Q.システム開発において、システムの不具合が納入後に発覚した場合、発注者はいかなる対応をとることができるでしょうか?


A.不具合の原因が受注者にある場合、発注者は、受注者に対し瑕疵担保責任を追及することが可能です。


具体的には、民法634条の「請負人の担保責任」の規定が適用され、発注者は受注者に対して相当の期間を定めて、瑕疵の修補を請求でき、修補とともに損害賠償請求できます。




〒160-0023

東京都新宿区西新宿8丁目12番1号

サンパレス新宿 311号

いながわ行政書士総合法務事務所

(対応業務:遺言・相続・離婚・契約書・ビザ申請)

E-MAIL inagawa.yobouhoumu@web.so-net.jp

HP        http://www.inagawayobouhoumu.net/


AD