石川道久のブログ

石川道久のブログ。

今日のこと、昨日のこと、明日のこと、
次のこと、今度のこと、何時かのこと…

あれやこれや。

NEW !
テーマ:





「世の中には素晴らしい音楽がたくさんあります。
そして音楽には人の心を動かす力があり、
人を幸せにすることもできる。
朝の番組を通して、これまで以上にその音楽の力を実感しています。

最近ライヴに出かける人も多く、その規模にかかわらず感動を得た人の声が毎日のように届きます。
都会の中で少しゆったりとした雰囲気を楽しんでいただきたく、初めての試みですが、独自のLIVE MAGICを発信します。
よければぜひお出かけください。」

― ピーター・バラカン




10月25-26日の2日間、恵比寿で開催される
「Peter Barakan's LIVE MAGIC」のフライヤーに載っていた
「ピーター・バラカン」さんのコメント
全文です。




ピーター・バラカン氏が監修を務める音楽フェスティバル「LIVE MAGIC」は、
プロモーターのクリエイティブマン・プロダクション、タワーレコード、
バラカン氏がDJとして番組を持っている
inter-FM(以前は編成も担当する局の役員でもあった)の共同開催である。
昨年の暮れに「出演者も全部自分が決めて
いい〈大人のための音楽フェス〉をやれないものかと依頼された」ということだ。


長年にわたるラジオDJの仕事を通じて
「音楽の魔法」を我々リスナーに伝えてきたバラカン氏が選んだ出演者は、
バラカン氏の趣味丸出しの「ど渋い」ラインナップ。
知らない人やバンドもある。

こりや、愉しそうだ。
必ずや行きたいライヴである。




フライヤーのコメントにある
「朝の番組」とは、
inter-FM「バラカン・モーニング」のことである。
月曜日から木曜日まで朝7時から10時までの生放送だ。
1年間のお休みがあったけれど、
復活しても変わらず毎朝たくさんたくさん
「音楽の魔法」を語り伝えてくれています。
inter-FMの看板番組なのは間違いない。


今朝の7時から8時の間にオンエアされた曲の一部だと、
The Pretenders
The Crusaders(追悼ジョー・サンプル…)
Johnny Winter(この人も今年亡くなった)
そして、Rico&The Special AKA「Jungle Music」のあとにThe Specials「Concrete Jungle」が続いて流れる!という具合だ。

こんな朝の番組が他にありますか?



しかし、このバラカン・モーニングが、
「9月末で終了する」と、
今週月曜日に突然バラカン氏から発表された。

なんてことだ!


反響はバラカン氏も驚くぐらい凄まじいものがあるようだ。

知らない人は知らないのが当たり前ですが、
この番組を楽しみにしている人はかなりいます。
日本のラジオ番組でも指折りの良好な番組だというのに…

なんてことだ!

好きな番組がなくなってしまうじゃないか。

なんてことだ!


inter-FM上層部様のご都合で
番組を終了させられてしまうんだと。

日曜日の夜の2時間番組
「バラカン・ビート」として番組は残る?そうですが…
平日の朝だからこそ愉しみにしていた人がたくさんいるというのに…。
なんたることだ。

「大人の事情」ってやつは……
まったく、もう。


なんてことだ!











AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:




決まりましたね。これで。


セ・リーグの優勝は
ジャイアンツで決まったかな?


1ヶ月以上も怪我で戦列を離れていた
管野でしたが、やっと戻ってきて2連勝。
先発ピッチャーが手薄になっているジャイアンツですが、
管野~澤村~杉内の新三本柱に、
小山、あとは内海が復調してくれれば…
盤石です。





今現在のセ・リーグ優勝ラインを見ても明白であります。


いつものように…
今シーズンがまだ終ってもいないのに、
各チームの来季の監督は誰々だという、
スポーツ紙の一面トップが目につきます。

西武ライオンズは潮崎、
阪神タイガースは金本、
ヤクルトスワローズは真中

どこまで本当なのかはわかりませんけれど。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

「やまをはる」
「やまをかける」

確信(自信)はないが、あることに賭けることを言います。
毎日がギャンブルすなわち生きることがギャンブルみたいなもんですから、
ギャンブルは一切合切しませんが、
ギャンブルで、ある目に賭けたりするときに使います。



「やまかん」という似たような言葉がありますが、
「やまをはる」「やまにかける」は、
この「やまかん」が語源だというのを知りました。


「やまかん」は漢字で「山勘」と書くのだそうです。
「山勘」の語源には2つの説がありました。

先ずは「山師の勘」説です。
「山師」とは鉱山の発見をする人のことを言うんだそうです。
勘を頼りに鉱山がどこにあるかを探すことから、この「山師」という言葉が生まれたというのです。
「一攫千金」ってことでしょうか。

もうひとつは、
「山本勘助」説。
戦国時代最強の武将と云われる武田信玄の軍師であった「山本勘助」から来ているという面白い説です。
山本勘助は非常に優秀な軍師で、
策略計略にたけていた人物として知られています。
それで「‘山’本‘勘’助」で「山勘」
になったというのですが、
これは後付けの、後だしじゃんけんではないかとも考えられているそうです。

軍師と言えば、
「黒田官兵衛」だって、なかなかの策士ですから、
「くろかん」でも良かったわけです。
山本勘助説は確かに怪しい(笑)



「やまをはる」の「山」は
「山師」の「山」なんですね。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード