九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)は27日、抗がん剤を過剰に投与するミスがあり、70代の男性患者が意識不明の重体になっていると発表した。
 同センターによると、男性は食道がんの放射線化学療法を受けるため、4月12日に入院した。主治医の40代の男性外科医は参考資料を見誤り、抗がん剤を必要以上に投与する治療計画書を作成。薬剤室などのチェック機能が働かないまま、19日から約2週間にわたり計画書通りに治療が進められた。抗がん剤は2種類あり、それぞれ通常の1.5倍と2.8倍投与されていた。
 5月6日の血液検査で男性の白血球数などに異常が見つかり、投与ミスが発覚。男性は14日から意識不明の状態が続いている。 

【関連ニュース】
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
<囲碁>本因坊七番勝負第2局 山下、手厚い封じ手(毎日新聞)
関東甲信、雷雨に注意=北・東日本は2週間低温―気象庁(時事通信)
iPad、日本で発売=早朝から長蛇の列―東京(時事通信)
営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結(医療介護CBニュース)
AD