【ぼー】養成校の非常勤講師②

テーマ:

ソマトサイコロジストのロペスです。

 

プライベートな事情でブログかけずにすみませんでした。

大分期間が空いてしまいました。

 

前回の続きです。もう忘れてしまってますよね。

 

担当したのは夜間部の4年生で、実習を終えてあとは国試の勉強のみという状況の学生たちです。私は昼間部の学生でしたが、同様の特別講義は実習前に受けました。そこではボバースコンセプトやダイナミックインソールなどの当時学生としては勿体ない講師陣が教えに来てくださっていました。得られたものはわずかですが臨床の雰囲気を感じる(気になった)には十分でした。

そんなようなつもりで自分も準備したのですが、やはり学生それぞれに今後の方向性や興味、授業への態度はいろいろですので、慢性痛のリハビリテーションは、なかなか興味持ってもらえない分野だと自覚しています。また夜間部学生は仕事してから集まってくるので、下を向いて舟をこいでいる学生もちらほら…。ごめんね、つまんないよね…。

 

学生に慢性痛リハビリテーションの話は届くのか?響くのか?

 

この続きはまた。きょうもよんでくださりありがとうございました。

AD