茨城県議会議員 小川一成の公式ブログ

茨城県議会議員 小川一成の活動の記録や趣味のことについて、
綴っていきたいと思います。

NEW !
テーマ:

ボーイスカウト守谷第一団恒例の「あわんとり」が行われました。

 

「あわんとり」は一般的に「どんど焼き」と言われているが、茨城県南部、千葉県南部で多く使われている。

 

言葉の由来は、人間の食料である「粟」をついばむ「鳥」を追い払い一年の無病息災を祈念するものだそうです。

 

私が子供の頃からずっと「あわんとり」をやってきました。

 

今日は風もなく、暖かで穏やかな絶好の「あわんとり」日和でした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、子供、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、自然

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

商工会連合会の賀詞交換会が水戸で行われました。

 

県内各地の商工会役員の皆さんが一堂に会して新年がスタートします。

 

今年は「酉年」です。

 

古来より「申 、酉 さわぐ」の格言があります。

 

サル年、トリ年はとかく落ち着かない年の様です。

 

間も無く余り歓迎されない、トランプ大統領の就任式が始まります。

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、バスケットボールコート、室内

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、スーツ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

阪神淡路大震災は22年前の出来事です。

 

県議になって最初の議会が召集された日であり、生涯忘れられません。

2年前

この日の思い出を見る

小川 一成2015年1月18日 · 

平成7年1月17日。

あの日から20年、阪神淡路大震災が発生した日です。

私はその日、県会議員になって最初の議会が召集され水戸に向かって常磐道を走らせていました。

 

刻々と伝えられる被害状況に、私はいても立ってもいられずに震災後程なく、ザックに寝袋と水と食料を押し込み現地にボランティアとして参加いたしました。

現地に入って直ぐの仕事は兵庫県の日赤病院でのベットメイキングでした。

その後、県庁の裏手にある諏訪山小学校の体育館に寝泊りをしてボランティアに入りました。

 

日中は被害の状況を報告する為に、与えられた自転車で最も大きな被害を受けた長田地区の状況を調査に行きました。

当時は携帯電話等はなく、現場はいたる所に離れ離れになった家族や友人の安否を尋ねる貼り紙が貼られ、必死に情報を求めていました。

この様な混乱の中でも多くの者が助け合い食料を分かち合って困難な状況に耐えていました。

 

私はこの時の体験から、その後の議員活動に大きな影響を受けました。

いいね!した人  |  リブログ(0)