 いとぽん

【古本いと本(いとぽん)】 

Face bookページ⇒ http://www.facebook.com/itoponn 
twitter: itoponn
お問い合わせ⇒ itoponn●gmail.com ●の部分を@に直して送信してください。



※本の寄贈・買取は、メールでお問い合わせください。
在庫状況により、買取・寄贈引取りが可能な場合もあります。



テーマ:

気づけば新緑の季節ですね。

 

いったいぜんたい、いつぶりにブログを書くのだろう?

 

と遠い目をしながら過去の記事を見返したら、

2月のワンテーブルマーケットぶりでございます。(驚)

 

「いとぽん、最近音沙汰ないなあ~。何してるのかなあ~。」

 

なんて心配してくれていた方々、すみません。

 

私は、元気にマイペースにすごしています。

 

 

さて、大型連休があっという間に終わってしまいましたが、

5月はじめは、長野県の黒姫高原一箱古本市に、2日連続で出店してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟県新発田(シバタ)から安全運転すること3時間ちょっと。

 

とにかく長~い新潟県。

 

新発田→新潟→長岡→上越→妙高を抜けて、長野にはいって間もなく、黒姫高原の童話館に到着。

 

景色も最高だし空気もきれい。山には残雪が残っていて、それがまた絵のようでした。

 

さて、県外で出店するときは、知り合いはほとんどいないし、お客さんもいつもの方はいない状態。

 

なので、「アウェイだけれど、はたして本を手にとってもらえるのだろうか・・・?

いやいや、ここはアウェイだからこそできることがある・・・・。がんばれ自分・・・。」

 

と、正直かなりドキドキしながら立っています。今回はどうなることやら?

 

 

緊張のおももちで、一箱古本市の1日目がスタート!

 

連休のせいか長野観光のお客さんたちが続々と童話館へ向かっていきます。

 

もちろん、古本市目当ての本好きなお客さんも早速いらっしゃっていました。

 

いとぽんは、立ち寄るお客さんに話かけつつ、本を手にとってもらいました。

 

20代の本屋好き長野女子や、

新潟からぶらりと日帰り旅しにきた2人組の女子。

 

はたまた、関西出身・カナダ在住のマダムや、

山に登りなれていそうな2人組のダンディなおじさまなどなど。

 

お客さんの中には、本と一緒に渡したフリーペーパーを読んで、また戻ってきて

 

「面白かったよ!これ!!」

と褒めてくれる方もいて、長野はなんていいところなんだ、としみじみ思いました。笑

 

 

そして、あっという間に古本市終了の15時30分になり、初日が終了。

 

お片づけしたあとは、予約してあった妙高の山のロッジに宿泊しました。

 

温泉にはいってから宿に戻り、夜はちょっと読書でもしようかと思っていたんだけれど・・・、

夜8時前にベッドに横になったらあっという間に寝ちゃったみたいで、気づけば朝6時に!

 

思ったより疲れたのね、私。。。

 

 

そして2日目も朝から元気に出店。この日も快晴◎

 

高原ならではの風の強さで、本が飛ばされたり、パラソルがひるがえったり、

屋台がひっくり返りそうになるハプニングが発生。

 

しかし、お隣のお店の方の優しさに助けられて、無事に1日商いができました。

 

2日間の出店、はたして本の売れ行きはどうだったかというと・・・・

 

往復高速代+ガソリン代+宿代+食事代+αなどなどが出るくらい、

古本いと本から本が旅立っていきました。ありがとうございました!!

 

長野では1年ぶりの出店だったけれど、

今回も面白い店主さんと会えたり、色んな街の本好きに出会えて、

新潟のときとは違った新鮮な気持ちで本屋ができました。

 

次の遠征はいつになるかわからないけれど、それまでにまずは体力をもっとつけなければ。

 

そんなところで、お久しぶりのいとぽん本屋レポートでした。

 

 

それでは!

 

いとぽん

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【来場してくれたみなさま、ありがとうございました!!】

 

2月11日の小商いラボ、2月12日のワンテーブルマーケットにきてくれたみなさま、

ありがとうございました!

 

 

古本いと本は、祭りの後に燃え尽きて、月曜日は1日機能停止していました。笑

 

***

 

さてさて、土曜日の小商いラボでは、少人数で放浪書房さんから小商いのネタを伝授してもらいました。

 

実は、ラボのお知らせを開始してから1日で満席になってしまったんですが、

 

参加費も高いけど、参加する人のモチベーションも高い!!

 

なんと延長して5時間越えの講座に!?

 

売り口上から商品作り、イベント出店のポイントまで・・・

 

詳細はヒミツですが、目から鱗が落ちて落ちてしょうがない時間でした!!

 

 

 

 

 

そして、ラボが終わってからは翌日のマーケットの準備に突入!

 

 

いとぽんが準備がうまくまわらずに慌てふためいていると、みんな手伝ってくれて、

放浪書房さんも会場を素敵にセッティングしてくれました。

 

 

 

新作の小商い屋台のかわいさ抜群!!

さて、あしたはどうなる?!

 

****

 

 

そして、いよいよ日曜。ワンテーブルマーケット当日!

 

朝、オープンするまでもう緊張しっぱなしで、お客さんくるかな、どうかな、

ハラハラドキドキしていたけれど・・・・

 

雪がちらつく寒い日、たくさんの方にブルーカフェに足を運んでいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

手づくり石けんのお店は完売!

 

易占いのお店も大人気。

 

小商いラボに参加して、ワンテーブルにも出店した店主さんは、

過去最高売り上げを記録したなんて方も!

 

 

かわいい雑貨屋さん、本屋さん、写真屋さんなどなど、

訪れたお客さんはゆっくりと楽しんでいかれた様子でした。

 

いとぽんは、入り口付近で案内したり、本屋やったり、

あちこち行って、気づいたらあっという間に閉店の16時になっていました。

 

 

会場となったブルーカフェさんはじめ、2日連続でイベント&盛り上げ協力してくれた放浪書房さん、8店のかわいいお店の店主さんのおかげで、1日限りのマーケットが無事におわりました。

 

ありがとうございました!

 

 

来年ももしかしたら、開催するかも!?

 

その時はお楽しみに☆

 

 

いとぽん

※写真※
ブルーカフェさん、放浪書房さん、ほか出店者さん、いとぽんが撮影したものたちを掲載しました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あっという間に2月。
足元が寒くてしょうがない、いとぽんです。
 
ブログを書くにも床がひんやりしていて、椅子に座るのをためらっていたけれど、
最近ついに、日本が誇るあったかアイテム・湯たんぽを使い始めました。
 
 
なんで今までやらなかったんでしょう。
すばらしく温かくて、いろんなことがはかどる!気がする!
 
******
 
さて、2月といえば、真冬のカフェが1日限りのマーケットになる、
ワンテーブルマーケット@Blue Cafe」が近づいてきました!
 
 
来る2月12日(日)10時30分~16時まで。
 
テーブルひとつに小さなお店がずらりと約10店登場。
雑貨屋さんや本屋さん、写真屋さんなどなどが登場します。
 
真冬の新潟、外に出るにはちょいと寒いですが、
湯たんぽはお家に置いて、街へ出よう!
 
あったかいカフェの中でコーヒー片手に、1日限りのマーケットを楽しみにきてください。
 
*******
 
《 登場するお店屋さんをちょっとずつ紹介します! 》
 

『やまぼうし文庫』 十日町より(新刊本)

 

十日町、南魚沼中心に小さな移動本屋さんをしています。
絵本やエッセイ、詩集など心ときめく本との出会いをお届けします。新刊本屋で出店します。お気に入りの一冊に出会ってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

『ブック・オーレ』 新潟市より

(古本とブック・オーレ謹製上製本ノート。他にもアロマオイルとかの雑貨少々)

ボッコレた本を直す古本屋が、オススメの古本や雑誌、上製本ノートや雑貨を並べて、皆様のお越しをお待ちしております!

 

また10時30分~12時30分まで、ポップアップカードづくりワークショップも同時開催します!

 

 

 

 

 

フクシ屋雑貨店』  (アクセサリー、雑貨)

県内の福祉施設でつくられた雑貨や手作りのアクセサリーを扱う移動販売雑貨店です。

今回は手製のピアス・イヤリングを中心として、少しの小物もご一緒に販売します!喋るのが大好きなのでお気軽に話しかけてください☆

 

 

 

 

 

 

『易占ふりこや』 新発田市より(易占い)

 

こんにちは!易占(えきせん)ふりこやです。
初出店でドキドキしています。

易占いで今年の年運を占います。起こる事を当てるというよりも、今年一年、どのようなことを心に留めて過ごしたらいいか、目標に対してどのような心がまえで取り組むか、などのメッセージをお伝えします。
初めての出店ですが、来てくださった方、一人ひとりに対して誠意をもって易を立てさせて頂きます。

人生や人の気持ちは振り子のように、いいとき、わるいときを行ったり来たり振れながら続いていくものだと感じています。お店に訪れてくださる方の振り子がどの位置にあっても、希望が持てるよう寄り添いたいという想いで店名にしました。

 

 

and more

 

このほかにも、個性あふれる小さなお店が登場します。

 

お楽しみに!!

 

いとぽん

 

 

※追記:先日、お知らせした2月11日の小商いラボは満員御礼となりました※

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

《 自分で小さく商いをはじめている方へ 》

聞くに聞けない小商いの悩み、一体どうしたらいいの!?

自分のやりたいことを小さな商いとしてはじめたけれど、なかなかやってみると上手くいかないことが出てきたり、ちょっとマンネリ化してきちゃった・・・。


もうちょっとステップアップしたいけど、どうすればいいのだろう。

なんて悩みは、つきものじゃないでしょうか。
(もちろん、古本いと本もそんな悩みあります。)

そんな小商い人に必見の超実践的、具体的な小商いのコツを少人数で学べる講座です。

 

お客さんに聞いてほしいというより、小商いはじめている方々と一緒に勉強したい。

なので、小さな声で宣伝します。

講師は、放浪書房・店主のとみーさん。

全国津々浦々で商いを続けること早10年。

初めての商いで訪れる町でもファンを作ってしまう彼が、その商いの秘密を大公開してくれます。

いつものトークイベントは旅の話が中心ですが、今回は普段は聞けない商いのイロハや裏話まで。

一緒に小商い、勉強しましょう!!

 

 

 

 

*****************

 

《小商いラボin新潟》

 

【日時】 2017年2月11日(土)朝10時~13時

 

【会場】 新潟市中央区 blue cafe

 

【講師】 放浪書房 富永浩通さん

 

 旅する本屋さんをはじめて約10年。

 本屋さんだけではなく、小商い屋台の製作・販売や、

 アンティークシール屋さん、はたまたトークイベントの語り手なんて一面も!

 物を売る商いから、形のないものを作り出す商い、語る商いなどなど、

 あたらしい商いのカタチを作っている小商い仲間です。

 

 どの町に行ってもすぐにファンができちゃう理由は、会えば分かる!?

 

 

【定員】 7名くらい(申し込み順)

 

【受講料】 3,000円+カフェで各自ワンオーダーお願いします

【申し込み方法】 
①メールで申し込み: itoponn●gmail.com (●を@に変えて送ってください)
件名:「小商いラボin新潟参加申し込み」
本文:参加者名、参加人数、その他コメントあったら

 

 

*****************

 

【講師の放浪書房さんより】

 

10年小商いして、仮説実践成果検証を続けてきて確信したこと。 

 

「イイ作品がイイ商品」とは限らない。「売ろうとしなきゃ売れない」 

皆さん、ちゃんと売れてますか?商いになってますか?

 

3年後、飽きずにやれてますか?

 

 実践的な小商いの話。 

 

特に皆さん悩みに悩んでいる「ものを売る、ものを買ってもらう」その為のテクニックの話をします。 10年間の研究成果を余すところなく発表致します。

 

 いつものトークイベントが「お手軽ランチ」としたらこちらは研究発表会という名の講座?塾?ゼミ?は「フルコース」にしたいと思います。

 

 売り方、魅せ方は勿論、イベント出店前に売れるかイベントか分かる秘密の方程式まで 接客7大用語なんか、知りません。

 

待つ商いの受け身の接客はどうでもいい。 

買ってもらう為のAtoZを発表します。

 

 「待つ商い」に飽きた方に、「売れない」ことに飽きた方にこそ聞いてほしい商い(飽きない)話をしたい。

 

 前回の島根県松江開催では3時間のラボ後、参加者の皆さんの興奮冷めやまず、近くのファミレスで補習3時間、2日後にPOP授業4時間と…計10時間…新潟ではそんな事にはならない予定ですが…笑 いつものトークイベントとは違う熱気にビビりました。 

 

後日、参加者の方からその後出店したイベントで売り上げ最高記録を出したと嬉しいご報告も☆ 嘘か誠か、信じるか信じないかはあなた…笑 

 

冗談はさて置き、キャッチコピーは「3000円払って、次のイベント出店で30000円売ろう!」 定員は6〜10人位だとお一人お一人の現状や悩みに向き合える気がします。

 

 先にも話したようにフルコースです。 全て話したら4時間コースですが、受講生の皆さんに合わせてチョイスしてそのメンバーに合わせコースを作ります。

 

 【予定メニュー】 

 

(食前酒) ■【小商いの作り方】 

 

○「“小商いの種”5秒で見つけます」

 ○「先ず、タイトルありき!」 (店名、サービス名の名付けのコツ教えます!) 

○もう一度考えよう「目的」と「手段」 ○ひとりぼっちのススメ ○自分の“基本装備”をしっかり把握する。 

○“こだわらない”から“こだわれる”。飽きずに続けていける。

 ○“三点確保”①装備の充実を図る。

 ○“三点確保”②子会社、関連会社、グループ企業作りを目指そう! 

 

(前菜) ■【商品、サービスの作り方】 

○「作品」を「商品」に出来てますか? 《ナネカウミの法則》 ○答えはお客さんが出してくれる。 

○手間暇かける。心を砕く。 

○物語こそ最高の商品。 

○売らない商い。 ○常連は作らない。

 

 (スープ) ■【見世方】→どこで商う?どう商う?拠点が無いという商い

 ○路上販売のススメ①気をつけよう“3回ルール” 

○路上販売のススメ②見えない境界線 

○路上販売のススメ③「お巡りさん」「ヤクザ」よりも怖い…○○○ ○出商い(イベント出店)のススメ① 出店前にチェックしておきたい!放浪書房直伝の“売れるイベント??チェックの法則! 「MFSの法則」

 ○出商い(イベント出店)のススメ② イベント出店は武者修業!2倍経験値を上げる方法!売り上げも2倍に?!

 ○その○○○!使ってないなんてもったいない!! 武器にもなる、毒にもなる○○○考 

○場所も時間もお客さんも、丸ごとシェアしよう! “マルシェ”とは?

 ○堂々と歩こう「グレーゾーン」 (主菜“魚”) ■【魅せ方】→どう見せる?じゃなく、こう魅せる! 

○「見世構えのススメ」集客は“駅伝方式” 

○釣り糸垂らす暇なんてない!獲物は突きにいく!凸凹レイアウト考 ○売れる商品は仕入ない!売れる商品は自分で作る!

 ○放浪書房直伝!必殺! POP考 

○買いたくなる店づくり=△→○○たくなる店づくり=◎ ○どうも、看板は。

 ○あなたにコアキーナ(屋台)は売りません。だって他にやることあるでしょう?

 

 (主菜“肉”) ■【売り方】→お客さんを怒らせない為の接客なんていらない。買わせる為の接客を伝授します!

 ○新*接客7大用語 

○ 接客に精神論なんて意味が無い!技術おしえます。

 ○言霊 【GLAYの年越しカウントダウンライブで殺気立つファンを動かした魔法の言葉】

 ○売れるスイッチ〜♪君のはどこにあるんだろう〜♪見つけてあげるよ〜♪君だけの〜売れるスイッチ〜♪

 ○秘奥儀!番組冒頭、いきなり謝罪会見!の術! 

○イベントも店売りも同じ接客。して無いよね?? ○なんらかんらで破壊力抜群!売り上げ向上は売り口上から

 

 (デザート) 

これから売っていきたい!未来の人気商品、サービス。もしくは、さっぱり売れない…今は不人気商品、サービスをお持ち下さい。

 

 (食後のコーヒー) 

※18歳未満禁止、もしくは保護者の同意必須。

 ○放浪書房のスベらない深イイ話 2種(時間に合わせてどちらか一つ)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新潟は今夜から大雪。

 

2017年もあっという間に2週間ほどたっていますが、今年もよろしくお願いします。

 

さて、冬といえばしばし冬眠中の古本いと本ですが、

こたつから飛び出して真冬の1日限りのマーケットを開催します。

 

 

 

 

***「ワンテーブルマーケット」vol.3の開催決定!***

カフェの店内が、1日限りの手づくり雑貨・古本マーケットに!
テーブル1つの小さなお店に、十人十色の店主がそれぞれの得意をいかしたお店をオープンします。

ここでしか出会えない手づくり雑貨のお店や、

ちいさな本屋さんが並んだり、
今年の運勢を占っちゃう?占いコーナーや、
ワークショップコーナーも登場!

会場は、約2,000冊の本が店内にある、新潟市内のblue cafeさんです。

冬の1日、コーヒー片手にゆっくり過ごしにきませんか?


《ワンテーブルマーケットって?》

テーブル1つを小さなお店にみたてた、カフェ店内で開催されるマーケット。
本屋仲間の旅する本屋・放浪書房さんが発案したイベントです。

2014年2月、11月と新潟で開催し盛況でしたが、約2年3ヶ月ぶりに3度目の開催!

*日時* 2017年2月12日(日)10時30分~16時

*場所* blue cafe ブルーカフェ
新潟市中央区上大川前通7-1237-1 サンシャイン新浜田屋ビル2階

*地図* こちら

*駐車場* 近隣コインパーキングをご利用ください。

*出店者紹介*どんなお店が登場するか決まり次第、ちょっとずつアップしていきます。

・『古本いと本』(新発田市/古本)

・『くまの子商店』(五泉市/手作りせっけん)

・『フクシ屋雑貨店』(アクセサリー・雑貨)

・『やまぼうし文庫』(本いろいろ)

and more

 

この日しか会うことのできないお店もやってくるかも?


ぜひ、ぶらりとブルーカフェに遊びにきてください。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。