いなりわんの競馬・徒然草~海外競馬情報と名牝・牝系~

近年活躍している世界の名牝及び名牝系、輸入繁殖牝馬情報、海外競馬情報(欧州・北米G1レース)とを中心に書いて行きたいと思います。
たまに、一口出資馬に関すること

 
青太字 =牡馬(G1勝馬)  水色太字=牡馬(重賞勝馬)
赤太字 =牝馬(G1勝馬)  桃色太字=牝馬(重賞勝馬)
茶色太字=騸馬(G1勝馬)  橙色太字=騸馬(重賞勝馬)
黒太字 =全性(リステッド、OP特別勝馬)
桃色細字 =本邦繁殖牝馬

馬場状態の目安
 芝 Heavy > Soft > Good to Soft > Good > Good to Firm > Firm > Hard
   不良(Heavy/Soft) > 重(Soft/Good to Soft) > 稍重(Good/Good to Firm) > 良(Firm)



にほんブログ村

テーマ:

 


 遅ればせながら明けましておめでとうございます、モロモロ多忙により更新をサボっておりましたが、ボチボチやっていきたいと思います。

今年1発目の更新は、
妄想が現実に!


「クールモアグループの牝馬とディープインパクトの配合を妄想してみる。」
 https://ameblo.jp/inarione89/entry-12324158999.html


 昨年の10月30日に書いた上記記事の一部が現実のものとなるようです。


 2016年欧州年度代表馬Minding

 2017年英・愛1000ギニーなどG1・4勝馬Winter

 Saxon Warriorの母*メイビーの全妹Promise To Be True



 上記の3頭が今年来日し、ディープインパクトを付けることになるだろうと報じられました。


 Saxon Warrior(母メイビー)がデビューから無敗の3連勝で、レーシングポストトロフィー(芝8ハロン、英G1)を勝利し、今年の英ダービー(芝12ハロン、英G1)の長期前売り1番人気に推されています。

 


 September(母ピーピングフォーン)がデビューから2連勝チェシャムS(芝7ハロン、英-L)勝利し、モイグレアスタッドS(芝7ハロン、愛G1)3着フィリーズマイル(芝8ハロン、英G1)ハナ差2着BCジュヴェナイルフィリーズターフ(芝8ハロン、米G1)3着と活躍。

 


 わずかしかいないディープインパクト産駒が素晴らしい成績をあげたため、クールモアグループが本気を出して、超大物を送り込んできました。


 

 大黒柱のGalileoを父とする牝馬を多数擁していますが、その多くが母父が*デインヒル系だったり、Storm Cat系だったりして血統的に行き詰まりを見せています。
 アメリカでAmerican Pharoahや、オーストラリアでVancouverを購入していますが、いずれもGalileoの後継父Galileoの牝馬に合う様な種牡馬では無さそうです。



 そこに、日本で圧倒的な実績を出しているディープインパクトに白羽の矢が立ちました。
 

 まず送り込まれたのは以下の2頭。


 欧州最優秀2歳牝馬*メイビー(モイグレアスタッドS(愛G1)など重賞3勝)
 


 欧州最優秀3歳牝馬*ピーピングフォーン(愛オークス(愛G1)などG1・4勝)
 


 両馬ともに欧州年度表彰級の名馬ですが、メイビー3歳時は未勝利ピーピングフォーン初年度の子が全然ダメでした。
 いずれも、父Galileo×母父デインヒル父デインヒル×母父Sadler's Wellsと行き詰まっていました。

 まぁ、ピーピングフォーンは初年度にGalileoを付けて、Sadler's Wells2×3というえげつない配合を試みられていたんですが・・・なかなかあたるモノではありません。

 今回日本に送られた3頭も似たような感じな血統ですが、競走成績が凄い。

 


Minding(マインディング)愛国産 牝5(2013/2/10生)
 戦績:12戦8勝 (Racing Post.com)
  主な勝鞍:2016クイーンエリザベス2世S(芝8F、英G1)2016ナッソーS(芝8F、英G1)
   2016英オークス(芝12F、英G1)2016英1000ギニー(芝8F、英G1)
   2015フィリーズマイル(芝8F、英G1)2015モイグレアスタッドS(芝7F、愛G1)

 血統:父Galileo、母Lillie Langtry、母父Danehill Dancer (5代血統表)
 調教師:A.P.オブライエン(愛)、馬主:クールモアグループ

 Mindingは2015年に欧州最優秀2歳牝馬に選出され、2016年3歳時は欧州年度代表馬及び最優秀3歳牝馬に選出され、トータルG1を7勝したGalileo最高傑作牝馬とも言える馬。
 昨年2017年も現役を続行したものの5月のムーアズブリッジS(愛G2)を勝利した後、故障して引退となりました。
 
 ということで今年配合する予定のディープインパクトが初年度のお相手ということになります。


 Lillie Langtryは英・愛で11戦5勝愛メイトロンS(愛G1)コロネーションS(英G1)など重賞4勝の活躍馬。
 全姉*キスドバイエンジェルは、デリンズタウンスタッド1000ギニートライアルS(愛G3)勝馬で、先に日本に輸入され昨年ディープインパクトの牡馬を産んでいます。

 


Winter(ウインター)愛国産 牝4(2014/2/15生)
 戦績:10戦5勝 (Racing Post.com)
  主な勝鞍:2017ナッソーS(芝10F、英G1)2017プリティポリーS(芝8F、英G1)
   2017愛2000ギニー(芝8F、愛G1)2017英1000ギニー(芝8F、英G1)

 血統:父Galileo、母Laddies Poker Two、母父Choisir (5代血統表)
 調教師:A.P.オブライエン(愛)、馬主:クールモアグループ


 Winter昨年G1を4勝し、例年なら欧州最優秀3歳牝馬に選出される実績ですが、さらに上を行くEnableという怪物がいたためタイトルを逃しています。。
 凱旋門賞(芝2400m、仏G1)にも出走しましたが9着に敗退し、これが最後のレースとなりました。

 母Laddies Poker Twoは英で5戦3勝、重賞出走経験はありません。


 3代母の半姉*ダイヤモンドスノー(父Dayjur)は、外国産馬として輸入されJRAで10戦1勝。繁殖牝馬としてはJRA6勝のスリージェム(父フォーティナイナー)を産み、孫世代からは毎日杯(G3)勝馬で日本ダービー(G1)3着のマイネルフロストが出ています。

 

 


Promise To Be True(プロミストゥビートゥルー)愛国産 (2014/5/18生)
 戦績:6戦2勝 (Racing Post.com)
  主な勝鞍:2017シルバーフラッシュS(芝7F、愛G3)
 血統:父Galileo、母Sumora、母父デインヒル (5代血統表)
 調教師:A.P.オブライエン(愛)、馬主:クールモアグループ


 Saxon Warrior*メイビーの全妹
 競走成績は2歳時にデビューから2連勝シルバーフラッシュS(愛G3)を勝利したモノの、それからマルセルブサック賞(芝1600m、仏G1)2着クリテリウムアンテルナシオナル(芝1400m、仏G1)3着に入ったが4連敗で引退
 *メイビーより競走成績はかなり劣ります


 競走成績は劣っても、繁殖牝馬となって逆転するケースは多々あり、すでに実績がある配合なので期待は高いと思います。
 血統表は*メイビーと同じなので割愛します。

 

 

 最後に妄想をひとつだけ・・・


 競走馬としてMindingWinter最高レベルにあることは間違いありません。
 しかし、繁殖牝馬としては未知数です。


 Saxon WarriorSeptember今年の欧州クラシック戦線を制圧して、クールモアの至宝とも言えるこの馬を引きずり出すことが出来れば・・・最高ですね。



You'resothrilling(ユーアーソースリリング)米国産 牝13(2005/2/5生)
 戦績:7戦2勝 (Racing Post.com)
  主な勝鞍:2007チェリーヒントンS(芝6F、英G2)2007スプリントS(芝6F、愛G3)
 血統:父Storm Cat、母Mariah's Storm、母父Rahy (5代血統表)
 調教師:A.P.オブライエン(愛)、馬主:クールモアグループ


 競走成績は短距離重賞を2勝、G1では愛メイトロンS(芝8ハロン、愛G1)4着が最高とまずまずの活躍といったところですが、血統背景繁殖牝馬としての実績が凄まじい。


 全兄Giant's Causeway名馬にして名種牡馬2000年欧州年度代表馬に選出され6月20日から9月9日までの約2ヶ月半G1を5連勝し”アイアンホース”とも呼ばれました。最後のレースとなったBCクラシック(米G1)ではダート10ハロンに挑戦し、Tiznowと壮絶な叩き合いの末2着に健闘
 種牡馬としても多数のG1勝馬を輩出し、2009年~2010年北米リーディングサイアーとなっています。


 You'resothrillingの繁殖成績は以下の通り、父は全てGalileo
 競走年齢に達している5頭全てが重賞勝馬で、内3頭がG1勝馬2頭が欧州年度表彰馬というすさまじさ。

 Marvellous 愛1000ギニー(愛G1)勝馬

 Gleneagles 2014年欧州最優秀3歳牡馬、英・愛2000ギニーなどG1・4勝

 Coolmore ウェルドパークS(愛G3)勝馬

 The Taj Mahal ジッピングクラシック(芝2400m、豪G2)現役

 Happily 2017年欧州最優秀2歳牝馬、ジャンリュックラガルデール賞(仏G1)などG1・2勝(現役)


 Galileo産駒ばかりではつまらないので、是非ディープインパクトを付けに来て欲しいですね。
 父Storm Catで、Glorious Songも入っているので相性は良いはずです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。