秀吉は怒った。

テーマ:

1582年、

九州のキリシタン大名大友、大村、有馬の名代として、

13歳から14歳の4名の少年達が苦労を重ねながらヨーロッパに渡り

ローマ教皇に謁見した。

 

この天正少年使節団の次の報告はその切実な思いが

伝わってくる。

 

行く先々で日本女性がどこまで行ってもたくさん目につく。

ヨーロッパ各地で50万人という。

肌白くみめよき日本の娘たちが秘所丸出しにつながれ、もてあそばれ、

奴隷として転売されていくのを正視できない。

鉄のたがをはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う

徒への憤りも、元々なれど、白人文明でありながら、

なぜ同じ人間を奴隷にいたす。

ポルトガル人の教会や師父が硝石と交換し、インドや

アフリカまで売っている。

 

秀吉の朝鮮出兵に同行した者の見聞録に、

キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいばかりに

女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、

女たちが泣き叫び、わめくさま地獄のごとし。

 

織田信長の後を継いだ豊臣秀吉はこのような状況を見て危機感

を覚え、バテレン追放令を出す。

特に人身売買の話を聞いて激怒したという。

 

4人のスペイン人、ポルトガル人とメキシコ人の各一人

を含む合計26人のキリスト教徒が、秀吉に命じられ、

長崎で貼り付けの刑に処せられ、他の多くの宣教師たちが

本国に帰って行った。

 

通常、このような事態は今までは植民地化の

最大のチャンスである。

刃向かう者を皆殺しにせよという聖書の教えを実行して

多くの植民地を手に入れてきた。

北アメリカ、南アメリカ、そしてアジア各国。

 

だが多くは弓矢と銃砲との戦いであり勝負にならない。

少数の船と兵隊でヨーロッパ各国の軍隊が勝利してきた。

 

しかし日本は織田信長以来、戦国大名は皆大量の鉄砲を

持ち屈強な武将や武士たちが数多く存在していた。

宣教師たちの報告で日本の状況を知った本国は

軍隊を送っても勝利は難しいと判断した模様である。

 

大航海時代こうして日本は植民地化を逃れることができた。

=これは長い間続いた人種戦争の物語である=

 

AD

大航海時代の日本 ②

テーマ:

1549年、フランシスコザビエル日本上陸。

キリストに守られていると信じているとはいえ

たいしたものです。

 

植民地化を狙っているとは知らない日本人は

キリスト教を受け入れます。

 

しかし、重要なのは同じ頃伝わっていた鉄砲です。

器用な日本人は技術者がたくさんいましたから、

さっそく複製を作り、改良して大量生産を始めました。

 

織田信長は鉄砲を大量に保有することができました。

世界で最も多くの鉄砲を持っていたのはおそらく織田信長です。

おかげで織田信長は世界最強の軍隊を持ったわけです。

 

このことは本国のポルトガル王へ報告されますから、

日本は簡単に植民地化はできないと思ったらしい。

 

戦国時代の戦乱は群雄割拠で

強い軍隊がいっぱいありました。

しばらくはキリスト教の布教活動をして

様子を見ることにしたようです。

 

高山右近などはキリシタン大名として有名です。

領地の一部を宣教師に与えたりしました。

 

改宗したキリスト教徒により、寺社が焼き払われたり

僧侶が迫害されたりしました。

 

聖書には他の宗教を殺せと書いてあるのです。

これには僕もびっくりしたものです。

 

 

 

 

 

 

AD

大航海時代の日本

テーマ:

15世紀から17世紀にかけて

ヨーロッパ諸国は競って海外へ進出した。

大航海時代である。

 

先陣をきったのはポルトガル、スペインである。

 

コロンブスやマゼラン、ヴァスコダガマなどは

学校の歴史で習い、年号を暗記したものである。

 

ローマ教皇も海外侵略を強力にに後援した。

 

侵略し香辛料などを積んで帰ってくるようになると

莫大な利益が計上されたので白人諸国は競って

大航海時代に乗り出した。

 

これが大規模な白人による人種戦争であり、

多くの文明が滅んでいった。

アステカ文明、インカ帝国、マヤ文明。

アメリカにおいてはインディアンなど絶滅寸前まで

追い込まれて行くのである。

島ごと全員虐殺した記録も残っている。

 

コロンブスの原住民虐殺もひどいものであった。

当時から白人以外の人間は人間にあらず、

猿と同様の扱いでありコロンブスも虐殺をしていった。

 

マゼランはフィリピンで戦死とあるが、

フィリピン側から見れば侵略者を倒した英雄として

フィリピンのラプラプは祭られているのである。

 

そんな中、いよいよ日本に目をつけたポルトガル王は

1549年、フランシス、コザビエルを日本に上陸させた。

 

宣教師が来たらこれはキリスト教の布教を隠れ蓑にした

植民地化を狙っている。

日本の歴史教科書にはこの事実がほとんど書かれていない。

いまだに戦後のGHQの指導を守っているのである。

 

西洋人の側から見た歴史でなく日本人の側から見た

歴史を今や西洋人が書いてくれるようになった。

 

では、日本だけなぜ、大航海時代から終戦まで

植民地化を避けることができたのだろうか。

次回より述べていきます。

 

 

 

AD