(尺岩魚をバラした権兵衛毛鉤、テールではじいたか?)

バラした権兵衛毛鉤

始めての竿を使うときは得てして貧果に終わるものである。だからこそ当初は「天空テンカラ3.1」を使用して2、3匹釣り上げたあとで金剛にスイッチするつもりだったのだが、やはりだめだった。先調子で硬めの竿を使ったこと、また、アワセが速かったこともあり、尺クラスの岩魚を2度もバラしたのである。

「岩魚は遅アワセ」と言われるが、私は基本的に岩魚、山女魚を問わず遅アワセの方である。魚が「食った!」と思った時に(食うのを見た時に)、一呼吸おいてアワセる。これでかからない魚は、そもそも咥えていないと考えることにしている。今回は、もっと遅くあわせる必要があった。以前、岩魚の渓をホームとするテンカラ師から聞いたところによれば、ハリスが不自然な動きをしたり、手感を感じてもあわせることなく、次に「ガツン」と来た時にアワセるのが岩魚のアワセだそうだ(この方は、激重逆さ毛鉤で底石を転がす釣り方である)。この渓の岩魚には、まさに遅アワセが必要だった。

(入渓点付近)

入渓地点

堰堤前の浅瀬(チャラ瀬)の石周りを流していた時、魚が反転するのを確認しアワセを入れた。今思えば、このポイントまでしばらく魚の反応がなかったこと、また、薮沢のため竿を出すポイントも限られていたこともあり、気持ちが流行って若干速アワセだったかもしれない。「かかった!」とアワセたところ、魚体をくねらせながら下流へ下る。「でっ、でかい」、白っぽい魚体の岩魚である。次の瞬間、「ピン」と音でもするかのように毛鉤が飛んだ。岩魚は暫くのたうち、下流へ逃走した。硬めの7・3調子の竿を使っていたことも一因だろう。

ロッドを金剛に替えて、すぐ上流の堰堤でも、同様な状況で岩魚をバラした。尺岩魚ではなかったが良型であった。「金剛であの岩魚をかけていたら、扇のようにしなっていただろうな。」テンカラ師の浪漫である。

今回の渓はいつもの奥多摩より更に奥である(いわば奥「奥多摩」)。水温は終始11度で外気温は17度程度であった。標高1200mくらいの一帯を釣り結局ランディングできたのは10センチ程度の山女魚一尾のみ。

魚影はそこそこだが竿を出すポイントが限られている。片道2時間弱歩いてポイントがかなり制限されていては釣行とは言えないのではないか。

(またしても、お米を忘れた。)

ご飯忘れた!

スティチのマグ

 

2 テーパーライン(金剛スペシャル)の製作に着手

今回もいつものようにナイロンテーパーライン(2.5m及び3m:自作)とマスターライン3.0mを使用した。3mの自作ラインを使用した際、竿元から10センチくらい「バカ」が出た(竿よりも長い)。今回使用した自作3mラインは、かなり正確に長さを調整して製作したので10センチも余るのはおかしいと思い自宅で金剛を計測したところ2.92mくらいしかない。多少の誤差はあるとは聞いていたが、これはラインの長さを竿にあわせる必要がある。

また、私の薮沢志向と相まって、これまで比較的先調子(7:3)の中硬調のテンカラ竿を使用してきたため、金剛10号のような、やや胴寄り気味、6:4調、粘りバット系の竿にマッチするテーパーラインは使ってこなかった。これは自作するしかない。コンセプトは退渓場所から駐車スペースまでの徒歩2時間で固まっている。通常のテーパー状(徐々に細くなるようにつなぐ)のではなく、コンベックス又はウエイトフォワード(WF:weight forward)タイプ(最初の4~50㎝先で太めのラインをつなぎ、ハリ先に向けて徐々に細くつなぐことでラインの重心もやや前方になる。)である。この形状にすることで金剛の持つ竿のキックポイントを活かすことができる。

以前にもこのタイプは試作しており、ラインの号数、構成比、おつり現象の局限化を図るなど微修正を施し製作する。

貧果に終わった時こそ得るものがある。次での釣行はこのプロトタイプでいく。

てんから手ぬぐい

AD

朝1番

この沢への釣行は平成23年(2012年)9月24日以来である。2年間単身赴任をしていたため3年半以上経過してしまった。今回は吉田毛鉤会のベテランUさんと同行のため、安心感がある。他の人の釣り、歩き方をみるのは本当に勉強になる。

1時間ほど林道を歩き、標高約700m地点の魚止め橋(?)あたりからの急峻な仕事道を辿る。

いつもの休憩場所3

 

萌える

萌える緑とはまさにこの風景である。これが奥多摩・美人沢の魅力だ。これだけでも足を運んだ価値がある。なんて思ったからか、入渓後、何匹か反応があったが、あとはさっぱりである。生体反応があまり感じられない。水温は11度あり、この時期、標高800m以上の渓では上々である。Uさんも首を傾げている。最初にチビ山女魚を1尾ランディングできただけだ。

内野さんここから釣る

(Uさんは私より少し手前で入渓した。ドライで1尾ランディングしたそうな。)

{AE2B16C4-6388-4385-B856-FA685FF0C183}


竿落とした!釣り開始・860m地点

   昼食後、ラストチャンスとなりそうなポイントをUさんが譲ってくれたおかげで、3尾立て続けにランディングできた。この渓ではgood sizeで、とても野性的な山女魚だった。久し振りの美人沢でもあり、いつもより毛鉤を枝に取られた。平常心が大切だなと痛感した。あとひとつの教訓は、仕掛けはショートであれば良い訳ではないということ。32の渓愚PRO(スペシャル)と自作の2,5mテーパーラインではタックルバランスが私的には今ひとつであった。2.7mか2.8mのショートラインがベストか?次回のお楽しみにしよう。

{A67ED519-E434-41D3-B83F-3190480C10CF}


野性的な山女魚

 

 

AD

2016 初入渓

テーマ:
昨今は色々とあり、入渓のタイミングのタイミングを逃していたが、ようやく入渓することができた。前日もバタバタしていたため、アラームのセットに不備があり、目が覚めたのが5時半過ぎ!行く気も失せてきたが、ゆっくりと渓を楽しむことで十分、目的を達することができるはず。気を取り直して出発した。


往路2

歩き慣れた登山道をテクテクと歩く。いつも違い歩き易い。実はアプローチが長いため往復路は、今シーズンはトレッキングシューズを履き入渓の際にウェーディングシューズに履き替えることを試行してみようと考えている。

往路はモンベル・イオナブーツ

沢靴

時間もあまりないので、いつものところから入渓した。10時少し前、水温11度である。本日のタックルは渓愚カスタム32と自作テーパーライン3mにハリスは矢引(約1m)で臨む。いつもの入渓点から入る。入渓後、5分くらいでお約束のポイントから1匹目が釣れる。真ん中の流芯少し脇から出るということは、先行者はいないはずである。

1匹目のポイント

1匹目

その証拠に少し上流を進んだところで更に1匹追加した。

2匹目

ハリがかりしないまでも、何尾もアタリがある。これはハリを咥えていない。こういった渓の様子も「また楽し!」である。ポイント、ポイントで回遊している山女魚を先に視認するもゆっくりと毛鉤を見てUターンしていく。
やる気のない魚はしょうがないが、深瀬で補色しているgoodサイズを発見したが、やはりダメである。毛鉤のサイズかな?と思い、サイズを落として慎重にキャストすると、横から別の山女魚が出てきてヒットした。狙ってたものよりサイズが小さいがまあ良しとする。

3匹目は、回遊してた?

さて、この後何匹かと遊んだあとで、昼食の準備であるが、なんと雑炊を作るために用意した「押し麦入りご飯」を忘れてしまった!結局、単なるワカメスープと、行動食と食後のコーヒーがランチセットとなる。

雑炊のつもりが・・・・

行動食が昼食

食後のCofe

まだまだ、うーん修行が足りない(平常心が保てない)。
今回の釣行で一番嬉しかったことは、2段になっている落込みの上段の小さなポイントから魚を引き出したことである。流れも比較的速かったが、流れのスパンの短いところから、狙い通りに魚を引き出せたことは大きな収穫であった。こういったことがあるからやめられない!
考えてみると、テンカラを始めて、もう18年目である。
PS よろしければ、以下のリンクも参照願います。

https://yamap.co.jp/activity/304543






AD

ライン作成2

ライン作成1

土曜日は、釣り仲間のUさんにモニタリングしてもらうため、テンカラ釣り用にテーパーラインを製作した。FMラジオを聞きながら作成すると、気分が盛り上がります。

翌日日曜日は、Uさんと奥多摩の谷へのアプローチ路を探索しました。仕事道崩壊のため、残念ながら撤退しました。詳しくはこちらをどうぞ。

風景1・17

https://yamap.co.jp/mypage



5月23日(土)お馴染みの奥多摩釣行、私にとって初めての谷である。

薮沢である。ポイントとなる場所も限られているし、水量も少ない。更に1昨年の大雪の影響か流木、倒木も凄い。
しかし・・・・、

魚のサイズも悪くはない。いるべきところにはいる。

堰堤を越えると・・・


画像中央に見えるピークは海抜1154m(国土地理院1/25000「武蔵日原」参照)。この日釣行した谷はこのピークをぐるりと回り込んで流れている(・・・・・・・というほど水量があるわけではないが)。


車止め近くの支谷の岩魚。この谷もボサ。

鮭茶漬け雑炊。

総括としては、一部伏流し、水量、ポイントも極端に少ない。・・・が、その割には良型がいる。山釣りの渓だ。
何故か「また来よう」と思っている自分がいる。





’15シーズン開幕!

テーマ:
2年間の単身赴任も終了し、いよいよ渓流シーズンが開幕した。まずは4月25日、吉田毛鉤会メンバーとおなじみのK谷に釣行した。

テンカラ釣り

単身赴任中に夢にまで出てきた奥多摩の渓相だ。

4月25日川乗谷

この岩が奥多摩界隈の特徴である。
残念ながらこの日(4月25日)は魚の顔は拝めずじまいだったが、別の谷も視察し、十分渓を満喫できた。
さて、5月5日の子どもの日、この日くらいは少年になろうと吉田毛鉤会のT・TさんとS谷に釣行することになった。地理的には山梨県なるが奥多摩の谷である。

風景3

風景2

午前中(早朝)は魚の気配はほとんど感じられなかったが日が、日がさしてくるにつれ、T・Tさんにも私にも反応が現れてくる。

最初の1尾

最初の1尾(アマゴ)である。日当りの良い深みの大岩沿いに出た。25弱くらいだ。
20~22強がこの谷の平均サイズである。数も出る。完全な広葉樹林帯で東京近郊の山では貴重な谷である。植生のため栄養が行き届いているのだろう。サイズがでかい。

良いサイズ


実に気持ちがいい!

最後の最後に27センチクラスが出た。

なかなかよらなかったので、抜こうと思っても出来なかったくらいの引きだった。腰を落としたまま、扇返しをして寄せたが手首が痛くなるくらいだった。この魚を含め、もちろんC&Rである。
このほかにもT・Tさんと2人で尺クラスを目撃した。
大切にしたい渓だ。T・Tさん、ご案内ありがとうございました。




人気の奥入瀬川水系。魚影が薄い訳ではない。渓流人口も奥多摩よりも少ない。水温も16度。でも反応がない!去年の9月の釣行とは雲泥の差である。今シーズンは足しげく南八甲田に通っているのに・・・・。
閑話休題。遠くもないのだが(近い!)、前日乗り込みで、23時くらいから一人宴会で盛り上がってしまった。楽しいなぁ!

入渓後、30分くらい渡渉してから6時30分くらいから、竿を出し始めるが、全く反応がない。10時30分くらいに納竿した。結果は3尾のランディング。

「俺って下手くそ!?」と思った。
数釣りにはこだわらない。
狙ったテンカラができなかった。
「(教科書どおりでなくとも)ここで出るでしょ?!、反応あるでしょ!?」。
それがない。
すべて「聴きアワセ」の釣果である。
釣趣に欠ける。


「暫くやめよかな」
「東京・奥多摩に帰りたい」
でも・・・
釣行を終えて、渓を下っている時、帰路を運転している時、そして今この瞬間もどうしたら、ここ北東北でも「テンカラ師」として胸を張ることができるのか、そのための攻略法を考えている。

仕事そっちのけ!

追伸:岩魚の渓なのに、水温16度でも瀬で出ない!瀬から続く開きでも同じ。緩やかプール状か。「開き」の終わりで待ってるパターンです。
浅瀬が続く、テンカラ向きの渓なのに!

八甲田 田代平(7月6日)

テーマ:

ようやく天候に恵まれ、釣行することができた。
標高600~700mの高原を流れるクリークである。広葉樹林は気持ちいいのだが、テンカラに関しては、奥多摩とはどうも勝手が違う。何が違うのか?

第1 岩魚しかいない。
第2 瀬では全く出ない(この時期の特徴か?)
第3 100%広葉樹林帯のため、毛鉤の損耗が奥多摩薮沢の比ではない。
第4 湿地帯でなければ、遡行は楽。

第1について
この辺りの岩魚は100%天然と思って間違いない。ただ、今日入った渓は魚影は薄いかも(今日が初なので、まだ、断言はできないが)。奥多摩の岩魚と違い、斑点は大きめ。

第2について
水温は11度~12度。外気温は今日で25度(PROTREKでの計測なので体温を感知してる可能性が大。実際は22、3度くらい)くらいまで上がったが、瀬では全く反応がない。走りもない。(陸生)昆虫が少なく感じた。真夏が盛期かもしれない。

第3について
一見ふれそうなのだが、思わぬところに枝が出てる。こんなに損耗するとは?毛鉤巻きましょ。

(左は水がないので右の沢に入ったら程なく合流。中州のようになってました。)

第4について
落差が激しい奥多摩を懐かしく感じる。かなり平坦に感じる。だが、石が全体的に丸いため、浮き石のように良く動くので注意!

まとめとして
まだまだ修行が足りない。特に精神面。ガツガツしてるな。反省です。

250円のソフトクリーム。濃い味でした。


良い渓相なのだが・・・

テーマ:

前日に少しではあるが毛鉤の準備もした。
前日に飲み過ぎたこともあり・・・・
6月1日(日)好天、出遅れて渓へ向かう。
11時ころから歩き始め、11時30分くらいから入渓した。

暑すぎるくらいの素晴らしい天気、速乾性パンツでウェーディングするも、冷たさがちょうど良い。GW中の奥多摩とは大違いだ。水温計を忘れて、水温こそ計っていないが雪代の影響で冷たすぎるということもないと思う。だが、しかし・・・・・
魚が出ない。全く反応がない。

1 先行者らしき足跡(今日のものではない。土曜日か?)
2 朝まずめを狙うべき(プライムタイムを外したか?)
3 そもそも魚がいない(漁協の管理下でもあるし、放流してないまでもこの上流の滝で 岩魚の「滝上り」が目撃されている)
4 腕が悪い(それにしても反応も魚の走りもない)

ここまで反応がないとすべてがマイナス思考である。
「河原が少なく歩きにくい」とかなんとか、いちゃもんも付けたくなる。
それにしても、全くの「ぼ」の1日だった。
こうなったら来週、リベンジである。



私が大学4年の時(1983年)だったと思う。「メガトレンド」という書籍が出版された(翻訳:竹村健一)。内容的には「今後、高度情報化社会(INS:(sofisticated)Infomation Network Society)となりメディアもケーブルテレビなど多様なハードウェアが普及し、個人の嗜好が多様化する。その結果ソフトウェアも多様化するであろう。」というものであったと思う。ただし、「人は技術が発展すればするほど、逆に、より自然なものを求める傾向にある。したがって無機的な社会一辺倒になることはない」。これを「High-Tech, High-Touch (ハイテック、ハイタッチ)」と記述していた。
テンカラ専用のレベルラインなどが販売され、システムもシンプルで手軽にできるのがテンカラの魅力でもある。
もうひとつは、わざわざ、深山渓谷に入り込み、馬素(ばす)やナイロンでテーパーラインを製作し「あーだ・こーだ」と云いながら自ら雰囲気にどっぷりとしたる。
私など手帳に自ら製作したテーパーの構成、素材やキャストのimpressionを書き込み、「しおり」に幕末の英雄、我が日野市出身の「土方歳三」の肖像写真を使ったりする。

世の中が加速度的に進化する一方で、「ハイタッチ」あるいは「スロー」を求める1960年生の私である。