2008-07-25 21:25:09

都内は熱帯夜

テーマ:倹約マニア

 都内は熱帯夜で冷房がないとなかなか寝苦しい夜が続いている。


 倹約マニアの我が家では、一晩中つける冷房は一台のみにし、涼しい部屋で寝たい人は、その部屋に集まるようにしている。家族4人が川の字になって寝る。


 子どもが小さい頃はこうやって夫婦が双子を挟むようにして寝ていたので、懐かしい感じだ。


 長男がなかなか寝付かれない時は、指をマッサージしてやる。そして、「1番楽しかった旅行の話をしよう」といってしているうちに眠くなって寝てしまう。


 家族で一緒に寝るのは楽しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-16 20:16:59

億万長者になる方法

テーマ:倹約マニア
 米国に住んでいた時に、億万長者と知り合いになった。米国では、金利が高いので、億(日本円にしての億なので、ドルなら100万ドルだ)以上の貯金を持っていると、贅沢をしなければそれだけで、一生、仕事をしないでも暮らせるのだそうだ。

 今は、サブプライムローン問題の影響で、金利も下がっているのだろうが、それでも日本よりは高いはずだ。


 それで、億万長者になるためにどうしているのかというのを調べた。


 そしたら、億万長者の多くが、普通のサラリーマンや、公務員であることがわかったのだ。


 そういう人たちが億万長者になった理由というのは、「徹底して出費を抑えること」だった。


 米国では食べ物はとても安く手に入るので、質や味に固執しなければ、食費は低く抑えることができる。


 あと、住居費と光熱費、被服費ぐらいか。ロサンゼルスに住んでいたので、被服費は、Tシャツとチノパンぐらいで一年中いたので本当にかからなかった。あと、光熱費も、クーラーが必要ないのでいらない。


 問題は住居費。住む地域によっては、治安が極端に悪くなるので、治安のいい場所を探すと、部屋代が高い。さらに、治安のいい場所は、学校が荒れておらず、いい教育をしている。つまり、公立学校のレベルの高い地区ほど、部屋代が高いのだ。


 これは結構大問題だ。子どもというのは、周囲の影響を受けやすいものだから、いい友達が多い方がいい。それが、部屋代と比例しているのだからやっかいだ。


 話がそれた。億万長者の話だった。


 億万長者の人たちは、結局、「徹底して出費を抑えている人たち」だった。


 日本では億の貯金があっても、金利だけでは暮らしていけない。さらに、相続税も高いので、貯金を子ども達に受け継ぐことができない。死んだら国にもっていかれてしまうのである。


 「億万長者になる方法」などという魅惑的なタイトルでこの文章を書いておきながら、非常に申し訳ないのだが、日本では億万長者になっても幸せになれるとは限らない。


 ならば、米国に移住しようと思った億万長者も多いだろうが、英語が堪能でない限り、米国なんかに住んでも、楽しくはないはずだ。米国には、おいしいオニギリやパンが売っているコンビニもないし、地下鉄も一部の都会を除いては完備していない。そんな所に住んで、「一生働かなくていい」などと言っても、退屈なだけなのではなかろうか。

世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書 18)/マダム・ホー
¥1,050
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-15 11:15:04

スタバも結構高い

テーマ:倹約マニア

 スターバックスも普通の喫茶店と比べれば安いが、カップ売りのコーヒーとしてはかなり高い。


 以前はよくスタバでコーヒーを飲んだものだが、「結構高いよね」と家内に指摘されてからは、行かなくなった。


 確かに家でコーヒーを飲めば安い。


 私は、喫茶店というのは嫌いではない。むしろ大好きだ。喫茶店で読書するのが好きだし、窓側の席から通りを眺めているのも好きだ。喫茶店というのはコーヒーの味もさることながら、場所として好きだ。


 リラックスできて、ほどよいクーラーが効いていて、結構静かで。あちこちからケーキや飲み物のにおいがして。


 場所代も入れての数百円なら高いとは思わない。スタバは席がギュウ詰めで、椅子が堅かったりする。


 最近では、古本屋の帰りなどに、マックでコーヒーを飲むことにしている。マックのコーヒーは100円で、甘いモノも100円。200円の出費で、クーラーの効いた部屋で(多少高校生がうるさいが)のんびり本が読める。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-14 23:15:49

ペットボトルって結構な浪費だ

テーマ:倹約マニア

 倹約マニアの私が最近取り組んでいるのは、ペットボトルをやめるということだ。


 独身時代には、塩酸くさい水道の水を飲むのが嫌で、のどが渇くたびにペットボトルのお茶を買って飲んでいた。


 ある時、NOVAでボイスルームに居る時にペットボトルのお茶を飲んでいたら、講師が「日本人は何でお茶をペットボトルで飲むの?」と聞いてきた。


 「のどが渇くから」と返事をしたら、「水道にいって水道の水を飲めばいいんじゃないの?」と言われた。「水道水は塩酸くさかったり、腹を壊したりする」といったら、「それなら、ポットのお湯でお茶を入れれば?」と言われた。


 確かにその通り。のどが渇くたびに無意識に150円払ってペットボトルを買っていたが、こんなに不経済なこともない。


 会社で1本、帰りの電車で1本、NOVAで1本飲んだら、計450円。毎日、こんなに浪費していたのである。


 私は最近、会社の部署では2リットルのペットボトルを買って冷蔵庫に入れておくようにしている。2リットルの水が190円なのだから、150円のを4本買うより遥かにいい。部署の冷蔵庫なので、誰かが勝手に飲んでいたりするが、それでも安上がりだと思っている。


 私が所属する記者クラブでは、1月から私に幹事の役が回ってきたので、会員各社の了解を得て、湯沸かし保温ポットを購入した。


 これでティーパックを買っておけばいつでもお茶が飲める。クラブの世話をしてくれる食卓の方にお手を煩わせたくないのでカップは紙コップにした。それでも、お茶代と紙コップ代を合わせて1杯10円ぐらいだろう。


 クラブで毎日2本ぐらいはペットボトルを空けていたことを考えると、かなりの節約だ。



 クラブ内で「節約記者」と陰で呼ばれていたりすると嫌だが、まあ、それでもこのポットには感謝している人が多いのではないかと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。