新着情報 (肆)


{5208E51D-6971-4096-B5DA-DD56549F3D9C}


タワーレコードの
「NO MUSIC,NO LIFE!」の意見広告ポスターに
「THE SKA FLAMES」が登場します。

10/3(月)よりタワーレコード各店舗に掲示されます。


9/10(日)に日比谷野外音楽堂で開催された
「スカヴィルジャパン」終演後に撮影したものです。
出演バンドと関係者、関係者という無関係者、
お客さんもたくさん写っています。

AD

新譜紹介

テーマ:

THE SKATALITS (スカタライツ)のニューアルバムが
10/2に発売されます。

{66119F21-5391-44F7-9657-D2A2821FA490}



発売元は「PARKING LOT SOUNDS」
海外では配信のみのようなので、
CD発売は日本国内盤が初となるみたいです。

10/5大阪
10/6名古屋
10/8渋谷
10/9朝霧JAM
という約2年ぶりの来日公演に合わせてのニューアルバム発売となります。
10/8渋谷CLUBQUATTROには「スカフレイムス」も出演します。


スカタライツのアルバムは2011年リリースの
「Walk with Me」以来となりますかね。
まだこのアルバムではオリジナルメンバーのひとりであるドラムスの「ロイド・ニブ」が健在でしたね。
アルバムのほとんどの曲に参加していましたから、
今回のアルバム「PLATINUM SKA」からが、
また新たなスカタライツのスタートと言ってよいでしょう。

デューク・エリントン楽団
カウント・ベイシー楽団
グレン・ミラー楽団
…など、すでにバンドリーダーはこの世にいなくても、その偉大なオリジナル・サウンド、偉大な音楽は世代を超えて継承され続けています。
ジャマイカ音楽に最も影響を与えたバンド
「スカタライツ」も未来永劫その偉大な音楽が継承され続けていくバンドとしての「スカタライツ」となったのだとも言えるでしょう。


PARKING LOT SOUNDS のサイトに、
不肖・石川道久のコメントが載っています。
当ブログにも掲載しておきます。
ブログ用のリミックス・バージョンです。








オリジナル曲だからどうのこうのというのは本来あまり意味をなさないと思うのだけれど、
カヴァーよりオリジナルの方に魅了を感じる場合もあります。
どうしてそうなるのかはよくわからなかったりするけれど、オリジナルの方がより切実に響いてくるときがあります。

‘現在の’スカタライツによる新譜は、
収録されている全9曲のうち現メンバーのオリジナル曲が8曲収録されています。(作曲者のクレジットが手元にはないが、おそらくそのようだ)
あと1曲はドリーン・ジェイファーが歌うロックステディの大名曲「Consider Me」が収録されています。
全9曲と書きましたがCDには全19曲(トラック)が収録されていまして、後半10曲はDubバージョンとなっています。
ライヴでは往年の?スカタライツの名曲の数々(待ってました!と盛り上がるお馴染みのスカタライツ・スタンダード曲です)を演奏しているのだけれど、
ここに収録されている現在のメンバーによるオリジナル曲も悪くないんですよね。

前回の来日時(2014年)のブルーノート東京とフジロックでの演奏は本当に素晴らしかったですからね。
ここ何年かはずっと同じメンバーで演奏しているということもあり、現在のスカタライツはコンビネーションもバッチリです。
オリジナルメンバーがひとり旅立ち…またひとり旅立ち…と、今ではアルトサックスの「レスター・スターリング」だけしかご存命ではないので、
正直、微妙な気持ちにもなりますが…
ではこれがスカタライツではない別のバンドかというと、それは違っていて、やはりスカタライツを所々にちゃんと感じますもんね。スカタライツなんですよね。
このあたりが面白いといえば面白い。
これほど「ジャマイカ・スカ」を感じるバンドは他にありませんからね、世界中のどこを探しても。もちろん日本にもない。
きちんとスカタライツのサウンド、スカタライツの伝統を継承しているのだなぁと感じます。

その最後のオリジナルメンバー「レスター・スターリング」が参加しているのは9曲目の「Bamako Ska」だけなのがなんとも残念ではありますが、
これがドラムの「ロイド・ニブ」のラスト・レコーディングとなったそうだ。この曲だけ2011年の録音と思われます。マリのミュージシャンによるコラとトーキングドラムも加わった新機軸となるような曲で、アルバムのハイライトと言ってもよいでしょうかね。
Dub-Mixを担当したのがマリにルーツを持つパリ出身のプロデューサー兼ミュージシャン「Manjul」なる人物。Dubバージョンが10曲も収録されているのですが、ここまでスカのDubが聴けるアルバムも珍しいんじゃないかなかろうか。
これも聴きどころのひとつとなっています。


ー 石川道久 (THE SKA FLAMES)





















AD