気仙沼 公演を前にして、、、

テーマ:

私達

インディゴ  プランツは、

座長の故郷

宮城県  気仙沼で始まりました。

旗揚げ公演以来、延べ
15都市での公演を幸せなことに重ねて参りました。

その中で

忘れられない年があります。

2011年、三陸新報社さんが
宮城県 気仙沼市での公演に、
共催の申し出をして下さいました。

私達は、劇団会議でこの知らせを聞き、
手を取りあって喜びました。

そして

3月11日

全てが変わりました。



気仙沼で、出会った方々が、ご無事でいらっしゃるのか、東北の皆様はどのような状況に置かれているのか、、、

あれから、5年。

私達は、私達に出来ることで、縁あるこの土地のに応援し続けたいと、何か、何かをしたいと、
東京から、想い、年に一度、逢いに行かせていただきました。

2016年の全国ツアーの

大千秋楽が

この宮城県  気仙沼であったことが

偶然なのか必然なのかわかりません 、

ただ、

三陸新報社さんから

『気仙沼の皆様のために、インディゴプランツの公演を行なってほしい』

との慈悲に溢れるお言葉を頂き

私達は、

「蒼空」という作品で帰ることを

決め、全員で

手を繋ぎ、

この地に帰ってくることができました。


沢山の英霊の方々が繋いでくれた

命のバトンの意味を噛み締め

この公演に

臨みたいと、思いました。



{8E4B3687-FDD0-4633-B557-7B4C54B8DE85:01}


いろいろな

人生を歩んで

9月3日に、

気仙沼市民会館で

出会った

全ての皆様に

祈りを込めて、、、



{9B522190-5FD2-497A-96F6-46F2166264B6:01}

(アーバン  マリアチャペルからの気仙沼)

AD

気仙沼 市民会館 いざ!

テーマ:
気仙沼



7年前、

今は無き、気仙沼公民館において、産声を上げた

インディゴ  プランツ。




{F0D070DC-87F0-410F-ABD9-3C475079C320:01}


(2009年、気仙沼公民館において  キャスト、スタッフ、気仙沼の皆様と、、、)


旗揚げから7年。

念願の地へ帰って参りました。


{0534A014-D270-4DE2-B06A-AB208E954C4D:01}
{9A97B5F8-85C7-4AF2-8AFE-916594B2DE92:01}
「蒼空」(青空にたなびく、のぼり)

{33A77B3A-822A-462E-93D5-23857FB4461D:01}
(気仙沼市民会館  客席より)


2016年  9月3日  13時30分

三陸新報社 復刊70周年記念公演


いざ、

出陣です。


{52061047-D166-4D13-8BF7-900FD8E9E8CF:01}

(前日の、三陸新報社様との会)

まるで、出陣式のようでしたビックリマーク









AD



毎年、

「想遠」プロジェクトで、ご訪問させていただいている

「福寿荘」さんへ、

今年は、蒼空のキャスト全員で、

行って参りました。(^^)


な、なんと、嬉しいお心遣いに、入る前から涙です。

{39791180-0087-4B0C-8747-6A64A2677132:01}

(手書きの看板を作っていただきましたショック!

準備は万端!さあ、始まりまーす。

まずは、宮崎さんによる、
大好評!
南京玉すだれ!^ - ^

{0D957035-C3AC-4310-B179-E9B73244613B:01}




お次は、三咲順子さんによる
オリジナル  復興ソング(^^)

{956D2C9E-42B4-420D-ABC6-15FB52A04C9A:01}

美しい歌声に、会場がうっとり(^^)

さあさあ、お次は、、、

女性陣による、唱歌合唱。(三咲さん、三原さん
越田さん、瀬戸山さん)
「朧月夜」が流れると、、、
みなさんも口ずさんで一緒に歌ってくださいました。(^^)

{5B7B598D-80E8-4970-91B9-9732E13F6644:01}

そして、がらりと変わって、
藤田さん、橋本さん、宮崎さん、倉島さんによる

殺陣ショー

{65BD3282-F7AF-4530-865D-E8548532D783:01}
衣装と、佇まいにみなさん、ドキドキ


華麗な立ち回りが始まると、拍手喝采です。
{D22D3644-981F-4E2F-AA5E-79EF4F64AFEA:01}



↓そして、こちらも恒例^ - ^
参加型、殺陣教室(^^)
みなさん、すごーく、お上手なんですードキドキ

{9CBA4AA6-5D40-42B7-BA16-789FCF191ADA:01}

{122140FB-5185-4608-8B65-FF7B1EC7CFF7:01}
立ち回りの最後は、お写真パチリタイム^ - ^

そして、最後は、
「蒼空」の一部を特別バージョンで演じました。

{30E4CCEB-2063-4D51-A586-E920145A47A5:01}

佐藤さんの『旅愁』独唱からの

{D2E03A76-E211-4FB3-86F7-053F4CCCCCA7:01}

全員で、合唱^ - ^




{7E811BF3-B032-4B99-8914-AAD308430315:01}


最後に皆さんから、お礼にと、差し入れや、プレゼントをいただきました。

本当に、ありがとうございました。

毎年の皆さんとの交流が、本当に、楽しみで仕方ありません。(^^)

そして、少しずつ、お顔とお名前がお互いにわかるようになり
『お久しぶり』『また、来てくれたんねぇ』と会話が弾むようにニコニコ

嬉しいなあ〜!


どうぞ、いてまでもお元気で音譜音譜音譜音譜


また、必ず、
会いに行かせてください^ - ^




AD

『蒼空』延岡市 公演

テーマ:

8月24日
宮崎県  延岡市  野口記念館にて、
5都市目の公演でした。


{A7607EF8-D225-46E8-8697-7E2E5FE779AF:01}

満席の会場ショック!
本当に、沢山の方々のご来場に、関係者一同、喜びがと、感謝の想いでいっぱいです。


{CE247E94-3600-4741-8959-D50BCF498F9B:01}

本番前に、
蒼空延岡市実行委員会の方々とラブラブ
準備から、一緒に、手伝って下さり、何から何まで本当に、お世話になりました。


{2032166D-FFB3-458A-9CD8-9A70EA909D8F:01}




{42F77DE9-D0AE-4DFF-B902-65803232D79C:01}

宮崎県は、
初演から大切な役「島  少尉」演じてくださっている  工藤 貴史さんの故郷であります。

いつもは、特攻服での登場ですが、この日のカーテンコールは、白制服を着ての登場でした。^ - ^


工藤さんのご挨拶の中で

『役者を志してから、この、故郷に胸を張って帰ってくるまで、36年かかりました。
ただいま…そして、ありがとうっっ!』

との言葉に、会場から、温かい拍手と、
「おかえりーっ」と、応えてくださったお客様のお声がしょぼん音譜


{59CE01C8-FF73-4B31-B90B-A31AB25DF51C:01}


鳴り止まぬ拍手に、
予定にはなかった、
二回目のカーテンコールまで😂💦💦



『蒼空』延岡市実行委員会の皆様

そして、ご来場くださった皆様へ。

心より、御礼申し上げます。

また、お会い出来る日を、励みに、

これからも、走り続けます。



延岡市 野口記念館 ロビー(^^)

テーマ:

8月24日
宮崎県  延岡市  野口記念館にて、
5都市目の公演です。


ロビーには、のぼりが、延岡の光にに照らされ、たなびいています。



{68BB18DE-8231-44DC-9708-524D4C55AE44:01}




{F4D64F9E-9356-40BD-BAA4-7DC37C8A8D60:01}



それぞれの  劇場 には、それぞれの色があります。

野口記念館は、延岡市実行委員会の皆様の温かさが、感じられる、
どこか、懐かしく、優しい、雰囲気です。

{9F66FD89-51B4-48A8-BF00-B34A9587F7E0:01}

↑ロビー作られた、劇団、オリジナルグッズ販売のお店です。

{0A00A565-36F4-492A-BF37-C847E17AC2A6:01}


新しいティシャツや、蒼空のポストカード、
劇団クリアファイルに、
過去作品DVDなどがあります。(^^)

みなさんに、少しでも、喜んでもらえたら、良いなあ^ - ^と、今年は新作を沢山ご用意してみました(^^)


さあ、いよいよ、『蒼空』延岡市にて、公演です!^ - ^









垂水 閉幕^ - ^

テーマ:
垂水市  文化会館自主文化事業

『蒼空〜空どこまでも蒼く〜』

沢山の方々の
温かい励ましと、大喝采の拍手での
カーテンコールで、閉幕することができました。


{97E4C487-F21B-4A55-8B6C-1E7CB064958D:01}

↑カーテンコール。

{07AD21CD-59B6-46EB-9873-EA13C3A01BBF:01}

↑垂水市の市長。
尾脇市長を囲み、蒼空出演者と。

{B3D95EC2-22B3-4C2B-B304-A04C4ED0C4CD:01}

↑尾脇市長
   主宰 藤田 信宏
   ヒロイン  三原 珠紀  


そして、『森 伊蔵』という、お酒の差し入れまでいただきました。
本当に、ありがとうございます。


カーテンコールの中で

主宰  藤田のご挨拶がありました。

『いつも、家族、好きな人と過ごす事ができる平和な世の中であってほしい。
ごめんね。と、ありがとう。
を言い合える世の中であってほしい』、、と(^^)

垂水市の皆様、ご来場下さった皆様、
本当に、ありがとうございました^ - ^

これからも、『忘れてはいけないこと』を
伝え続けるため、走り続けていきたいと思います(^^)







8.15 献花巡り☆

テーマ:
鹿屋市公演が終幕した翌日は、

8月15日。

終戦記念日。


忘れてはならない大切なその一日に、

キャスト・スタッフ合わせた「蒼空」ツアーメンバーの一同で、

記念碑等を巡りながら、

献花をして参りました。


始めに訪れたのは、

桜花の碑↓↓↓


{FA4F9962-25AA-4619-BF22-6BD12A07617D}



一昨年にも鹿児島ツアーメンバー一同で来た場所ですが、

道路を挟んだ向かい側には、

かつて特攻隊員達が宿舎として使用していた旧野里小学校(

野里国民学校)

の跡地があり、

今は一面に田んぼが広がるのどかな風景が見られるのみですが↓↓↓


{E2CAEAB3-A802-4BB5-8A14-213C4B694C4D}



国旗掲揚台の石の台座が現在も残っています。


その上に立ち、

訓示をする野上飛行長の顔つきそのままの橋本さん↓↓↓


{B1217A3B-42E7-4511-93ED-545FCA0443ED}



次に巡りましたのは、

鹿屋特攻慰霊塔↓↓↓


{2C80F9DF-68A3-4A86-8D18-B7771F58632E}


座長が代表して献花した後は、

手を合わせる者、

瞑目する者、

それぞれの想いを先人達へ向けて、

祈りを捧げました。


献花巡りの途中で立ち寄りましたのは、

串良海軍航空基地から飛び立っていった特攻機からの、

最後の通信の途絶を確認していた地下壕電信司令室跡。

2年前に訪れた時には無かった、

パネルの展示や、

ボタンを押すと、

突入する艦船の種類に寄って、

3パターンの違いがある、

モールス信号音が聴ける装置もありました↓↓↓



{78BA65E3-4FC6-44DA-BE44-B1FE92BA0318}



文字では知っていたトンツーの信号音。

「ツー」が途切れた時が生命の途切れ。

実際に耳にすると、

皆、

一様に押し黙る程の、

心に迫る音でした。


最後に訪れたのは、

通信壕跡からすぐ近くにある、

串良平和公園慰霊塔。


一昨年に訪れた際もブログで紹介しましたが、

ここには、

「蒼空和親」

の石碑があります↓↓↓





{4BFFF117-0420-4312-AC63-289420FE7EFC}



夏休みの自由研究の宿題なのか、

母親らしき女性と、

小学生くらいの男の子が、

ノート片手に、

照りつける日射しの平和公園内を、

穏やかな表情で仲良く廻っている姿を目にしました。


蝉の声、

子どもたちの歓声…


自然豊かな大地と、

平和な今を改めて噛み締めながら、


71年前の8月15日も、

この日のように暑く晴れ渡った空だったのだろうと、

その礎となって飛び立って逝かれた先人たちに、

感謝と鎮魂の祈りを込めながら、

想いを馳せる、


そんな鹿児島での8月15日となりました☆


報告:佐藤  顕紀






垂水市 開演に向けて

テーマ:
今晩18時30分  開演の、
垂水市公演に向けて

最後の軍隊稽古が行われています。^ - ^

{65F995AE-7ECB-4FC0-8C4C-62543E492977:01}

いつも、こうやって、
当時の軍隊の所作訓練、体力作りに励んでいます。(^^)


{9524A2D0-CCCD-41F0-A486-2514391B9578:01}

さあ、いよいよ、

今晩です。



垂水市文化会館自主文化事業

『蒼空〜空どこまでも 蒼く』


垂水市 文化会館

18時30分 開演(18時開場)

入場料  500円


🌟チケットお問い合わせ🌟
垂水市  文化会館 窓口
0994  32  7551





垂水市公演 本日18時より

テーマ:
皆様、いつも、ありがとうございます。

昨日の夜、取材が放送されました。
{FA2BBE5B-DF69-4128-BBC4-25CABE23B59E:01}

そして、

垂水市文化会館に、垂水市の職員の方々が作って下さった、
手作りの、素敵な看板が、青空のもと、輝いています。

{098B8BD2-BBD7-4204-B648-71266B279493:01}

{A8C06B2B-7280-49FC-96A8-52F7C6BC3CC3:01}

{7C77A300-5024-40D2-BE99-742739F9B540:01}



いよいよ、今晩。
垂水の空に『蒼空』が広がります^ - ^

インディゴ  プランツ『蒼空〜空どこまでも蒼く〜』キャスト、スタッフ一同、
誠心誠意を込めて、演じさせていただきます。^ - ^


垂水市文化会館自主文化事業  

『蒼空〜空どこまでも 蒼く』


垂水市 文化会館

8月19日 (今夜)

18時30分 開演(18時開場)

入場料  500円

🌟チケットお問い合わせ🌟
垂水市  文化会館 窓口
0994  32  7551



8.14 鹿屋市公演 閉幕☆

テーマ:
姶良市公演の熱気も冷めやらぬ中、

翌日からはリナシティ鹿屋へ。


3年連続となります

14日の鹿屋市公演へ向けて✊

準備が着々と進められていきました。


今回はノボリを、

劇場の緞帳に吊るしてお客様をお出迎え😊↓↓↓



{2FE9276B-4148-4865-A784-23B43DB8CE93}


更には、

南日本放送の取材を劇場内で受けました(

カメラ🎥

に向かって想いを熱く語る主宰・藤田)↓↓↓


{B4CA4719-3FD0-4FBB-A5D9-EA8D00FC17AD}



上演時の数シーンとこのインタビュー等を合わせた模様が、

本日(8/18)

MBC TV(南日本放送)の「ニューズナウ」
という番組内で放映されました🎞↓↓↓


{BA162B40-EFF1-4EA5-9CB8-51B0207940FF}



しっかりと8/19の垂水市公演もテロップで宣伝して下さいました😌↓↓↓


{149E70C5-26DF-48A8-862C-11274EE2BA19}



鹿屋市公演終了後は、

直ちに舞台のバラシ作業へと突入しましたが、

この日はちょうど、

東京➡︎姶良➡︎鹿屋と、

全国6都市ツアー公演の折り返し点🔃


半分の3都市が無事に終幕したという事で

搬出も終わった20時半過ぎに、

短い時間でしたが中日打ち上げが🍻

座長部屋で行われました。


ここでキャスト・スタッフ想い&サプライズ大好きな座長は、

それぞれに似合ったお洋服👚

を全員にプレゼント🎁


しかし、

驚かされているだけではない所がINDIGO  PLANTSのメンバー一同。


コッソリ用意していた、

座長への感謝を込めたサプライズのプレゼント返し🎁


劇団の代表として、

スーツ姿で営業や御礼廻りにも先陣をきって下さる座長へ持ってこいの必須のアイテム✨


包みを解いて蒼空カラーのネクタイが出てくるとこの表情↓↓↓



{7F8F220E-C683-42AD-84FD-31B421B481FF}



INDIGO  PLANTSが鹿児島の地で「蒼空」を初上演してから3年。

そして、

一つの作品を3年連続で上演叶ったのは鹿屋が唯一の地。

旗揚げから僅か7年の劇団にとって奇跡のような、

稀有な経験である事はもちろんでしたが、

それを可能にしたのはひとえに


鹿屋の地を愛し、

平和を慈しみ、

908名もの特攻隊員が鹿屋の地から飛び立って逝かれたという歴史を忘れず、

現代にしっかりと語り継いでいきたいという想いを共有して、

「蒼空」という作品を一緒に育てて下さった

鹿屋の【同志】の方々との結実が、

2016.8.14の

鹿屋市公演に全て集約されていた事と思います。



公演に向けてご尽力下さった方々、

脚を運んでご覧下さった方々に改めまして、

心より御礼申し上げます☆



報告:佐藤  顕紀