医療事故や医学部・大学等の事件の分析から、事故の無い医療と適正な研究教育の実現を!金沢大学准教授・小川和宏のブログ

医療事故での死亡は年間2万〜4万人と推計されており(厚生労働省資料)交通事故死の約4〜8倍です。医療問題やその他の事件が頻発している金沢大学の小川が、医療事故防止と事故調査の適正化や、医学部・大学等の諸問題と改善を考えます。メール igakubuziken@excite.co.jp


テーマ:
金沢大学不正通報後ハラスメント訴訟の判決が今週木曜(3月30日)
〜金沢大学は初期(平成18年末頃)より深刻さを認識
 〜金沢大学ハラスメント調査・防止体制は自殺防止か促進か?
  (医学部大学等事件50)


 金沢大学不正通報後ハラスメント訴訟の判決が、今週木曜(3月30日)に金沢地裁で言い渡されます。平成19年5月15日の提訴から間もなく10年です。

日時:平成29年3月30日(木) 午後1時10分
原告:小川和宏
被告:吉本谷博、国立大学法人金沢大学
事件番号:金沢地裁平成19年(ワ)第305号、同平成23年(ワ)第281号(2件併合)


 今回は、金沢大学が証人申請した横山壽一証人の尋問調書(裁判所作成)を中心に、金沢大学が初期より深刻な状態を認識していたことや、自殺と金沢大学ハラスメント調査・防止体制との関連についての尋問のやりとりなどをご紹介します。

 なお、証人の横山氏は、小川の件とそれ以前の産婦人科で無断人体実験告発の件でのハラスメント調査委員長およびハラスメント総括相談員で、その後、ハラスメント防止委員(ハラスメントか否かの判断も担当する)を経て、昨年4月の定年退職後も金沢大学によりハラスメント相談員に任命されています。

 今回も字数が少々多いので、見出し、本文下線部と画像を中心にお目通しいただければと思います。

1、初期(平成18年末頃)に深刻な状態と故意を大学が認識

●横山証人尋問調書(裁判所作成)53ページから
(質問者は、藤田裁判長)
問い:あなたが小川さんと吉本さんとの関係でかなり深刻な状況にあるというふうに認識していたという言葉を先ほど述べてましたね。それは、どの時点でそういうことを認識したということなんですか。
答え:それは、予備調査の段階と、本調査が始まって講座の関係者から聞き取りを行いましたので、その中で様々な緊張関係が生まれてるということは具体的に話を聞くことができましたので、そこから判断をしました。それから、預け金問題については、私は直接関わる立場にはありませんでしたけども、預け金問題を巡って両者の間で大変厳しい関係になっているということについても、これは様々なハラスメントに関わる、或いは周辺状況ということについても私のところに集まってくる状況というのはありましたので、そのことも含めて判断したということであります。
問い:かなりパワーハラスメントが行われている疑いが強いというふうな心証を持ってたんですか
答え:そうですね、何と言いますか、具体的な言い方までは分かりませんけども、かなりハラスメントになるぎりぎりのところまでやるみたいな話も本人が言ってたということまで聞き取りの中では出てきてたというふうに思いますので、かなり深刻だというふうにはちょっと思って。
問い:今、本人と言ったのは、吉本さん本人がそう言ってたということを誰か別の人が言ってたという、別の人があなたに報告ないし証言したということなのね。
答え:そうですね。はい
<引用ここまで>

●横山証人尋問調書(裁判所作成)4ページから
(質問者は、被告金沢大学代理人東巌弁護士)
問い:具体的には、誰を調べたんですか。
答え:まず最初が、確か樋口さんという、当時、助手だった方ですね。それから、事務補佐員であった井上さん。まず、この二人から話を聞きました。
<中略>
問い:面談した結果、どうなりましたか。
答え:吉本教授の講座の運営について、多くの人たちが問題を指摘しているということが分かりましたので、これはやはりきちんと調査をしなければならないという判断を致しました。
<引用ここまで>


●横山証人尋問調書(裁判所作成)32ページから
(質問者は、原告小川代理人三竹弁護士)
問い:それから、その話の流れで、吉本研究室の安田さん、川尻さんという方からも話を聞かれたということを証言されましたが、このお二人はどのような内容の説明をされていたのでしょうか。
答え:やはり教授の日常的な言動について、非常に威圧的であったり、権威を借りたような言い方をされるというようなことだとか、あとはお金の管理について大変細かいし厳しいというふうなことも指摘があったというふうに思います。
<引用ここまで>

●横山証人尋問調書(裁判所作成)34ページから
(質問者は、原告小川代理人三竹弁護士)
問い:<前略>あなたがそういう4人から聞き取った内容に対して、吉本教授の説明は、自分に非がなくて小川に非があるんだという説明をされたということですが、あなたが聞かれた一連の聞き取りの中での御判断ですが、その吉本教授の説明というのは正しいものだという印象をお持ちですか
答え:いいえ
問い:持たれましたか。
答え:それはかなり、何というか、他の方から聞いた話とは違っておりましたので、これはそのまま受け取るわけにはいかないというふうに思いながら聞いたという記憶がございます。
<引用ここまで>


2、バリケード(保全を求めた証拠)を保全せず(写真さえ撮らず)

(1)バリケード封鎖(不正有無で争っていた時期)

 不正経理の有無で約1年間争っていた時期に、私だけ別の階にデスクを置かれ、物品類でバリケードのように封鎖されて、その中でイスのすぐ後ろまで段ボール箱を積み上げて殆ど動けない状態にされました。

 次の写真(甲50号証として提出したものの一部)の通りで、平成18年夏から平成19年3月7日(研究室の引っ越し日)まで、吉本被告がこの写真の通りにしたという事実関係は、原告小川と吉本被告の双方が認めており(バリケード開始日の主張はその夏の時期内で違いはあり)、原告小川は「バリケードであって封じ込める嫌がらせだ」、吉本被告は「間仕切りだ」と主張して、対立しています。


●バリケード写真1(甲50号証の一部より)
 上図の右側、赤の部分がバリケード封鎖された区域で、右下の原告小川のデスクとイスがあり、下の写真の通り、イスのすぐ後ろまで段ボール箱が積み上げられている。

バリケ1

●バリケード写真2(甲50号証の一部より)
 上の写真の左奥が原告小川のデスクとイスで右がバリケード、下の写真は原告小川のデスク付近の高所より撮影したもの。

バリケ2

 この時期の他の部屋は、次の甲49号証の一部の通り、スペースに余裕がある状態でした(この写真証拠についても争いなし)。

●他の部屋の写真(甲49号証の一部より)
 他の部屋にスペースがあったことを示すために出した写真証拠の一部で、下の写真の中ほどに丸イスが2つあるのは、スペースがあることを示すためにこの写真撮影の際に置いたもので、普段はここが充分な空きスペースになっていたという一例です。

スペース

(2)新聞記者が見て驚きバリケードだと言って写真撮影、横山ハラスメント調査委員長は写真さえ残さず、吉本や小川と全く異なる「荷物が次々運び込まれていた」と主張、証拠隠滅か否かで争い

●横山証人尋問調書(裁判所作成)28ページから
(質問者は原告小川)
問い:それで、バリケードと言うべきものか否かの話で。
甲第192号証の2(録音反訳写し)を示す
問いの続き:これは朝日新聞の浅野直樹記者が平成18年11月28日の午前、私がバリケードで閉じ込められているところを偶然取材して、バリケードだと言って驚いて写真を撮って帰った、そこの会話が録音反訳1ページ目の時の会話の一部です。それで、その数箇所月後に吉本さんが懲戒処分を受けたわけですけれども、それで、、、<中略>、、、ここで浅野さんと私との会話、これは懲戒処分の3日ぐらい前ですけれども、「バリケードの件、写真、証拠は残ってますか?」と私が聞いて、浅野記者は、「残ってますねえ、はい。」と答えてます。つまり、彼もバリケードだという認識だったわけです。こういうやり取りがあるんですけど、あなたは、あれはバリケードという評価をするものか、しないものか、どういう印象を持ちましたか。
答え:移転の最中に荷物がそれぞれ運び込まれて、移転すべきものが並べられたというふうに見ましたので、それをバリケードだというふうに、つまり原告を閉じ込めるために作られたバリケードだというふうには判断しませんでした
問い:なぜ現物を見ないでそこまで分かるんですか。写真さえ残して。
答え:それは後の話でございます。写真を確認した後の話でございます。
問い:じゃあ、私の甲号証の写真を見てそう感じたという、そういう意味ですか
答え:そうです。大学側も写真を確か撮ってるはずでございますので、両方、写真の確認ができたと。その上の話でございます。
問い:大学が写真を撮ってるのは、誰が撮ったんですか。
答え:直接、正確にはちょっと覚えておりません。
<引用ここまで>


引用者説明:
 上述の通り、平成18年夏から平成19年3月7日まで、原告小川が写真の通り、段ボール箱を積み上げて囲まれていた状態であった事実は、吉本被告も認めています(夏の時期内でのバリケード開始日については争いあり)。

 しかし、バリケードの保全を求められた横山ハラスメント調査委員長は、上記の通り、「移転の最中に荷物がそれぞれ運び込まれて、移転すべきものが並べられたというふうに見ました」「原告を閉じ込めるために作られたバリケードだというふうには判断しませんでした」と証言しました。実際に、写真さえ撮らずに保全しませんでした(後述でも)。

 また、この平成18年11月28日昼頃の浅野記者によるバリケード撮影と同日午後の金沢大学本部広報部への取材の翌日である同月29日、横山氏(当時、ハラスメント総括相談員および学長補佐)から原告小川へ初めて連絡があり、ハラスメント予備調査を行うことに同意するか否か、面談に応じるかどうかなどを打診するものでした(金沢大学が証拠提出)。

 しかし、金沢大学が丙26号証として提出したハラスメント調査時系列表には、同年11月21日に、予備調査を行ったと明記されており、もし仮にこの時系列表の内容が真実であれば、11月21日に予備調査を行った後に、横山氏が原告小川に「ハラスメント予備調査を行うことに同意するか否か」を尋ねてきたことになります。


3)保全の必要なしとして写真撮影さえ依頼せず

●横山証人尋問調書(裁判所作成)27ページから
(質問者は、原告小川)
問い:バリケードの保全の要請についてなんですけれども、確かに直前ではあったというのはおっしゃるとおりなんですけれども、じゃあ、証拠の写真は残しましたか
答え:直接には私はかかわっておりません。
問い:関わってないんですか。
答え:写真は撮っておりません、私自身が。
問い:撮ろうともしなかったんですか。或いは撮るように要請しなかったんですか、事務部長でも誰でもいいですけど。
答え:直接にはしておりません
問い:直接にはというか、間接にはやった人がいるんですか
答え:いや、しておりません。
問い:直接も間接もないということですね。
答え:直接に証拠を保全するということも、写真を撮るということ。
問い:写真です。写真の話
答え:について、要請はしておりません
問い:物じゃなくて。ないですか。
答え:要請はしておりません。
問い:ということは、ハラスメント調査委員会にバリケードの写真はないということですか
答え:後に、その写真が、原告が多分撮られたものだと思いますが、その写真については確認する機会がありました
<引用ここまで>


●横山証人尋問調書(裁判所作成)40ページから
(質問者は、吉本被告代理人清水弁護士)
問い:そうすると、ハラスメント調査委員会とすれば、疑いの眼で吉本のハラスメントを見ているわけですから、例えば、小川さんの方から先ほどのバリケードに関する証拠保全の申入れがあれば、ハラスメント調査委員会とすれば、それなりに速やかに何らかの手を打たなければいけなかったんじゃないですか
答え:そのようには、その時は判断しなかったということでございます
<引用ここまで>


●横山証人尋問調書(裁判所作成)50ページから
(質問者は、川崎裁判官)
問い:証拠保全の話が出てきましたので、その点について伺いますが、金沢大学法人あてのファックスが送られてきたということなんですが、平成19年3月6日に。そのファックスは、どのような経緯であなたが受け取ることになったんですか。見ることになったんですか。
答え:同じものに私の名前を入れて、私あてに、直接には大学の職員支援課ですが、そこに送られてきたので、そこから連絡を受けて見たということだったと思います。
問い:あなたとしては、それを見た時に、原告に対するハラスメントが問題になってる状況下で証拠の保全を求められてると、そういう認識はあったということなんですか。
答え:証拠の保全を、バリケードと壊れた机の保全をというふうに、タイトルがそういうふうになっておりましたから、ええ。
問い:それは、何か原告に対するハラスメントに関係がある可能性があって、その保全が求められてると、そういう認識はあったんですか
答え:もちろんそれはありました
<中略>
問い:その対応として、現場の状況が、その後解体されてしまうというか、解消されてしまう状況のもとで、写真をとりあえず撮って現場の状況を保全しておく、評価は別としてですけどね、そういう考えには至らなかったんですか、至ったんですか
答え:当時、いろんな可能性というのは多分考えたと思いますが、直接にそういう形での対応をするというふうにはしなかったということです。
問い:必要がないと思ったんですか?
答え:具体的な状況説明を受けた時に、先ほどちょっと説明しましたように、壊れた机については新しい移転先に荷物台として移転をするということになって、机そのものについては、執務机については別途提供してあるというふうに説明を受けましたので、あとは移転するということについても、引っ越し中なので、そのことはなかなか難しいというふうに説明を受けたということで。
問い:あなたとしては、そのような保全のファックスを受けて、現場は直接確認されてないということですか
答え:そうですね
問い:その時、いわゆるバリケードと言われるような状況がパワーハラスメントを基礎づけるような状況だったのか、それか全然そうではない別の理由によるものなのかということは、どうやって何で判断しようと思ったんですか
答え:直接には、当時、すぐに行ってみた、確認ということはしておりませんが、しかし、事務部長の説明からも、それは引っ越しをしていて、荷物を動かしている状況で次々と荷物が運びこまれている状況の中での、そういう荷物の状況だったので、それを直ちに、原告を封じ込めるためのバリケードだというふうに、それは判断しなかったということですね。
問い:ただ、現場の積まれ方とか、様子を見なければ、そういう判断って簡単にはできないと思うんですけれども、あなたとしては、報告を受けた人の判断が正しいと思って、それ以上は調べなかったと、そういうことなんですか
答え:事実の経過から言えばそういうことでありますが、これはもちろん大学に対しても、代理人に対してもファックスが行っておりますから、大学としての対応というのを当然考えるだろうというふうにもちょっと思っておりましたし、なので、私のできることについてはそういうことで対応してきたということです。
問い:あなたの方で、例えば、そのような荷物が積まれてるのはいつからのことかとか、周辺事情というんですかね。そういった調査とかは何かされたんですか
答え:それはやっておりません
<引用ここまで>


引用者説明:
 先述の通り、吉本・小川はともに前年夏から甲50号証の写真の状態であったとしているにもかかわらず、横山ハラスメント調査委員長は、次々に荷物が運び込まれている状況なので閉じ込めるものではないとして、写真さえ残さなかったのです。これが証拠を隠滅する行為か否かで争っています

 また、このバリケードがなくなる3月7日の引っ越し日の前に、横山ハラスメント調査委員長は、原告小川に対して、面談に応じるよう求めるメールを送ってきて、面談日をこの3月7日の後に指定してきました。つまり、バリケードが引っ越しでなくなる後の時期に(しかも、横山委員長は、写真さえ残さなかった)、面談日を指定してきたのです。



3、深刻な状況だと認識し、他の解決方法もあるのに放置

(1)具体的な状況を把握していた


●横山証人尋問調書(裁判所作成)35ページから
(質問者は、原告小川代理人三竹弁護士)
問い:最後の末尾がよく聞き取れなかった。その都度、何ですか。
答え:どのような状況にあるのかということについては、それは情報を得る立場にありました。というのは、総括相談員は、相談に関わる業務等について全て情報を聞く、情報が集まってくるという立場にありましたので、そういうことで聞いていたということでございます。
問い:そうすると、吉本研究室の中で小川がどんな状況であるかについては情報を得ていたということですね。
答え:そうです
問い:そうすると、吉本研究室の中で小川さんが研究室の機械も機器も自由に使えない状況であることも聞いておられたんじゃないですか
答え:それも聞いておりました。吉本教授の説明はもちろん違いましたけれども、そういう状況も聞いておりました。
問い:吉本研究室の共通予算も使えないという状況であるということも聞いておられたんではないですか。
答え:お金の管理については、教授が一元的に管理をしているという話はありました。
問い:そうすると、吉本教授が一元的に管理しているので、小川さんが研究室の共通予算を自由に使えない状況にあるということを聞いておられましたか
答え:それも聞いておりました。それが問題にされてるということも聞きました
<引用ここまで>

(2)大学執行部も状況を知っていたが、改善せず

●横山証人尋問調書(裁判所作成)36ページから
(質問者は、原告小川代理人三竹弁護士)
問い:そうすると、念のためにもう1回だけ聞きますけど、あなたがハラスメント調査委員会に属する立場として得られた小川さんに対する情報を他の関係者に伝えて、何か小川さんの状況を改善するために努力をした方がいいんじゃないかというお話をあなたが他の人にされたということはありますか、ないですか
答え:直接にはやっておりません。ただ、情報は我々以外のところでも把握をしていたという可能性はありますので、一切知らなかったという状況はないと思いますけれども、直接には、私の方から働きかけるという、そういう立場にはなかったということであります。
問い:この後、松井さんにもお尋ねする機会もありますので、余り詳細にお聞きしなくてもいいのかと。今、あなたが言われた、他の人も小川さんの情報を得ていた可能性があるというのは、具体的には何を思ってそうおっしゃっておられるんですか。
答え:それは預け金の問題もあって、それは提訴されて、処分が下るというような状況がありましたので、少なくとも大学執行部についてはそういう状況を把握していたということだと思います。
<引用ここまで>


(3)ハラスメント調査以外にハラスメント相談員として別方法あるが対応せず

●横山証人尋問調書(裁判所作成)48ページから
(質問者は、川崎裁判官)
問い:例えば何らかの支障があって一方との面談が実現できない場合、例えば被害者側が亡くなってる場合なんかがそうだと思うんですが、そういった場合には原則としを貫くことが困難だと思うんですが、そういう場合の対応はどうなっているんですか
答え:それは、調査委員会として調査を行って、調査委員会として判断を下すということはできませんので、その場合には。ただし、それは周りの状況から何らかの形で改善の必要があるというふうに思われた場合には、それは処分という形ではなくて、具体的に起こっている問題を改善するためにこのような対応が必要だということで、部局長を通じて、この改善の要請や指示を行うというふうなケースもございます。
問い:それは、ハラスメントと認定するわけではなくて、調査委員会として把握していた事実を基に何か大学側に要請するような、そういう形ということですか。
答え:調査委員会としての対応ではなくて、ハラスメント総括相談員として状況把握をした、その事案について、それは今言った、調査委員会を立てて調査を行うのか、或いは調停を行うのか、或いは具体的なそれ以外の措置をとって改善を進めていくのかということの幾つかの選択肢がございますので、その中で取り得る対応をしていくということは、それは可能ですし、実際にもそのようなことが沢山ございました
問い:そうすると、一方当事者からの面談ができない場合には調査委員会としての結論は出せないと、そこは動かないということになるわけですか。
答え:そうですね、基本的にはそういう立場です。
問い:その上で、調査委員として個別の対応を取ることが考えられるということなんですか。
答え:調査委員じゃなくて、総括相談員として。
問い:すいません。言い直します。調査委員じゃない、ハラスメント総括相談員として個別の対応をするということは考えられるということなんですが、本件については、何か総括相談員として個別の対応を取るということは検討されたんでしょうか
答え:いや、これは、とにかくかなり深刻な状況でしたので、それはやっぱり本人からきちっと話を聞かなければ、それはなかなか判断はできないというふうにずっと思ってきましたので、別の対応の仕方を考えるということはありませんでした
問い:今のお話だと、本人、加害者、被害者、一方との面談ができなくても、総括相談員ですか、として認識していた事情があって、これは是正しなければならないというものがある場合には、それは個別の対応があるということだったんですが、そういうものはなかったと伺ってよろしいんですか
答え:本件に関して、そのようには判断しなかったということです
<引用ここまで>

引用者説明:
 深刻な状況を具体的に認識し、ハラスメント調査以外の種々の改善方法がありながら、それを用いるという判断はしなかったという証言です。

 また、本件提訴直後の平成19年6月4日に、横山ハラスメント調査委員長は、原告小川に対して、訴訟中はハラスメント調査を行わないと、メール添付文書で知らせてきており(文書は甲74号証、後でお示しします)、元々、訴訟になっている部分は「ハラスメント調査」の対象外です

 従いまして、本件では、「ハラスメント調査」以外の方法、例えば、横山証人が述べた、ハラスメント総括相談員としての別の対応などで行うことになるのですが、それを行わなかった、ということです。


4、ハラスメント調査委員長が小川に「提訴準備中」、その後どうなったかに答えず

●横山証人尋問調書(裁判所作成)21ページから
(質問者は、原告小川)
甲第198号証(メール写し)を示す
問い:これはメールとその添付した添付ファイルを印刷したものですけれども、、、、<中略>、、、一番最後の紙ですけれども、甲198の。ここですが、「原告に対し慰謝料の損害賠償請求事件の提訴を準備している。」とはっきり書いておられて、この答弁書を陳述なさいました。公開の法廷で。その後、何年か経って、私は、これは撤回してないのかと、まだ提訴してこないけどとメールで聞いたことがありますよね。はいか、いいえか、どっちですか。
答え:はい
問い:それに対して、あなたは答えましたか。
答え:直接には答えておりません。
問い:間接には答えたんですか。
答え:答えておりません。それには答える必要がないというふうに判断を致しました
<引用ここまで>


引用者説明:
 前記の、「訴訟中はハラスメント調査は行わない」という横山ハラスメント調査委員長からの回答書(甲74号証、下に示します)で、「5月15日の訴状は受理されなかったと報告を受けている」とまで主張して(実際にはこの金沢地裁平成19年(ワ)第305号事件は、その場で受付が完了してこの事件番号が付された。これらの裁判書類も証拠提出済み)、訴訟中は行わないハラスメント調査に応じるよう求めてきました。

横山604

 この訴状不受理の虚偽主張(これにより、訴訟中は行わないハラスメント調査の面談に応じるよう求めた)や先述したバリケート隠滅以外にも、横山ハラスメント調査委員長と、既に弁護士会から1回目の懲戒処分を受けていた金沢大学代理人の知原信行・金沢大学顧問弁護士(公益通報窓口でもあった)による種々の困った言動が続いたため、私が両名を提訴したところ、その答弁書で、私に対する損害賠償請求を準備中であると陳述したものです。
 この訴訟は、「本体」とも言うべき、金沢大学と吉本氏を被告とするこの訴訟に併合(まとめて1件扱いにすること)されていました。


 なお、横山被告の代理人でもあった知原弁護士は、その後も更に2回懲戒処分を受け(どちらも業務停止8ヶ月の重い処分で、1回目の戒告と合わせて3回の懲戒)、新聞や日弁連月刊誌等で実名報道されて社会的制裁を受けたことなどから(新聞記事なども証拠提出済み)、私の代理人弁護士が、横山・知原両方被告に対する訴訟を取り下げると申し出たところ、横山・知原両被告は取り下げに同意せず裁判を続けると言ったため、やむなく請求放棄という強制終了の手続きをして終わらせたという経過があります。

 その後に、上記の「提訴準備中」はどうなったかを尋ねたわけですが、「答える必要がないから答えなかった」とう上記の証言でした。この「答えなかった」時期、横山元被告は、「ハラスメント防止委員」(各事案がハラスメントか否かの判断も行う)でした。


5、被害者脅しと隠蔽は他の事件(無断人体実験告発)と共通

(1)被害者認定した打出講師への口封じ書面


 産婦人科での教授(当時)らによる無断人体実験を告発した、打出喜義講師に対するハラスメント疑い事案について、同じ横山氏がハラスメント調査委員長になり(私の件より前の時期)、ちょうど私が不正経理の是正を求め始めた平成18年1月に、横山委員長らは打出講師を被害者と認定しました。

 しかし、横山ハラスメント調査委員長は、被害者認定した打出講師に対して、懲戒の可能性を示して口封じを行い(下の書面、甲117号証として提出)、それから4年以上後の平成22年に、テレビ朝日系『サンデープロジェクト』で、この口封じ書面とともに、未だに職場環境が改善されないことなどが報道されました(テレビ音声反訳は甲118号証として提出)。

 この書面が打出講師に交付されてすぐ(平成18年春頃)にその概略が報道され(これらも証拠提出済み)、続いて私の件では、先述した通り、横山ハラスメント総括相談員(調査委員長)が、新聞記者が私と大学本部へ取材した翌日に予備調査や面談を求める初めての連絡を送ってきて、その約3ヶ月後にバリケードという物的証拠を隠滅し、その約3ヶ月後に「訴状は受理されなかった」の虚偽主張で「訴訟中は行わないハラスメント調査」に応じるよう求めてきたことなどから、私はハラスメント調査委員会との関係について慎重にならざるを得ませんでした。

打出口封じ

(2)横山ハラスメント調査委員長は口封じ目的を認めた

●横山証人尋問調書(裁判所作成)16ページから
(質問者は、原告小川)
問い:要するに、これは送ったわけですね、打出さんに。はいか、いいえで聞いています
答え:分かりました。最終的には送りました
甲第118号証(テレビ音声反訳写し:旧甲B第29号証)を示す
問い:これはテレビ朝日系のサンデープロジェクト、報道番組の音声反訳です。田原総一郎さんがやってた番組で、これは2010年2月18日の放送。さっきのあの文書、あなたが送った文書から4年少し後の時期です。それで、4ページ目です、それで、この太字のところをざっと見ていただきますと、、、<中略>、、、「これは、打出講師に対する事実上の口封じに等しかった。」、「これを読むと、どちらが被害者なのか加害者なのかが、よくわからない。」、「これだったら、ハラスメント委員会そのものを設けている必要があるのかっていう気がしますよねえ。」、、、<中略>、、、「今も、打出医師は、病院内で孤立した存在だ。一方、改ざんにかかわった医師や教授に対する処は、未だなされていない。」。つまり、4年過ぎても打出さんの職場環境は改善されていないわけです。されなかったわけですよ。ハラスメント防止体制は、当時からこういうことをやっていたわけですよね。こういう機能だったわけですよね
答え:いいえ。それは、ハラスメント調査委員会は調査委員会として判断をし、そえがハラスメントに当たるかどうかという判断については、直接にそのように判断できないと。しかし、教授の対応については問題があるということで、厳重注意というふうに下したということでありまして、その結果をどのように受け止めて、どういうふうに解釈をするのかということは、それは人それぞれですが、そのことを含めて、それは打出さんが訴えた教授が具体的に反論したり説明する機会がないまま、一方的に彼が自分の考え方で、そのような形でマスコミに漏らしたということ自体がやはり問題だというふうに我々は考えたわけです
<引用ここまで>


引用者説明:
 金沢大学の情報隠しが突出していると、平成23年4月27日の読売新聞が報じており(甲241号証として提出済み)、この新聞報道と金沢大学の情報隠しについてもこの尋問で尋ねました。

 また、別件の金沢大学教授による大学院生の論文盗用事件の裁判初日に、ハラスメント相談員だった清水徹・医学部教授が急死なさったことは、医学部大学等事件45でお知らせしました。


●医学部大学等事件45
(ハラスメント相談員の医学部教授が裁判初日に急死)
http://ameblo.jp/iryouziko/entry-12252118845.html


6、金沢大学「ハラスメント調査・防止体制」は自殺防止か促進か?

(1)自殺既遂学生4名(1年間での確認数)の理事副学長メール


 平成27年3月25日付で、柴田正良・理事・副学長より、教職員へ、1年度の学生の自殺既遂確認だけでも4名であり、自殺防止のための対応を依頼するメール連絡が来ました(次の通り。甲264として証拠提出)。
自殺メール

(2)「ハラスメント調査・防止体制」は自殺防止か促進か?

●横山証人尋問調書(裁判所作成)30ページから
(質問者は、原告小川)
問い:それで、その続きで別の質問に移りますけれども、訴訟が始まってから、吉本さんとの訴訟が最初ですけれども、それが始まった後で、あなたは訴状が受理されていないと御主張になって、またそれもあなたとの訴訟になる一原因になったわけですけれども、それはそれとして、訴訟で扱うか、調停で扱うか、大学との。そして、ハラスメント調査委員会なり何なり、学内の他の体制で扱うかについて切り分けを私が質問したことがあって、それは丙8号証で幾つか出てるわけですけれども、それに対して、あなたは、代理人を通して調停で回答する手続きを進めていると言って、それで1ヶ月経っても回答が来ないから、私がまた催促のメールを打って、それに対して重ねて、調停で代理人から回答すると。そして、知原代理人は何をやったかというと、次の調停には出席しないということを連絡してきた。実際、出席しなかったわけです。来なかったわけですけれども、実際に次の調停が開かれたのは数箇月、四、五箇月後になったわけです。そこでも切り分けの説明がなかった。ハラスメント調査委員会或は防止体制として、こんな不誠実な態度を私にだけ取っているんですか。それとも、他の人にも取ってるんですか
答え:その件について、どこかの時点で、正確には覚えておりませんが、裁判で訴えて問題になっているケース、中身とハラスメントの調査との関わりについては、原告に説明した文書を送っているはずでございます。
問い:今、他の人に対してもこんな不誠実なのかと聞きたくなった一つの理由の1は、甲264号証で、教育担当理事から教職員に向けて、自殺防止に努力してくださいというメールが、去年だったかな。書証なので、見ていただいたら日付も正確に分かりますけど、来てるんですよ。実際、1年で既遂が確認された学生さんの自殺だけで4人亡くなってる、この時は。多分、去年か一昨年の話です。そういう状況で、ハラスメント調査委員会とかハラスメント防止体制がこんな状況だったら、どんどん自殺させる方向へ持っていってるんじゃないですか。いかがですか
答え:自殺とハラスメントの関係について、どのような状況にあったのかということについて、私は責任を持って答える立場にはありません
問い:だけど、例えば調停とハラスメント調査、学内調査の切り分けについても数箇月間答えない。そして、やっと今回、最近、あなたの陳述書がこの裁判に出てきて、再開が可能ですと最後に書いてありました。陳述書の最後にね。やっとこんな話が出てきた。つまり何年ですかね、もう8年ぐらいじゃないですか。その間答えないという、こういう対応をする、そういうハラスメント防止体制な訳ですね。違いますか
答え:違います。それは原告が面談に応じてくれれば、すぐに具体的な状況について判断を下すことが可能でありました。面談について一切対応していただけなかったので、調査委員会はその次へ進む段階にはなかったということでございます。それは放置していたわけではありません。
問い:しかし、実際、ハラスメント認定された打出講師ですら、4年経っても孤立させられたままだったじゃないですか。さっきテレビ報道をお見せしましたけど
答え:それは、繰り返しになりますが、時間をかけて調査を行い、最終的に判断を行ったということでございます。それは放置をしていたわけではありません。その間に沢山の人から具体的な状況についてヒアリングを行い、状況把握を努めてきたということでございます。
<引用ここまで>


引用者説明:
 横山証人は、私やそれ以前の打出喜義講師(産婦人科での教授らによる無断人体実験を告発)の件の、「ハラスメント調査委員長」および「ハラスメント総括相談員」でした。

 上記5の通り、横山ハラスメント調査委員長による打出講師の被害者認定から4年以上経っても、職場環境が改善されていないことが、テレビで報道されました。

 横山証人は、その後、金沢大学の「ハラスメント防止委員」(各事案がハラスメントか否かの判断も行う)になり、昨年3月の定年退職後も、金沢大学はハラスメント相談員に任命しており、本日(2017年3月26日)午後時点で金沢大学が公開しているハラスメント相談員名簿(下)で、下から2人目に「学外専門家」の相談員として掲載されています。

●ハラスメント相談員名簿(金沢大学が公開)
http://www.adm.kanazawa-u.ac.jp/ad_jinji/sogosodan/soudaninmeibo.pdf
コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大「殴られた、見たね、安田君!」は位置的・距離的に不可能、他にも矛盾の数々(医学部大学等事件49)

 今回も「殴られた、見たね、安田君!」「はい、わかりました!」の続きです。

 文字数が少々多いですので、見出しと本文下線部をご覧頂ければと思います。

1、あり得ない両者の位置関係、肘鉄で右頬を打つのは不可能

(1)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第95ページ
(質問者は新谷裁判官)
問い:殴られたときの原告とあなたの位置関係なんですけれども、あなたの左前に原告がいたということで間違いないですか
答え:今はそういうふうに記憶しとるんですけれども
<中略>
答え:原告も、私も、鶴見さんのほうを向いていました。
問い:原告からすると、あなたは右後ろにいた
答え:ええ、そういうふうに記憶しています
<引用ここまで>

(2)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第97ページから
(質問者は新谷裁判官)
問い:殴られたときのあなたと原告の近さというか、距離はどれぐらいですか。
答え:殆ど隣です。
問い:接触するくらい。
答え:そうです。
問い:右頬と肘以外が接触するくらいの位置ですか
答え:はい
<引用ここまで>

(3)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第107ページから
(質問者は川崎裁判官)
問い:わかりました。暴行とおわれる事件の話を伺います。まず、廊下からあなたは原告の背中が見えたわけですか。
答え:はい。
問い:それで、入り口から少し入ったところにいたんですかね。
答え:はい。
問い:それで、あなたの体は、図書室内に入ったわけですか、完全に。
答え:はい。
問い:それで、原告と横並びになったと、右側に立ったわけですね
答え:はい
問い:そのとき、原告は特にあなたのほうに体を向けることはなかったわけですね
答え:なかったと記憶しています。突然腕が飛んできたという記憶があります
<引用ここまで>

(4)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第108ページ
(質問者は川崎裁判官)
問い:あなたの顔の高さは、どのくらいの高さにあったんですか。
答え:原告のほうがちょっと高いですね、背は。
問い:あなたの顔は、原告の肩より下の位置にあったんですか、顔は
答え:上だと思います
問い:肩より上にあったと
答え:はい
<引用ここまで>

(5)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第111ページ
(質問者は藤田裁判長)
問い:先ほど、顔の位置の話が出てましたけど、あなたは身長というのは何センチなんですか。
答え:167センチです。
問い:殴られた時の体勢ですけど、普通に立っていたという感じでしょうか
答え:そうですね
問い:屈んでいたとか、そんなことはないんですね
答え:ありません
<引用ここまで>

引用者説明:
 仮に、吉本被告が原告小川の右に横並びするくらいまで進んで両者の肩が接するくらいの状態なら、原告小川の右肘は吉本被告の顔まで届かず、距離的に不可能です

 吉本被告が原告小川の後方にいる状態では、原告小川が吉本被告を認識することができないため「いきなり肘鉄が飛んできた」(吉本被告の主張)は不可能です

 従って、吉本被告が1つの尋問内で変遷して主張した上記のいずれの場合(位置関係)であったと仮定しても、「肘鉄で右頬を打つ」のは位置的・距離的に不可能です。


2、すごく強い力で目の下に肘鉄と主張、しかしカルテに所見さえなく、羽柴医師は強くないだろうと回答

(1)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第95ページ
(質問者は新谷裁判官)
問い:平成20年3月の暴行事件といわれているものなんですけれども、態様については、先ほど主尋問で出ていたように、あなたの右頬を原告の肘で打たれたというか、あなたの表現で肘鉄でなぐられたということで間違いないですか
答え:もう大分前なので、今の記憶はそういうふうに思います。でも、それは警察の調書とかも取られましたので、そういうふうに説明したと思いますけれども、今の記憶はそのとおりです
<引用ここまで>

(2)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第110ページ
(質問者は藤田裁判長)
問い:今の暴行事件のときのことを聞きますが。すごく強い力でしたが。
答え:はい。すごく強い力でした
<引用ここまで>

(3)羽柴医師から裁判所への回答書(甲154号証)より
1の1)
問い:診断書の診断名「顔面打撲」の根拠は何か。打撃の強度はどの程度と判断したか
答え:ご本人の訴えにより顔面打撲とした打撃の強度はカルテの記載からするとあまり強くなかったと判断したと思われます

1の5)
問い:顔面の状態はどうであったか(色、創傷の有無、出欠の有無、腫脹の有無など)。顔の状態を、診療録に全く記載しなかった理由は何か。
答え:1年半以上前のことなのでよく覚えていませんが、記載が必要なほどの大きな所見がなかったのかもしれません

1の6)
問い:レントゲン撮影を行わなかったのか。撮影したのであれば、提出願いたい。撮影しなかったのであれば、撮影しなかった理由(貴医療機関で撮影できなかった場合は、他機関への紹介での撮影も含む)は何か。
答え:レントゲンは撮影していない。打撲時の場合は必ずしもレントゲン撮影を施行するとは限りません。

1の7)
問い:右目周辺の骨折(吹き抜け骨折、頬骨骨折など)の有無は確認したか。もし確認したのであれば、その確認方法と確認結果はどのようなものか。
答え:確認を要するほどの所見がないと判断したと思われるがよく覚えていません。
<引用ここまで>

引用者説明:
 羽柴医師は、目か目のすぐ下の部位を打撲したとカルテ(甲第150号証)に記載しており、この目の下は骨折しやすい部位の1つであるので、柔らかくて当たる面積が広い平手打ちならともかく、肘鉄という固い小さな1点に力が集中する方法で、しかも「すごく強い力」(吉本被告証言)で強打されれば、少なくとも大ケガ(場合によっては死亡や目にかかれば眼球破裂)はするのであって、所見記載やレントゲン撮影さえ不要な打撲だけで済むようなものではないわけです。


3、羽柴医師は詐病か否かを確認せず、変性疾患(後のMRI検査で加齢性変性疾患の「変形性頚椎症」と判明)や不安神経症とも鑑別もせず、外傷と断定

●羽柴医師から裁判所への回答書(甲154号証)より
2の2)
問い:診断書の診断名「頚椎捻挫」の根拠は何か。変形性頚椎症などの変性疾患と、鑑別したか。鑑別したのであれば、その鑑別方法と結果はどうようなものか。
答え:顔面打撲を原因として首に痛み等を訴え、手のしびれ等を訴えていないのでそのように判断した。変形性頚椎症との鑑別は特に行っていない

1の12)
問い:自覚症状が、詐病であるか否かを、確認したか。もし確認したのであれば、その確認方法と確認結果はどのようなものか。
答え:金大教授であり、詐病などということは思ってもいない

1の13)
問い:「職場の助教授に顔を殴られた」(診療録記載)という吉本氏の説明内容が、真実か虚偽かを確認したか。もし確認したのであれば、その確認方法と確認結果はどのようなものか。
答え:患者さんの言うことをすべて確認とることは不可能であり、通常あまり事故の経緯につて(引用者:原文ママ)詮索することはしない。治療が先である。

1の14)
問い:不安神経症および不眠症は、どの程度であったか、以前と程度に変化はあったか。心理的理由による身体症状であるか否かについて、どう判断したか
答え:時に不眠を訴えることがあり、睡眠薬や安定剤を処方した。このような薬剤は多くの患者さんが求めるものであり、常用量以下であり心理的理由による身体症状であるか否かについてきちんと判断したかどうかよく覚えていない
<引用ここまで>

引用者説明:
 この羽柴医師が「殴られた、見たね、安田君!」の日に診察したのは、吉本被告が不正経理を隠蔽して争った末に認めて出勤停止の紹介処分になったことが新聞等で報道された、約1年後の時期ですが、羽柴医師は、金大教授がウソをつくとは思っていないという趣旨を、この回答書で複数回述べ、詐病か否かは確認していないと回答しています。

 また、羽柴医師は、事実関係の確認より治療が先と答えていますが、吉本被告は、この日、羽柴医師から鎮痛薬などの処方箋を受け取り早い時刻(大学病院の門前薬局が多数開いている時間帯)に大学に戻りながら、薬を受け取らなかったことを認めています。

4、吉本被告が公私共に親しい山嶋医師への紹介状を要求、MRIで加齢性変性疾患の「変形性頚椎症」の確定診断、しかし山嶋医師は詐病か否かを確認せずに検事に「外傷であり、99%詐病でない」と説明

(1)羽柴医師から裁判所への回答書(甲154号証)より

2の19)
問い:紹介状を書くにあたり、山嶋哲盛医師を指名した理由は何か。吉本氏とどのようなやり取りをして、紹介先を山嶋医師に決めたのか、経緯も示されたい。
答え:紹介先については患者さんの希望にそって選択するので、患者さんのご希望で選択したと思われます
<引用ここまで>

(2)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第64ページから
(質問者は原告小川、一部は藤田裁判長)
問い:紹介先の南ヶ丘病院の山嶋医師、この人指名で紹介状が書かれていますけれども、この羽柴医師からの調査嘱託の回答書によりますと、普通、患者さんの希望に沿って紹介するので、本人が希望したと思うというふうに書かれています。ただ、これ、他の論文の証拠で示しているとおり、山嶋さんとあなたは、以前から共同研究者で論文も発表してましたよね。
答え:もちろん、山嶋さんは大学の助教授だったので面識はありましたし、会えば挨拶もするし、話もする仲ではありました。
問い:プライベートで、山嶋さんのお父さんの葬式にも参列されてますよね
答え:はい
問い(ここは藤田裁判長):論文の共同執筆の話はどうだったんですか
答え:論文の共同執筆はその後もあります。
<中略>
問い(ここは藤田裁判長):折角だから、甲61号証を示してください。
甲第61号証(論文冒頭ページ写し)を示す。
問い:これは、その何年か前の年、2年前ですね
答え:ええ、そうですね。あります
問い:これは間違いないということでいいですか。
答え:ええ。前にもありますし、後にもあります。
<引用ここまで>

引用者説明:
 吉本被告は、「殴られた、見たね、安田君!」の約2年前から山嶋医師(当時は金沢大学准教授)と共著論文の発表を続け、山嶋医師のお父さんのお葬式にもプライベートで参列するという、公私共に親しい関係で、その山嶋医師への紹介状を要求して、後に山嶋医師が担当検事に対して、「99%詐病でない」などと説明することになります(後述)。

(3)南ヶ丘病院(山嶋医師)でのMRIで「変形性頚椎症」(甲158)

MRI枠

(4)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第66ページから
(質問者は原告小川)
甲第155号証(診療録(本体)写し)を示す
問い:CT, MRIどっちも「No Traumatic Lesion」。要するに、外傷性の損傷はないと明記されています。表紙の次のページの左下の「CT」と「MRI」のところです。外傷性の損傷が精密検査でなくて、確定診断が変形性頚椎症、老人性の変性疾患、こういうことだったわけです
甲第154号証の2(調査嘱託回答書写し)を示す
問い:甲154号証の2、羽柴医師からの調査嘱託回答書ですけど、最初の1の2)。変形性頚椎症との鑑別は行ったのか、怪我との。「行っていない」という回答です。どうですか。
答え:書いてますね。
問い:次のページの2の15)、詐病か否か。嘘の病気なのかどうかも確認していないと書いてますね。どうですか。
答え:書いてます。
問い:さっき言った紹介先については患者さんの希望で選択するので、その希望で選択したと思われますと、これも書いてますね
答え:書いてます。
<引用ここまで>

(5)吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第67ページ
(質問者は原告小川)
甲第161号証の2(調査嘱託回答書移し)を示す
問い:あと、これは、山嶋医師、南ヶ丘病院からの調査嘱託の回答書。甲161号証の2です。最後のページの(11)、(12)で終わってます。(12)のすぐ上「患者の申し立てを信じる以外に診察医師としては鑑別し得る手法はない。」と。詐病か否かというような話ですけれど、書いてますね。山嶋さんです
答え:書いています
<引用ここまで>

引用者説明:
 羽柴医師と同じく、山嶋医師も詐病かどうか確認していない旨を回答していますが、山嶋医師のカルテ(甲155)には、
「H20.8.5 検察庁 伊藤検事&川端事務官
<中略>
99%詐病ではない」
と手書きで明記されています。
 つまり、以前から公私共に親しかった山嶋医師へ吉本被告が紹介状を持ってきて、山嶋医師は詐病か否かを確認せずに、担当検事に「99%詐病でない」と説明していたのです


5、「殴られた、見たね」前に処方された薬が奏功していたと言って、その後に要求

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第68ページ
(質問者は原告小川)
問い:あと、ソラナックスを山嶋医師に処方されましたね。
答え:はい。
問い:そのとき、先ほどの調査嘱託回答書で、山嶋医師は本人がソラナックスが奏功するからと言ったので処方したと回答しているわけなんですけれども、それまでにソラナックスは羽柴クリニックで受けてたんですか
答え:受けてました
問い:要するに、それが奏功する、効くということが受けて分かってたわけですね。
答え:分かってました。
問い:ということは、殴られた、見たね、安田君の3月13日のそれより前にも、羽柴クリニックでソラナックスを処方されて、それが効いていた
答え:効いてました。ソラナックスは、私は羽柴先生から別の目的で、さっきのストレス何とかでしたっけ、時々、羽柴先生に処方してもらってましたので、私は効くなというふうに認識はありました。
<引用ここまで>


6、教授会で配布された「殴られた」の報告書内容を覚えていない、と証言

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第63ページから
(質問者は原告小川)
甲第164号証(分子情報薬理学分野における事件に関する調査報告書写し)を示す
問い:これは事件に関する調査の報告書なんですけれども。この年の7月2日の教授会で配布されたものということなんですが。これ、私に開示されたのが、全面、内容が全て黒塗りになって、結論が何かも分かりません。これ、どういう結論だったんですか。
答え:私は、この書類はあれしましたけれども、内容はちょっと今のところは覚えてないですね。席上配布で回収資料だったと思います。
<引用ここまで>

引用者説明:
 吉本被告は、「殴られた、見たね、安田君!」で警察へ被害届を出すとともに民事訴訟を提起し(本件反訴)、検察での不起訴後は検察審査会にまで申し立てておきながら(不起訴相当の議決(不起訴が適切との結論)が出ました)、その民事裁判で係争中も、教授会で配布された「殴られた」の調査報告書の内容を覚えていないと証言したものです。

 なお、この配布された報告書(甲164号証として証拠提出)を、当事者である私・小川が金沢大学に個人情報開示請求したのですが、内容部分は全て黒塗りになっており(つまり本人にも見せられない)、「委員会の構成:井関尚一委員長 外 5名」と記載されるだけで委員の名前さえありません。


7、検察の処分「嫌疑不十分」を「起訴猶予」だと、教授会で事実と異なる報告

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第67ページから
(質問者は原告小川)
乙第16号証(回答書)を示す
問い:これは、担当検事からの回答書で「不起訴の主文:嫌疑不十分」と書いていますね
答え:はい
乙第25号証(陳述書)の6ページを示す
問い:一番上のほうに、「不起訴処分(起訴猶予)」だと、これはあなたが教授会で報告した内容を書かれてますけど、嫌疑不十分だったのが、ここでは起訴猶予に変わってしまってるんです。なぜ、こういう報告をしたんですか
答え:それは、私はそういうふうに聞きましたので、書いたんだと思います。
<中略>
問い:だけど、そういう実際とは違う内容を報告なさったということですね
答え:事実はそうですね
<引用ここまで>

引用者説明:
 この「殴られた、見たね、安田君!」では、先述の通り、公私共に以前から親しい山嶋医師への紹介状を求めて、山嶋医師が、MRIで加齢性変性疾患の「変形性頚椎症」と確定診断が出たにもかかわらず、詐病であるか否かを確認せずに、「外傷であり、99%詐病でない」と訪れた担当検事に説明していました。

 これより約1年半後には、「『突き飛ばされた』と小川に叫ばれたため小澤健太郎助教(当時)が不眠になって労災だ」のデッチアゲが行われ、その時は、精神科の名誉教授に1回診察を受けて血液検査をし、その結果である著しい高脂血症(脂質異常症)を聞かずにその検査費用を請求時効の2年近くが経ってから、小澤被告が労災請求しました。

 小澤被告は、別件訴訟で、原告小川は「突き飛ばされた」発言をしなかったこと、大声を上げたのは小澤被告のほうであること、第三解剖から小川・吉本らの薬理学研究室へ来て雑談をしていたT技術職員に聞こえるように大声を出したこと、血液検査結果を聞かずにその検査費用をずっと後になって労災請求したこと、不眠になったと主張する時期も週1回の病院当直アルバイトを休まず続けていたことなどを認めて労災請求を取り下げ、当時の事務部長は、原告小川に解決金を支払うことで和解しました(金沢地裁平成22年(ワ)第50号事件。次の医学部大学等事件1と2)。

●医学部大学等事件1と2
http://ameblo.jp/iryouziko/entry-12091616223.html
http://ameblo.jp/iryouziko/entry-12093766164.html
(つづく)
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学医学部「殴られた、見たね、安田君!」「はい、わかりました!」で、裁判で殴るのを見ていないと認めて解決金支払い、吉本被告本人尋問(医学部大学等事件48)

 吉本谷博・金沢大学教授は、不正経理を理由に平成19年3月16日に出勤停止2ヶ月の懲戒処分を受け、平成27年7月に辞職しましたが、吉本教授および金沢大学を被告とする裁判は現在も一審です(金沢地裁平成19年(ワ)第305号と同平成23年(ワ)第281号の併合事件)。

 今回お示しする、「殴られた、見たね、安田君!」「はい、わかりました!」が起きた時期は、時系列では次の通りです。


1、時系列

H18.1頃 吉本教授による不正経理の是正を金沢大学本部に相談。
H18.2 吉本教授が不正を解消すると言ったので解決するかに思えたが、突然否認に転じ、金沢大学は3月に不正なしの結論を出し、裁判所調停も含めて約1年間の不正有無の争いに。
H18.7.14 吉本教授が、「警察来たら楽しい」と発言(発言の録音が本物だと吉本被告は訴訟で認めた)。
H18.7.18 吉本教授が、小川が同一の日(7.14)に「朝一番に出勤した」と「1日中職場に現れず欠勤した」という、一見してあり得ないとわかる報告書2通(吉本被告が裁判で証拠提出)を作成して事務部長に提出していた(のちに、事務部長から矛盾などは指摘されなかったと吉本被告が法廷で証言)。
H19.3.16 不正経理で吉本教授が出勤停止2ヶ月の懲戒処分
H19.5 小川が吉本教授を提訴。
H20.1.10 金沢大学医学部が学生による授業評価結果を配布し、研究室教員中で小川が最高の評価であった(甲第15号証、吉本被告も本物だと認めた)。
H20.3.13 「殴られた、見たね、安田君!」「はい、わかりました!」発生。
 第三解剖(現在の名称は神経解剖学)の小澤健太郎研究員(訴訟の被告になった直後に京都大学へ、その後奈良県立医大へ)が吉本研究室に来ていて、ただちに警察への通報役を申し出た。
H20.3.19 小川に何の連絡もない状態で、教授会で「傷害事件が起きたので、傷害事件調査委員会を立ち上げた」と部局長が報告していた
 吉本被告は、この日まで出勤していながらこの教授会を欠席し、同日、警察へ被害届を出すとともに、翌日から約10日間仕事を休んだ。
H20.4頃 「調査委員長」を名乗る井関尚一教授が小川を訪たため、警察へ提出した証拠(当然、無実を証明するための資料)を委員会にも提出すると小川が申し出たところ、受け取りを拒否。
H20.7.2 教授会で、井関教授ら作成の事件報告書が配布された。
 後にこれを知った小川が、個人情報開示請求したところ、内容部分は全て黒塗りで開示され(つまり本人にも見せられない)、井関委員長以外の委員の名前は記載が無かった(黒塗りではなく元々記載なし)。
 この配布の教授会で、第三解剖(神経解剖学)の小川智教授が退職の挨拶をし、若くして辞職、尼崎東診療所を経て下越病院(新潟県)へ。
H21.11.11 別件訴訟(金沢地裁平成20年(ワ)第569号事件)で、被告側(中沼安二・研究科長と井関尚一教授)が、教授会およびその議事録掲載で原告小川の名誉回復措置を行うことで和解。
H24.4.27 殴るのを見ていないと認めた安田職員が、別件訴訟(金沢地裁平成22年(ワ)第50号事件)で、被告として、原告小川に解決金を支払うことで和解
 同訴訟で、先述の小澤健太郎被告は、労災請求を取り下げることで和解(詳細は医学部大学等事件1と2)。
H28.10.24 吉本被告が、告発されたのは不愉快で報復したいという気持ちはあった、と尋問で証言。


2、「殴られた、見たね」の録音反訳

 録音とセットで証拠提出(甲第64号証の1と2)し、吉本被告が既に本物だと認めたもので、「オッッッガワ先生に殴られて」と抑揚をつけてからかう口調で発言するとともに、のんびりした口調で「あいたー」と数回発言しています。

 後に裁判で、吉本被告は、受傷部位の主張を頭から顔に変更し、倒れて頭を強打したという主張から、倒れなかった、頭は打っていないという主張に変更しました。

 また、CTスキャンをとってもらいます、と言いながら、その日はCTスキャン装置がない遠方の羽柴クリニックへ行っただけで、処方された鎮痛薬などを受け取らなかったこと、後にMRIで加齢性変性疾患の「変形性頚椎症」と診断され、カルテに「No traumatic lesions」(外傷性の損傷なし)と明記されていることなどが、この裁判で判明しています。


⚫️甲64号証の2の、録音反訳13
13の1
13の2

 以下は、吉本被告が殴られたと主張し、原告小川がデッチアゲだとするこの件についての、吉本被告および原告小川の本人尋問調書から、一部を引用します。

3、小川はいきなり後ろからつつかれた

⚫原告小川本人尋問調書(裁判所作成)109ページより引用
(質問者は川崎裁判官)
問い:そこに後ろから吉本さんが入ってきたと。
答え:後から考えると、入ってきてたわけです。
問い:入ってきたところは見てないけど、恐らく入ってきたんではないかと。
答え:入ってこないとここにいないですから。
問い:それで、後ろから突かれたということですけれども、つつかれたわけですね。
答え:はい。
問い:録音を開始したのはどの辺りなんですか、その時系列で。
答え:だから、つつかれて、何か動きをしてるなと感じて、そこで録音のスイッチを入れたんです。その後、殴られた、見たね、安田君です。
問い:その現場なんですけれども、吉本被告はどこが暴行の現場だという前提で、見たねというふうにおっしゃってたかというのは、あなたは分かりますか。
答え:どこが前提というのは、恐らく、それ以降のいろんな主張とか、警察で聞かれたこととかを総合しますと、恐らくその図書室内で私がつつかれた場所辺りで、そこで肘鉄を食らったという主張なんだろうと思います。
<引用ここまで>

4、受傷したと主張する部位を頭から顔に変更

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第99ページ
(質問者は新谷裁判官)
問い:最終的に殴られたと。で、頭は殴られてないんですか?
答え:頭じゃないです。頬です。
問い:頭は最終的にどこかに打ったんですか?
答え:いや、打ってないです。
<引用ここまで>


5、なぜ見ていない安田さんに「殴られた、見たね」

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第110ページ
(質問者は川崎裁判官)
問い:どうして、殴った現場を直接見た鶴見さんじゃなくて、安田さんなんですか。
答え:鶴見さんは私のほうを見てたので、殴った瞬間は見てましたので、私は確証を持っていました。
問い:いや、だから、わざわざ安田さんに見たねという必要もないんじゃないかなと思うんですけど。
答え:そういう点は、何というか、やはり見たという証人が多ければ多いほどいいということが働いたんだと思います。
<引用ここまで>


6、小川はどうやって吉本を認識したというのか

●吉本被告本人尋問調書(裁判所作成)第97ページから
(質問者は新谷裁判官)
問い:図書室に入る前に、原告が扉の真ん前に立っているという状態を、あなたは分かったんですか。
答え:途中からわかりました。
問い:途中から。
答え:廊下を歩いて行くときに。
問い:図書室に近づいて行って、ある段階で分かったと。
答え:分かりました。
問い:入るためには、避ける必要があるということも分かったんですか。
答え:そうです。
問い:原告に声はかけなかったんですか。
答え:かけなかったと思います。
問い:入るために、入りますよとか。
答え:声をかけなくても入れるくらいの空間はありました。
問い:殴られたときのあなたと原告の近さというか、距離はどれくらいですか。
答え:殆ど隣です。
問い:接触するくらい。
答え:そうです。
問い:右頬と肘以外が接触するくらいの位置ですか。
答え:はい。
問い:原告が、あなたの頬を殴るまでの間に見ましたか。
答え:原告が私をですか。
問い:はい。後ろにいるなということを確認したりはしてましたか。
答え:それはちょっと記憶にないですけれども、いきなりだったので。私が入って、鶴見さんに声をかけるかかけないかで、いきなりだったので。原告が私を見たかどうかは、ちょっと記憶にありません。
問い:声をかけるかかけないかで、いきなり肘鉄で打たれた。
答え:はい。
問い:原告は、あなたの位置関係を認識して、肘鉄をしたということ。
答え:思います。ええ。
問い:一瞬でここにいるなとなぜ認識できたんですかね。
答え:・・・・・。
<引用ここまで>
*引用者注:答えの「・・・・・。」も正確に引用しており、無言で答えなかったという意味の裁判所書き取り。
(つづく)

コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学吉本研究室では小川の着任前より教授が威圧的で風通しが悪く問題であった〜教職員らの証言や供述(医学部大学等事件47)

 前回は、吉本谷博被告(金沢大学教授を平成27年7月に辞職)による不正経理の有無の争いや隠蔽、不正を知っていた教職員の立場、吉本被告の懲戒処分、国立大学最下位6校の評価などが中心でした。

 今回は、私の金沢大学着任前の吉本研究室がどういう状況だったか、関係者の証言や供述などを中心に振り返ります。

1、井上あゆみ事務補佐員の聴取書(労基署作成)より

 以前から吉本教授が威圧的で風通し悪かった、という内容です。

 別件訴訟(金沢地裁平成21年(行ウ)第11号事件)において、国が乙第18号証として証拠提出したもので(どなたでも裁判所で閲覧可能、以下の証拠類も同じ)、金沢労働基準監督署が作成し、担当者(澤田とも子・厚生労働事務官)と本人(井上あゆみさん)が内容に間違いないと署名押印しています。

 井上さんは、吉本被告の懲戒処分の約半年後に、吉本研究室から別の部局へ移り、それから更に2年少し後に労基署が井上さんから聴取したもので、本文の最初と最後の部分を以下に引用します(斜字は自筆と押印の部分)。

<引用ここから>
 平成21年12月15日、金沢大学総務部人事課 会議室において、本職は上記の者より次のとおり聴取した。

1、私は、平成19年9月30日まで、金沢大学医学部医学科分子情報薬理学研究室で事務補佐員をしていた井上 あゆみです。

<中略>

30、吉本教授は威圧的な部分もある方なので、小川先生が来る前から教室内の空気は悪く、更に小川先生の反発も強かったと思います。

             井上あゆみ 印
 上記の通り録取し閲覧させたところ、誤りのないことを申し立て署名押印した。
   同前日
      金沢労働基準監督署
       厚生労働事務官 澤田とも子 印

<引用ここまで>

2、吉本被告本人尋問調書より

 金沢大学および吉本氏と私との訴訟の、吉本被告本人尋問調書(裁判所作成の録音反訳で、証拠の1つ)から、以下に引用します。

 なお、甲第173号証の吉本谷博・証人調書とは、上述の行政訴訟において、吉本氏が第三者の証人として尋問を受け、裁判所がその録音反訳を作成して、当該行政訴訟の証拠となった文書であり、吉本氏および金沢大学と私との訴訟でも証拠提出しています。

(質問者は、原告小川本人)

<引用ここから、第49ページ〜第50ページより>
甲第173号証(吉本谷博・証人調書写し)を示す
これは、今言った吉本さん御本人の証人の調書です。それの22ページの一番下2行からなんですけども。これは、井上あゆみさんというさっきから名前が出ている、当時の事務補佐員だった女性職員が労基署に供述した内容の調書なんですけども。「吉本教授は威圧的な部分もある方なので、小川先生が来る前から教室内の空気は悪く、更に小川先生の反発も強かったと思います。」という正式な労基署が作った調書になっていて、行政訴訟でも証拠で出しているんですけれども。それに対して、23ページの真ん中辺りで、「教室内の空気が悪くというこの表現はどうですか。」と聞かれて、あなたは、「それは個人の見方だと思います。」。つまり、井上さんはこう見たということをおっしゃってます。これは間違いないですね。
   間違いないです。
<引用ここまで>

3、横山壽一証人尋問調書より

 昨年12月12日に、金沢大学が証人申請した横山壽一証人の尋問が行われ、その横山証人尋問調書(裁判所作成の録音反訳で、証拠の1つ)から引用します。

 なお、横山証人は、私と吉本氏との件で「ハラスメント調査委員長」だと名乗るとともに、ハラスメント総括相談員であり、その後、ハラスメント防止委員になって、昨年(平成28年)3月に金沢大学を定年退職して仏教大学に転じました。

 私の件を扱う前の平成18年1月には、金沢大学病院産婦人科での無断人体実験を告発した打出喜義講師(当時)に対する教授からのハラスメントを認定しながら、被害者である打出講師に対して守秘を求め、守らない場合は懲戒などがあり得ると文書で口封じを図った人物です(本記事末尾に口封じ文書を掲載。概略はこの文書送付から間もなく報道され、詳細は約4年後にテレビ朝日系「サンデープロジェクト」で報道されて、これらの報道も証拠提出済み)。

(1)調査の経過などの部分

(質問者は、被告金沢大学代理人弁護士)

<引用ここから、第4〜第5ページより>

どういう予備調査をしましたか。
   当時の薬理学の講座の関係者から、まずは話を聞かなければならないというふうに判断を致しましたので、そのように開始を致しました。
具体的には誰を調べたんですか。
   まず最初が、確か樋口さんという、当時、助手だった方ですね。それから、事務補佐員であった井上さん。まず、この二人から話を聞きました。
時間は、どのぐらいでしたか?
   そうですね、かなり丁寧に聞きましたので、1時間半から、ひょっとしたら2時間近く掛かったかと思います。
面談した結果、どうなりましたか。
   吉本教授の講座の運営について、多くの人たちが問題を指摘しているということが分かりましたので、これはやはりきちんと調査しなければならないという判断を致しました。
それで、どうしたんですか。
   それで、調査委員会を立ち上げました。
いつですか。
   これは、その年の一番最後の仕事納めの日だったと思いますので、12月27日だったか、8か、27かだったと思いますが、7に設置致しました。
調査委員会設置後に、どのような調査を行いました。
   引き続き、この講座の関係者について更に具体的な話をということで実施を致しました。
誰と誰を調査したんですか。
   その後が安田さんという技術職員の方だったと思いますが、その方、それから川尻さんという元講師の方だったと思います。この方は、当時、金沢学院大学の方に転出をされておりましたが、その方に聞き、そして、その後で吉本教授に聞き取りを行った。そんな経過だったと思います。
<引用ここまで>

(2)聴取した内容などの部分

(質問者は、原告代理人弁護士)

<引用ここから、第32〜33ページより>
それから、その流れで、吉本研究室の安田さん、川尻さんという方からも話を聞かれたということを証言されてましたが、このお二人はどのような内容の説明をされていたのでしょうか。
   やはり教授の日常的な言動について、非常に威圧的であったり、権威を借りたような言い方をされるというようなことだとか、あとはお金の管理について大変細かいし厳しいというふうなことも指摘があったというふうに思います。
<引用ここまで>

4、小括

 金沢学院大学の川尻さんという方は、私の着任前に吉本研究室から転出されたので、私と勤務時期は重なっておらず、私の着任前だけの時期についてのご説明だと考えられます。

 吉本研究室の当時およびそれ以前の構成員4名は、吉本被告や吉本研究室について、「非常に威圧的」「権威を借りたような言い方」「お金に大変細かく厳しい」「威圧的で小川の着任前から風通し悪かった」という内容の証言や供述をしたわけです。

 なお、吉本被告は、私の着任前に、不安神経症や不眠症などで羽柴クリニックで診療を受け始めていたことも、医療機関から裁判所へ提出されたカルテ類で明らかになっています(次はそのカルテの一部)。

⚫️吉本カルテの一部(不安神経症、不眠症など)
不安

⚫️ハラスメント調査委員長から被害者への口封じ書面
口封じ

(つづく)
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学教授を辞職した吉本谷博被告(老健ホームいしかわ施設長へ)の不正金の法廷尋問、小川による不正解消での解決の求めから隠蔽へ転じ事件拡大へ(医学部大学等46)

 金沢大学では、私以外の何人もの構成員も、それぞれ独立した事案で、金沢大学や他の構成員等との民事訴訟や刑事手続など多くの事件に至っていますが、今回は、私の最初の裁判所調停や民事訴訟の原因になった、吉本谷博・教授(平成27年7月に辞職)による不正経理とその隠蔽での争い、職場環境の決定的破壊の始まり、出勤停止2ヶ月の懲戒処分などです。

1、吉本被告の不正経理での懲戒処分

「金沢大 研究費を不正使用」
 (読売新聞H19.3.17より引用)


 金沢大は16日、不適切な会計処理で研究費約525万円を不正に使用したとして、同大大学院医学系研究科所属の50歳代の男性教授を同日付で出勤停止2ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。

<中略>

、、、薬品業者から正規の手続きで物品を購入したように見せかけ、業者に物品を持ち帰らせ、業者に代金を保管させる「預け金」という行為を繰り返し、約525万円を不正に使用した。

<中略>

 同大の説明によると、昨年1月、、、<中略>、、、この結果、不適切な会計が一部見つかったため、男性教授を厳重注意処分とした。
 しかし、同年8月、この職員が同大の学長(引用者説明:「学長」個人ではなく、正しくは「国立大学法人金沢大学」であるが、金沢大学は、まるで大学ではなく学長個人が相手であるかのように発表したことを、引用者はずっと後になって知った)に男性教授の教室運営の改善などを求める調停を申し立てたため、外部の専門家や研究者を交えた調査委員会を設置し、再調査したところ、預け金が発覚。男性教授も同12月中旬に認めたという。

<中略>

、、、記者会見で、橋本哲哉・副学長と中沼安二・医学系研究科長が「非常に重大だと受け止めている。再発防止に努めたい」と謝罪したうえで、不適切に処理した研究費については「男性教授本人が自発的に返還することが望ましい」とした。<後略>
<引用ここまで>

2、金沢大学が最下位6校の評価で、国からの交付金減額

 しかし、この懲戒処分発表から約3ヶ月後の同年6月頃に、税金原資の科学研究費補助金の支給元である日本学術振興会に私が電話で確認したところ、未だに不正処理金が返還されないため、返還を督促する書類を金沢大学に送った、ということでした。

 その約4年後の平成23年(2011年)に、金沢大学は、不正経理を理由に最下位6校(国立大学86校中で)の評価を受けて、翌年度から、運営費交付金(国から国立大学へ交付される、国立大学の運営の基盤となる経費)が約5年にわたって減額されました(次の日経記事。減額幅は、学内財務部の説明では5億円以上)。


国立大6校、中期目標の達成不十分、研究費や毒劇物管理
 (日本経済新聞H23.5.25より引用)


 文部科学省の国立大学法人評価委員会は24日、国立大86校が教育研究や運営面で定めた中期目標の達成状況の評価結果を公表した。ほとんどの大学は達成状況が「良好」とされたが、6校が業務運営面などで「不十分」と指摘された。同省は評価結果を2012年度以降の運営費交付金の配分に反映させる。

<中略>

 不十分とされた大学のうち、、、<中略>、、、金沢大と山口大は研究費の不正使用があった点、琉球大は毒劇物の管理がずさんな点などが指摘された。
<引用ここまで>

 評価対象の6年度で、不正経理が発覚した国立大学は他にもかなりあったので、約1年にわたって不正を隠蔽した上、懲戒処分後も税金原資の不正処理金を返還しなかったことが大きかったようです。

 ここまでのリスクと損失を負ってまで、金沢大学は吉本被告を「優遇」したようです。


3、吉本被告の法廷尋問の、不正経理関係の部分より抜粋

 以下は、吉本氏および金沢大学を被告とする訴訟(原告は私・小川で、事件番号は、金沢地裁平成19年(ワ)第305号、同平成23年(ワ)第281号の併合事件)において、昨年10月に行われた吉本被告本人尋問の調書(裁判所が作成した、尋問の録音反訳で、裁判の証拠の1つ)の、この不正経理などについての部分から一部を引用します。

(1)不正の証拠(甲5の独自の発注書)と事務補佐員の立場
 <質問者は吉本被告代理人の清水弁護士、第21ページ>


まず、メモを見つけたと言ったのは、この甲5号証ですかね。
   はい。
この書面は、本来あってはいけないものなんですか。
   そうですね。
そういった本来やってはいけないような不正の処理をしていたということはお認めになられるわけですね、今は。
   はい。
井上さんも、実はその事実は知っていたということでしょうか?
   知っていたと思います。
<引用ここまで>

引用者説明:「井上さん」とは、当時の井上あゆみ・(研究室の)事務補佐員のことであり、この他、甲5号証の「あってはならない発注書」(様式に、お金の預け先の業者名が印刷してあり、そこから選ぶ形になっている)には、技術職員1名と大学院生1名(当時)が自分の名前を書いている。

(2)裁判所の指示で調査委員会、不正なしが有りに
<質問者は川崎裁判官、第105ページ>


その後、どういう経緯で再調査になって、実際には、あるという判断がされたんですかね。
   最終的には、裁判所から大学の調査委員会を立ち上げろということで、調査委員会が立ち上がりました。本部の。
何が決め手になったのか、あなたは知っていますか。最初、調査でなかったことになっているのが、後であったことになってるんですけれども、それは何が決め手になったか、あなたは分かりますか。
   それは私の自白です。
あなたがやったというふうに供述を変えたということですか。
   事実は、橋本という副学長、理事ですけれども、その人から半分脅しのような形で言われて、私が自白をしました。それが決め手です。
あなたの話した自白が正しい真実だということですか。
   そういうことですね。
<引用ここまで>

引用者説明:裁判所から指示されてやっと、不正隠蔽が止まったわけです。私だけでなく、多くの金沢大学構成員が、金沢大学やその構成員など関係者に対して、幾つもの民事訴訟や刑事手続きを行い、それらの一部は報道されてきました。

4、不正経理の会話の録音証拠(甲64号証)

 甲第64号証は、録音とその録音反訳のセット(枝番号1と2)の証拠で、吉本被告は本物だと既に認めています。

 その録音反訳の中から、不正経理に関する会話が主に入っている、第1〜第4ページと、第9ページを、下にお示しします(提出した証拠には、黒塗り(業者名部分)と赤下線は付していない)。

 赤下線の部分を眺めれば、
(ア)私による不正解消で解決の提案、不正は「やめるしかない」種類の不正(吉本被告の説明)、
(イ)大学側が、証拠の扱いの詳細(学長までいってる、など)を、被疑者である吉本被告へ漏らしていたこと、
(ウ)不正を一度は解消しようという話になったが、否認に転じたこと(この間に、「財務監査」名目での関係者への聴取があった)、
(エ)私のほうがウソをついているとの非難を始め、当時の事務補佐員だった井上あゆみさんも不正隠蔽に巻き込まれている様子(吉本被告が、上で、井上さんも不正経理を知っていた旨を証言した)、
(オ)私・小川専用の研究費(私の研究のために獲得して、外部から支給されているもの)にまで執行妨害を始めたところ(もちろん学会費用は当時より前から支出可能)、
などの経過の概略が追えます。


11
22
33
44
99

 この会話の平成18年4月は、私の金沢大学着任の約半年後であり、同年夏に、バリケードで封鎖するような形で、共通実験機器のない狭い場所への閉じ込めが始まって、そうした閉じ込め状態が9年以上続くことになります。
(つづく)
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

金沢大学医学部・ハラスメント相談員の清水徹教授が急逝されてから3年〜論文盗用裁判の初日に(医学部大学等事件45)

 

 金沢大学ハラスメント相談員だった清水徹・金沢大学医学部教授が急逝されてから、2月25日で3年になりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 その日は、私とは関係がない、金沢大学D教授(現在は定年退職済み)と金沢大学との裁判の第1回口頭弁論があり(翌日新聞各紙などで報道、金沢地裁平成25年(ワ)第555号事件)、その裁判が初めて公開された日でした。

 

 指導している大学院生の論文をD教授が盗用したとして、金沢大学がD教授を出勤停止1年の懲戒処分とし、D教授は盗用ではないとして、金沢大学を提訴した事件です。

 

 それより約2ヶ月前の2013年12月24日、北陸中日新聞はその提訴を伝え、記事の最後で金沢大学担当者の話として、
「教授の提訴については『訴状が届いているか、届いていないかも含め、現時点ではお答えできません。』と話した。」
と報じ、「訴状が届いているか否かも答えられない」というのは変わったコメントだなあと私が感じていた時期に、急逝されました。

 

 私が金沢大学に着任した時から2006年7月までの1年弱、清水教授の細菌学研究室は、私の薬理学研究室(正式名称は「分子情報薬理学」)の隣であり、毎日のように廊下ですれ違って清水教授と挨拶をしていました。

 

 その後の研究室の引っ越しで、薬理学研究室の隣は第三解剖学研究室(現在の正式名称は「神経解剖学」)になっていますが、これまたどちらの教授も途中で辞職なさいました。

 

 薬理学教授だった吉本谷博氏は、2006年初め頃に私が不正経理の是正を求めたところ、一度は不正を解消することに同意して解決すると思われたのですが(不正を解消して解決するというのは、大学本部財務部職員からの助言)、突然否認に転じて、金沢大学は同年3月に「不正なし」の結論を出しました。

 

 その約5ヶ月後の2006年8月、私が金沢大学に対して、職場環境改善と不正経理の是正などを求める裁判所調停を申立てたところ、金沢大学は翌2007年3月16日に、不正経理を理由に吉本教授(当時)を出勤停止2ヶ月の懲戒処分にしました(翌日の新聞各紙などで報道)。約1年間にわたり、不正の有無の争いが続いた後です。

 

 同年(2007年)5月に、私が吉本教授(当時)を提訴した裁判は、金沢大学に対する追加の訴訟と併合されて、10年近く経った現在もまだ一審判決が出ていません(金沢地裁平成19年(ワ)第305号事件と同平成23年(ワ)第281号事件)。

 

 上記の懲戒処分と提訴の約1年後である2008年3月、職場で、吉本教授と安田職員との間で、
「殴られた!見たね、安田君!」
「ハイ!わかりました!」

のやりとりから、幾つもの新たな民事事件と刑事手続が発生し(もちろん殴っておらず、立って前方の人と向き合っていた私が、急に後ろからつつかれただけです)、私がのちに安田職員や第三解剖関係者などを提訴した裁判で、安田職員は「殴るのを見ていない」と認めて、私に解決金を支払って和解しました(金沢地裁平成22年(ワ)第50号事件)。

 

 吉本氏は、殴られたと主張する部位を頭から顔に変更し、倒れたという主張を倒れなかったという主張に変更し、以前からの共同研究者で共著論文も発表していた学内准教授のY医師(吉本被告は、この医師のお父さんのお葬式へもプライベートで参列した関係であると、先日の被告本人尋問で認めた)への紹介状を持って、学外の病院でこの医師の診察を受けて、ソラナックスという薬が奏功すると言って要求して処方を受け(ソラナックスは「殴られた!見たね、安田君!」より前の時期に使って奏功した薬であることも、尋問で認めた)、MRIの検査結果は外傷ではなく加齢性変性疾患の「変形性頚椎症」であり、Y医師はカルテに「No Traumatic Lesions」(外傷性の損傷なし)と書いていたこと、Y医師は詐病か否かの確認はできないと述べる一方で、訪れた検察官には「99%詐病でない」と説明していたことなどが、裁判の進行などによってのちに明らかになっていきました。

 

 また、上記の安田氏との訴訟開始前の平成21年には、「分子情報薬理学で傷害事件が起きた」と、上記会話の直後に教授会で口頭で報告されていたことについて、私が中沼安二・医学系研究科長(当時の部局長)と井関尚一教授を提訴した名誉毀損訴訟において、被告側が教授会等で名誉回復措置を行なうことで、和解が成立しました(金沢地裁平成20年(ワ)第569号事件)。

 

 刑事手続(傷害)をとられたほうは、私は不起訴となりました。吉本教授はそれを不服として検察審査会まで申し立てましたが、「暴行を受け傷害を負ったとする実態も判然とせず、、、」という理由で、不起訴相当(不起訴処分が妥当である)との議決が出ました(平成21年金沢検察審査会審査事件(申立)第6号)。

 

 他方、私が吉本教授と診断書を作成した医師を、虚偽診断書作成罪・同行使罪で刑事告発したほうも、不起訴になりました。

 

 その後、薬理学の吉本教授は、2015年7月に、定年を待たずに辞職し、老健ホームいしかわの施設長に転じられました。

 

 一方、第三解剖(現在、神経解剖学)の小川智教授は、「殴られた!見たね、安田君!」の、「事件報告書」と称するものが配布された2008年7月2日の教授会で、退職の挨拶をして若くして辞職され、その後、尼崎東診療所、さらに下越病院内科(新潟県)へ転じられました。

 

 これらは職場での出来事や事件ですが、冒頭の急逝された清水徹・細菌学教授と、辞職された小川智・第三解剖教授は、私の居住する集合住宅へ入居してこられたことがあります。

 

 金沢大学が吉本教授の不正経理なしという結論を1度出した2006年3月に、お2人は、私が以前より居住している賃貸住宅(4階建て、横に6戸の、計24戸の建物)に入居してこられ、小川智・第三解剖教授は私の隣りの部屋への入居でした。

 

 約1年後の2007年3月に、吉本教授が上記の出勤停止2ヶ月の懲戒処分を受けた直後、清水教授は退去されて(勤務とハラスメント相談員は継続)、今から3年前の急逝に至りました。小川智教授は、辞職時まで同じ部屋に居住を続けられました。

 

 小川智・第三解剖教授の辞職後は、准教授だった堀修氏が教授に昇任されました。

 

 その後に、第三解剖技術職員T氏と第三解剖元研究員(小澤健太郎氏)が薬理学教室でやりとりをし、それを基に、「小澤助教(薬理学の助教になっていた)が小川に『突き飛ばされた』と叫ばれたため不眠になって労災だ」の組織的デッチアゲが行われ、上記の裁判で安田職員とともに被告になった小澤氏は、私・小川は「突き飛ばされた」発言をしていないこと、大声をあげたのは小澤被告のほうであったこと、精神科で1回だけ診察を受けて血液検査をし、その結果である著しい高脂血症を聞かずに2年近くたってから検査費用を労災請求したこと、不眠になったと主張する時期も週1回の病院当直アルバイトを休まず続けていたことなどを認め、労災請求を取り下げることと、加えて、当時の事務部長(同じ裁判の被告の1人)が私に解決金を支払って和解しました(上記の安田氏と同じ事件番号)。

 

●詳細は医学部大学等事件1と、それに続く同2

http://ameblo.jp/iryouziko/entry-12091616223.html

 

 このように、隣近所だけでも様々なことが起きていますが(近所以外でも起きています)、清水徹・細菌学教授は、公私ともに私のすぐ近くにいらっしゃった方であり、ご生前の経緯に関係なく、清水徹教授のご冥福を重ねて心からお祈りするとともに、不幸な事件が頻発している金沢大学の状況が改善するよう願っています。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

金沢大学医学部OBの医師の方から頂戴したメール〜死亡事案や日々の診療から医療界の現状を憂い体質改善の必要性をご指摘(医学部大学等事件44)

 

 寒い日はあるものの日差しが明るくなり、春の近さを感じます。

 

 今日(2月21日火曜)は、研究室にて、遠方からのお客様と、医学部、医師、医療、医学などについて、建設的な議論や情報交換を行いました。

 新幹線の便利さを実感します。

 

 先日、金沢大学医学部OBの医師の方(上記の本日のお客様とは別の方)から、丁寧なメールを頂戴しました。有難うございます。

 

 その一部を以下に紹介させて頂きます。

 

<紹介ここから、冒頭部分省略>

さまざまな事情やご都合主義が、大切な命を無駄死にさせてしまったとしたら、憤る気持ちを禁じえません。全く存じ上げない方ではありますが、あの子は生きたかっただろうな、必死だっただろうな、大事に大事に育て、人生を歩んで来た親御さんの気持ちを考えると、悲しみと怒りに押しつぶされそうになります。

 

 患者さんがどんな思いで通院しているか、診療を受けるためにどれだけ心を砕いて病院を目指すか、それを理解している医師はどれくらいいるのだろうかと、同じ医師ながら、毎日、暗澹たる気持ちで診療をしております。

 

 どうか、ひとりでも多くの心ある若き医師が我が母校から輩出されんことを切望します。小川先生もどうぞお身体を大切にお過ごしください。

<中略>

我が国の医療界の体質改善を切に希望すると同時に、小川先生の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。

<メール紹介ここまで>

 

 上記メール中の死亡事案(死亡時16歳)は、金沢大学カフェイン併用化学療法におけるもので、本ブログの横浜講演スライド詳報シリーズでお示ししています。

 

●横浜講演スライド詳報10(その中の下方に、1から9のリンクも有り)

http://ameblo.jp/iryouziko/entry-12204862579.html

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学HP(医薬保健学域の)で第1内科同窓会誌の虚報(薬理学の教授に安藤先生が着任した)の訂正公告/
多久和医学類長・医学部長らとの訴訟で昨日(2月15日)請求変更申立て(医学部大学等43)
 
 医師国家試験が終了しました。受験した皆さん、お疲れまさでした。
 まだまだ他の資格試験や入試などが続きます。これから受験される方は、インフルエンザなど体調に気をつけて、実力を発揮して下さい。
 
 今回は、まず、第1内科の昨年夏頃の同窓会誌に、「薬理学の教授に安藤先生が着任した」という虚報が掲載され、それについて、金沢大学医薬保健学域のHPに訂正公告が掲載されたことです(次のURL)。
 
これのトップページは次です。
 
 10年近くニュースが出ず、2つ目の話題として掲載されていました。
 
 この訂正公告で、3つの研究室名が出ていますが、いずれも独立した別々の研究室であり、それぞれの研究室の責任者(分野主任)、旧称・通称、現在の正式名称、医学類E棟という建物(基礎医学研究室が入っている)の階は次の通りです。
 
分野主任      旧称・通称   現在の正式名称  E棟の階
 
小川和宏      薬理学     分子情報薬理学   3階
(15.11より)
安藤仁       (なし)    細胞分子機能学   6階
(16.3より)
山本靖彦      生化学第2   血管分子生物学   5階
(15.5より)
 
 一番下の山本教授の生化学第2研究室は、旧称・通称(現在もしばしばこれで呼ばれる)を正式名称に変更するだけであって間違いではないのですが、安藤教授の細胞分子機能学(旧称なし)と私の薬理学(現在の正式名称は「分子情報薬理学」)は全く別の研究室であり、上記は全くの虚報でした。
 
 先月から、訂正するよう何度も申し入れていたのですが、本日(2月16日(木))夕方になってやっと、事務部長から訂正掲載した旨のメールが私に届きました。
 
 虚報流布の媒体は、判明しているのはその同窓会誌だけですが、同窓会員だけでなく、学内の公用ポスト(各研究室が郵便物や学内文書などを受け取るためのもの)も用いて各研究室に配布され、かつ、医薬保健研究域長・同学域長(全学の部局長トップ4名の中の1人)としての執筆ともとれる書き方であったため、今回の金沢大学HPでの訂正公表に至りました。
 
 次の募集要項の通り、先月下旬に大学院生の第3次募集をしていたのですが、その要項の第4、第5ページの研究室一覧には、正しい研究室名称(私の研究室は「分子情報薬理学」、旧称「薬理学」)と分野主任(責任者)名(小川和宏)が記載されています。
 
 なお、細胞分子機能学の教授選考委員は7名で、約1年前から私と訴訟中の多久和医学類長・医学部長および井関尚一教授(前医薬保健研究域長・医薬保健学域長)、上記の虚報部分の執筆も行った金子周一・現医薬保健研究域長・医薬保健学域長、訂正公告に登場の山本教授に加えて、河﨑、村松、崔の各教授でした。
 
 薬理学系でない教室の教授募集だったことやその他の理由から(私は既に薬理学教室の分野主任(研究室責任者)になっていました)、私・小川は応募せず、上記選考委員7名が、基礎医学系ではなく(安藤氏が基礎医学の研究室に在籍した経験が無かったことを、小川は最近になって知りました)、臨床医学系の安藤仁・自治医科大学准教授(当時)を選んでいきました。
 
 安藤氏の履歴書、虚報が掲載された同窓会誌、金子研究域長らによる同窓会誌の送り状なども、裁判で最近証拠提出しました。
 
 2つ目に、その裁判(被告は多久和、井関両教授)の最新状況です。
 
 1月30日に新たな妨害行為を差し止める請求を追加したばかりですが、その後、相手がそれに対応するとともに、更に新たな妨害行為(上記の虚報と内容が関連するもの)が判明したため、昨日(2月15日(水))、請求内容をそれらに対応する形で変更する手続きを行ったところです。
 
 現時点で、新たに別の人や法人を被告等にする法的手続きは行っておらず、弁護士さんや他の方々とともに、推移を見守っています。
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学カフェイン併用化学療法での患者死亡の厚労省通報漏洩事件の尋問
〜2週間が期限の死亡報告書が、先進医療での死亡と厚労省が認識した後も半年以上提出されず
 〜それでも適正と中谷大作・先進医療専門官(当時。現大阪大)が主張(医学部大学等42)
 
 2月3日(金)に、金沢大学カフェイン併用化学療法患者死亡の厚労省通報漏洩事件の尋問が、東京地裁で予定通り行われました。
 
 多くの方々が傍聴にお越し下さいました。心より感謝申し上げます。
 
 次回は、今年4月21日(金)午後1時15分です(事件番号等は本記事末尾)。
 
 先進医療で死亡事案が発生した場合、2週間以内に有害事象報告書(死亡報告書)を提出しなければならないと定められているのですが、中谷被告は、当該死亡事案が先進医療に該当すると平成25年12月に認識したものの(私の通報の2〜3ヶ月後の時期)、その後も半年以上提出されないまま、翌年6月30日に中谷被告が退官した(大阪大学病院へ戻った)旨、そして、中谷被告の対応は適切であった旨を主張しました。
 
 中谷被告の陳述書(被告国が提出した乙第11号証)より、一部を引用します。
 
<引用ここから>
、、、本件死亡事例が、実は先進医療制度の枠内で発生したものであることが平成25年12月に判明しました。そこで、厚生労働省は、金沢大学に対し、先進医療としての実施を中止するよう要請した上で、有害事象報告書を提出するようと(原文ママ、引用者)依頼しました。
<中略>
、、、平成26年6月30日に先進医療専門官を退官するまでの間には、正式な有害事象報告書が提出されませんでした。
 したがって、平成25年10月1日に小川さんから電話を受けてから、平成26年6月30日に退官するまでの私の対応は、適切であったと考えています。
<引用ここまで>
 
 上記について、私が中谷被告に、その有害事象報告書(この件では死亡報告書)の提出期限は、死亡から2週間ではないかと尋問で尋ねたところ、肯定しました。
 
 従いまして、私の通報から9ヶ月近く、中谷被告および厚労省が先進医療での死亡(死亡から2週間以内の報告書提出が必要)と確認してからも半年以上、必要な報告書が提出されなかった事実を、被告側は認めました。
 
 昨年4月、先進医療より更に条件が緩和された「患者申出療養」という制度が始まったのですが、先進医療制度が定める死亡報告書提出さえ履行されない状態であり、それでも厚労省および担当官(当時)が「適切」である旨を主張しているというのは、医療安全の面でトンデモない状態だと私は感じたのですが、皆様はいかがお感じでしょうか。
 
<上記事件の表示>
事件番号:東京地裁平成26年(ワ)第22761号
原告:小川和宏
被告:国、中谷大作(先進医療専門官から大阪大学病院循環器内科へ戻った)
次回期日:平成29年4月21日(金)午後1時15分
場所:東京地裁第709号法廷(予定)
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金沢大学医学部長・医学類長らとの裁判で講義妨害差止め等の内容を拡張する書面を提出(医学部大学等41)
 
 入試や国家試験などのシーズンですので、特に受験生の皆様は体調に気をつけて実力を発揮して下さい。
 
 前回は、2月3日(金)午後1時30分から東京地裁で行われる、金沢大学病院カフェイン併用化学療法による患者死亡での教授ら書類送検事件の、厚生労働省通報漏洩事件をご案内しました。
 
 さて、昨日(1月30日月曜)に、昨年(2016年)2月から続いている、金沢大学医学部長・医学類長の多久和陽教授らを被告とする、講義妨害差し止め等請求事件において、差し止める講義妨害行為の内容を追加する書面(弁護士作成)が、原告(小川)側から提出されました。
 
●多久和医学部長・医学類長らとの訴訟(講義妨害差し止め等)
(事件番号:金沢地裁平成28年(ワ)第64号)
 
 直接的な妨害に加えて、医薬保健研究域長および医薬保健学域長という要職(金沢大学全学の教育研究組織でトップ4人のうちのお一人)の金子周一・第一内科教授が、私の研究室についてや、別の研究室の教授(昨年3月着任)について、虚報を記した『金沢大学医学部同窓会誌』が、同窓会員のみならず、学内の公用ポストも用いて広範に配布されていたことが判明しました。
 
 そのため、ホームページなどに訂正公告の掲載をお願いしたところ、誤りなのですぐに行いますという旨のメールでのご返信(学長や学長秘書室、副学長といった大学幹部の方々も含む、学内の多くの方々へCCも入れて)が金子先生から先週あったのですが、未だに掲載が確認できない状態です。
 
 その虚報の主役とも言える別研究室の教授についての資料や、同窓会誌の虚報掲載のページ、金子先生からの同窓会誌送り状なども証拠として付して、冒頭述べた、妨害差し止め内容拡張の書面(弁護士作成)が、月曜(1月30日)に裁判所へ提出されたところです。
コメント(0)  |  リブログ(0)