稲城市民オペラのブログ

東京・多摩地区にある稲城市に生まれた市民オペラ団体です。合唱メンバーはオペラが初めてという方がほとんどですが、皆さんオペラの魅力に虜となり、楽しんで稽古に励んでいます。


テーマ:
稲城市民オペラです。

『こうもり』楽しい作品ですが、喜劇は難しかった…

それは合唱団員さんも同じことで、稽古から次の稽古の間には、ずいぶん悩まれた方もいたようです。

ただ舞台に上がって歌っていればいいというものではないのです。
歌っている時の演技よりも、歌ってない間の演技が重要になってきます。

今回、合唱の皆さんには、舞台上で談笑しているというシーンが特に難しかったみたい。

舞台前ではソリストの台詞によるお芝居が進行中。その台詞を消さない音量、でも、静かになり過ぎず、かと言って、台詞を全く聞いてないわけでもなく…

ちょっと気を抜くと、皆さん自分たちのお喋りに夢中になるし、それではいけないと台詞に集中すると静まり返ってお葬式のような雰囲気に。

演出家の無理難題と思われるような指示を、本番では見事にクリアして演技していました。


中には、ペアになってる方の好みに合わせて話題作りのために情報収集をしていた方も。
何か話さなくちゃいけない、それも楽しそうに…
話が盛り上がるにはどうしたらいいのか、色々考えての行動でした。

そのシーン、お客様からは本当に楽しそうに見えたと思いますよ。

もちろん、そんなお話しなくったって、楽しそうに話している演技は出来たと思います。
でも、自然に楽しく話している姿を見せるにはどうしたらいいか、自分なりに考えて試行錯誤した結果です。

「そんなことしなくっても、自分はオペラには何度も出てるし、そんなこと簡単よ」

なんて、たかをくくっているような人はタチが悪い。

そして、そんな思いは周りに何となく知れて雰囲気を壊します。


稲城市民オペラの団員さんは、一人一人が考え、動いています。

それは舞台の上でも、外でも同じこと。

稽古期間中も運営に必要なことを一人一人が考え補佐をし、誰一人として『お客様』という意識の人はいませんでした。


稽古場の開け閉め、公演プログラムの広告集め、ポスター貼り…などなど。

自分に出来ることは何だろう?と考え、それぞれが言われたからやる、というわけでなく、自主的に動き、一つの公演を成功に導きました。

こんな素晴らしい団体、日本中、どこを探しても稲城市民オペラだけかもしれませんね。

って、自画自賛してるようですが、
メイクさんや外注のピアニストさんたちから「いい団体ですね」って、いつもお褒めの言葉を頂いているのですよ。

オペラのために自主的に動く。
それが分かりやすい形で表れていたのは、合唱団員のドレス、でしょうか。

「ソリストさんは何色を着ますか?」と聞いてきましたが、ギリギリまでこちらのドレスが決まらなかったので「分かりません」と答えていて、

いざ
蓋を開けてみたら、

ソリストを食ってしまいそうな派手なドレスに身を固めた合唱さんたち!!!

{F3F9D07A-6C8A-4FAA-A8B2-8AA429F009DD}


でも、それでいいのです。


「何色は着るなと言われた」とか
「こういう形は着るなと言われた」とか
「派手にするなと言われた」とか

そういうので合唱団員のドレスを決めるのはナンセンスだと思う。


合唱の方達がソリストをソリストにしてくれます。
でも、それはドレスがどうだったからソリストにしてくれる、というものでは無い。


そのオペラにとって何が必要か。

一人一人が、よく考えてくれました。


今回、終わってからお手紙をくれた団員さんがいます。

少し紹介しますね。


一つの公演を行なうために、色々な方が協力し、成功に導くということがよく分かりました。馬場先生が常々、合唱団も含めて一つの音楽を作るし、背景なのだと言っていたことが少し分かりました。より自主的な参加が大切ということですね。


最後には

オルロフスキーの歌がやはり「こうもり」の主題だと思って歌うことが出来ました。

とありました。


とても嬉しかったです。


最初に皆さんに演出家が掲げた
「オペラにリスペクトを持つ」

それは作品に対してもそうですし、団員お互いに対してもそうですし、

ようやく具現化してきたように思います。


理想としていた形になりました。



さて、7月からは気持ちを切り替えて『カルメン』です。頑張りましょう!

新しい仲間も募集中です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。