MVM 代表 石田希世士のブログ

『農産物業界のEXCELLENT COMPANY』を目指す経営者のブログです。


テーマ:

我々の事業領域である青果物業界で、弊社の収益力を高めるには流通業の立ち位置から川上か川下にビジネスを拡げていくことが有効であると考えています。  

 

現在の弊社は川上戦略に積極的に取り組んでいます。

 

昨今、川上戦略でよく見られるのは我々のような商社、あるいは流通会社が農業生産法人を立ち上げ、農作業全体のオベレ-ションや計数管理そして設備投資などの財務(ファイナンス)に関与する形態です。  

 

2004年に立ち上げた弊社の丹波野菜工房(兵庫のベビ-リ-フ農場)はまさしくこのタイプであります。 我々自身が生産者になり生産リスクの全てを背負っています。  

 

今年から我々が挑戦しているもう一つの川上戦略がコントラ事業(農作業受託業)というもの。  これは農作業の一部を我々が請け負うビジネス。  

 

例えば、弊社は播種と収穫そして選果の作業を担う。 生産者の方には施肥などの土作り、灌水(水遣り)や防除などをお願いする・・・・生産者と弊社の協業で作物の栽培に取り組むビジネス。

 

コントラ事業の目的は我々の知見と技術を農作業のオペレ-ションに生かす事で、競争力のある商品を作り出す事。 

 

そして生産者の方の物理的な負担を軽減することで栽培意欲を上げて頂く目的もあります。

 

これは私見でもあるのですが、青果物の農作業全般はどうも収穫と選果・選別に大きな負担があるように思います。  

 

例えば、我々の主力商品の一つである北海道産南瓜は生産者の高齢化や労働不足等で生産量が減少傾向にある。 

 

我々としては販売量を増やしたいのですが、重量野菜である南瓜は収穫と選別が大変で生産者(農家)の方達からは敬遠されてしまう。

 

そこで、我々が収穫と選別を担い、さらには販売も引き受け再生産価格を保証します。

 

生産者の方は農作業の負担が軽減され且つ市況(売値)など気にしないで安心して栽培に専念できます・・・つまり栽培意欲の向上が期待できるわけです。

 

今年から弊社は南瓜専用の収穫機と南瓜専用の光センサ-を購入し北海道の産地で稼働を始めました。 収穫機は日本で初めて使用されるもので人力の数倍の馬力を擁するもの。

 

まだ試運転を始めたところでデ-タが固まっていませんが、かなりの省力化につながるでしょう。  また適熟期に一斉収穫が出来る事で品質の向上にもつながるはずです。 

 

光センサ-は全国で三台目となる希少な機械で、これにより食味(甘味とほくほく感の)によるグレ-ディング(選別)が容易になります。  

 

弊社の南瓜ブランド”ほめられかぼちゃ”の品質に対する信頼性も更にアップするものと考えています。

 

ご紹介した通り、川上戦略は機械設備あるいはビニ-ルハウスなどの施設への投資が必要になってきます。

 

ビジネスにはスピ-ド感が必要ですが、過剰投資となってはいけません。 ここは一歩づつ成果を確かめながら着実に歩を進めて行きたいと考えています。  

 

 

南瓜専用の光センサ-選別ライン

 

 南瓜ハ-ベスタ-(組立前:トラクタ-部分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日の8月31日(やさいの日)に銀座ヤマガタ サンダンデロで北見黄たまねぎの親善大使就任式が行われました。 

 

そして、同店のオ-ナ-シェフであり、地産地消のイタリアンの第一人者である奥田政行シェフに”北見黄たまねぎ”の親善大使にご就任頂きました。

 

当日は奥田シェフから8種類もの”北見黄たまねぎ”を使用したお料理を、参加頂いた販売先やメディア関係の皆様に振る舞って頂き大盛況の会となりました。 

 

(北見黄たまねぎの)素材の魅力が存分に引き出された本当に美味で素晴らしいお料理の数々でした。

 

産地からは生産者を代表して中村俊輔さんに参加頂きました。 

 

以前に当ブログで紹介しましたが、在来種である”北見黄たまねぎ”は交配種であるFI種のたまねぎの台頭で絶命の危機に瀕した歴史があります。 

 

F1種は収量が高く、貯蔵性にも優れている。 一方、”北見黄たまねぎ”は食味は良いが栽培が難しく製品率が悪い。 

 

”北見黄たまねぎ”を栽培していた生産者は次々と経済効率の良いF1種のたまねぎに播種を切り替えて行き、最後に一人だけ残った生産者が中村さんです。

 

中村さん曰く、『おいしいたまねぎを作ることを続けたかった。 そして在来種を作り続けることで地方の食文化を守りたかった』

 

採算が悪いなか、いわゆる儲からないにも関わらず頑なに”北見黄たまねぎ”の栽培を続けた理由です。

 

中村さんの想いと奥田シェフの想いは同じです。 奥田シェフは地域の魅力を、料理を使って最大限にお伝えする事がご自身のミッションと著書に書かれています。 

 

以前から在来種、地域で昔から親しまれてきた食材に注目されていました。  

 

素材に対して一流の目利きが出来る奥田シェフの事ですから”北見黄たまねぎ”は磨けば光る原石、本物の食材だと看破されていたのだと思います。 

 

経済効率よりも味を優先する、素材が持っている魅力を生かす。 そして地方の食文化を継承していく・・・・大切で守るべき価値観であることは間違いありませんが、ビジネスとして成り立たなければ継続していくのが困難になります。 

 

ここに我々の役割があります。 消費者の皆さんに商品の魅力をお伝えする。 そして商品を愛して頂き、ファンになっていただく・・・・この作業が弊社の役割であると考えています。 

 

これから生産者の皆さんが安心して栽培できるレベルまで”北見黄たまねぎ”のファンを増やしていかなくてはなりません。 

 

我々が頑張る事によって地域活性化のお役立ちが出来る、地方のいや日本の素晴らしい食文化を継承するお手伝いが出来る・・・・一段と”やりがい”が湧いて参りました。

 

最後にこのたび親善大使をご快諾頂いた奥田シェフ、生産者の中村さん、ご来店頂いた皆様他関係者全員に深謝申し上げます。 

 

奥田シェフ

生産者の中村さん

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
You can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.” Steve Jobs   


先週は年に一度のアップルファクトリ-ジャパン(以下AFJ)の役員会が弘前であり久しぶりの青森出張へ。  


アップルスイ-ツ(カットりんご)の製造工場であるAFJは今期(7月以降)から10年目を迎えます。 

不肖、私が節目の10年目でしみじみと感じる事は、ビジネスや人生がもたらす人の縁の不思議さ、面白さです


冒頭のスティ-ブジョブスの名言の通り、自分達が歩んできた道のりや他人との縁というものは現在から過去を振り返る事で必然であったかのように感じる事ができます。     


AFJを共同経営する青森のパ-トナ-達との出会いはまさしくそう・・・・・10年前には互いに結びつくとは想像すら出来なかったドット(点)とドット(点)。  


私の側から考えると、”米国流のカットリンゴビジネス”を日本で立ち上げたいという強い想いが、青森のパ-トナ-達との出会いをいざなってくれた気がします。 たしか2006年の秋の頃でしょうか・・・。  


もう少し記憶を遡ると新しいビジネスを立ち上げたいという想いは、米国のビジネススク-ルの時代にありました・・・・もう二十数年前の事です。   


おそらく”スタ-トアップ”(起業)を煽るビジネススク-ル特有の空気と二代目経営者の気負いが、ニュ-ビジネスへの想いを熱くしていたのだと思います。 しかし、それがりんごのビジネスなろうとは・・・


話が戻りますが、AFJはこれからも企業成長を果たして行きたいと考えています。 今後は製造能力に加え産地であるアドバンテ-ジを生かし生産機能も充実させていきたい。 


原料(りんご)の調達はアップルスイ-ツ(カットりんご)事業を左右する大切な生命線であることは言及するまでもありません。


そして、青森のパ-トナ-達との縁を大切にし同地においても尚一層の企業理念の実現つまり、”事業にかかわる全ての人々の幸福”を目指して行きたいと考えています。


 





 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。