INUUNIQ(イニュニック)

2011年11月11日始動


テーマ:
▼△▼△▼

 7/11&12
INUUNIQ pre.動と静の織絲
紹介シリーズ 

その4. 絵画・切り絵チーム

▼△▼△▼

一昨日の夜、また深夜実験を行っておりました。至福の時。  

{BEF1EE86-A6D0-491E-9B9D-0726C3C50E5D}

これよこれ。
なんだと思う? 
なんでしょう?

もう異空間というか魔界かもしれん。

当日はSNSへのアップ拡散大歓迎です。
色んな楽しみ方が出来るので、白い服着て、束の間の異次元体験をしに来てくださいな。

○●○●○●

さて!!!!

今回の紹介は、
【絵画・切り絵チーム】です!!

絵画(メインビジュアル): 車谷典子
切り絵: 西井綾加(通称・みくたん)

デジタルな映像にアナログなこのふたつが交わっていくのです。
交わっていくというか…全部でひとつ。

・・・

{892F580D-7439-4022-B65C-93539A823E86}

のりこちゃんは去年のサウンドシアターのビジュアル担当を探している時に出会った奇跡みたいな存在。
テーマがめっちゃINUUNIQと同じでね。
でも、それを知ったのは仲良くなってから。
見た瞬間に「これは運命や…」ってくらいになった。一目惚れ。恋か!
ピアノ朝香と同じ大学で同期なんだけど、お互い全然知らなかったみたい。
日本画材を使って描く彼女の絵は、本当にアナログです。生で見て欲しい。
だけれども、デジタルになった時も、どんな形に切り取っても「生き物」のようにそれは存在する。
今回はのりこちゃんが昔描いた少女の絵を使用させていただきました(上の作品)。
そこから物語が生まれたのです。
描き下ろしも登場するのでお楽しみにね!

・・・

{C6A6F97A-AFEE-4E72-B9D6-3A591B60F4B3}

そして「みくたん」こと、西井綾加!
元々は見に来てくれていて、何かのきっかけで素晴らしい切り絵を作っていることを知って、INUUNIQ 2ndミニアルバム「音伽(おとぎ)」のジャケットの切り絵を制作してもらうことになったの。
上に貼り付けているのがそのジャケットのもの。今回使うものではないよ。
紙一枚から出来てる切り絵…どうやって…となる。
繊細で、でも動的なの。
今回、day2(12日)メインに彼女の切り絵は登場するのですが、それが!!!!!泣きそうなほどに美しい!!!!!!
あぁ、いろいろ言いたいんだが、どこまでいっていいか悩んで、秘密にします。笑
day1から会場のところどころにありますので探してみてね。
day2は簡単なワークショップありで、そこで作ったものが使用されます。
12日はオープンの19:00から是非来てね。


素晴らしいふたりの作品。
これもまた絡み合うもの。

目に焼き付けて、そしてダイブして。


【絵画・車谷典子 コメント】

INUUNIQとの出会いは昨年の春、私の絵を見た咲さんからラブコールを貰ったのが始まりです。
でもINUUNIQの音楽に触れて私のほうがその世界に魅了されてしまいました。それくらい衝撃的な出会いでした。
私にとってINUUNIQの音楽は絵のイメージが想像しやすくて、いつもすんなり出来上がります。
そんなところも運命的な出会いかなと一人納得しています。
 
昨年12月のサウンドシアターではメインビジュアルを担当することになって、私では力不足では...と思いながらも飛び込んでみたら、
想像をはるかに超えた素晴らしい体験をさせてもらって感激しています。
リハーサルで音楽と映像を初めて見た時の感動は今でも忘れられません。
 
今回は私が以前描いた少女の絵から咲さんが物語を紡いで、二日間の世界を創り上げて行くと言う形になりました。
まさかこの絵がそんなことになるとは思っていなかったのでまたまた感激です。
他にもこの少女の絵とINUUNIQの音楽からインスピレーションを得て二枚の絵を描きおろしています。
当日どんな使われ方をするのか...今からとても楽しみです。
 
そんな素晴らしいプロジェクトの一員として関わる事が出来てとても嬉しく思います。

車谷典子

・・・

【切り絵・西井綾加 コメント】

咲さんと、イニュニックと初めて出逢ったのはknaveでのピアノデュオでした。
もう3年くらい前??
その時に聴いた、「25時の宇宙」の広がりと感動は忘れられず、イニュニック好きな曲ランキングベスト3に入っています笑

それから何度かライブに通ううちに、咲さんとたくさん話すようになり、いつの間にか切り絵という形で、フライヤーやアルバムジャケットでのイニュニックの世界観の表現をさせていただいていました。

でも、それは動かない紙の中。
動と静の織絲は、ライブという生きた空間に切り絵を使う、私にとっても初めての挑戦になります。
音楽と映像と照明と切り絵。
個々で活動していると、なかなか交わらないベクトルを、咲さんが繋げてくれました。

音楽を、映像を、そしてその場にいる体験を忘れられないイベントにするために、心を込めて切り絵を作っています。

ライブの前後でも、近くで切り絵を見てもらえたらとても嬉しいです。

気になる切り絵のワークショップですが、気軽に短時間でできるものをご用意しています。
手先に自信のない方でもだいじょーぶ!
自分で作った切り絵がどのように使われるかも見所のひとつです。

たくさんの人が楽しんでいる顔を思い浮かべながら、当日を心待ちにしています!

以上、切り絵担当のにしいでした。

西井綾加

{A8059A91-405C-43B5-9EA3-279FF1DF9386}

{2518A2A1-D95D-4BCF-9F88-13A62D5CA950}

上半身、白い服で来てね~!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{6E5B9F24-FA39-4BD0-BDF0-636C2018E9B5}

みんなの紹介の続きは明日更新出来るかな。
なんだか楽しみにしてくれてるようなので嬉しいです。
私も楽しみだったりします。笑


あと2週間。
7/11&12「動と静の織絲」。

INUUNIQとみんなの新しい挑戦。

あっという間。
2日間開催…なんてなんて挑戦。
だけど、1日だけの奇跡も良いけれど、それが2日間。しかも景色が変わる。

11日 day1「動」はカラフル。
12日 day2「静」はモノクロ。

3面に映像を当てることによって、観る人も映像の中に居るような体験を得られるし、ただ映像を流しているんでもない。

半透明スクリーンによって、映像と演者の両方も楽しめちゃう。

お客さんに上半身は白い服を着てもらって(ドレスコードです。Tシャツでも良いのよ)、何かが起こるし、そもそもみんな白ってすごい光景。笑

少女の脳内世界。

うまく説明ができないので、
とにかく7/11と12(どちらかでも)はFootRock&BEERSに来て欲しい。
出来れば、とか言わないよ。
来て欲しい。

頑張ってる結晶をーとかではなく、純粋に「すんごい」から。

私だけで成り立ってるものなんかじゃない。
パズルみたいにいろんなものがハマっていって、最後のピースはお客さん。

わからないものに触れる。
ここじゃないものに触れる。
でも、それも現実なのよ。

体感セヨ!


{ADCE86C3-42F4-47C0-9713-ACF3B42DC2B7}

{6000255C-2466-44B8-8200-1180A7C4BB5E}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
▼△▼△▼

 7/11&12
INUUNIQ pre.動と静の織絲
紹介シリーズ 

その3. 映像・音響チーム

▼△▼△▼△▼

雨が降ったりやんだり。

最近わたくしハマっているものがあります。
「アメリカンホラーストーリー」!
アメリカの怖いドラマですね…。
Netflixのサムネイルで前から非常に気になってはいたのですが、ポチッとしたが最後、続きが気になって仕方がないいつものパターンに陥っています。
なかなか勢いよくは見れない鬱々としたストーリーだけれど、その濃厚さ含めて満足じゃ…。

・・・

さて。

今回の動と静の織絲・紹介シリーズは、「映像・音響チーム」のことです。

今回はサウンドシアターを経て更に深めようとしている【参加・体感型】のキー、映像。
そして演奏するのになくてはならないだけでなく、演者と対等にあり、むしろ引っ張ってくれるような音響。

▼▼▼

映像チームは2名。

VJ: Kazz Fukuda
映像監修:  (株)カナデクラフト西野氏

カナデクラフト西野さんは、サウンドシアターでプロジェクションマッピングと投影を担当してくださりました!
もうINUUNIQになくてはならない存在です。
映像はそりゃ勿論なのですが、演出力が半端ない。
どれだけ助けられているか…。。。
私の曖昧なものをカタチにしてくれる1人です。
(むしろ居なかったらどうなっているのか)

そんな西野さんのプロジェクションマッピングはこちら→https://youtu.be/kVvD4mqcdnY

今回西野さんは映像を投影するVJではありません。アイデアや技術をめいっぱい使い、色々考案してはアウトプットしてくれています。
(うまく言えない、とにかく功労者です) 

そして、カナデクラフト西野さんとタッグを組んで、これまで見たことのないような空間を作り出してくれるのは、VJ: Kazz Fukuda。

いやーすごい。
弱冠21歳。まだ学生です。
…という色眼鏡は不要なくらい、センスもアイデアも技術もすごいです。

10代の気鋭のバンド・licalのMV(マッピングや投影担当)など見たことある方たくさんいるんじゃないでしょうか?
今、バンドシーンで引く手数多の存在。

そんな彼が、かなり年上の西野さんと対等に化学反応を起こしながら紡ぐ、day1「動」のカラフルと、day2「静」のモノクロ。そして遊べるアレやコレ。
必見です。
間違いなく「異世界」。

▼▼▼

音響はT&HY徳竹敏之氏

京都のとくさん。
といえば、わあ!!!となる方も多いはず。
重鎮です。

実は…INUUNIQを初オペ!
でも、サウンドシアターでの音響アドバイザーとして色々動いてくださったりとめっちゃくちゃ助けられているんです。
コメントに書いてくださっているのでここでは省略しますが…。

この人に音響を担当してもらったら、どこまででも安心して世界を広げてもらえるんだなぁ、と。
すでに大信頼をしまくっております。

音響補助にはフットロック神長ちゃん。
またフットロックの回で書きますね。

▼▼▼▼▼▼

それでは頂いたコメントを!

▼▼▼▼▼▼

【VJ: Kazz Fukuda】

ライブハウスの新しい使い方!?
音楽と映像が切っても切れない関係にある現在。
VJ(ビデオジョッキー)と言われるとテクノやクラブなど、いわゆるデジタルコンテンツを想像するだろう。
しかし今回、人間味や生演奏を連想させるアーティスト「INUUNIQ」とのコラボによってアナログコンテンツとの「ミスマッチ感」や「空間的違和感」をいい意味で表現し、斬新で新しい音楽の魅せ方をお届けできるのではないか。
またFootRock持ち前の3面スクリーンをフルに生かし観客にもINUUNIQの世界観を共有できるようなインタラクティブなイベントに作り上げようと考えている。

VJ KazzFukuda
@mushroomplastic

・・・・・

【映像監修:(株)カナデクラフト西野氏】

INUUNIQってバンドなのか?と思う。
僕にはモンスターを宿す少女のようだ。
キービジュアルを見た時に髪がモンスターにしか見えなかったから。
というのもあるが、
そんなモンスター達(少女達)が7月11日12日と暑い夜に集う。
アーティスティックな音楽を奏でる者達の2日間の集い。
このモンスター達(少女達)の脳内を拡散し侵食するのは蝶。
限られた時間を鮮やかに舞う蝶を
どのように動と静(生)を映像にするのか?
フットロックの3面スクリーンを最大限に活用し
若手VJが切り絵と影で織るインタラクティブな空間に。
もはやバンドちゃうよな?
と思う視覚的演奏を
今回は映像監修という立場で株式会社カナデクラフトは参加しています。
やっぱりバンドではない。
そう、ではない。それがINUUNIQ。

株式会社Kanadecraft
西野映造 

・・・・・

【T&HY徳竹敏之氏】

ピアノの朝香ちゃんとの付き合いは長いんだけど、咲ちゃんと初めて出会ったのは昨年の5月1日神戸の旧グッゲンハイム邸だった。INUUNIQもこの時初めて見た。次に会ったのは11月のサウンドシアターのリハーサルで、次が12月の本番のアムホール、と数えられるくらいだ。なのに随分濃い付き合いをしているみたいだ。
それにしても咲ちゃんの人を巻き込む力は一体なんなんだろう。
求心力?それとも吸引力?
ひと癖もふた癖もありそうな、そして、アイデアあふれる人材がたくさん集まって来る。
今回もミュージシャンはもちろんのこと、切り絵とか映像とかVJとか、何やらアイデアてんこ盛りでとても楽しそうだ。
はてさて音響はどうしよう?こっちも負けないように無い知恵を絞り出しますか。キャリアだけは長いので。

T&HY徳竹敏之

▼▼▼▼▼

そういえばとくさんとカズくんはおじいちゃんと孫くらい離れてる。笑

面白いチームだなー。

{6A9AE62F-E1C6-4B71-8FCF-F23D47DACA47}

{76EA84B3-0321-46FE-BADF-888C95F9BC65}

ドレスコード・上半身白!

INUUNIQ公式サイト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。