ソマトサイコロジストのロペスです。

 

11月20日の第7回ギラギラ会のお知らせです。

ネットの情報だけではいまいちわからないという方のために、逐一お送りしていきます。

 

今日はプログラムその2、第2の演者の高橋先生「キライにならないで!内科系リハビリテーション」についてです。

理学療法士の高橋先生は、まずちょっと異色の経歴の持ち主だそうです(この辺も当日や懇親会で聞けるかもです)。急性期・回復期・生活期リハビリテーションおよび地域リハビリテーションなど一通りのリハビリを経験されているようですね。臨床では内部障害に興味を持って、心臓リハビリテーション指導士の学会認定資格を取得されています。先生も言っているように内科疾患にリハビリというのはイメージわかなかったり、既往歴として持っている患者さんのリハビリがうまく進まなかったりと確かにあまりいいイメージはないのかもしれません。

 

私も総合病院にいるころは内科疾患の方のリハビリを結構やりました。多くが廃用症候群の方のリハビリになりますが、例えば呼吸リハや心筋梗塞急性期などはリスク管理を行うながら行うという点では専門知識を要したり、他職種連携が必要だったりセラピストの判断能力が要求されるなと思いました。内部障害のリハを共有するのは難しいですが、講義形式でセラピストが親しみやすいような内容で伝えていただけると思います。よくわからないという方にぴったりだと思いますし、臨床で実践されている先生も疑問質問を議論するチャンスです。

 

~~ギラギラ会は私ロペスと学校の先輩が飲み屋で理学療法について話していたら興奮してしまい、その場でPCを取り出し熱く語り合った日々を原風景を基に、みんなで勉強会をやってみようと始めて7年になるアットホームな勉強会です。勉強する内容以外には、お弁当がつくことと懇親会で東小金井名物の宝そばが食べられるというおもしろイベントがあります。ぜひ皆さんお誘いあわせの上ご参加くださいね。~~

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

AD